いらないと思うモノ

提供:chakuwiki

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 存在意義は理解できるが手法が合理的ではない。
  2. 弱者にとってはむしろ苦痛でしかない。
  3. 趣旨通りに機能していない。
    • 由来や本来の目的から逸脱している。
  4. トレードオフを考えるとむしろマイナスになっている。
  5. 過去に採用された際の弊害が忘れられている。
  6. 一部の人の自己満足でしかなくメリットが感じられない。
  7. 伝統行事のはずが時代の変化により「虐待・男女差別」という意見が出てきて内容を変更せざるを得なくなった。
    • 秋田の「なまはげ」は幼い子供に大人が鬼に扮して出刃包丁を持って叫びながら乗り込んでくるのが虐待だと言い出す輩が現れた。
    • 島根の「とろへい」は1月に子供に水をかけるのが虐待だと言い出す輩が現れた。
    • 岸和田の「だんじり祭」は毎年事故が起き死者も出ているが、ぶっちゃけ参加者の自己責任だ。
    • 七五三は女児は三歳と七歳の時に祝うのに対し男児は五歳だけなのは差別だとか…。
    • 文句があるなら参加しなければいいだけ、内容を変えてまで続けるくらいなら廃止したほうがマシ。
      • 「伝統行事=不変なだけ」というのは浅薄な見方でしかない。
      • 伝統行事が時代に応じて変容することは洋の東西を問わず普遍的に見られる現象。
        • 京都の祇園祭は戦前と巡行する通りが変わっている。
    • 伝統行事でなくとも延命を図ったところでつまらなくなる一方だった。
  8. ニーズはあっても商売として成り立たない。
  9. 現実に即した仕様を訴えているが、ユーザーにとってはデメリットにしかなっていない。
  10. 無理に続けたせいで運営にもユーザーにもメリットが無くなっている。
  11. 役に立たなかった過去が忘れられている。
    • 最初から使わなかったと誤解されている。
  12. 大本の歴史的経緯を知らない。
  13. スタートラインに立つ前にゴールできないことが判明してしまう。

実現済み[編集 | ソースを編集]

  • 当初いらないといわれたが、後に実現したもの。
  • 「いらないもの」が実現した理由としては
    • 法律で(製造や使用が)禁止されたため
    • 利用者からの不評の声があったため
    • 売れずに製造を終了したため
    • 工業製品の規格が廃止されたため
などがある。

Microsoft Officeのアシスタント[編集 | ソースを編集]

  1. Microsoft Office 97~2003で実装されていた、ユーザーをサポートするキャラクター郡。
    • 代表的なのはデフォルトでインストールされる、イルカのカイル。
  2. 質問文に「○○で○○したい」という風に入力するのはChatGPTの走りといえそうな機能に思われたが…AIが弱くてあまり有意義な回答を得られるものではなかった。
  3. WordやExcelでの作業中、うっかりF1キーを押すだけでポンと飛び出てくるアニメーションがうざいので、質問に「お前を消す方法」と入力するネットミームが定着した。
    • Office XPから標準で実装されなくなり(オプションで実装可能)、2007以降で廃止された。
      • アシスタントが廃止されたとはいえ、F1キーを押したらうざいヘルプが出てしまうのに代わりはないので、F1キーの押下を無効化する専用のソフトを常駐させるしかない。

全体[編集 | ソースを編集]

バレンタイン[編集 | ソースを編集]

  1. 職場への義理とか面倒くさい。
  2. うっかり渡し忘れた人がいるとフォローが大変。
  3. お返しする方も拒否できない空気で仕方なく受け取っただけなのに余計な出費。
  4. バレンタインを禁止している企業は素晴らしいと思う。
  5. 学校は嫌いな先生であっても担任や顧問が男性だと生徒全員でお金を出しあって買わないといけないので女子側も面倒。
  6. 女性教師は生徒全員分を用意するなんてこともある。
    • その女性教師から貰ったチョコをラッピングだけ変えて顧問に渡した子がいる。雑な包装だったので気づかれたようだった。
  7. 手渡しが恥ずかしいからって下駄箱に食べ物を入れるのは不衛生だろ…。
  8. 小学校では2月13日になると「学校にお菓子を持ってくるのは禁止されている」と念入りな注意喚起がされる。
  9. カカオアレルギーの人は女子に気づかれないよう処分するのが大変。でもお返しはしないといけない…。
  10. 本来は恋人・親友同士や家族が愛を祝う日だったが、日本では菓子会社の策略によりチョコを贈りあうようになった。
  11. 本命チョコを禁止するならまだしも、義理チョコが禁止なのは理解できん。

ハロウィン[編集 | ソースを編集]

  1. 子供のための伝統行事がいつの間にか間違った方向に進んでいる。
    • 本来は子供が亡者に連れていかれないために魔女やお化けの格好をさせるもので大人が仮装する必要はない。
  2. もはやただのコスプレ祭り。
  3. 寒い中、露出狂が堂々と歩きまわっている。
    • 超ミニスカにブラジャー姿のスキンヘッド野郎がいた(普段なら職質案件)。
    • ミニスカポリスの格好をしているミニブタポークがいた。
    • 天狗面の鼻にオ〇ホールはめている男がいた。
  4. 警察の仕事を無駄に増やす。
  5. 繁華街では警備のおじさん達があちこちに配備されている。

エイプリルフール[編集 | ソースを編集]

  1. やっていいことと悪いことの区別のつかないバカが免罪符に使う。
  2. 相手を傷つけるようなネタを実行し「なんで怒るの?エイプリルフールじゃん」と笑いながら被害者叩きをする。
  3. エイプリルフールなのに気づかない方が悪い的な空気が流れる。
  4. 企業もたった1日のためにネタを考えホムペをジャストなタイミングで更新しなければならない。
    • しかも、翌日4月2日以降は閲覧できなくなり、アーカイブとして保存する企業も存在しない。
      • インターネット・アーカイブとかでなら部分的に発掘することはできるが、CGIやPHPとかで作られた、ミニゲームのような「動的なコンテンツ」は正常に動作しない。
        • よしんば発見できたとしても、サイトの画像が欠落していることも。
    • 4月1日=ほとんどの企業が入社式になるので、新社会人はPCどころかスマホを触る時間すら取れない。
      • 仮にまる1日休みを取れたとしても、24時間ぶっ通しで巡回するのは到底不可能。

サン・ジョルディの日[編集 | ソースを編集]

  1. 日本では浸透していないので本屋も花屋もスルーしている。
  2. 誕生日でもないのに急に本や花をプレゼントされても困る。

無礼講[編集 | ソースを編集]

  1. 「無礼講でいこう」と言っても、無礼が許されるわけではない。
    • もう、この一言自体が無意味になっている。
    • 勘違いを誘発するだけなので、やめてしまおう。

学校行事[編集 | ソースを編集]

合唱コンクール[編集 | ソースを編集]

  1. クラスの団結力強化?思い出作り?一部の仕切りたがる奴らのせいで逆に険悪になってるわ!
    • これのせいでピアノの弾ける仲良し組は同じ組になれない。
    • 優勝しても進学や就職に有利なるわけでもないし、放課後に残されるわ朝練で早く起きなければならないわ…。
  2. どうせ優勝するのは3年生だ。

球技大会[編集 | ソースを編集]

  1. 体育会系しか張り切ってない。なんかあると数合わせにチームに入れられた人のせいにされる。
  2. 1チームでも勝ち残っている場合は試合が終わるまで帰ってはならない。

マラソン大会[編集 | ソースを編集]

  1. 寒い中ひたすら走るだけ。運動音痴は義理の拍手で迎え入れられるという屈辱を味わう。
  2. 極端に体力がない者は心肺に限界を超える負担がかかり途中でリタイアすることもある。
    • 嘔吐や昏倒どころか最悪死に至ることすらある。

連帯責任[編集 | ソースを編集]

  1. ただ同じ集団に属しているというだけで、ペナルティを受ける制度。
    • しかも、その同じ集団を自ら選んだわけではない。
  2. 言いがかりや八つ当たりに似たようなこと。
    • 下手すれば被害に巻き込まれた者までペナルティに巻き込まれる。
    • 軍隊や刑務所では当たり前な制度だが、学校内では導入すべきでない。
  3. 特に学年が低い人にとっては意味がわからない。
  4. 本当に責任を負うべきなのは、先生の方である。
  5. そういえば、とあるクイズ番組で、一つのチームがお手つきすると、縦一列に一回休みが適用されるルールがあったなあ。
  6. 同等の制度としては「連座制」も。
  7. 担任が「遅刻は連帯責任罰掃除」を提案して遅刻常習犯と同じ班だった私らは朝6時半から7時にかけて5分おきに電話して起こした。
    • それでも初日は遅刻されたし次の日はギリギリの到着だった…。

部活動[編集 | ソースを編集]

  1. ほとんどの中学・高校(特に1・2年生)で、何かしらの部活(主に体育系)への活動を矯正する、ブラック校則の代表格。
    • 早い話、理由に関係なく「帰宅部」を一切認めないこと。
      • 保護者が反対しても、校則の強制を優先する。
    • 通称「ブラック部活」。
    • 部活の強制は生徒だけでなく、教員に顧問へつくよう強制することでもあり、サービス残業=長時間労働を生む温床にもなっている。
  2. 部活を希望する生徒自身が設置を申請→学校から許可を得るなら話は別だが。

応援歌練習[編集 | ソースを編集]

  • ほかの高校にもある行事かはわかりません。私が通った高校では、春の2日間だけ早朝に登校し、校門でのあいさつの声が小さいと応援団から「声が小さい」「もっと声が出るだろう」と怒鳴られる日があります。
    • そのあとは体育館に集められて、応援歌(壮行会でしか歌わないもの)の練習をするのですが、応援団からまた「声が小さい」「もっと声が出るだろう」と怒鳴られます。
  1. 今となってはパワハラでしかないんじゃないか?

長期休み(夏休み・冬休み・春休みなど)[編集 | ソースを編集]

  1. 生活バランスが崩れてしまう。
  2. 夏休みに関しては暑すぎて引きこもりがちになる。
    • 自宅で冷房を効かせようものなら、次回の電気代で青ざめる。

修学旅行[編集 | ソースを編集]

  1. 昔は旅行の機会が少なかったため意義はあったが今はほとんどの家庭で旅行するため学校が機会を与える必要がない。
  2. 少なくとも中学生までなら必要かもしれないが高校生にもなれば縛られた旅行に辟易するし自由に旅行するようにもなるから尚更いらない。
  3. そもそも"修学"してない。それなら個人で自由に行かせた方がいい。
  4. 意味もなくただ旅行と題して行くだけくらいなら電車やバスの乗り方に特化して公共交通機関を上手くつかえるような授業をした方がいい。

教育・学問[編集 | ソースを編集]

無認可校[編集 | ソースを編集]

  1. 法令に縛られないので自由な教育ができるというのがメリット、と言われているが…。
  2. 国から認められていないため奨学金や通学定期券、学生割引などの公的な制度が一切利用できない。
    • しかも国からの補助金も無いせいで正規の学校に比べて施設はおそ松であることが多い。
  3. Fランク大学や専門学校(専修学校)であれば卒業すれば一応は正式な学歴となり高卒では取れない一部の国家資格が取れたりもするが、無認可校は卒業したからといって国家試験の受験資格が得られるということは無い。
  4. 履歴書には書けない。

一部の民間資格[編集 | ソースを編集]

  • 具体的な資格の名前は伏せておきます。
  1. 民間資格の中でも国家資格にも勝るとも劣らないほどの社会的評価がある強いモノ(TOEIC簿記外務員、柔道の段位など)もいくつか存在する。したがって「全ての民間資格が存在価値が無い」というわけではない。
    • また就職(転職)活動では役に立たなくても取得コストが安く、趣味や教養のためなら取る意味がある資格も沢山存在する。
  2. しかしながら、その検定試験を主催している団体が「これは就職に強いですよ!」と宣伝して高額な金を講座の受講者や検定の受験者からむしり取るような悪質なモノがごく稀に存在するのも事実ではある。
    • しかも「就職に有利」というのは全くの嘘。国家資格でも無いし、世間一般に普及しているような人気資格でも無いし…。

教育困難校[編集 | ソースを編集]

  1. 高校教育が義務教育でないにもかかわらず、地方の普通科すら進学できない奴らが進学する高校。
    • にもかかわらず、毎年のように退学者が何人か出る。中途半端に退学する(退学が見込まれる)くらいなら、最初からストレートかつ早く就職した方がまだましだ。
  2. 程度の低い中卒を強引に進学させるくらいなら、素直に中卒者の就職率を上げ、早期の就労による社会貢献を促進した方がいい。
    • そもそも仕事の高度化で就労できる仕事がないのだがネタ殺し
      • 製造業とか物流とか農作業とか要領を中学生にもできる作業はあるが、(人手不足をのたまってるのに)中卒を採用する企業がない。

奨学金[編集 | ソースを編集]

  1. 大学に必要な学費の全額を払いきれない学生のために、「奨学金」という名目の学費を「借り入れる」こと。
  2. 要するに学費目的の「借金」なので、いずれは何年もかけて返還しなければならない。
  3. 何百万もの借金を抱えたまま卒業し、就職できたのはいいとしても解雇された後に債務不履行になってしまったら…ってことを考えてもいないのか。
  4. 大学に進学したいなら、必要な学費・(入学~卒業までの)生活費を「全額」「一括で」「前払い」できる奴だけにしたほうがいい。払うべきものを後回しにするから余計な苦労を生むんだ。

制度[編集 | ソースを編集]

不祥事起こした公務員への退職金[編集 | ソースを編集]

  1. 税金の無駄遣い以外の何でもない。
    • さもなければ、その退職金を損害賠償代わりに補填しろ。
  2. 今後の生活?知るか!自業自得だろうが!!
    • 退職金がないと子供が受験できない?んなの、こちらの知ったことじゃねえし、諦めろ。

フェイクニュースの規制[編集 | ソースを編集]

  1. 政府が率先してやると政府にとって不都合な情報が遮断されたりと、実質的に検閲と変わらなくなってしまう。
    • 対して、野党に不都合な情報や中傷は絶対に規制されない。
    • この他にも言葉遣いや不適切な表現のように業界団体の自主規制をすべき領域を国に規制を任せると情報操作の温床になってしまう。

元号の使用[編集 | ソースを編集]

  1. 冠婚葬祭のような文化的、宗教的な場での使用まではまだ理解できる。
    • が、20世紀を過ぎた現代においてもなお、公文書の年号や商取引とかでいまだに「元号」を使用し続ける=実質的な強制など、もはや時代遅れ以外の何物でもない。
    • そもそも、西暦と異なる年号に理解を示す外国人などそうそういないことも、ざんねんこのうえない。
  2. ただし、「2019年(令和元年)」→「西暦(元号)」のように、西暦とともに併記する形なら別に構わない。
  3. 類似の例として、北朝鮮の「主体暦(チュチェ暦)」や、台湾の「民国紀元」とかを、日本人を含む大多数の外国人に使用を強制するのに等しい。

持株会社・親会社・子会社の分社化の制度[編集 | ソースを編集]

  1. 持株会社で、「○○グループ」のトップである、いわゆる「なんちょかホールディングス」(笑)や、子会社なんかを一切持たない、純粋な意味の「1個の会社」だけで巨大化できないから安易に「子会社」を乱発して、その子会社の社員や現場に責任を転嫁するとはなんとも情けない。
    • 重要なのは、「なんちょかホールディングス」の下の立場にある末端の子会社や現場(工場とか)で働く、アルバイトや平社員にどんなメリットと利益をもたらしているか、だ。
    • はっきりって「なんちょかホールディングス」の下の子会社の存在って、最高経営責任者(CEO)・会長・社長以下役員らの責任の所在を不明瞭にするための「盾」にしかなっていない。。
    • そのグループのトップたる、「なんちょかホールディングス」(笑)のCEO・会長・社長以下役員らは末端の子会社と社名を全部覚えてんだろうな?
    • 社名すら覚え切れもしない、現場で働きもしない無能な経験者なんかの下なんかで働きたくもない。

国籍[編集 | ソースを編集]

  1. 国民=住んでいる民族の昔ならともかく、今のような多国籍社会だとむしろ足かせな気がする。

エンタメ[編集 | ソースを編集]

ドッキリ番組における死亡事故映像[編集 | ソースを編集]

  1. 最近「被害者は奇跡的に助かった」という結末に飽きた視聴者も多いが、だからといってこれを流すと遺族からの訴訟が確実に起きてしまう。

テレビ番組の観覧者への罰ゲーム[編集 | ソースを編集]

  1. 観覧者にドキドキしてほしいという趣旨でこれをやったら次回から観覧者希望者がいなくなるだろう。

道頓堀ダイブ[編集 | ソースを編集]

  1. 日本一汚い川であり死亡者も出ている。
  2. 一説によると最初にダイブした奴のせいでカーネルサンダースの呪いが誕生し阪神タイガースは…。
    • 被害に遭ったカーネルサンダースは罰ゲームで飛び込んだ巨人ファンの後輩がノリで一緒に投げ込んだらしい。
  3. 一部の阪神ファンのせいでオリックスファンも飛び込むでもないかと思われてしまう風評被害も起きてしまった。

ビールかけ[編集 | ソースを編集]

  1. 大量の汚水を発生させる行為であり、環境への負荷も大きい。
  2. 会場側も事前にシートを張るとか準備が大変。
  3. 誰が掃除すると思ってるんだ!
  4. もったいない!!

ラブライブ!の男性版[編集 | ソースを編集]

  1. そもそもラブライブ!は9・18事件の反響を受けて誕生した経緯がある。

ウルトラマンレオ以降における東光太郎[編集 | ソースを編集]

  1. 演者の意向に反する為再登場させる訳にはいかない。

ドキュメンタリーにおける怒鳴るシーン[編集 | ソースを編集]

  1. スポーツ特集でコーチが怒鳴ったり、大家族スペシャルで父親が怒鳴ったり。
    • 台詞が江戸文字で、怒りマークとともに表示されることも。
  2. 怒りの感情は、他の不快な感情が積み重なって生じる二次感情なので、そう簡単に現れるものではない。
  3. 怒鳴って人を動かせると思ったら大間違い。
  4. 怒鳴られて努力する者もいるが、それは怒鳴る側の実力ではない。
  5. このことを勘違いした結果、あちこちでパワハラが起きている。

バラエティ番組などにおける舞台の宣伝[編集 | ソースを編集]

  1. 全国で上映される映画や全国ネットの番組ならまだしも、一部主要都市でしかやらない舞台の宣伝をして何の意味があるのか?
    • 「地上波」は「全国放送ではない」から、存在価値がない。
      • ただし、民放であってもBSの放送なら話は別。
    • 該当するテレビ番組を見ている人の大半はそもそも行けないので本当に必要がない。

年末の特番[編集 | ソースを編集]

紅白歌合戦の企画[編集 | ソースを編集]

  1. けん玉ギネス挑戦の意味ってなに?
    • ミスった奴は誰だ?ってSNSとかで騒がれると可哀想だよ…。
  2. ゲスト審査員て必要?視聴者投票だけでよくない?
    • そういや「視聴者投票<審査員の意見」で荒れた年もあったなぁ…。
    • 司会者も結果に驚いてたような…。
  3. なにより勝敗を競う意味が分からん。

レコード大賞[編集 | ソースを編集]

  1. 出来レースというか八百長臭い時期があった気がする。
  2. 何故あのアーティストが選ばれないんだ?と毎年議論が起きる。
  3. この曲そんなに売れたか?と疑問視されるのが1曲はノミネートされる。
  4. この番組で初めて聴く曲もある。

ゲーム[編集 | ソースを編集]

TCGにおけるチェスクロック[編集 | ソースを編集]

  1. 遅延行為に効果があると思われがちだが、TCGは頻繁に手番が変わるため、操作が煩雑になるだけである。

五目並べにおける白への禁じ手[編集 | ソースを編集]

  1. 黒にだけ禁じ手があるのは不公平と思われがちだが、そもそも五目並べは黒の必勝と判明したため黒にだけ禁じ手が設けられた。

スマートフォンでの3Dゲーム[編集 | ソースを編集]

  1. 3Dそのものを全否定するつもりはないが、無闇にグラフィックにこだわってPS3並にするとダウンロードに必要な容量が大きくなる(=パケット(ギガ)を大量に消費する)わ、画質を上げるとバッテリーを激しく消費して寿命を縮めるわで、スマホで3Dにこだわるメリットがない。
    • PCゲームならCPUとグラボのファンで強制的に冷却する機能が装備されてるからいいものの、ただでさえ非力なスマホで無理やり3Dを動かすのでCPUやバッテリーの発熱が激しくなって寿命を縮める。
      • 下手をするとバッテリーの膨張を早め、最悪の場合は破裂の危険も。
  2. どうしても3Dにしたいなら、PS2やPSP並で十分足りる。
    • 画質の設定が可能なら、最低レベルの設定を推奨。

バドミントンゲーム[編集 | ソースを編集]

  1. 作ったところでテニスゲームの亜流に成り下がるだけ。
    • ちなみに卓球は体感ゲームとの相性がよく、まだチャンスあり。

スポーツ[編集 | ソースを編集]

ラグビーにおける引き分け再試合[編集 | ソースを編集]

  1. 引き分けの際に抽選で勝ち上がるチームを決めるルールに疑問を持つ人によって提案されがちだが、ラグビーでは体力的な負担が大きく、実際にやったら日程に甚大な影響が出てしまう。
    • ラグビーに限らず、決勝戦の場合は無理に再試合せず、「同時優勝」にするか、あるいは「優勝者なし」(該当者なし)にしたっていい。

プロレス以外の格闘技でデスマッチ[編集 | ソースを編集]

  1. プロレスはエンタメだからデスマッチが成り立つわけで、それ以外の格闘技でやったら死亡事故のリスクが甚大である。
    • ボクシングでコンクリートデスマッチやったら1回のダウンで頭を強く打って致命傷になりかねない。

プロ野球のクライマックスシリーズ[編集 | ソースを編集]

  1. いくらアドバンテージがあるとはいえ、優勝球団と二位以下のゲーム差が、10ゲーム以上離れたとしても、場合によっては優勝球団が日本シリーズに出られないのは、納得できない。
    • ゲーム差に応じて、アドバンテージをもう一つ追加したり、いっそのことクライマックスを免除するなどの融通を利かせても良いのでは?

報道[編集 | ソースを編集]

事件の報道[編集 | ソースを編集]

虐待の動機[編集 | ソースを編集]

  1. 動機が何であっても虐待は犯罪。
  2. ベタな動機がまた同様の虐待の口実に使われるので、いつまで経っても虐待はなくならない。
    • だからといって、厳罰主義をとるだけでも虐待がなくなるわけでもない。

荒れる成人式の報道[編集 | ソースを編集]

  1. 奴らは結局注目されたいだけ。
  2. 報道すればするほど愚行はエスカレートするばかり。

犯人逮捕に貢献した一般人の素顔と本名を公表[編集 | ソースを編集]

  1. 犯人や犯人関係者が逆恨みの報復で狙ったらどうする?
  2. 発見された謎の大金を通報した人が受け取ったとか必要か?
    • そのせいで嫌がらせを受けて警備員を雇い防弾チョッキまで買う羽目になった人がいる。

防犯カメラで犯人の顔を隠す映像[編集 | ソースを編集]

  1. YouTubeとかでたまに見かけるが、ニュースだと強盗や窃盗(万引き)とかの犯人の顔を●で隠すので、誰にも特定することができない。
    • 同様の理屈として、あおり運転とか飲酒運転といった悪質な運転をする車のナンバーを隠すのも同じこと。
  2. 「推定無罪」(笑)なんて言い訳は通らないから、な
    • そんなに無罪と言い張りたいなら、法定で自ら無罪を証明しろ。

事件・事故の被害者の報道[編集 | ソースを編集]

  1. 被害者の個人情報など、晒しものにしてるだけで不快この上ないし、何よりプライバシーの侵害以外の何者でもない。
  2. 報道するなら「○○在住の20代男性」くらいでいい、氏名や年齢や職業まで報道する必要はない。
  3. 慰謝料をいくらとか部外者は知らなくていい情報なのに報道するから嫌がらせ被害に遭った。
  4. 仮に、被害者の側にも多少の落ち度や過失があったとしても、無闇に報道する必要はない。

事件に対する感情的なコメント[編集 | ソースを編集]

  1. 事件に対してゲストコメンテーターが何らかのコメントをするが…
  2. 怒りの気持ちを持つこと自体は構わないが…
  3. コメントをしたからといって、状況は変わらない。
    • 判決が変わるわけでもあるまい。
    • 犠牲者が戻ってくるわけでもない。
  4. 他の有名人が乱暴なコメントを真似するだけ。
  5. 報道はトーク番組ではない。
    • 受け答えの時間がもったいない。他に伝えることはないのか。
  6. 法律的にはどうかなど、客観的なデータに基づくものなら有益ではある。

犯人の生い立ち[編集 | ソースを編集]

  1. 事件が起きてから報道されても何の効果もない。
  2. 同じ境遇なら同様なことをしてもよいと勘違いする奴もいる。
  3. 犯罪が許される理由にはならない。
  4. これを報道して被害者が救われると思っているのか。

犯人の実名の報道[編集 | ソースを編集]

  1. 「心神喪失・心神耗弱」(またはそれが疑われる場合)などの例外を除き、一律に「○○容疑者」と報道するが、もしも「無罪が確定」した場合の救済制度が全く整備されていない。
    • といっても、確率は1%未満と極めて稀だが、「○○容疑者」の無罪が確定してから「○○さん」付けにしたところで、一度実名が全国に報道された以上、本人が救済されることがない。
    • 加えて、ネットでもあらゆる事件の報道で「○○容疑者」と報道される以上、情報が永久にデジタルタトゥーとして残り、完全に削除するのは絶対に不可能なので、無罪が確定したところで本人の名誉が完全に回復することがない。
  2. 建前として、「有罪判決が確定」するまで無罪と推定されるので、逮捕~有罪が確定するまで、無闇に実名報道する必要性がない。
    • 芸能人や政治家といった「名前を隠しようがない」著名人の犯行など例外はあろうが、実名報道が法律で禁止されていないのでそれほど問題にはならない。
    • 少なくとも殺人、強盗、詐欺といった個人の生命や財産を脅かす、組織の犯罪でない限り、実名報道のメリットが見いだせない。

その他の報道[編集 | ソースを編集]

芸能ニュース[編集 | ソースを編集]

  1. 赤の他人のことなのでどうでもいい。
    • 特に結婚のこともどうでもいい。むしろプライバシーの侵害でしかない。
    • おかげでアンチやストーカーからの嫌がらせのせいで3ヶ月で離婚という事例まで起きた。
    • 朝のトップニュースでやることでもない。

交通[編集 | ソースを編集]

自動車[編集 | ソースを編集]

左折矢印信号([編集 | ソースを編集]

  • 「日本が左側通行」であることを前提としています(右側通行だと左右逆になるので要注意です)
  1. 片側2~3車線以上で、交通量が多い十字路で見かける、「」のこと。
    • この信号が点灯している場合、左折レーンの車は左折してもいい、ということを示す。
      • だが、左折矢印信号が消えたあと、すぐ青信号になるから、左折矢印信号なんて必要性がない。
  2. 一方、右折車の優先順位は直進や左折より最下位の立ち位置にあり、十字路によっては「」=「右折矢印信号(右向きの矢印信号)」が設置されていない交差点も多く、右折車の扱いが蔑ろになっている。
    • 右折矢印信号がないと、黄信号(⚫🟡⚫)→赤信号(⚫⚫🔴)へ切り替わる際、無理やり右折する車もいるので、右直事故の原因にもなる(この場合、右折車の過失が大きい)。
    • 左折矢印信号を設置する金があるなら、右折車の交通をスムーズにするため「」の設置を優先してほしい。
  3. ただし、「←↑→」のように、右折矢印信号も併設されていれば除く。

鉄道[編集 | ソースを編集]

女性専用車[編集 | ソースを編集]

  1. 存在が男女の平等に反するという意見が多い。
  2. 性が多様化する中でさらに女性専用が意味を為さなくなっている。

関連項目[編集 | ソースを編集]