○○と勘違いされる法則/可能性

提供:chakuwiki

○○と勘違いされる法則 > 可能性

全般[編集 | ソースを編集]

  1. そう思っていた人の経験が不足している。
  2. 可能性を質問した際の答えが過去の実績。
  3. 確率が操作されていた。
    • 確率が全く発表されていなかった。
  4. まだ出来るかどうか分かっていないと思われている。
  5. 断言せず、相手に都合よく解釈させた。
  6. 「意欲」や「希望」と取り違えている。
  7. 事前の予測から状況が急速に変化した。
  8. 結果のばらつきを確率のばらつきと勘違いした。
    • あるいは結果のばらつきから確率のばらつきを読み取れなかった。
  9. 成功率や合格率を算出する際の、母集団に偏りなどがある。
    • 予選や一次試験の突破と、決勝や最終試験の突破での、成功率や合格率が大きく異なっている。
      • 後者の成功率や合格率が高いのは、そもそも前者の段階で絞り込まれているから。
    • 成功したい、合格したいという意欲が薄い者が母集団に含まれている場合は、成功率や合格率が実質的なものより低く、難関だと思われがち。
  10. 実例がなく、データを取ることができない。
    • 予選や一次試験の突破者がおらず、決勝や最終試験の成功率や合格率を算出できない。
  11. 可能性に関する根拠をきちんと説明していない。
  12. 説明にない要素が命運を分けた。
  13. あの決定はあの出来事が起きる前から既定路線だったにも関わらず、あの出来事で結果が覆ったと思われている。
  14. 僅差ですでに決着がついているのに逆転の可能性があると思っている。
  15. なにかがあったと実しやかに囁かれるレベルで実例が全くない。
  16. 条件を事後的に発表しているので、やらせの余地がある。

可能・容易・あり得る[編集 | ソースを編集]

  1. それを不可能にしている法律やルールが知られていない。
  2. 前例は特別な事情によるものだ。
  3. そう思っている人に知識がない。
    • 解決策を知っているだけで、それすら不可能になっているとは思っていない。
    • 自分でやったことがないので、それがどれだけ大変なのかを知らない。
      • 誰もがその依頼を引き受けないので引き受けてみたが、誰もが引き受けない理由を目の当たりにするだけだった。
    • 起こり得ない理由が知られていない。
  4. 前例とは微妙に条件が異なる。
    • 条件が一つや二つ違うけど、何とかなるだろうと思っている。
  5. 実は違法行為だった。
    • 禁止行為がシステムで弾かれない。
  6. そう思われた結果、炎上することもある。
  7. 意図的に勘違いさせる場合は詐欺である可能性が高い。
  8. やってしまったことを元に戻す行為。
  9. 不可能であることが立証されていない。
  10. ○○はできないのできっと別の方法があると思われている。
    • その生活習慣がある人にそう思われる。
  11. そう思って方法を調べた結果不可能と知り、愕然する。
  12. 不可能であることしか説明されておらず、肝心の理由が説明されていない。
  13. ただ#難しいだけだと思われている。
    • 「自分の観測範囲では成功例がない」という意味合いで「難しい」という表現を使った。
  14. 無意識のうちに周りの人が、成功するように誘導している。
  15. 成功すれば賞金等獲得のチャレンジ企画が存在する。練習すればできるらしい。
    • 運営のズルに気づいていない。
    • 練習ではどうにもならない絶対条件が存在する。
  16. 説明書にやり方が書かれていない。
    • できないから書いていないだけのことだった。
  17. 成功しないと100%挑戦した人の責任にされる
    • 実行しないと100%その決断をした人の責任にされる。
    • 成功しないのは本人の努力が足りないからだと思われている。
    • 不可能と立証されても挑戦した人の責任にされる。
      • 不可能と指摘すると甲斐性なし扱いされる。
    • 失敗すると愚か者扱いされる。
  18. 後で可能と知った。
    • 場違いに見えるが、可能と知らないのは不可能も同然。
    • 知っていればやっていた。
  19. 可能とした根拠が誤っている。
  20. 方法や条件が「ない」と言う表現を不要、無条件、運次第という意味だと思っている。
  21. わざとやらなかったと思われている。
    • やるのが面倒だったと思われている。
  22. ただ成功例がないだけだと思われている。
    • なぜ成功しないのか分析しないまま、史上初の成功例になろうと意気込んでしまう。
      • そもそも失敗した後、何故失敗に終わったのか検証しなかった。
    • 成功例がない状況を「プログレッシブジャックポットが溜まっている状態」と解釈してしまった。
      • 成功例がない状況を挑戦すべき理由にしてしまっている。
    • 成功しない原因を知った頃には手遅れ。報告することすらできない。
  23. 失敗したことを「難しかった」と表現していると理解していない。
    • 難しかった、という表現を「なんとかやり遂げた」と解釈する人がいる事を理解していない。
    • 「困難」という表現を努力すれば可能と解釈してしまっている。
    • 「なかなか成功しなかった」という表現を成功例はあったと解釈してしまっている。
      • あったのはあくまでも可能性であり、実例ではなかった。
  24. やってはいけないと言っているが、やった時の結末を教えないせいで好奇心を煽っている。
  25. それができれば苦労していない。
  26. 自分にはできないが、他の人ならできるかも知れない。
  27. 「できない」という言葉が口先だけだと思われている。
    • できない理由をきちんと説明していない。
    • 「できなかった」という表現を「わざとやらなかった」と解釈している。
    • 「できない」という表現を「まだ条件を満たしていない」と解釈してしまった。
      • 「できない」と言う説明に対し「どうすればできるようになるのか」と質問してしまった。
    • 「できない」と説明する際に理由も説明したが、「理由さえ解消されればできる」と解釈された。
  28. 一応可能だが、極めて有害な方法だ。
  29. 可能かどうかは確率の問題と思われている。
    • 「失敗した」という表現を成功する可能性はあったと解釈してしまっている。
  30. SFでその技術が描かれている。
    • 研究を進めた結果、不可能なことが分かった。
      • 研究が進んでいた頃はそれなりに話題になっていたが、不可能であることが証明された頃には話題としてしぼんでいた。よく知らない人にまだ研究中と思われている。
  31. 可能どころかしなければならない。
    • できないと分かった際に揉め事になる。
  32. ただやり方が分かっていないだけだと思われている。
    • 「やり方を教えてほしい」と言われたのでてっきりやり方を知らないと思っていた。
  33. 法律に違反していないが、周囲が反対している。
  34. ただ失敗例がないだけだった。
    • 失敗例がないのは成功以外に終了条件がないからだ。
    • 故に今回も簡単にできるだろうと慢心してしまう。
    • 諦めたくないのは史上初の失敗という不名誉を被りたくないと思っているから。
    • 失敗例がなかったときと大きく状況が異なっている。
  35. 成功体験しか聞いたことがない。
    • 失敗談が聞かれないのは、失敗=死だからだ。
  36. やり方を説明する人が「簡単にできる」の一点張りでろくに説明していない。
    • 簡単にできると思ったのは自分だけだ。
  37. 奨励されているが、やるための環境が整備されていない。
  38. 大きなトラブルを教訓に新しいやり方が考案される→それ以前からできたと思われる。
  39. 中止を決めたあとに懸念材料が消滅した。
  40. 特定の分野の知識があった上での「容易」である。
  41. 始める前に予測していなかった壁にぶち当たった。
  42. 予測されているトラブルを回避する行為。
    • 「○○が起きるからしてはいけない」を「○○にさえ気をつければしてもよい」と解釈した。
  43. 「0%」という確率を1%未満の確率があると思っている。
  44. ただ前例があるだけだ。
    • 前例はあるが、その前例は結局失敗に終わっている。
      • 参考にしたケースがまさに失敗例だった。
    • その前例がきっかけで禁止されてしまった。
    • かつては可能であり、実例も存在した。
  45. そのシリーズやジャンルの中で相対的に難易度が低い。
  46. その目標があまりにも現実的ではないと気づいていない。
  47. 「条件次第」の条件を読んでいない。
  48. 「今度は大丈夫」と言っているが、根拠はない。
    • 失敗したケースを偶然という言葉で割り切ってしまっている。
      • 故に、再発防止策を全くとっていない。
  49. あと一歩のところまでしかできない。
    • あと一歩までできるのでもしかしたらと思いこむ。
      • ゲームで言うところのクリアに必須のアイテムがない状態で最終ステージに行ってしまった状態である。
      • ゴール目前でガス欠している。
  50. 成功する道がこれしかないと思っている。
  51. これまでそれが普通にできていたことへの感謝を忘れている。
  52. 成功していないことへの批判ばかりしている。
    • 批判するなら実際にやってみろと言われてもできない。
  53. できなかったことを批判される→できるチャンスはあったと思いこむ。
  54. あくまでも「こうあるべき」という理想を論じたのにあたかもできるかのように伝わる。
    • それが可能なら良かったんだけどね…と言いたくなる。
  55. 自分は一発で成功してしまった。
  56. 根性論で乗り切ろうとしている。
    • 絶対条件の欠如を精神論でどうにかカバーしようとしている。
  57. プロが簡単にやってのける場面しか見たことがない。
  58. 門戸や入口が広い。
  59. フィクションのいわゆる「勝利フラグ」を現実に適用しようとしてしまっている。
  60. ルール上は可能だが、現実問題としてそんなシチュエーションは起こり得ない。
    • 現実問題として不可能なので禁止していないだけのことだ。
  61. 失敗したときと状況が微妙に異なる。
    • 条件が1つ2つ変わったのでもしかしたらと思いこむ。
  62. 「やる」と断言してしまった。
    • できないと分かるとあたかもできないと知っていたかのごとく批判される。
    • どうせ口先だけだと思って自分でやってみたら…
  63. 注意書きに「やらないでください」と書かれているので、システムで弾かれないと思われる。
    • システムで弾くことはしているが、不測の事態に備えあえてこの注意書きになっている。
  64. 「将来可能になる」と「以前は可能だった」を区別していない。
  65. 前回の成功は偶然によるものだったと理解していない。
    • ある方法に偶然成功しただけで可能と証明されたと勘違いしてしまった。
  66. 条件が提示されているが、現実問題として条件を満たす可能性がない。
  67. その勘違いのせいで無意味な提案をしてしまう。
    • 可能なら現にやっているはずである。
  68. 今となっては考えられない理由で断念していた。
    • 諦める決断をした後、それ以外の選択肢が増えた。
  69. 説明書の上では可能とされているが、バグが存在するせいで弾かれてしまっている。
  70. それに成功した小学生がいたせいで、「小学生にもできる」と思われてしまう。
  71. 成功しないと分かっていたが、周囲の圧力に負けて実行してしまう。
  72. 100%の準備を行った。
  73. 不可能と知っているが、だからといって諦めるとますます不利な立場に立たされる。
  74. そのような状況を想定したルールが存在する。
    • 状況の変化によりそのルールが死文化している。
  75. 理想を追求しすぎて、現実にそぐわない目標設定になっている。
  76. 伝言ゲーム的に、願望がデマに変貌した。
    • 「○○になったらいいな」→「○○になるかもしれない」→「○○する方法がある」
  77. RPGで言うところの「にげられない」状態である。
    • 50.や62.や71.や73.に通じる。
  78. 大人の事情が知られていない。
  79. あくまでも不測の事態が起こらない限りの「確実」である。
  80. するための絶対条件が自分の力でどうにかなる範囲を超えている。
  81. その勘違いをしたせいで無効なアドバイスをしてしまう。
    • やればいいじゃないと言うけど簡単にはできないんだよ。
    • その方法はすでに検討したんだよ。
    • 現実問題としてその方法には無理があるんだよ。
  82. よく知らない人に「成功して当然」と思われている。
  83. 試験で不合格が確定したにもかかわらず打ち切られていないような状態である。
    • しかも不合格が確定した状態を宣告されず、最後まで頑張り続けてしまう。
      • 宣告したとしても「このままじゃダメだよ」などと、言い回しが抽象的だった。
  84. 手応えがあるのでもしかしたらと思いこむ。
  85. Aが可能だったのでBも可能なはずだと思われる。
  86. Aは可能だったのに何故Bは諦めたんだと批判する人がいる。
  87. 可能だったのはスタートラインに立つことだけ。
    • 性別や年齢、学歴といった受験資格であるべき要素を合格条件としている。
      • 故に試験には参加できても絶対に合格できない。
  88. 「やろうと思えばいつでも出来る」と思われている。
    • 失敗した原因を成功したいという意欲が弱かったからだと思っていた。
  89. そう思っていたことをまさに頼まれてしまう。
    • 人に頼まないで自分でやるべきだと思った。
      • その人にはできない理由に気が付かなかった。
  90. 誰かが協力してくれれば成功できるが、現実問題として協力してくれる味方がいない。
  91. 「やってみなければわからない」と言っているが、実例を見ていない。
  92. 求められていることが、たまたま失敗していないように、見えるだけ。
    • とりあえず事故などは確認されていない。
    • しかし、気づかれていないだけで、内部的に歪みが起きている。
    • 事故などが起きた場合には、これが一気に大問題に。
  93. マリオメーカーのあのステージ、クリアー率100%だ。
    • なのでクリアーに失敗しようと思っていたらマリオを操作できないままクリアーになってしまった。
  94. 画面上は実際に可能な選択肢と同様の表現がなされている。
    • が、実際にと選択しようすると何故か決定できない。
      • 警告メッセージもブザーもなく、弾かれたことに気づかない。
  95. アンケートに選択肢として用意されていない。
    • 実際には起こり得ないので除外されているが、「その他」の選択肢も用意されており、起こり得ないことを知らない人が次々と「その他」と答えてしまう。
  96. フィクションなので「できない」と言う説明に抜け道はあると思われていた。
    • 「不可能」が絶対だった作品の例:Ib
  97. 実例とされたものが虚偽であった。
    • 実例を提示した人にしかできないと思われた。
  98. やってはいけないことを「確実ではない」と言う表現で説明した。
    • 確実ではないからこそやるべきだと思われた。
      • 失敗した結果がゼロではなくマイナスになることが知られていない。
  99. あくまでもシステム上解禁されただけの話であり、それを実際にやるための機器はまだ発売されていない。
  100. ルール制定者が理論上起こり得ないことを知らなかったせいで、ルールブックでその状況が言及されている。
  101. それを自分でしたことがないので人の苦労を知らない。
  102. 経済的な問題があってできないと思われている。
    • いくら金を積んでも無理なものは無理なんだよ。
    • 商業的に成功していれば実現していたと思われている。
  103. あくまでも可能性の話だったのに決定したかのように話が伝わっている。
  104. それを可能にしたリソースがすでに失われている。
  105. 全くのど素人が可能性を考えることなく奨励している。
  106. 条件は満たしているが、後は当事者の意思次第だ。
  107. いつでもやれるだろうと思って後回しにし続けていたらいつの間にか時間切れになっている。
  108. 何回でもやり直せば良いと思われているが、そのためのリソースが有限である。
  109. 実行すること自体は容易だが、実行を決断するには様々な要因を考慮しなければならない。
  110. 実用的ではない成功例が紹介されている。
  111. 全くの当てずっぽうで成功したため、成功時の手順が記録されていない。
  112. 前例がないのは絶対条件を欠如しているから。
  113. 課題や方法は小学生にでも理解できることである。
  114. 「できない」ことを「やらない」と宣言している。
  115. 条件を達成するも、さらなる条件を突きつけられた。
  116. 大人の事情が考慮されていない。
  117. 計画当初はそのことを前提にしていたが…
    • 事後的に不可能であると判明した。
    • 想定外の事態が発生した。
  118. 成功者や合格者の絶対数が多い。
  119. 「できた」と主張している人が実際にはできていないことに気づいていない。

不可能[編集 | ソースを編集]

  1. 法律違反という意味で「できない」と説明している。
    • 「してはいけない」という意味で「できない」と説明している。
      • その結果、システム上でできないのだと思ってしまう。
        • 「長辺が800pxを超える画像は投稿できません」→どうせ間違ったファイルを選択しても弾かれるだろうと、縮小前のバカでかい画像を誤ってアップロードしてしまう。
          • ×××な別サイト向けの、こちらでアップしようとしてもサイズで弾かれるようにするという安全装置の意義も兼ねてあえて高解像度で作った画像を誤ってアップロードしてしまう。
          • IMG_XXXX.JPG→IMG_XXXX_small.JPGなどと似た名前で保存した。全く別の名前にするのは弾かれてイラッってなってからでいいやと思った。
            • image/original/IMG_XXXX.JPG→image/small/IMG_XXXX.JPGなどと、同名別フォルダにすると更に間違いやすい。
    • そもそも自分が「法律違反」を「ペナルティを覚悟の上でしてもよい」と解釈しないお行儀の良い子である。
  2. やる人のほうがむしろ少数派だ。
  3. やること自体が困難だ。
  4. 実例があまりない。
    • 自分の観測範囲に成功例がないだけだ。
  5. 発売当時の定石にそぐわないのでテレビゲームではできなくなっている。
  6. あれば便利になのに初期状態ではオンになっていない。
  7. もしこんな有り得ない展開・記録があったら」のネタになるようなもの。
  8. 失敗したときと状況が微妙に異なる。
    • 条件が1つ2つ変わったくらいではどうせできないと決めつけている。
  9. いつもやるのに使っていたアレがない。
  10. 自分でやったことがない。
    • 常に他人に頼んでいたことだ。
  11. かといって確実に成功するわけではない。
    • その確率は極めて低い。
    • 失敗したときのリスクの大きさを知り断念した。
  12. 不可能と主張する人がいる。
  13. ベタな失敗フラグの法則に書かれている行動をとって成功を収めること。
  14. まだ成功例がないだけだった。
    • もしあっても忘れられている。
  15. 「難しい」という言葉を聞いてあっさりと諦めてしまう。
    • 本当は努力すれば可能という意味だったのに…
  16. 画面上で選択肢がうっすらとしか表示されていないか、無いように見える。
  17. 実行をためらわせるメッセージが流れる。
  18. 実行したあとに罪悪感を抱かせる仕掛けが用意されている。
  19. 拒否する人に忖度してしまう。
  20. 自分で自由にできない。
    • それなのにやれと言われたらしなければならない。
  21. やり方が一切説明されていない。
  22. 知らぬ間に実行や成功のチャンスが潰れていた。
    • 序盤の選択ミスが最後まで響いた。
    • 詰みセーブをしたことに気づいていない。
  23. しても無駄な行為である。
  24. 大失敗に終わったプランAが存在する。
  25. できない理由を取り除く習慣がない。
  26. 成功したときと状況が微妙に異なる。
    • 条件が1つ2つ変わったくらいだが、前回はその1つや2つ条件の違いのおかげで成功した。

偶然・運次第など[編集 | ソースを編集]

  1. 事前に計画されていた。
    • 伏線はあったが、薄々と感づくことしかできなかった。
  2. そう思っていた人に知識がない。
    • 進級・進学してから初めて原理を習う。
  3. サスペンスにおける巧妙なトリック。
  4. 注意書きを守っていない。
  5. バグがあるせいで説明通りの挙動にならない。
  6. 確率に関する言葉で修飾されている。
  7. 盗撮・盗聴されていることに気づいていない。
  8. 「○○になる場合があります」等、可能性について断言が避けられている。
  9. 研究が進んでいない。
    • 科学的に解明されていない。
  10. そう思っていたが同じ結果になったり、特定の結果が出なかったりしている。
  11. 確率が実際よりも過小に表示されている。
  12. ユーザーの想定とは異なる挙動になった理由が説明されていない。
  13. 「できない」という表現を「他力本願」と解釈していた。
  14. Aが原因でBになったと一般に言われているが、実際はBが原因でAになった。
    • その旨を「逆だ」ではなく「違う」という言葉で指摘した。
  15. ジンクスは有名だが、根拠まで知られていない。
  16. ある法則に従った上での自動選択だ。
    • しかもその法則に関する説明が一切ない。
      • にも関わらず解析されて全くのランダムではないことが判明した。
  17. そのつもりだったが不具合のせいで結果が規則的だったり偏ったりしている。
  18. できる人とできない人がいる。
  19. 手順が全くの当てずっぽう。
    • 成功したときや失敗したときの記録を残していない。
  20. 一見同時手番だが、実はノータイムでCPUが後出ししている。
  21. レシピ通りにやったつもりだが…
    • 材料が不揃いだった。
    • 計量をミスった。
  22. 現実世界には「フラグ」という概念がないと思っている。
  23. 原因を自覚していなかった。
  24. 同じ状況を再現するのに必要なデータが欠けている。
  25. 成功例はないが、なぜ成功しないのか十分に分析されていない。
  26. 確率がゼロである旨を「確実ではない」と表現している。

運がない[編集 | ソースを編集]

  1. 要領や理論が誤っている。
    • 成功したときのやり方を全く覚えていない。
    • 既に否定された理論を何度も試す。
    • その事実に気づいていないのは自分だけだった。
  2. 確率が実際よりも過大に表示されている。
  3. 知らぬ間にルールやマナーに違反してしまった。
    • それどころかルール自体を知らない。
      • ルールが説明されることなく制裁だけを受けたせいで、迫害されたと思いこむ。
      • いつも正しいルールを知っている人に出し抜かれて負けている。
    • 禁止行為がシステムで弾かれたことに気がついていない。
      • 垢BANを不具合と勘違いした。
  4. 知らぬ間に危険な行動をとってしまった。
  5. 自分の注意が足りなかっただけだ。
  6. 「不運」「悲劇的」といった言葉で美化されている。
  7. 自分にとって都合のいい結果にならない原因が分かっていない。
    • 常に自分にとって都合のいい結果ばかり享受できると考えている。
  8. できないのは自分だけだと思っている。
  9. ネガティブ思考だ。
  10. 無意識のうちに周りの人に失敗するように誘導されている。
  11. 完璧主義で、僅かなミスでも失敗と捉えがちだ。
  12. 外的要因によるトラブルでも失敗と捉えがちだ。
  13. 「運がない」という言葉を成功しない言い訳にしてしまっている。
  14. オカルトだと思っていた。
  15. 諦めが悪い。
    • 最後まで諦めなかったせいで一方的な状況に追い込まれた。
  16. 状況の変化を見逃している。
    • ルールが変わってしまい、同じ方法では勝てなくなってしまった。
  17. 相手に行動を完全に読まれている。
  18. 生きているだけでも運が良かったと言える状況に陥った。
  19. 努力の方向が誤っている。
    • 避けては通れない道を避けることに力を入れている。
  20. 大きなトラブルの予兆を見逃している。
  21. 自分の過失を棚に上げて自分を悲劇のヒーローだと思い込んでいる。
    • 自分の非を棚上げして迫害されている存在だと思っている。
  22. トラブル処理が下手。
    • トラブル処理に失敗し、責任が重くなった。
  23. 偶然だったのは成功例の方だった。
  24. 失敗した後の叱責で心をへし折られた。
  25. 外的要因で失敗した。外的要因に耐えられない構造が失敗の原因だったにもかかわらず同情される。
  26. 周囲に疫病神扱いされているが、そもそもトラブルを起こさないための知識やスキルを持っていない。
  27. なかなか自分の主張が受け入れられない。
  28. 考えることを相手に丸投げしている。
  29. 「参加賞」と「努力賞」を混同している。
  30. 自分の間違いを頑なに認めていない。
  31. 他人の不幸によく立ち会う。
  32. 全体の収支はプラスだが、大当たりを出していない。
  33. 非現実的な目標に向かって突っ走ってしまう。
  34. 何かが起きても目標の下方修正をしていない。
  35. トラブルの原因に全く気づいていない。
    • 自分を冤罪だと思っていた。
  36. 雨具を用意しないで自分にだけ雨が降っているような気分を味わっている。
    • 事前の準備が足りていない。
  37. 自分の正当性を過信してしまっている。
  38. 経験則が活きない状況である。
    • 成功が続いていたときと方法が変わっていない。
  39. やってはいけない理由に納得できずにやった結果である。
  40. 嘘に騙された。
  41. 結果に納得していないが、自分の責任であることに気がついていない。

幸運[編集 | ソースを編集]

  1. 九死に一生を得た。
    • そのようなピンチに陥った事自体が不幸だった。
  2. 素直に喜べない法則にも通じる。
  3. 詐欺であることに全く気がついていない。
  4. 自分の好きなものが配布される→実は全員に配布されていた。
  5. カードを裏向きの状態で1枚選んだが、全部当たり。
  6. 嫌な思い出をほとんど忘れていた。
  7. いざという時に地力を見せた。
    • いざという時に根性を見せた。
  8. そう思っていたが目標は結局達成できていない。
  9. 今となっては不可能になったことをやり遂げたように見える。
  10. 昔の話が現実では起こり得ない方向に脚色されている。

難しい[編集 | ソースを編集]

  1. 法律に違反している。
  2. できない理由がわかっている。
    • にもかかわらずできない理由が周囲に理解されていない。
  3. 単に要領を知らないだけ。
  4. バグがあるせいで説明通りにやっても上手くいかない。
  5. ヒントがミスリードになっている。
  6. 準備の段階でのミスに気づいていない。
    • 準備段階でのミスをどうにか打開しようとする。
  7. 高い対象年齢は安全性や不適切な表現が理由だ。
  8. 複雑で行うのが面倒というだけだ。
  9. 成功率は高いが、失敗時のリスクも大きい。
    • 失敗例が極めて有名である。
  10. 自分に責任はないことを理由にトラブルを打開しようとする。
  11. 自分はやりたくない。
  12. 正解が解答者が想定していない内容だった。
  13. 無意識のうちに周りの人に失敗するように誘導される。
  14. 指導の仕方が自分にあっていない。
  15. トラブルが起きたときに基本的な対処法を試していない。
    • 最も簡単な対処方法が大きな犠牲を払う物だった。
  16. 正攻法を試すつもりがない。
    • 正攻法が通用しないが、ヒッカケに気づけば簡単。
  17. すでに否定された自分にとって都合の良い答えを出そうとする。
  18. あとは確率の問題か、そうだと思い込んでいる。
    • 同じ方法を何度も試し、将棋で言うところの千日手のような状態に陥る。
    • 一部のクレーンゲームのように物理学の知識がないと確率がほぼゼロであるとわからない。
  19. すでに計画が破綻していることに気がついていない。
    • 助けを求めた頃にはすでに手遅れだった。
    • 失敗経験がないので何を持って失敗とみなすのかを知らない。
    • 8月31日になってようやく夏休みの宿題を始めるタイプだ。
  20. 自分が物臭して決められた使い方や手順を守っていない。
  21. 正解率が低いのは出題ミスがあったから。
  22. 成功したことがないのは自分だけ。
    • 自分は成功に必要なスキルを持っていない。
    • 自分は一発で成功できなかった。
  23. そのシリーズやジャンルの中で相対的に難易度が高い。
  24. プランBなど成功のうちに入らないと思っている。
  25. 最新の技術を使っている。
  26. 既存の知識が全く役に立たない。
  27. 状況の変化を考慮せずに成功したときと同じ方法に固執している。
  28. 自分は成功体験がない。
  29. いきなり応用系から入ってしまった。
    • そもそも基礎がなっていない。
      • 基礎を知らないまま自己流で変な方法を編み出してしまう。
        • 基礎がなっていないのにただ面倒というだけでやり方をアレンジしてしまう。
  30. 「ほぼ不可能」という言い回しを使っている。
  31. (フィクションにおいて)「できない」とされた行為をやってしまい、「やろうと思えば可能」と解釈される。
  32. 方法や内容を知ろうにも外国語で書かれた情報しか見つからない。
    • 内容そのものはすごく簡単なのに、それを説明する外国語の文を読むのに時間がかかる。
  33. 必須とされたものを用意しなかった。
  34. 必須とされた行動を取らなかった。
  35. 基礎体力がないまま小手先のテクニックに頼ってしまう。
    • 絶対条件の欠如を創意工夫でカバーしようとする。
  36. 成功直前まで手応えが全くない。
  37. 最初の選択肢でミスを犯し、その後どう頑張っても成功にならない。
  38. どんなに努力しても成功率が100%にならない。
  39. 努力の方向が誤っている。
  40. 前例はあるが、前例とは明らかに状況が異なる。
  41. 様々な状況を考えねばならないほど失敗体験が多い。
  42. 自分でしたことがないだけだ。
    • いつも他人任せだったので自分でやるのが億劫に感じている。

やりやすい[編集 | ソースを編集]

  1. 力や手探りや運に頼っている。
    • 勢いに任せている。
  2. 覚えたときに変な癖をつけてしまった。
  3. やりやすいと感じたのは自分だけ。
  4. 安全性を無視して方法を選んでいる。
  5. 力が必要なところで力を入れないでやっている。
  6. ただ覚える手間が少ないだけだ。
  7. 自分が持っていないスキルを使用していない。
    • リソース不足のため、効率の悪い方法を取らざるをえない。
    • スタミナ不足のため休み休みやらなければならない。
  8. 一を聞いて十を知ったつもりになって説明を聞かずに先走っている。
  9. 面倒というだけでセオリーをあえて無視している。
  10. これまでのやり方にこだわっている。
    • というよりこの方法しか知らない。
  11. この方法ならあと一歩のところまで簡単に到達する。
    • が、あと一歩のところで詰んだことに気づく。
  12. そう思っていたが自分の知らないところで負担がかかっている。
  13. 基礎的な知識がないまま自己流で変な方法を編み出してしまう。

意図的[編集 | ソースを編集]

  1. 一見人為的に起きたトリックに見える。
    • 首謀者がいると思われている。
  2. 同じことを他の人が再現できず、「その人にしかできない」と思われてしまう。
    • 自分でも同じことを再び再現できなかったことで偶然だったと実感する。
    • 挑戦者自身ではなく、挑戦したときの環境によってできるできないが変わってしまっている。
  3. 約束を守ったのに、結果として自分にとって都合の良い展開を享受できなかった。
  4. 当初の予定通りではないのに、まるで根拠があったかのような表現がなされている。
  5. 現在の価値観と結果だけで物事を評価している。
  6. 天文学的な確率を一発で引き当ててしまう。
    • 故に、確率が操作されていたと思われる。
  7. 実は手違いだった。
    • 手違いだったにも関わらず、アンチに何かしらの陰謀があったと思われる。
    • 単なる間違いを全く自覚していない。
    • そもそも人間はミスを犯さない生き物だと思っている。
  8. フィクションのいわゆる「フラグ」が現実で発動したかのように見える。
  9. 無意識に周りの人に特定の行動を取るよう誘導される。
  10. 自らの意思で選べる要素がある。
    • が、選ぶ前に中身を見ることが出来ない。
    • 選ばせた側が「自分の意志で選んだ」ことを理由に責任を逃れようとしている。
    • が、その中に自らが希望する選択肢が含まれていない。
  11. 偶然にしては出来すぎている。
  12. 「知らなかった」や「できなかった」を文字通りに解釈していない。
    • 「できなかった」ことを「やらなかった」と説明している。
      • 「やらなかった」のは事実だが、可能とは言っていない。
    • 「知らなかった」にも関わらず「わざと教えなかった」と思われている。
      • 「知らなかった」人に知識を教えるわけでもなく重罪の根拠にしてしまう。
  13. 致命的なミスを「うっかり」やってしまった。
    • 「うっかり」では済まされない被害をもたらした。
    • 誤った決断をしたことに後で気づくも、後の祭りだった。
  14. わざとじゃないことを理由に正当化しようとして、罪が重くなった。
  15. 「難しかったこと」や「仕方のなかったこと」をきちんと説明しないせいで悪意を見いだされた。
  16. その行動の副産物の方がより大きな影響をもたらした。
  17. その方法を取らなければならなかった事情を知らない。
    • 例:途中までエレベーターを利用し、そこから階段を使う人(実は子供なので上の階のボタンに手が届かない)
  18. 自分が被害者になってしまった。
    • 加害者がわざとやったわけではないにもかかわらず徹底的に叩きのめさないと気がすまない気分になった。
  19. 結果的に正しかったせいで既に知っていたと思っていた。
    • 当時知られていなかった現在の理論に合致した行動を取っている。
  20. 自分にとって気に入らない状況である。
  21. 知識のある人は取らないであろう行動を取っている。
  22. 再発防止策を取ることができる。
  23. ああするとこうなると知らない人がいる場合の、知っている人にとって。
  24. やってはいけないと散々注意したにもかかわらずやる人がいる。
    • やりたかった、しなければいけなかったと言う状況を考慮していない。
  25. 偶然起きたことに感情を見出してしまった。
  26. 理由は後付だった。
  27. 何度も同じような違反が繰り返されている。
    • 違反を誘発する構造が原因にも関わらず口裏を合わせて同じ違反していると思われる。
  28. そう思って追求しても納得する答えは出て来ない。
  29. 初歩的なミスを犯した。
  30. 当事者がミスに気づいていないので関与を否定する。
    • 気づいていないのは事実だったにも関わらずますます怪しまれる。
  31. それが起きた瞬間を見ていない。
  32. 偶然であることを否定している。
    • 自らのの意思ではなく、第三者の介入によっておきた結果なので偶然ではないと説明している。
  33. そんなことをする人は非常識な人間だと思っている。
    • 「そんなことをするのは人としてどうなの?」としか思えずやってはいけないと優しく注意できない。
  34. 相手のその勘違いを後ろ盾に謝罪を一切しない。
○○と勘違いされる法則

回数など | 可能性 | 関係 | 境界・基準・理由 | 経済 | 言語 | 効果 | 行動
国内と国外 | 時期 | 情報 | 人物像 | スポーツ | 存在 | 存在意義 | 知名度
地理 | 評価(問題ない) | 文化(創作物企画の進行状況) | 名称 | ルール・法律