こんなポケットモンスターは嫌だ

提供:chakuwiki

こんな○○は嫌だ > こんなゲームは嫌だ > こんなロールプレイングゲームは嫌だ > ポケットモンスター


全般[編集 | ソースを編集]

  1. ポリゴンのシグナルビームやサイケこうせん、フラッシュのエフェクトでポケモンショックが発生する。
  2. ポケモンスタジアムなどでは絵がきれいになり、ポケモンの姿が実際の動物みたいになる。
    • 虫タイプの一部は特にグロテスクになる。
    • 実写版名探偵ピカチュウさながらのポケモンになる。
  3. 夜中に町を歩いていると主人公が補導され、目の前が真っ白になる。
    • ゲームコーナーに入っても補導される。
    • 長時間ランニングシューズや自転車で走り続けていると、疲れて行動不能になる。
    • 一晩中やっていると翌日貧血で倒れ、目の前が真っ白になる。
    • 長時間ポケモンセンターによらないと、ポケモンがどんどん疲労していく。
    • 夜の街を歩いていると停電で目の前が真っ暗、というのが頻繁に起こる。
  4. ロケット団などの悪事が子供向けとは思えないほど残酷だ。
    • 主人公の目の前でポケモンを×××
    • こいつらとつるんでいる。
    • 戦闘中でも平気でプレイヤーのポケモンを盗む。
      • なつき度が低いと捕まえられてしまう。
    • 主人公の家族を人質に取る。
    • アジトで大量破壊兵器を密造している。
  5. PARなどによる改造行為が公式大会でも蔓延する。
    • むしろ改造を前提とした大会だ。
  6. 技によって世界を破壊して行く
    • 「じしん」で街崩壊
      • 「マグニチュード10」の地震が発生する。
        • そんな強い地震だと、地球が壊れるらしい。
      • 「じわれ」で隣町へ行けなくなる。
      • 「あなをほる」で地盤沈下
    • 「かえんほうしゃ」で山火事
      • 「れんごく」だと一都市が火の海に
    • 「なみのり」で大洪水
      • 「だくりゅう」が混濁流
    • 「だいばくはつ」を室内のバトルで使うとビルが倒壊。
    • そして「ちきゅうなげ」で(自主規制
    • 「ふぶき」で遭難
    • 「ヘドロばくだん」で地域汚染
    • 「りゅうせいぐん」でこのBGMと共に隕石落下
    • 「いわなだれ」で通行止め
    • 「かみなり」で停電
    • 「たつまき」で竜巻がリアルに発生。
      • 「ぼうふう」で歩けない
      • 「ふきとばし」で町の人を。
    • なんだかんだ最後は「はかいこうせん」
  7. ポケモン図鑑に書いてあるとおりの事が起きる。
    • 「なみのり」中のバトルでベトベターを出すと水が汚れる。
    • ゴースのせいで主人公が気絶する。
    • クサイハナは害獣認定され完全武装の討伐隊が編成される。
    • コイルの電磁波でパソコンが破壊されてしまう。
    • ヒトモシやシャンデラを街にばらまくテロが発生。
      • 命をじっくり吸わせていく。
      • ノクタスが人食いするとか
      • 海にブルンゲルばらまくとか
    • マグカルゴやレジアイスは場に出した瞬間相手のポケモンが戦闘放棄。
    • キュウコンやスリーパーにパシらされるトレーナーが続出。
    • キテルクマにハグされてトレーナーが死亡する。
  8. youtubeの動画のように、金正日が出てくる。
    • ○ーゼン×イデンや○方のキャラも出てくる。
    • ドナルドも登場。
      • ランランルー♪
      • ドナルドは嬉しくなるとつい殺っちゃうんだ♪
      • もちろん、カーネルサンダースも登場する。
    • VOCALOIDの参戦も決定。
    • アジョットも。
    • ドラクエのモンスターも。
    • ムスカ大佐も。
  9. 「萌えっ娘もんすたぁ」[1]だ。
    • むしろ嫌じゃない人がいるかも…
  10. 場所により技が制限されることがある。
    • 室内で「そらをとぶ」を使うと天井に頭をぶつける。
    • 水上で「あなをほる」を使おうとすると「ここではあなをほれない!」と表示される。
    • 洞窟内で「あなをほる」を使うと、時々脱出に失敗して下のフロアに落下してしまう。
  11. 練習しないと自転車でコケる。
  12. バトルでひんしになったポケモンは、長期療養しないと回復しない。
  13. ゲットしたポケモンの世話をこまめにしないとどんどん衰弱していく。
    • 食べ物をポケモンにあげないと×××になってしまう。
      • コマメにモンスターボールを洗わないとポケモンが文句を言ってくる。
  14. 道路に飛び出すとひかれる。
    • しかもその様子がリアルに描写される。
  15. ゲットしたポケモンを材料にして装備を強化する。
    • 食べ物も作れる。
      • 魚ポケモンを切り身やすり身に加工。
    • 哺乳類系ポケモンを毛皮の服にする。
  16. ボイスがぜんぶ山ちゃんだ。
  17. カンナギタウンでナギ様とざんげちゃんが登場。
  18. 海が荒れると「なみのり」できない。
    • 「ダイビング」のあいだは息ができない。
  19. 「フラッシュ」を使うとメモリの内容をすべて消去。
  20. トレーナーも倒さないとバトルが終わらない。
  21. ポケモンが年をとる。
    • しかも蝉の一生ばりにとんでもない速度で老いていく。
      • その代わりあっという間に進化する。
  22. フォントをたくさん用意するのを忌避したら、カタカナも使いたくないのでさいたま語表記になる。
  23. 女の子トレーナーが敗北した時、お金が無いと×××なことをされてしまう。
    • 逆に男の子トレーナーがミニスカートなどを倒すと、×××なことをしてしまう。
      • 初代の「さわったでしょ」などの冤罪掛けてくるミニスカートなんかは特に脅しつける。
      • 「おとなのおねえさん」や「ビキニのおねえさん」の勝負を受けると、「こわいおじさん」や「バッドガイ」が途轍もなく強いポケモンでバトルを挑んでくる。
        • 警察に通報して逮捕させ、懲役を食らわせることができる。
    • 周りのトレーナーも連れてきて複数人で×××なことをしてしまう。
      • 周りのトレーナーもやってきて複数人に×××なことをされてしまう。
  24. バトルに敗れると手持ちのポケモンを奪われる。
  25. 一つのソフトに数千種類以上のポケモンが出てくる。
    • 逆に全バージョン合計しても50種類もいない。
  26. モンスターボールに入れてもポケモンの重さが変わらないため、カビゴンやグラードンを捕まえると移動速度が10分の1くらいまで下がる。
    • ポケモンセンターに連れていくと装置が圧潰。
    • そもそも重すぎて持ち運べないので、捕まえても連れていけない。
      • 転がして運ぶ必要がある。
  27. 「テッポウオの刺身」「キングラーの缶詰」「焼きオニドリル」などが街中で売ってる。
    • 虫ポケモンも食用になってる。
    • むしろ食用にするために捕まえてる。
    • ヤドンのしっぽがただの回復アイテムだ。
  28. わざマシンが無い。全部ひでんマシン。
    • しかも忘れさせる手段がない。
    • むしろ、ひでんマシンどころか、卵ワザも無いので、レベルアップして技を覚えるしかない。
  29. 野生のポケモンは5~6体同時に襲ってくるのが当たり前。
    • なのに貯まる経験値が1匹分。
  30. ポケモンショックとともにゲームも販売中止に追い込まれた。
  31. モンスター「ボール」のはずなのにどう見ても立方体。
  32. エンカウント率が恐ろしく高い。
    • 町中を野生ポケモンが荒らし回っている。
      • 弱いポケモンならともかく、勝てそうにないポケモンや伝説のポケモンだったらもっと嫌だ。
    • ジムの中に子飼いのトレーナーが満員電車の如くひしめいており、なかなかジムリーダーに辿り着けない。
  33. 退化する。
    • ポケモンカードなら「退化スプレー」が存在するが……。
    • 相手のレベルを下げる技を使うポケモンもいる。
  34. 野生のポケモンに負けると食い殺される。
    • 洞窟や森などには一目で人間と分かる骨が落ちている。
  35. ポケモンの技だけでなく、進化や卵からの孵化にも成功確率が存在する。
    • 進化や卵からの孵化に失敗してしまうと、手持ち欄から消滅してしまう。
    • 技を覚えたり忘れたりするのにも成功確率が存在し、失敗するとそのポケモンはもうその技を覚えたり忘れたりできなくなる。
  36. ポケモンセンターで利用料を取られる。
    • しかも、かなり高額。
  37. 設定が異常にハードボイルド。
    • ポケモンを軍事利用しようとする組織が暗躍している。
    • 各地のジムでもらえるバッジから持ち主を政府に従順な人間にするための電波が出ている。
    • 出会ったトレーナーの正体が外国の工作員。
  38. 野生のポケモンのレベルが非常にムラがあり、最大で100もある。
  39. 寿命が存在する。
    • 寿命はポケモンのモデルとなった動物の寿命に準じてる。
      • その為ゴーストタイプや無機物系ポケモンには寿命がない。
  40. 交代しても能力変化が残る。
    • バトンタッチは全く無意味な技になる。
  41. 能力変化に上限と下限が存在しない。
  42. アンコールが永続。
  43. 日本国外でも「Pokémon」と略せず、きちんと「Pocket Monster」になっている。
  44. 終盤になると様々な伝説のポケモンが合体してロボットになる。
    • むしろ初っ端からメダロットが出てくる。
  45. キョダイマックス状態のポケモンはでかすぎてゲームに登場できない。
  46. 何度もひんしにするとトラウマになってモンスターボールに引きこもる。
  47. 一定以上のレベルになると定年退職する。
  48. バトルに勝ってもお金が貰えないばかりか、恐喝罪で逮捕される。
  49. ポケモン自身が進化を拒む。
  50. トレーナーがダイマックスしたポケモンの技に巻き込まれる。
  51. けつばんやアネデパミのようなバグポケモンも捕まえないと図鑑がコンプリートできない。
    • バグ技を使わないと入れない場所にしか出現しないポケモンもいる。
  52. 飲み物類が強力すぎて、誰もきずぐすりを買わないのできずぐすりがなくなる。
  53. 1世代あたりで100近いバージョンが発売される。
  54. 進化の石をを使うとたまに別のポケモンに進化することがある。
    • 例1:ピカチュウにかみなりのいしを使うとハガネールに進化。
    • 例2:ヒヤップにみずのいしを使うとカイリキーに進化。
  55. 卵を孵化させて逃がすを繰り返すと低確率で逃がしたポケモンに襲われるイベントが発生する。
  56. 明らかに排泄物を使った技が存在する。
  57. 子どもがメインターゲットとは思えない描写だらけだ。
    • 酒やタバコがモチーフのポケモンが登場。
    • 店でポケモンの技を使い強奪や窃盗ができる。
  58. 主人公とライバルのデフォルト名が不謹慎。
  59. ポケモンのグラフィックで手抜きが横行している。
    • キャタピーの色変えをケムッソということにする。
    • ホエルコとホエルオーの違いが大きさだけ。
  60. 他社のゲームや既存のアニメ・特撮に登場したモンスターの盗作ばかりだ。
    • 「ポケモンではなくパチモンだ」と揶揄される。

種類別(全国図鑑順)[編集 | ソースを編集]

こんなフシギダネは嫌だ
  1. 下部分がリアルな蛙。
  2. 種(というか球根)がすでに成長をはじめていて、根っこが体の中に伸びている。
    • 完全な寄生。
  3. 進化につれ下がやつれてくる。
こんなピカチュウは嫌だ
  1. 可愛くない。
  2. 現実以上に押しが強い。
  3. ゲットするには毎回ダウンロード待ち。
    • あるいは課金。
    • 或いは予約が必要で予約が取れない。
  4. とんでもない脂肪太り。
  5. パーティから外せない。
  6. 電気技を覚えない。
  7. 実はニコ厨だ。
こんなポリゴンは嫌だ
  1. 「ポケモンに罪はなかった」との理由により、ポケモンショック後もアニメに登場し続ける。
    • または、ポケモンショック以降ゲームにおいても封印されてしまい、第二のけつばんになってしまう。
    • むしろ良くね?
こんなアンノーンは嫌だ
  1. 現実のアルファベットの形だ。
    • ピリオドやカンマ、カッコやダッシュ・コロン・スラッシュなどがないため文が読みづらいことこの上ない。
    • 手書きに時間がかかる。
      • 現実ほど筆記体が廃れていない。
  2. 何故かハングル文字の形も登場する。
    • 国ごとに元となる文字が異なっている。
こんなレックウザは嫌だ
  1. オゾンを食べて生きるため、オゾンホールが作られる。
こんなギラティナは嫌だ
  1. 反物質主人公を作成。
    • しかもそいつに主人公を追いかけさせる。
こんなダークライは嫌だ
  1. 夢のなかで悪夢を見せるだけでは飽きたらず、現実でも悪夢を見せる。
こんなランドロスは嫌だ
  1. 自分もいたずらする側で、トルネロス・ボルトロスに自重はさせない。
    • 現実にいて、田んぼを荒らしまくる。
      • 天災に近い災害に対する対策・復興費用と農家への補償費用で日本の借金は更に増える。
        • そのため消費税はとっくに10%に引き上げられている。
        • 補償時に世界で売れる作物に切り替えることでTPPには参入しやすくなっているかもしれない。
こんなキュレムは嫌だ
  1. 他の龍を吸収したが最後、戻っても吸収されたドラゴンは戻ってこない。
こんなメロエッタは嫌だ
  1. 声が中島愛ではない。
    • キラッ☆とかしてくれない。
こんなゲノセクトは嫌だ
  1. プラズマ団の主戦力だ。
    • プラズマ団が全員持っている。
  2. どう見てもただのカブトだ。
こんなバンバドロは嫌だ
  1. 軽すぎる。
    • 現実の馬よりも遥かに軽い。

こんなポケモンGOは嫌だ[編集 | ソースを編集]

  1. プレイヤーが立ち止まると操作できなくなる。
    • 実質的に歩きながらでないとプレイ不能。
      • いや、走りながらでないとプレイ不可。
      • 自転車に乗りながらだと快適にプレイできるので、廃人プレイヤーは皆自転車で走りながらプレイしている。
  2. ポケモンも世界観も過去の作品とは完全に一新されている。
    • 捕獲に使うのはモンスターボールではなく魔法の網。
    • もちろん登場するポケモンも全て本作が初登場。
  3. ポケモンそのものが発禁のイランサウジアラビアでも平然とリリースされる。
    • いや別に発禁ではないが。
  4. 「電車でGO!」の商標を保有するタイトーに「タイトルが商標権を侵害している」として訴訟を起こされる。
  5. 何の変哲もない一般人の家が無許可でポケストップに使われる。
    • 一般人立ち入り厳禁の場所がジムになる。
    • 物理的に立ち入るのが困難な場所(海の中のポストなど)もポケストップになっている。
  6. 明らかにポケモンではないものばかり出てくる。
    • ウルトラ怪獣や艦娘などが出てくるのも日常茶飯事。
      • 青鬼、ゴジラ怪獣、フレンズ、セルリアン、たまごっち、刀男子、LBXも可とする。
      • ツボツボを捕獲した状態で蓼科山に行くとツボッシーに進化している。
      • SCPオブジェクトやアブノーマリティや妖怪ウォッチの妖怪も登場。
      • カービィやスタフィー、ドラクエのモンスター、FFのチョコボやモーグリなどの召喚獣も忘れずに。
      • にゃんこ大戦争のキャラやトランスフォーマー、モビルスーツやデジモンも出現。
        • 後者から2つ目のモビルスーツの場合、高確率でシャアザクなどのシャア専用が出てくる。
      • どうぶつの森の住民までもが登場。
    • 船橋市では梨の妖精が大量に出現。
      • むしろ、各地域にゆるキャラが大量に出現する。
    • 当然、マクドナルド付近ではドナルドが登場。
    • 本物の動物や植物がゲーム中に登場することもある。
    • 食べ物や建造物も登場。
  7. アメリカの会社が制作したゲームなのでポケモンは全て英語名で表記される。
    • フシギダネやコンパンではなく「バルブソー」や「ヴェノナット」が出現する。
  8. 原作のゲーム同様に1個あたり200円出さないとモンスターボールを入手できない。
    • レイドバトル参加も有料。
  9. 「強化や進化に使う「あめ」の原料は博士のところに送られたポケモン」というのが公式設定。
  10. 東京23区・政令指定都市・県庁所在地にポケストップがない。
    • ポケストップが離島のみになる。
      • 或いは危険地域にある。
        • 山奥や樹海、砂漠、寒い極地などの過酷な場所のみにある。
          • 富士の樹海やスラム街など一度入ったら脱出不可能な場所にもある。
  11. 野生のポケモンに逃げられた場合、経験値(EXP)が減らされる他ペナルティが発生し、2分間が経過するまで野生のポケモンを捕獲する事が出来なくなる。
    • 一度捕まえられたポケモンに逃げられた場合も同様。
    • もっと逃げられたら、一日中ポケモンを捕獲することが出来なくなる。
  12. 毎日1匹でも必ずポケモンを捕まえないとアカウント強制削除。
  13. プレイヤーによるトラブルの多発が原因でこのゲームを取り締まる条例を制定する自治体が続出。
    • 逆に「運動不足の解消になる」などの理由で、このゲームのプレイを義務化してしまった。
  14. どのポケモンも肉眼でとらえられないほどの速さで動き回るため捕獲は至難の業。
  15. 進化系は野生では出現しない。
  16. フィールドリサーチの内容が困難すぎる。
    • 一番簡単なものでも「カーブボールのエクセレントスローを10回連続」。
    • 「相棒と歩いてアメを500個もらう」「ポケモンを1000回交換する」など、途方もなく時間のかかるタスクばっかりだ。
  17. 出てくるポケモンの8割がメタモンが化けたもの。
    • レイドバトルで倒した伝説ポケモンも捕まえたらメタモンだったということが日常茶飯事。
      • むしろ、メタモンしか出現しない。そのため、タイトルも「メタモンGO」に。
  18. トレーナーの服装がどれも恐ろしくダサい。
    • ピカチュウが被ってる帽子もダサい。
  19. ポケモンの捕獲に失敗すると攻撃してくる。
  20. ジムに自分のポケモンを置くことで得られるポケコインが少なすぎる。
    • 丸一日残れてやっとコイン1枚。
  21. バトルで負けたポケモンは消滅する。
  22. ロケット団の手口が理不尽すぎる。
    • ポケストップを回すと数十人の下っ端が一斉に襲ってくる。
    • リーダーのポケモンはシールドを貫通するスペシャルアタックを繰り出す。
      • しかも手持ちの全ポケモンにダメージを与える。
  23. カーブボールだけではなくシュート、スライダー、フォーク、シンカー、ツーシームなどがある
  24. 課金しないと進まないスペシャルリサーチがある。
  25. 「人種差別を避けるため」と称してトレーナーの肌の色が銀色や水色など人間離れした色しか選べない。
    • LEGOの人形を見習って黄色くする事もできる。
  26. 花の飾りを付けたイーブイや帽子をかぶったピカチュウを進化させると普通のポケモンになってしまう。
ポケットモンスターシリーズ
本編 赤緑 金銀 RS DP BW XY SM 剣盾 SV
派生作品 ポケスタ・バトレボ コロシアム・XD ダンジョン ノブナガ GO カード ポケスペ
アニメ 時代別(サトシ編リコロイ編) / 劇場版
生物として 種類別123456789 / タイプ別
ファンの噂 ポケスペファン
ベタの法則 ゲームアニメ
もしwiki 歴史のif:ゲーム作品別)・アニメ / もしも借箱ポケモン別
偽モノの特徴 全般 (ゲーム)|種類別:1(ピカチュウ)・23456789
ざんねんなモノ ゲーム作品キャラ/アニメ
その他 こんなポケットモンスターは嫌だ‎‎