○○と勘違いされる法則/存在意義

提供:chakuwiki

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 何故必要なのか勘違いしている。
  2. 昔と今では価値観が変化してしまっている。
  3. トレードオフという概念を失念している。
  4. 成功に直接役に立つ訳では無いが、精神的支柱になっている。
  5. 必要性は理解しているが、現実問題としてできない。
  6. 採用している国としていない国では生活習慣や風習が違うことを理解していない。
    • 採用している国に起こりうる問題が採用していない国にはない。
  7. 精神的ダメージを考えるとむしろマイナスと思われている。
  8. 早々と目標達成が不可能になり、残りの期間を消化試合扱いしてしまう。
  9. それを司る権威が腐敗している。
  10. 民意を無視してそれを推進している。

不必要・無意味[編集 | ソースを編集]

  1. 廃止したことで起こるであろうトラブルを想定していない。
    • それが存在する事への感謝を忘れている。
    • 廃止した結果、問題が再発した。
  2. 昔起こり得た状況を想定したルール。
  3. セキュリティや安全上必要にもかかわらず使うのが面倒。
  4. すぐ近くに答が書かれている。
  5. 必要になった場面は過去に一度もない。
    • いざという時にしか役に立たない。
  6. 形式化して必要な理由が忘れ去られた。
  7. 利用者のモラルが低い。
  8. 必要な場面は少ないが忘れると命取りだ。
    • そもそも必要な場面が起こってはいけない。
  9. 無駄扱いされている公共事業だ。
  10. 必要なのはそのものではなくそれを入手する過程だ。
  11. 環境が違うせいで実践できない。
  12. 相手が嫌がると思ってあえてやっていない。
  13. #効果がないと思われている。
    • 「そんなことばかりしていても意味ないよ。」→その「そんなこと」は、基本中の基本なので、していて当たり前。受験勉強などによくある。
  14. それを邪険に思っている。
  15. なぜ必要なのかを考えたことがない。
  16. 法律上命令・強制ができないので指示に留まっている。
    • 故に任意と思われている。
    • もし命令や強制をするとその法律が違憲になってしまう。
  17. コストがかかるが、トラブルが起こった際の代償のほうがよっぽど高く付く。
  18. 何かしらのトラブルや災害に備えたが、結果的に想定されたトラブルや災害は起こらなかった。
  19. ただ効率が悪いだけだと思っている。
  20. 必要な理由を勘違いしている。
  21. 作者がその勘違いをしたせいでその要素を実装せず、ファンのひんしゅくを買う。
    • 需要を全く考慮していない。
  22. 合法化することによるマイナスが大きい。
  23. 必要性に科学的根拠はない。
  24. 生活習慣や風習上、必要性が理解されていない。
  25. それをやる人は人としてどうなの?としか思われていないルール。
  26. 必要な理由をうまく説明できていない。
    • 存在意義が知られていないせいで廃止論者がノイジーマイノリティと化している。
  27. これまで無くても大きなトラブルが起こっていなかっただけのことだった。
    • 何かしらのトラブルをきっかけに導入した途端に衰退した。
  28. やらなくても成功したときの利益は変わらない。
    • 失敗したときの損害は大きくなるが、失敗することを全く想定していない。
  29. もはや役に立たないが、本人にとっては愛着のある品。
  30. 存在意義が分からないのは自分だけ。
  31. 自分には存在意義を見いだせるだけの余裕がない。
  32. 世間一般でやってはいけないとされる行為。
    • 避けるように努めるべきことだが、時と場合によっては必要だし、発達の為にはむしろ経験することも大切であると理解されていない。
  33. 時代遅れと思われている。
  34. 利用のための手続きが煩雑すぎて誰も利用してくれない。
  35. 有害であると槍玉に挙げられている。
    • 維持にコストがかかると槍玉に挙げられている。
  36. すでに形骸化していた。
  37. 本来は存在しないことが理想とされている。
  38. よく知らない人向けの説明。
    • 自分は十分にそのことを知っているのでそう思っているだけのことだった。
  39. 記載漏れがある。
  40. 「念の為」という発想が全く無い。
    • 「この措置は風評被害の原因になるため、やめたほうがいいと思います」→健康被害発生。
  41. ×××に関する知識。
    • 自分は×××をしないだけであり、×××の被害者になることを全く想定していない。
  42. そう思ってあえて用意しなかったが、集中できない。
  43. それをする人の気持ちを全く知らなかった。
  44. 大イベントの招致を目的に建設されたが、招致に失敗するか、成功してもイベントが中止になった。
  45. それを導入したからといって事態が直ちに改善するわけではないと指摘した。
  46. 冗長だと指摘したが、そうではない背景を知らなかった。
  47. 不具合への補填が行われたが、自分は殆どプレーしていなかったか、気がつかなかった。
  48. 余計なお世話だと思った。
  49. その勘違いに気づいた頃には手遅れだった。
    • それをしなくともなんの警告もなく先に進めてしまった。
  50. 取る意味がない資格と思われている。
    • 取る意味がないのはビジネス上の話にすぎない。
      • 就職(転職)活動ではあまり使えないが、教養としてなら大いに役に立つ資格や検定試験
  51. それをするのにコストがかかると指摘した。
  52. やって当然・用意して当然と思い、あえて言及しなかった。
  53. 存在意義の根拠が運用上の都合であり、当事者に全くメリットがない。
  54. 基準に重複している箇所はあるが、矛盾はない。
  55. 自分以外の人物をターゲットにしている。
  56. そう思っている人の青春時代にはなかった代物だ。
  57. 「してしまった」ことではなく「しなければいけなくなった」ことが問題だった。
    • ボクシングのタオル投入のようにやった時点で負け確定だが、やらないとジ・エンドになりかねない。
  58. そう思っている人に成功体験が全くない。
  59. ネガティブな何かと混同されている。
  60. 存在することが原因でいたちごっこになっている。
  61. そう思ってそれを規制しても結局問題が改善しない。
  62. 別のもので代用できると指摘した。

必要[編集 | ソースを編集]

  1. それを使わない方法を知らない。
  2. それに依存してしまっている。
  3. それを使わないで成功したことがない。
    • あったとしても忘れたという事実だけで失敗扱いしている。
      • 忘れたことが気になって騒いでいる。
  4. それのない生活が想像できない。
  5. 廃止されると自分が損をする。
  6. 昔は必要と思われていた。
    • というより昔は必要だった。
  7. 将来役に立つ日が来ると思っていた。
  8. 存在する以上存在意義があると思われている。
    • 既にトマソンと化していた。
  9. 機能していないにもかかわらず、普及していないという事実を疑問視している。
    • 実際に機能しているか、成功しているかを検証しないまま奨励している。
    • 致命的な不具合が多く廃止された。
  10. いざというときに結局役に立たなかった。
  11. 廃止を勝手に寂しがる人がいる。
  12. 結局逆効果になってしまっていることに気がついていない。
  13. リスクやコストが存在意義を結局超えてしまっている。
  14. 存在意義の根拠が机上の空論である。
  15. やらないことを勝手に疑問視する人がいる。
  16. 趣旨はわかっているが、手段が合理的ではない。
  17. あってはいけないことは分かっているが、現実問題として無くすことはできていない。
  18. それを推進する法律を作るとその法律が違憲になってしまう。
  19. それを推進するために作った法律のつもりだったが、それが出来ない人がますますできなくなってしまっている。
  20. 普及のために必要な生活習慣が確立されていない。
  21. 必要性の根拠とされるデータに誤りが判明した。

関連項目[編集 | ソースを編集]

○○と勘違いされる法則

回数など | 可能性 | 関係 | 境界・基準・理由 | 経済 | 言語 | 効果 | 行動
国内と国外 | 時期 | 情報 | 人物像 | スポーツ | 存在 | 存在意義 | 知名度
地理 | 評価(問題ない) | 文化(創作物企画の進行状況) | 名称 | ルール・法律