いわてグルージャ盛岡

提供:chakuwiki

いわてグルージャ盛岡の噂[編集 | ソースを編集]

  1. トラブルが尽きない。
    • ここと喧嘩別れして出来たのが「FCガンジュ岩手」で、さらにガンジュと喧嘩別れして「アンソメット岩手・八幡平」ができた。どんだけ分裂すんねんorz
      • 沖縄かりゆしFCFC琉球の関係より酷いな。w
        • グルージャのゴール裏は『心ひとつに』という横断幕を掲げているが、この一連の流れを知っていると乾いた笑いしか出てこない。
      • アンソメットは活動休止。当時の監督が詐欺容疑で逮捕されました。
      • ガンジュ岩手も代表者が二転三転し、東北地域リーグ1部から陥落しそうなほど弱体化でどうやらグルージャに県協会の精力をつぎ込めるようになった模様。
  2. 名称が某国に似ているので、その国の選手を獲得したりして…。
  3. 地域リーグでは安定した成績を残しているものの、決勝大会で負けて昇格を逃し続けている。まるで隣県のJクラブのようだ。
    • 2010年は決勝ラウンドまであと1点足りなかった…。
    • 2013年、ついに決勝ラウンド進出を決める。
      • その甲斐あってか、J3クラブ唯一の地域リーグからの飛び級昇格が認められた。
    • 2016年天皇杯では岩手出身のベガサポもこの試合ばかりはグルージャ応援に回ったそうな。
      • その試合はまさかの5-2で勝利。
  4. 下部組織のイストリアが2010年未明に解散。
  5. グルージャホーム時の岩手県営運動公園陸上競技場魔境である。
    • 荒れた芝に加え、審判の謎裁定が発生する。それも1回や2回で済めば御の字のレベルで。
    • J3参入後のホームスタジアムである盛岡南公園球技場もかなり設備が貧弱…。
  6. 2016年に明治大学サッカー部でインテル長友らを輩出させた監督が就任。
    • 2020年は秋田豊が監督に。岩手なのに秋田…。
      • その秋田監督が就任前に出演していた「あさチャン!」(TBS)で取り上げられるようになった。
      • 秋田監督の就任はNOVAつながりらしい(NOVAの社長が愛知学院大学の1年先輩とのこと)。
  7. 1STチームカラーは白であると主張している。
    • 当初は南部鉄器を表す黒にするつもりであったが、諸事情で白にした。
  8. 東北リーグからJFLを経ずにJ3リーグに加盟したので、Jリーグのクラブ(前身含む)ではU-23を除いて唯一Jの門番であるHonda FCとの対戦経験がなかった。
    • 2016年の天皇杯で初対戦したが、門番と呼ばれるクラブの壁は厚く敗北した。
  9. マスコットが折り鶴のキヅール
    • 性別は「紙」らしい。
    • NOVAに買われた後はNOVAのマスコット「NOVAうさぎ」とコラボしたバージョンも登場した。
  10. 2017年途中から北上市もホームタウンに。
    • 2019シーズンより岩手県全域がホームタウンに。チーム名・略称・エンブレムも変更される。
  11. ラグビーW杯終了後は釜石鵜住居復興スタジアムも使用するとか…。
  12. メディアによって略称が「盛岡」だったり「岩手」だったり。
  13. 長崎を買い損ねたNOVAの傘下に入りました。
    • NOVA傘下に入った後から資金に余裕が出てきたのか覚醒し、ついにはJ2昇格まで駆け上がった。
      • しかしJ2昇格初年度となった2022年は最下位に終わり、1年でJ3逆戻りとなってしまった。
  14. 2023年に横浜FM・磐田・浦和などで活躍した那須大亮が1週間だけここで現役復帰。