いちき串木野市

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界アジア日本九州 > 鹿児島中南薩いちき串木野市

薩摩川内 姶良  
いちき
串木野

鹿

 
  桜島
鹿



南さつま
九州
 
枕崎
宿
   
三 島  
十 島

いちき串木野市の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 駅裏のプリマハムは鹿児島でも古い部類に入る食品工場。
    • 側の五反田川で釣りしていて時に入れ食いの日があったが、後日プリマハムの廃液垂れ流し事件があったのをNEWSで知った。
  2. マグロ遠洋漁業が盛んで、大トロが入手可能。
  3. 薩摩揚げ(つき揚げ)屋が多い。最近は鹿児島へも進出し知名度があがった。
    • 何せ、発祥の地とされているみたいですから。
  4. ラーメンが熱い街である。ごもんちゃんラーメンは昔からドライバーを通じて遠方でも超有名店。
  5. 最近はまぐろラーメンを取り扱う店が数店でて来ており味の評判も上々だ。
  6. 枕崎市奄美市名瀬地区と並び高い公共下水道の普及率を誇る。
  7. アメリカのサリナスへの移民が多い。
    • 1979年(昭和54)姉妹都市に。以来多数の交換留学生を派遣・受け入れしている。
  8. マスコミで有名なリストランテ濱崎のオーナーシェフ、濱崎あゆみの親の出身地(その縁で某TVCMに無名時代の娘が出演)であることは案外知られていない。
  9. 新市名はもともと「れいめい市」だなんて名前だった…。
    • 住民が猛反対し白紙に。
    • 「れいめい高校」っていうのがあるけど、ここじゃなくて川内だよね?
    • 今思えば、羽島から留学生が旅立ったから「黎明」なんて名前が浮上したんでしょうかね。
  10. 市来も串木野も旧日置郡ということで、日置市との大合併の可能性もあったが、串木野が早々に離脱。
    • 将来的には可能性がないことはないが、伊集院との主導権を巡る対立は免れないだろう。
  11. 2つの「みなとまち」(旧串木野市港町と旧市来町湊町)があってまぎらわしい。
    • 「まぐろ本町」という珍町名がある。
  12. 冠岳は怪しげなパワースポットと化している。
  13. 意外にも鹿児島県では出水市とともに過疎地域がない市町村である。というか2市だけ。
    • 過疎地域がなさそうにみえる鹿児島市は、旧桜島町が指定されている。

串木野[編集 | ソースを編集]

  1. 日本一の金山があった。そこは濱田酒造が薩摩金山蔵にしている。
    • ただ三井鉱山の関連施設は残っている。
  2. 最近では鹿児島方面のJR普通電車の始発・終点は殆ど串木野駅。
  3. 旧串木野市は全国有数の高齢化都市だった。
    • ガセ
    • 残念だがこれはガセではない…
  4. 選抜高校野球で初出場で準優勝した神村学園は昔は女子校だった。
    • 全国的にも珍しい「女子硬式野球部」がある。
    • 神村学園が全額負串木野駅担して学校の前にJRの駅を作ろうとしている。
    • 鹿児島市内はもちろん、姶良方面や指宿方面からJRを乗り継いではるばる通う生徒も多い。
  5. 毎年4月中旬は浜競馬。照島海岸で開催!
  6. いちき串木野市のうち、こっちだけが北薩扱いになることも。
  7. 町名設置の名のもとに、さりげなく大字「下名」が完全消滅してしまった(2011年10月)
    • 確かにやたらと広くどの辺りかはわかりにかったが…「下名町」のような存続もさせず、新設された町名も「○○町」ではなく(実態は町内会クラスなのに)大字っぽくみえる。
    • 「上名」のほうも近いうちになくなるらしい。
      • 上名は串木野IC付近だけをわずかに残したようです。
    • 実は2012年まで一部(多分山の一部)が残ってたので2011年時点ではまだ下名が残ってたが、2012年に結局消滅。
  8. 川内との合併から抜けたことが、2014年現在大きな仇となっている。川内市街地よりも近いのに「地元自治体」になれないのである。
  9. 鹿児島では珍しいラウンドアバウト(ロータリー交差点)がある。
  10. 鹿児島では唯一となってしまったスクランブル交差点もある。
    • ちなみに鹿児島初は鹿屋市の北田交差点。こっちは歩く人が殆どいなくなったので普通の交差点に戻された。
  11. 猿だらけの島がある。
  12. 串木野港にSASUKEでお馴染みの「そり立つ壁」がある。
    • 「タカスイ」の拠点が串木野にもあるため。

市来[編集 | ソースを編集]

  1. いちき地区は、合併後は以前に増して影が薄くなってしまった。
  2. 西市来村から町制施行した際にいきなり市来町になった。
  3. 市来の名前の由来は、徐福の別名・徐「市」(じょふつ)が「来」た町らしい。
  4. 北薩と鹿児島市方面の国道3号と、南薩方面の国道270号が交差する、県内のちょっとした交通の要衝。
    • 建設中止になった国道3号バイパスの残骸がある。現国道の交通量がとりわけ多くもなく、無駄な公共事業と槍玉に上がり中止に追い込まれた。
      • 南九州西回り自動車道の無料区間と並走する形になり、完全に不要になった。
      • 4車線道路なのに3号線側に「止まれ」の標識がある。
        • 交差しているのは格下であるはずの、県道。
  5. ポンカンが特産品。
    • 串木野のまぐろラーメンに対抗して「ポンカレー」がご当地グルメ。ルーにポンカンのピューレを混ぜ込んでいる。
  6. ゴミ処理で排出されるガスを利用した発電所を建設したが、この発電所自体がゴミになってしまった。
    • 技術的に欠陥があり、ほとんど発電できず稼働停止。
    • 10億円で建設したが、希望額の1万円でも入札がなかったらしい。
  7. 七夕踊は一見の価値有り。