○○と勘違いされる法則/境界・基準・理由

提供:chakuwiki

○○と勘違いされる法則 > 境界・基準・理由

保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

明確[編集 | ソースを編集]

  1. 上位が圧倒的なだけだった。
  2. グレーゾーンが空白域だった。
  3. グレーゾーンが極めて稀だ。
  4. 最近異説が発生した。
  5. 大きなトラブルが起きて曖昧だったことにようやく気づく。
    • 論争が起きて曖昧だったことにようやく気づく。
    • これまでが基準が曖昧なままでも何とかなっていただけのことだった。
  6. グレーゾーンの地位が低い。
    • 特定の選択肢以外の回答をしたい人に資格が与えられていない。
  7. 部分的にしか分かっていない。
  8. ただ例外がないだけだ。
  9. 境界や基準に重複や空白が発生している。
    • 「150以上だと○○」「150以下ならば●●」とそれぞれ別個に定められていて、150ちょうどの値が出た時に揉め事になる。
      • コンピュータのプログラムならバグの原因になる。
      • どっちの条件も満たして両方享受する事になるので、「ずるい」という意見に曝される。
        • その時はルールに従った事をやっているだけなので、ずるいと言うのは筋違いとされたにしても、後にそのいいとこ取りが原因で何かあった時に、ある事ない事言われる。
        • そういう悪目立ちを嫌って、結局それを享受できる側が、どちらも辞退してしまう事も起きてしまう。
      • 「151以上だと○○」「149以下ならば●●」とそれぞれ別個に定められていて、150ちょうどを「○○ではないから●●」と解釈する人と「●●ではないから○○」と解釈する人の相手で論争が起きる。
        • 基準として定められた数値が最小単位になっていない。
    • A及び本来Aに含まれるA'が別々の選択肢になっている。
      • AはA'を含まないことをアンケートを作った人は察してほしいと思っている。
  10. 公開されている資料や規則が抜粋だと思われている。
    • 公開されている範囲以外は全く決められていなかった。
    • 不明と書かれているので資料を調べればわかると思って調べたが、見つからず。
      • そもそも不明という表現に「資料が散佚している」という裏メッセージが含まれていた。
    • 「具体例」しか公開されていない。
  11. そう思われた結果既存の物に無理やり当てはめようとする。
  12. その数値が概数であると理解していない。
  13. 変わることがないと思われている。
    • 途中で変わったりすることが想定されていない。
  14. 境界線が省略されていると思われている。
  15. 省略されている部分を想像で補ってしまった。
  16. ただ基準が複雑なだけだ。
    • 複雑なせいで基準の不備を見逃している。
      • 基準の不備を穴埋めしようとした結果複雑化してしまった。
    • 基準は簡潔だが、具体的な数字に基づくものではない。
  17. 「およそ」や「大体」と言った表現を抜かして解釈してしまった。
  18. 大きなトラブルが起こったの基準にそぐわない行動とったからだと思っている。基準が曖昧だったとはまさか思わない。
  19. その解釈を相手に丸投げした。
  20. 断定形で境界や基準を説明していた。
  21. あくまでも相対的な目安として具体的な数値を提示したが、絶対的な指針と解釈された。
  22. 基準に極端な言い回しを用いている。
  23. 事実としては例外が認められていた時期もあったが、影響を及ぼすだけの成績は残せていない。
  24. 条件が複数提示されているが、ANDなのかORなのか分からない。
  25. 基準を説明する文書が解釈違いを起こしやすいものだ。

曖昧・不明[編集 | ソースを編集]

  1. 基準が公表されていないなどの理由で知られていない。
    • 公開すると不都合が起きるもの。
  2. 基準があまり守られていない。
    • 現状がすでに基準から外れたあとだった。
  3. 何らかの理由で昔と基準が異なる。
    • それどころか基準が頻繁に変わっている。
  4. その基準が極めて難解だ。
  5. 翻訳の影響で基準がわからなくなった。
  6. ただ調べていないだけだ。
    • 読み手の読解ができていない。
      • 基準を調べたがソースが外国語しか無い。
    • 手元にある規則は、あくまで抜粋である。
  7. 「何故か」で修飾されている。
  8. 不明どころか全く決められていなかった。
    • 空白域が存在していた。
    • ルール説明にない展開が実際に起こって揉め事になる。
  9. 例外のほうがむしろ有名だ。
  10. 質問の前提が事実と異なっていた。
    • そのせいで的はずれな回答をしたと思われる。
  11. その数値は何かしらの単位系に基づいて厳密に定義されているにも関わらず、概数と思われている。
  12. 参加者に参加地区の選択権が与えられている。○○県は○○地区と厳密に指定されていない。
    • ユーザーに選択の余地を与えている。
  13. 原因について無頓着だった。
  14. 公式見解が極めて恣意的で、異論が起きやすい。
  15. 不測の事態に備え「およそ」や「大体」と言った表現を使っていると理解していない。
    • 例外が多くて「原則」や「基本的に」という表現を付け足さなければならなかった。
  16. その数字があまりにもキリが良すぎる。
    • 数学的な理由により必然的に下数ケタに0が並ぶにも関わらず四捨五入が行われたと思われる。
  17. 基準を説明するのに「およそ」や「大体」と言った表現を付け足してしまった。
  18. 起きること自体がまれなのであえて決めていない部分がある。
  19. 基準が一旦明確化されたが、異論やトラブル、新たな発見などで定義をやり直す羽目になった。
  20. 何らかの根拠があって例外を設けたが、その根拠となるべきものが消滅した。
  21. ルールを四角四面に当てはめればわかることだが、あまり想定したくない。
    • この状況では特別な措置が取られると勝手に思い込んでいるだけだった。
      • 予選通過条件が達成者が現れない可能性のあるもので、現に達成者が現れず、大会が打ち切りになった。別の方法で予選通過者が選ばれるのかと思いきや。
  22. 大きなトラブルが起こったのは基準が曖昧だったからだと思っている。基準にそぐわない行動をとっていたとはまさか思わない。
  23. 規則の文章が全文の割に妙に簡潔。
    • 規則の文章が簡潔なのは抜け道が無いからだ。
      • 実際には全部×なのでどこまでなら○という線引きをしなかった。
        • 例外がないことを理由にしてはいけないことの具体例を公表していない。
  24. それを説明する人がほとんどいない。
  25. ローカルルールの制定が認められている。
    • それが知られていないせいでなぜあれはOKであれはNGなのかと疑問視される。
      • 例:オリンピックの出場可能年齡
  26. 飛び地が存在している可能性に気づいていない。
  27. 「不明」という言い回しで説明責任を放棄している。
  28. 相反する基準が共存している。
  29. 普通なら丸められがちな僅かな差で基準が決められている。
  30. アンケートに自分の答えたい選択肢がない。
    • 何を選べばいいのかわからないと思いきや最初からその選択肢は認められていない。
  31. 空白域をグレーゾーンと解釈してしまった。
  32. 単に選択肢以外のシチュエーションでの使用を奨励していないだけだ。
  33. 実際には起こり得ないのであえて想定していないシチュエーションがある。
  34. そもそも基準がコロコロ変わっている。
  35. その基準が単一の指標で制定されているわけではない。
  36. 起きることは稀だと判断し言及していないケースがある。
  37. 絶対であるものに「絶対」という言葉を使っていない。
  38. その理由は調査範囲内では見つけることが出来ない。
  39. 基準を説明しようとするととにかく長くなってしまう。
  40. 誤字によって名称と定義に齟齬が生じている。

同じ[編集 | ソースを編集]

  1. 一方の理由しか知らない。
  2. その基準を採用している大会が有名だ。

分かりやすい[編集 | ソースを編集]

  1. 区別をつけなくしただけだった。
  2. 「おかしい」という意味で「分かりにくい」という言葉を使っていると理解してない。
  3. 元々知ってる人にとっては分かりやすくなったが、新しく始める人にとっては分かりづらくなった。
    • 逆もしかり。
  4. 相手が察してくれただけだった。
  5. 知っている人には有名な言葉だが、知らない人に一から説明するのが面倒。
  6. 個々の言葉は簡単だが、組み合わせが矛盾しているように見える。
  7. 分かっていないのは読解力の問題だと思われている。
  8. 簡略化の結果、重要な意味が欠落した。
  9. カタカナ語を徹底的に排除しようとしている。
  10. 漢字を徹底的に排除しようとしている。
  11. 文字を使わずに説明しようとしている。
  12. 相手に解釈を丸投げする形で条文が簡略化されている。
  13. 熟語を使うと、使い方に厳格な決まりがあるせいか揚げ足を取られて誹謗中傷に繋がるおそれがあるので、わざと柔らかい言葉を使っている。
    • 「許可」と「認可」の言葉の取り違えで荒らしを呼び込んだ事があるため、「国にお伺いを立てて認めてもらう」などという言い回しを使っている。
    • 「免許」は「取消」されるものであり「剥奪」されるものではないようで、そこをつつかれた経験があるので、「お召し上げされる」と表現している。
    • あの放送局を「国営放送」と揶揄したらあらぬ方向から攻撃されたので、「親方日の丸放送」と茶化す事にしている。
    • 役員と従業員の区別を誤った事が回りまわって発言者への人格攻撃の材料にされた事例があったので、「お偉いさんと下っ端」と表現した。
  14. わかりやすく説明しようとして事実を捻じ曲げて説明してしまっている。
    • 「円周率は3」といった感じで小数点以下を具体的に説明せずに丸めてしまう。
  15. 正しい日本語を使って説明している。

分かりにくい[編集 | ソースを編集]

  1. 法則を知らない。
  2. 既存のシステムと大きく違う。
  3. 既存のユーザーを切り捨てる形で簡略化した。
  4. 分かりにくいと思ったのは自分だけ。
  5. 前と変わりすぎている。
  6. 自分が解かろうとしていないだけだ。
    • その分野に興味がない。
    • 不可解な基準だ。
  7. 文法的に正しくない。
    • 誤用と気づかずに言葉の意味通りに解釈しようとしてわけが解らなくなる。
  8. 自分の読解力が低い。
  9. 根拠が正しくない。
  10. 誤った解釈をされやすい。
  11. 言い回しがきつい。

規則的[編集 | ソースを編集]

  1. 偶然同じものばかり続いているだけだった。
  2. 規則的だったのは最初だけ。
    • あるいは最近だけ。
  3. 「ベタな○○の法則」に書かれているもの。
  4. そう思ってどうにか規則を見つけようとしている。

標準形[編集 | ソースを編集]

  1. そのシリーズもしくはジャンルに初めて入ったゲーム独自のシステム。
  2. 住んでいるところのローカルルール。
    • 住んでいる国の法律やデザイン、仕様など。
  3. 採用している大会もしくはゲームが非常に有名だ。
  4. その規格の標準化団体とデファクトスタンダードとなっている物の開発元が噛み合っていない。
  5. その勘違いが原因で外では起こりえない問題が起こる。
    • 外では起こりえない問題は標準形が受け入れられないというパターンもあり得る。
    • その勘違いが原因で外でも同じだと思い込んで問題を起こしてしまう。
  6. 先進国の法律やデザイン、仕様など。
  7. 「スタンダード」「普通」といった名称が使われている。
  8. 極めて簡素な仕様だ。
  9. バリエーションが少ないのはその概念自体がガラパゴスなものだからだ。
  10. 結果的に例外がないだけだ。
  11. 公的な団体がそれを採用しているだけだ。
  12. 自国の水準が先進国の中でも極めて高い方だった。
  13. あくまでも一例に過ぎないが、流布する過程で「一例」という言葉が抜け落ちる。
  14. そう勘違いされるほどその設定を採用した作品が成功を収めている。
    • アイドルの属性ならアイドルマスターシンデレラガールズ基準、野球選手の能力ならパワプロ基準…。
  15. 自分の観測範囲に例外がないだけだ。
    • 自分の観測範囲ではこれが一般的なので、よそでもそうだろうと思っている。
  16. 昔はこれが唯一と思われていた。
  17. 規則として決められたことなので、従っていないのは自分の観測範囲だけだと思っている。
  18. そう思っている物が実はあらゆる物の良い点やユニークな点をまぜこぜにしたものになっている。

ではない[編集 | ソースを編集]

  1. 最大手がその方式を採用していないだけだ。
  2. その仕様なのは自国だけだと思われている。
    • その仕様はガラパゴスなものではないが、少数派だ。
  3. 多数派だが、異論が多い。
  4. 史上初のものがそれを採用していない。
  5. 特許を取得している。
  6. 「特殊」という言葉が使われているので「普通」があると思われる。
    • 「普通」は既に廃止されていた。

不規則[編集 | ソースを編集]

  1. その規則は後年できたものなので、初期のものはそれに従っていない。
  2. 規則が不可解だ。
  3. その規則ができた当時と状況が変わってしまった。
  4. 規則そのものが現状にそぐわない。
  5. 規則が公開されておらず、実例で察するしかない。
○○と勘違いされる法則

回数など | 可能性 | 関係 | 境界・基準・理由 | 経済 | 言語 | 効果 | 行動
国内と国外 | 時期 | 情報 | 人物像 | スポーツ | 存在 | 存在意義 | 知名度
地理 | 評価(問題ない) | 文化(創作物企画の進行状況) | 名称 | ルール・法律