○○と勘違いされる法則/ルール・法律

提供:chakuwiki

○○と勘違いされる法則 > ルール・法律

全般[編集 | ソースを編集]

  1. そもそもルール解釈が誤っていた。
    • ルールが複雑すぎて、手違いが起こりやすい。
  2. ルールを都合よく切り取って解釈してしまった。
  3. 最近のルール改正を知らなかった。
    • 自分の知っていたルールが違憲認定されて改正もしくは廃止されていた。
  4. そもそもルールが知られていない。
  5. そのルールが全世界共通と思われている。
  6. ルールブックの誤植に気付かず、文字通りに解釈していた。
  7. ルールブックに不備があり、お互い都合よく解釈して揉め事になる。
    • ルールブックに矛盾している条文がある。
  8. そもそもルールが明文化されていない。
    • 当然のことなので明文化しない→当然のことを知らない人にそんなルールは無いと主張される。
  9. あくまでもガイドラインに過ぎない。
  10. ルールが厳格に運用されていなかった。
  11. 参考にした文献が最新のルールを反映していなかった。
  12. 適用のための条件が厳しすぎて、実質的にそのルールがないことになっている。
  13. 禁止事項に「その他、運営が問題になると認めた場合」があり、人治的な裁定が下される余地がある。
    • 運営の私情でルールに無い裁定が平気で行われる。
  14. ルールの穴を突いた行為が処罰されていない。
  15. 既に廃止されたルールだが、そのことを知らない人に今でもあると思われている。
  16. あのとき適用されていたルールがその後改正されていることを説明していない。
  17. ルールの文章だけでは細かい条件がよくわからない。
  18. ルールを文章化する際に手違いである条文が欠落してしまう。
  19. そのルール自体が時代遅れにも関わらずルールを守らない人を批判している。
  20. 審判や裁判官が無知なせいで明らかにおかしな判断が下されている。
  21. ルールの内容が時代遅れで、後世の人が納得していない。

ローカルルール・特別ルール等[編集 | ソースを編集]

  1. 最近正式ルールに導入されたばかりだった。
  2. ローカルルールの方でルールを覚えていた。
  3. そもそも正式ルールがコロコロ変わっている。
    • そもそも正式ルールが存在しない。
  4. 不評だったために正式ルールから短期間で消えた。
    • かつて正式ルールに存在していたが廃止された。
  5. テレビゲームでそのルールが省略されている。
  6. テレビ中継でわざわざルール説明が行われる。
    • ルール変更のため説明の必要性が生じた。
  7. 基本ルールの不備を穴埋めするために急遽導入されたルール。
    • そういう場合は次回あたりで正式ルールに組み込まれる。
  8. 公式大会のルールが基本ルールや推奨ルールからかけ離れている。
    • 試験導入という名目であえてそのようなルールを採用した
  9. ルール制定の段階でその条文が抜け落ちていた。
    • 明文化されなかったせいで「そんなルールはない」と揚げ足を取られる。
  10. ルールブックで説明が省略されている。
  11. 一個人の私情による人治的な裁定が明文化されずに受け継がれている。

正式ルール[編集 | ソースを編集]

  1. テレビ番組独自のルール。
    • 特に昭和時代は顕著だった。
  2. 用途上正式ルールで遊ぶ必要がない。
  3. 大会用のルールに過ぎなかった。
  4. 容量等の制約上、テレビゲームでやむを得ず導入されたルール。
    • 制約が無くなったリメイク版で本来のルールに変更されると、「#新ルール」と勘違いされる。
    • テレビゲームでルールが変更される理由としては他にも時間短縮や簡略化が挙げられる。
  5. 採用している大会が極めて有名だ。
  6. 知っているルールがすでに古いものだった。
    • 現在のルールになった頃には人気が低迷していた。
    • 親の影響で親世代に一般的だったルールでルールを覚えていた。
  7. 正式ルールの前提が実際のゲームの用途と合っていない。
  8. テレビ中継で解説が誤ったルール解釈をしていた。
  9. 書籍で誤ったルールが紹介されている。
  10. ただのマナーだった。
    • マナーの上位版のつもりでルールという表現を使ってしまった。
  11. 語尾に「法」とついているせいでそのような法律があると勘違いされる。
  12. 基本ルールということに過ぎなかった。
    • 推奨ルールということに過ぎなかった。
  13. 海外の一地方のローカルルールが勘違いされたまま、間違って伝播した。
  14. ルール運用上の手違いを特例措置と勘違いした。
  15. ガイドラインに過ぎないはずなのに厳格に運用されている。

違法・ルール違反など[編集 | ソースを編集]

  1. そもそもそれをやるのは人としてどうなのって感じだから、まさかルール上ではOKだなんて微塵も思わない。
    • 社会問題になっているので、何かしらのルールに違反していると思われている。
      • 合法化されていることが諸外国で問題視されている。
    • アレがダメなのでコレもダメだと思っていたら。
    • たしかにルール上は罰則はないが、社会的制裁のリスクはある。
  2. 誰もそれをやらないのは、きっと法律などで禁止されているからに違いないと思っている。
    • ただの自粛だった。
  3. 実際にどんな法令に違反しているのかと確認しようとして、初めてそんな法令は無いと気付く。
    • 六法全書で調べようにも、根拠となる条文がわからない。
  4. それでも世間の目が冷たければ正式に違法化される。
    • というのも、上記の「人としてどうなの」という行為をするのをモノとも思わない恥知らずが蔓延っているからである。
  5. やる側にメリットがないだけだった。
    • やると負けにつながる。
    • やってもあまり実用的ではない。
      • 剣道の二刀流や卓球の巨大ラケットのように「やれば勝てる」という考え自体が子供の発想にすぎない。
  6. 法令の設定がその地域の生活習慣や風習上、やることを想定していない。
    • やる人が現れ、正式に違法化される。
  7. 外国では違法で、国内でもやると白い目で見られる。
    • 白い目で見られるどころか叱られたり怒鳴れてたり注意される事もある。
      • マナーに違反する行動だったら尚更。
  8. 技術の進歩に法令の設定が追いついていない。
  9. ただ前例がないだけだった。
  10. マナーに違反する行為。
    • ただ「マナー違反」という言葉の上位版・強力版というつもりで「ルール違反」という言葉を使った。実際に何のルールに違反しているか突っ込まれると答えられない。
      • 「ルールに違反するのと同じくらいいけないこと、という意味合いだった」などと釈明し、しまいにはそういう突っ込みに「屁理屈だ」とか言い始める。
  11. そもそもルールが種目によって微妙に異なる。
  12. グレーゾーンだ。
  13. 違法化すると、その法令が違憲になりそうな行為だ。
  14. 禁止行為と状況が微妙に異なる。
    • 禁止行為を厳密に定義しすぎたせいでかい潜られる。
  15. 「凄すぎる」や「誰も得しない」と言う意味合いで「反則」や「禁じ手」と言う言葉を用いた。
  16. 他の違反行為を誘発する行為。
  17. ルールが取りこぼしている事項への言及をする者を空気の読めない奴扱いして、口にする事自体を避けさせようとしている。
    • 「『原則』という言葉を聞いてすぐ『例外』に与ろうとするするのはみっともない」
    • 漠然と「触れてはいけないこと」となり、それが転じてルールに無いのに実質「やってはいけないこと」扱いとなる。
  18. 合法的な方法が知られていない。
  19. 大多数の法律の正式名称が「○○に関する法律」ばかりで、NHKですら「○○法」のように略して報道するので、正式名称がわからない。
  20. 避けるように努めるべきことだが、時と場合によっては必要だし、発達の為にはむしろ経験することも大切なこと。
    • それが起きたからといって、そのこと自体を責めるべきではない。
  21. ただ拒否する側にとって都合が悪いだけだ。
  22. その行為をしたら罰を受けた。
    • 禁止されていたのはその行為をするために取った別の行動だった。
  23. 問題だったのはそれを利用して不正をしたことであり、それ自体ではない。
  24. やるために必要なルールが整備されておらず、実質的に「できないこと」扱いとなっている。
    • 整備されていたとしてもそのための手続きが煩雑であり、やりたい人がうんざりしている。
  25. 無許可でやって注意される→それ自体をしてはいけないと解釈する。
  26. カリギュラ効果を引き起こすつもりで「禁止」を連呼している。
  27. 違法性の根拠とされたルールが廃案になった。
  28. 禁止されているのはした人が犯罪者ではなく犯罪被害者になるからだ。
  29. 「何処までならセーフ」が明文化された。
    • これまではすべてがグレーゾーン~違法だったにも関わらず、「ルールが厳しくなった」と誤解される。
      • じゃんけんでグーでもチョキでもパーでも“すべて”あいこになるような感じだったものがどれかを選べば必ず挑戦者が勝てるようになりそれ以外は必ず挑戦者の負けになるように改定されたような感じ。
  30. 危険性が指摘され、自主規制が実施された。
  31. やるとやった人ではなく、それを止めなかった人が処罰される。
  32. 「料金」が法外過ぎて「罰金」と思われている。
  33. 自分はその方法を知らない。
  34. 違法なものと混同されている。
    • そもそも違法なものが隠れ蓑にするために合法なものと同じ名前をつけた。

合法[編集 | ソースを編集]

  1. そもそもそれをやるのは人としてどうなのって感じだから、まさかルール上でもNGだなんて微塵も思わない。
    • その地域の生活習慣や風習にその概念がない。
    • その行為が論外すぎて禁止と明言されていない。
    • ルールが厳しくなったが、新たな上限が人としてどうなのと思われていたレベルであり、上限までならしても良くなったと解釈される。
  2. みんなやっているから実は違法とは誰も思っていない。
    • 警察すら取締りに積極的ではない。
      • 積極的ではないどころか取り締まる方法がない。
      • 取締りが積極的ではないせいでどんなに不条理なルールでも廃止の動きがない。
    • 親が子供にさせる。
    • 先生が生徒の目の前でやっている。
    • 生徒が先生の目の前でやってもおとがめなし。
    • 政治家がその行為を推奨している。
    • 難関大法学部出身者が普通に行っている。
  3. 明確な罰則がないだけだった。
    • やったことによるデメリットの大きさを考慮し、罰則を設けていない。
    • 及び、明確な罰則がない禁止行為をした人をリンチする行為。
  4. 法令の設定がその地域の生活習慣や風習を全く考慮していない。
    • そして2.につながる。
    • その国特有の事情を考慮せずに先進国と同じ法律を導入するとこうなる。
  5. 禁止理由は危険性にあるが、その危険性まで知られていない
  6. 違法化される前に作られた作品が有名だ。
  7. フィクションではよくやる行為だ。
    • 視聴者がこれは演出だと理解していない。
    • ただ現実ではやる人がいないだけだと思っている。
  8. 「ご自由に○○してください」とあるが常識の範囲を超えてしまっている。
  9. ただ前例がないだけだと思われている。
  10. 法令の設定があまり身近ではないものが対象だ。
  11. ただマナー違反なだけだと思われている。
  12. 積極的に広告が出されている商品。
    • 意図的に勘違いさせる場合は悪徳業者の可能性が高い。
    • 一般に流通しているもので気軽にできるものすべて。
  13. 国内では合法だった。
    • 海外でも合法と思ってやった行動がトラブルのもとになる。
    • サービスの運用国では合法だが、自国で利用するのは違法。
  14. 違法になった理由を知らない。
  15. 許可した方もルールを知らなかった。
  16. 妙に合法性を主張している。
    • 妙に合憲性を主張している。
      • 正当化するための拠り所が、法令をすっ飛ばして憲法。
    • が、なぜ合法なのか説明していない。
    • 合法性の根拠の説明が見事に曲解だらけ。
    • だがかなりスレスレである。
  17. 少しぐらいなら違反してもいいと思われている。
    • 見つかったことがないか、軽く注意されて終わった。
  18. そもそもルールの趣旨が知られていない。
  19. オカルトと思われている。
  20. オフラインでやっていたことをオンラインでやらかす。
  21. フィクションによくあることだが、不正に対する罰則が妙に軽微という例もあり得る。
    • 違反を容認する目的で罰則が軽くなっていると劇中で説明されている。
      • 現実世界ではバスケットボールのファウルもそう解釈されている。
  22. 更に上位のルールに違反していた。
    • 法律に違反していないが政令や条例に違反していた。
  23. (ごく一部の)宗教ではそれを容認・推奨している。
  24. ただ自粛しているだけだと思われている。
  25. 架空の概念と思われている。
  26. やめろと言っているが注意の仕方が弱い。
    • 叱られていても、叱り方が弱いので、叱られているという自覚がない。
    • 肉体的に止めようとはされているが、それを振り切れるほどの力があるので、制止ができない。
    • その注意が、心地よい音楽のように、快適に感じられてしまい、行為が促進される。
    • 反応を面白がっている。
    • 統括者が見て見ぬ振りまたは黙認している。
    • 「固く禁止します」→「『固く』と表現できる程度なら実質禁止していないのと同じ」と超解釈された。
  27. 実現させるための技術がないと思われている。
    • 物理的な制約があってできないと思われている。
      • 実際には違法行為を阻止すべく物理的・技術的な制約を設けていた。
  28. ただ普及していないだけだと思われている。
  29. そもそも「できない」と「してはいけない」が区別されていない。
    • 「できない」と言及されているにも関わらずできた。
  30. 「反則」という言葉が比喩表現と思われている。
    • その「反則」は、「楽しすぎる」「この上なく感動的」などという意味じゃないぞ。
  31. 裏技と思われている。
  32. 不要な行為だ。
    • #任意」と取り違えている。
      • 「しなくていい」という表現を使ったせいでしてもよいと思われる。
  33. 特例で許可されただけに過ぎなかった。
  34. 倫理に逆らわない行為だ。
    • 「食べ物を粗末にしてはいけない」ので、その為には何をしても良いと思われる。(法に従うとその食品はそこで廃棄となってしまう、など)
  35. 意地悪で拒否したと思われている。
    • 拒否した理由に満足の行く説明がない。
      • 満足の行く説明がなかったせいで、「やりたい」という気持ちを強めてしまう。
  36. ルール説明時に「原則」という表現を使ったせいで、例外が認められていると思われる。
  37. 注意する側が危険性しか伝えていない。
    • 安全性を確保すれば大丈夫と思われている。
  38. 勘違いも何も、何処迄が合法なのか探ってしまっている。
  39. ルール違反と明言された行為と微妙に異なる。
    • 5W1Hのうちのいずれかを微妙に変えて再び行っている。
  40. 禁止されていることを「規制」という表現で説明したせいで許可される可能性を匂わせている。
  41. 実例がある。
    • その実例がもとでルールが改正された。
  42. ○○するな、○○しないでほしいという意味で、「○○する必要がない」と言われたので、任意・許可されていると思われる。
  43. 事案が発生すると加害者ではなく100%被害者の責任にされる。
    • 100%でなくても被害者にも責任の一端が存在する。
    • あくまでも被害者の防犯対策の不備を指摘しただけだ。
  44. 違法の根拠とされたルールの一部が改正された。
  45. 不謹慎な行為。
    • 場違いに見えるが、「不謹慎だ!」との声がでかすぎて、もともとしてはいけない行為であるという事実がかき消される。
  46. その行為が比喩に利用されている。
    • 「殴られて言うことを聞くなんて動物と変わらない」→動物虐待を容認したと解釈する。
  47. その行為が誰もが思いついていないと思っていた。
    • 25.~30.に通じる。
  48. 「地下」や「非公式」という表現を使ったせいで違法であるとはっきりと伝わらなかった。
  49. ごく一部の人間が推奨している。
  50. 禁止行為が明文化されていないことを「禁止されていない」と解釈されてしまった。
  51. 特定の人物を名指しで禁止を通達した行為の、名指しされていない人にとって。
  52. ある法律には違反していなかったが、別の法律に違反していた。
  53. 「何処迄なら合法」と明言していない。
    • 「全て違法」なので明言していない。
    • 自分の想像で「此処までならセーフ」と判断してしまった。
      • あまりにも理不尽過ぎてどこかに例外があるはずだと思ってしまう。
      • 「ルールが実態に即していない!」などとして、悪法は法ではないと、平気でルール違反が蔓延する。
  54. 正義感の勝手な暴走だ。
    • 「撮影・録音禁止」→「撮られるとまずいやましい事をしているから禁止しているんだ。『撮ってください』と言っているようなものだ!」
  55. 子供の頃はご免で済まされていた行為。
  56. 一部のメディアで推奨されている。
    • そのメディアにとっては法や取締の穴を紹介しただけに過ぎないと思っている。
  57. 未だに逮捕例や処罰例がない。
  58. あくまでも大目に見ているだけだ。
  59. さんざん警告しても効果がないので警告するのをやめたが、解禁されたので警告をやめたと誤解された。

合法と勘違いしてもらわないためのテロップ[編集 | ソースを編集]

  1. 『CM上の演出です』
  2. 『本作品は劇中の行動を奨励したものではありません』
  3. 『絶対にマネしないでください』
  4. 『特別な許可を得て撮影しています』
  5. 『撮影上、バスタオルを着用しています』
  6. 『法律の改正により、現在はできません』

マナー[編集 | ソースを編集]

  1. 海外の一地方の習慣が勘違いされたまま、間違って伝播した。
    • 小説かマンガで述べられたトンデモ理論が、さも事実のように誤解されて、ろくすっぽ検証もされないままマスメディアに紹介された。(例:出典元『美○しん○』)
  2. そもそもマナーは国や地域によって異なる。
    • 知らぬ間にその国でマナー違反になる行為をしてトラブルになる。
  3. マナーという生易しいものではなく、法律で決められたことだ。
    • そもそもそれをやらないのは人としてどうなのって感じだから、まさかルール上でもMUSTだなんて微塵も思わない。
    • そういう意味合いで「マナーではない」という表現をしてしまったため、「(マナーではないという事は)偽マナーだ!そんな自称マナーに捉われずやるべきだ!/やってはいけない事だ!」とやって良い悪いがひっくり返って捉えられてしまう。
      • 「信号機のない横断歩道に歩行者がいたら一時停止する事をマナーと勘違い?」→ただマナーである事を「勘違いである」と実質否定されたため、それならば一時停止しなくてもよい・一時停止してはいけないものなのだと捉えられる。
        • しまいには「文字通り『車道』なんだから車が優先なのは当たり前、そりゃ歩行者に譲るだなんてのは勘違いマナーなのは当然だわな」などと明後日の方向に飛んでいく。
    • 当たり前のように「しなければいけないこと」もしくは「してはいけないこと」と考えているため、当人にとってマナーかルールかを区別する必要が無い。
      • 守らなければいけない事には変わりはないため、そもそも当人がルールとマナーの区別をしていない。
        • 「信号機のない横断歩道での歩行者優先はマナーではなくルール」→一時停止して譲らなけばいけないのは当たり前、そこになんの(マナーかルールかの)違いもありゃしねぇだろうが!(→違うのだ!!)
    • ちなみに、マナーが「生易しい」という事自体、「勘違い」かもしれない。
      • 法律で決まっているという事は、隙間を突かれてしまえば何の違反にも問えないが、マナーの隙間を突いたら、マナー違反そのものより手厳しい代償が待っているおそれがある。
    • 条例などと取り違えている。
  4. 問題点が指摘され、現在はマナー違反になっている。
  5. 危険な行動や社会的弱者への差別を助長する行為。
    • そんなことを呼びかけたところで炎上する。
  6. ワイドショーで引っ張りだこの、人気(創作)マナー講師によって広められた。
  7. 暗黙の了解がいつの間にかマナーに格上げになった。
  8. マナー違反している人のほうがむしろ多数派だ。
  9. 実は法律に違反する行為だった。
  10. その家の中でしか通用しないルール。
  11. 自分の理想を押し付けているだけだ。
    • 自分の気に入らない行為をマナー違反扱いしている。

義務[編集 | ソースを編集]

  1. やらない人のほうがむしろ少数派だ。
  2. やらないことによるデメリットのほうが遥かに大きい。
  3. やらないと先生にいやみを言われる。ひどく心配される。
  4. ただのマナーだった。
  5. 装備しないと危険極まりない。
  6. あくまでも努力義務なので忘れても罰則はない。
  7. 忘れたときの対処方法を知らない。
  8. 「許可」と取り違えている。
    • 青信号は「進め」ではく「進んでもよい」である。
    • 「お酒は20歳になってから」→20歳になってからは必ず嗜まなければいけないというものではない。最近は、流石に無理強いするものではなくなってきたが。
  9. 誰かに強要されている。
  10. できなかった前例がない。
  11. 義務なのは、○○できる権利を与えてそれを保証することであり、○○を強いることではない。
  12. やらなかったことが大きなトラウマになっている。
    • それをやらずに成功したことがない。
  13. やらなかったときの代替策が整備されておらず、実質的に「しなければいけないこと」扱いとなっている。
    • 整備されたとしてもその手順が煩雑すぎて、やりたくない人がうんざりしている。
  14. したくてもできない人がいる場合の、できる人にとって。
  15. やって当然の行為だが、明文化するとその法令が違憲になってしまう。

新ルール[編集 | ソースを編集]

  1. 下位の大会やテレビゲームでの採用が遅れた。
  2. 採用から初適用まで時間がかかった。
  3. 今回限りの特別ルールということに過ぎなかった。
  4. 実はそんなルールなど最初からない。
  5. 一個人の意向が独り歩きしてしまう。
  6. ルール処理に不備があった。
    • これまでのルール解釈に誤りがあった。
  7. あくまでも今回限りの特例措置だ。
  8. 細かいルールの変更が針小棒大に言及されている。

公平[編集 | ソースを編集]

  1. ただ条件が同じだけだ。
    • 運営がローカルルールを一切認めていない。
  2. エンターテインメント性を重視したルールである。
  3. 「均質」と取り違えている。
    • 「平等」と取り違えている。
  4. 本来なら特別な措置が必要なところを例外なく運用してしまった。ルール通りに運用しただけで公平と思っている。
  5. 救済措置があるが、やりすぎだ。
    • 救済を受けたほうが却って得をする。
    • 特定多数の救済を試みるあまり不特定多数にしわ寄せが来た。
  6. ルールを一切説明せずに厳格に適用した。
    • ルールを文字通り知らないにもかかわらず「知らなかった」で済ませず罰則を与えた。
      • 結果、ルールを知らない人がルールを知らないまま排除された。
    • ルールの周知よりも違反者の取り締まりに熱心である。
      • そのせいでルール違反を隠さないと命が危ない状況が発生してしまう。
  7. 最近の解析で条件の違いによる有利不利がはっきりしていると判明した。
  8. 国際ルールが特定の国の意向に沿ったものになっているが、運営は国際ルールを忠実に運用しただけで公平と思っている。
  9. ルールの前提が競技者の体力やレベルを全く考慮していない。
    • マラソンやゴルフのように競技者のレベルが低いほど時間がかかる競技でプロと同じルールを採用している。
    • 年少者の大会で危険な行為が反則になっていない。
    • 運営がローカルルールの制定を一切認めていない。運営は常に同じルールで戦うのが公平と思っている。
  10. ルールの重要性の割に周知期間が短い。
  11. あまりにも複雑で、正しく運用するのが難しい。
    • ルールが複雑すぎて、誰も全文を把握できない。
  12. 出場枠が数合わせありきで、実力や多様性を考慮していない。
    • ちなみに2ちゃんねるの高校野球の出場枠の改定案はものの見事にそんなものだらけである。
  13. 抽選によって勝者を決定することを避けようとしたが、抽選よりも実力を反映しにくいルールになってしまった。
  14. トラブル防止ありきのルールだ。
    • その行為を禁止すればその行為を巡るトラブルが無くなると考えていた。
      • その行為自体が需要のある代物だと気づいていなかった。
  15. ルールの前提が機械的な運用を想定していない。
  16. 長期間改正されなかったせいで疑問に思う人がいなくなった。
  17. そのルールに異論を出すことが禁止されている。
  18. ルールの不備が発見されたにもかかわらず改正されていない。
  19. 提案しているルールの前提が現実を全く考慮していない。
  20. ルールの内容が運営側にとって都合のいいものになっている。
  21. 不測の事態が起きても機械的に運用するしか無いルール。
    • 不測の事態が起きても誰もが納得の行かない裁定を下すしかなかった。
  22. 通常学級故に、ハンデは与えるべきではないと思っている。
  23. ルールの前提がマイノリティの存在を想定していない。
  24. 年齢制限付きの大会を延期した際に年齢制限の再設定をミスった。
    • 上限を変えなかったせいで延期していなければ出場できた選手だけが出場できなくなってしまった。
    • 加齢の影響を考慮せずに単純に上限を引き上げたせいで上限ギリギリの選手だけを揃えたチームが有利になってしまった。
    • そもそも年齢制限付きの大会を中止ではなく延期にしたのが間違いだった。
  25. 正式ルールを採用した。正式ルールなので当然、周囲に理解され浸透していると思っていた。
  26. 実力重視を追求したせいで特定勢力が勝ち続けるルールになってしまった。
  27. 不正防止のためあえてルールを公開しなかったが、そのことがかえって不信感を増した。
    • 透明性確保のためにルールを全面公開したが、ルールの網をかいくぐることが容易になってしまった。
  28. 理想を追求するあまり、誰もが守れないようなルールを作り上げてしまった。
  29. ルールを制定したり運用したりする人が現場を全く把握していない。
    • ルール制定者の経験則が現在では通用していないことに気づいていない。
      • ルールが現状にそぐわない。
    • 外国のルールを表面的にしか参考にしなかった。
  30. なんでもありだ。
  31. 弱者の排除が正当化されている。
  32. あまりにも条件が悪い中で競技を成立させた。
    • 主催者は開催した以上競技は成立すると思っていた。
    • 参加予定者が急死したにもかかわらず開催を強行した。
      • そのせいで遺族からひんしゅくを買う。
  33. なかなかルールが守られないのは当事者のモラルの問題だと思っている。
  34. 犯罪撲滅を追求しているが、加害者の将来性を全く考慮していない。
  35. あらゆることが明確に定められている。
  36. ルール違反として制裁を受けた人からの異論を無視している。
  37. ルール上想定していない問題行動を無罰で済ませる。
  38. ルールが憲法に違反していない。
  39. 運営にルールを周知させようという気概が全く無い。
  40. そもそもルールの制定経緯に問題があるか、周囲に知られていない。

任意[編集 | ソースを編集]

  1. ただのマナーだと思われている。
  2. 法律上罰則が設けられないため「指示」にとどまっている。
    • 憲法上義務化できないため「推奨」にとどまっている。
  3. 当たり前のように「しなければいけないこと」もしくは「してはいけないこと」と考えているため、それ以外のことをやるのは人としてどうなのとしか思っていない。
    • やって当然、できて当然と思い、あえてそうしろと言及しなかった。
  4. 自由なのは○○を拒否することであり、○○をすることではない。
    • 自由なのは○○をやらせることであり、自らの意志で○○をすることではない。
  5. あくまでも法や常識の範囲を守った上での「自由」である。
  6. 移行期間をすっ飛ばして禁止と義務がひっくり返った。
  7. 特別な事情があれば免除される。
  8. 仕方なくやったことだったが、結局やったことを非難された。
  9. 「やめろ」という言葉を用いずにその行為をやめさせようとしていた。
    • 「やれ」という言葉を用いずにその行為をやらせようとしていた。
    • やんわりと指示したつもりが指示と伝わっていない。
  10. やってはいけない事を言及しなかった。
    • ついついやってしまうことだが、問題があるのでガイドブックに載せていない。
  11. 「○○を目指して頑張る」を「○○は達成できないので頑張らなくて良い」と解釈してしまった。
    • 「○○だったら××すべき」を「○○ではないから××しなくても良い」と解釈してしまった。
    • 「○○だったら××するな」を「○○ではないから××しても良い」と解釈してしまった。
    • 指示の根拠と状況が微妙に異なっていた。
  12. 「基本的にどころか法律で義務付けられている」と突っ込まれたが、法律で義務付けられているのを前提として「基本的に」と表現しただけの事だ。
    • なぜならば、義務付けられているのにしていない奴だらけであり、既に社会問題として何度もニュースになっているから「基本的に」と皮肉めかしたのだが、相手はそうやってニュースで取り上げられるほどの社会問題になっているのになお違反を推奨していると解釈した。
  13. ルールにするまでもないと思い、あえてルール化していなかった。
  14. やってはいけないのでやるためのルールを整備していなかった。

不公平[編集 | ソースを編集]

  1. 条件が違う。
    • 弱者救済のために条件を変えていると理解していない。
    • ハンディキャップの背景にある優位性が知られていない。
    • ハンディキャップが必要な背景そのものが知られていない。
  2. 大会の途中でルールが変更された。
    • ルールが頻繁に変更されている。
    • 単にルールに致命的な欠陥があったために大会の途中で改正された。
  3. 自分に不利な判定が行われる→誤審だったと思いこむ。
  4. 自分の非を棚に上げて不平不満を訴えている。
  5. 自国の法律が海外と異なっていることばかりが注目される。
    • 自国と海外の生活習慣や風習の違いに目を瞑っておかしいと槍玉に挙げる人がいる。
  6. 抽選を勝者を決めるための最終手段に利用している。
  7. ルールに運営の裁量の余地が残されている。
    • 不測の事態の備えて裁量の余地を残している。
  8. テレビ中継の都合で導入されているルール。
  9. 自分の知っているルールと異なる運用がなされている。
    • しかもその理由について全く説明されていない。
    • じつはルールが改正されていたが、自分は全く把握していなかった。
  10. ルール制定の経緯が知られていない。
    • 新ルールの導入の経緯が知られず、弊害ばかりが注目される。
    • 当事者を保護するルールであると理解されていない。
      • 社会的弱者が参加したところで危険な目に遭うだけだ。
  11. その記録に誤りや異論があるが、八百長などの影響を考慮し、あえて訂正を行わなかった。
  12. ルール上想定していない行為に対し、ルールにない処分を下した。
    • 運営はその行為は社会のルールやマナーの範疇と思っていたが、当事者はそうと考えておらず、逆ギレされた。
    • ルールの穴を突いた行為に対してルール違反よりも重いペナルティを課した。
  13. 相手の知識レベルや手違いの影響を考慮し、あえてペナルティを減軽した。
  14. 正式ルールが採用されていない。
    • 単に正式ルールに不備があるので採用していない。
    • 格ゲーで言うところの永久パターンがあるのでさらなる禁止行為を設けている。
      • 正式ルールだけでは競技が成り立たないことが知られていない。
  15. ゲームバランス調整の結果、能力差が均等にならずに逆転してしまった。
    • 弱体化したキャラや機体の使い手から恨みを買う結果になった。
  16. 単なる迷惑ユーザーの言いがかりである。
  17. 似たような状況でも異なる裁定が下された背景が知られていない。

基本ルール・推奨ルールなど[編集 | ソースを編集]

  1. そのゲームを初めて覚えたときに採用されていたルール。
  2. テレビゲームでそのルールを変更できない。
  3. 安全上の理由から年少者の大会で導入されているルール。

冤罪・誤審など[編集 | ソースを編集]

  1. その人にルール違反をしたという自覚がまったくなかった。
    • その人にとって普通と思っていた行動がまさにルール違反だった。
    • 犯罪の成立要件を勘違いしていた。
      • 無断でやったことが問題なのに故意にやったわけではないことを主張した。
      • 故意ではないから無罪だと思っていた。
    • 善意でやった行為がまさにルール違反だった。
    • それどころかルールを知らなかった。
    • ルール違反に気づかない→ルール違反を認めない→重罪と判断される。
  2. 違反者が被害者でもあることを強調した。
    • 被害発生時の対処ミスが二次被害を招き寄せた。
  3. 証拠が残っていない。
  4. 主犯格に騙されてやったことだ。
  5. 無罪判決が出たのは証拠不十分が理由であり、犯罪をしなかったことの証明ではなかった。
  6. 罪状がルール以前の問題行動。
  7. 周囲に判官贔屓されている。
  8. 過剰な制裁を受けた。
  9. 有罪の根拠とされたルールに不備があった。
  10. 他人に指示されてやったことなので、100%指示した人の責任だと思っている。
  11. 加害者が被害状況を全く把握していなかった。
    • 現場を見ないで被害は軽微と思いこんでいた。
  12. 自分が責任を負う習慣がない。
    • 自分の責任と自覚できるだけの知識がない。
  13. 公式のルール説明の時点で誤りが含まれていた。
    • しかも非公式のルール解釈のほうが正しく、現場が混乱している。
  14. 世間の同情を買った。
  15. ルールブックが解釈違いの起こりやすい内容だ。
  16. 細かな違反の積み重なりで致命的なペナルティを受ける。
  17. これまで黙認されていた違反行為を突如取り締まるようになった。
  18. そもそもルールが周知されていない。
  19. ルール処理は正しかったが、説明が誤っていた。
  20. 自分の知っているルールが古かった。
  21. 自分の知っているルールと異なる判定が行われる。
  22. 捜査手法に強引な部分があったが、そのことを差し引いても嫌疑不十分ではない。
  23. 刑の執行を遅らせるために何度も再審を請求している。
○○と勘違いされる法則

回数など | 可能性 | 関係 | 境界・基準・理由 | 経済 | 言語 | 効果 | 行動
国内と国外 | 時期 | 情報 | 人物像 | スポーツ | 存在 | 存在意義 | 知名度
地理 | 評価(問題ない) | 文化(創作物企画の進行状況) | 名称 | ルール・法律