ざんねんなアニメ・漫画事典

提供:chakuwiki

ざんねんなモノ事典 > ざんねんな文化事典 > アニメ・漫画

保護検討中
このページは、現在保護が検討されています。詳しい経緯、及び議論はトークページへお願いします。

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/ざんねんなモノ事典」をご覧ください。

独立済み[編集 | ソースを編集]

日本における文化全般[編集 | ソースを編集]

  1. 日本の誇るべき文化として地位が上がって市民権を得た印象もあるが、特にコラボ関連で性差別云々犯罪の原因云々など、定期的にバッシングすることで痛い目に遭わせある程度萎縮させるパターンになっている印象も強い。
  2. アニメ・漫画両業界自体いい話を聞かずサンドバッグと言わんばかりにバッシングしかされないイメージがある。
    • 現にアニメ制作会社の倒産事例は多いが。
    • 日本では改善は不可能、自分は被害者でありあの企業による搾取が悪いとしかほとんど意見されない。
    • しかも、それをバッシングしているのが「地上波で」大量にアニメを放送している「キー局」や「週刊誌」とかだったりする。
      • 自局で製作参加・放送しているアニメは絶対にバッシングしない。

イベント[編集 | ソースを編集]

TBSアニメフェスタ
  1. 1回から2008年までと2010年は2日間だったが以降は1日のみに。
    • 2015年を最後に毎年開催が途切れてしまった。2019年現在は2018年のみ。
      • 深夜アニメにおいてTOKYO MX一極集中やTBS制作のでヒット作が長期に渡って出てないのが原因だろうけど。
      • 他の系列局での放送がほとんどないゆえ、あまり話題に上がらないのも原因かも。
      • それでも、BS-TBSでの放送は継続しているからまだいい方ではあるが。
アニメ・マンガまつり in 埼玉
  1. 2回までは2日間だったが以降は1日だけ。
  2. 2017年は不運にも台風の影響で屋外イベントが中止になり入場者数も激減した。
  3. 2018年のキービジュアルだった漫画はメディアミックスされないまま約半年後に連載が終了してしまった。
国際まんが博
  1. 2012年にまんが王国とっとりの一環として鳥取県で行われたイベント。
  2. 当初目標来場者数を設定していたのだが開催中になって「定めていない」ということにされてしまった。
  3. 県議会議員に来場者数の目標撤回や水増しを指摘された。
  4. イメージキャラに起用された女性芸能人が鳥取出身で無い上に鳥取に行ったことないと堂々と言った記事が出てしまった。
  5. 本イベント含めまんが王国とっとりをPRするグループの雇用費に震災復興費が流用されたと言われている。
マチ★アソビ
  1. 地方アニメイベントの中で最も成功したイベントなのだが…。
    • 2018年に発生した徳島市阿波おどりの赤字に伴う騒動も対岸の火事に見えるほどだったのに…。
  2. 2019年、企画プロデュースを手掛けているufotable社長夫妻の脱税疑惑報道が出てしまう。
    • これにより同年春のVol.22から企画プロデュースを辞退、社長も実行委員会会長を辞任せざるを得なくなってしまった。
  3. この影響か2019年の阿波おどりアニメポスターは制作されなかった。
  4. 2024年、知事のせいで中止になった
きたまえ↑札幌☆マンガ・アニメフェスティバル
  1. 北海道初の本格的なアニメイベントとして2013年から開催。若手や大御所問わず有名なアニソンアーティスト・声優のライブ、コスプレ、痛車の展示会など多岐なイベントを行った。
  2. しかし、会場が札幌芸術の森という札幌市内でもかなり奥の地域だった事や、そもそも北海道がこのような文化不毛の地域だった事から黒字だった事は一度も無い。
  3. 元々はSTV主催の企画だったが、流石に苦しかったのか2015年はHBCAIR-G'FMノースウェーブと在札の全ラジオ局の共催に。
  4. 2015年をもってアニソンアーティストのライブは終了、2016・2017年はコスプレイベントとジャズイベント「SAPPORO CITY JAZZ」とのタイアップ企画のみに縮小するも、2018年度以降は開催されていない。
コミックマーケット
  1. かつては幕張メッセで開催していた時期があったが…。
    • アレで警察沙汰となり追い出されてしまう。
  2. 某ヒット作品脅迫事件が起こった時コミケへの脅迫も起こってしまいその作品の同人作品が販売不可能になってしまったことがある。
  3. 幕張メッセ追放以降東京ビッグサイトを会場にしているが…。
    • 2020年東京オリンピックで使用されることになったため振り回されることになってしまった。
      • 東京ビッグサイトの改修や拡張が繰り返されることになり使用できるスペースが狭くなってしまった。
      • 通常は3日間開催なのだが4日間開催にせざるを得なくなった。
      • 運営資金捻出のために一般参加が有料化される形で入場に必要なリストバンドが販売された。
      • 2019年夏コミの時、列が東駐車場に留め置かれたが猛暑だった上フライパンと揶揄されるほど日陰が全く無いこともあり熱中症で倒れる参加者が出てしまう。
        • しかも東駐車場列が入場できてない間に入場規制が解除され後から来たリストバンドをしていない参加者が先に入場してしまったと言われている。
      • 企業ブースも期間が短縮されたりビッグサイトからかなり離れた青海会場で開催されるなど不便になった。
  4. 開催日の約2ヶ月前までに抽選を終え、サークルチケットが発送されるが、到着してそうそうヤフオクやメルカリとかで大量に転売(出品)され、出品するサークルにとっちゃまさに金のなる木ともいえる。
    • コミックマーケット準備会だって何度も取り消しを申告しているのに、全く取り消されないまま落札されるありさま。
      • 画像の掲載に当たり、出品者の個人情報を特定できる部分(サークル名とか)をボカシで隠蔽するので出品者を特定できない悪質ブリを見せている。
      • そんな中、転売を特定できたサークルは現時点(2022年3月時点)では2サークルしかない。
  5. コロナ時の一時期は一部の北海道民にとってはチケットを買うだけで長距離移動になる時があった。
    • というのも抽選後にファミリーマートのマルチコピー機でのみ発券できるシステムとなっているが、北海道ではファミマが道央と函館周辺にしかないためそれ以外の地域から参加する際は数十キロ~数百キロも車を走らせて滝川や千歳に行かなければ発券できない状態だった。
      • 特に冬コミの場合は当選者の発券時期が風雪や凍結が多くなる時期と重なるため、当選しても過酷な環境で車を長距離走らせなけれならない状態となる。
  6. 鉤十字や外国人お断りといったことで炎上するケースが出てきたが、準備会はあくまでも参加者の自主性に任せてあるのでお願いしかできない

施設[編集 | ソースを編集]

阿佐ヶ谷アニメストリート
  1. わずか5年足らずで閉鎖された。
  2. 最寄りの阿佐ヶ谷駅から微妙に歩く距離にあった上休日に快速が通過する駅だったため交通の便で不利だった。
  3. 施設を運営していたJR東日本子会社がアニメファンらのことを考えずにいろいろ制限を付けたためテナントに嫌われ客足も遠のいた。
    • 秋葉原駅リニューアルに続いてJRはアニメファンの反感を買う結果に。
  4. アニメと関係あるのか疑わしい店舗やイベントばかりだった。
  5. 唯一気を吐いていたSHIROBACOという声優の卵が働く喫茶店はSHIROBAKOと紛らわしかった。
    • その店をプロデュースしていたサテライトが手掛けたアニメを中心に数多くコラボが行われたがSHIROBAKOとのコラボは実現せず。
    • SHIROBACOが舞台の一つだった「アクエリオンロゴス」もヒットしなかった。
    • 働いてた声優の卵から売れた声優が出たかと言うと・・・。
東京アニメセンター
  1. 当初は秋葉原に開設されていたが、2度も一時休館しその度に運営会社が代わっていった。
    • 場所が分かりにい上オフィスビルの一角だったため観光客が行くのにハードルがあったとされる。
    • そもそも入居していた秋葉原UDX自体・・・。
  2. そして2017年に秋葉原を離れ市ヶ谷駅前にある大日本印刷の施設に移転した。
  3. 2021年に渋谷モディに移転してしまった
アニメ東京ステーション
  1. 池袋にできた施設
  2. できたのは藤久ビル東5号館。そう西武新2000系・京急800形・東急7700系が置いてあるビル
  3. 車両自体がビルの所有物だったため、電車が置いてあるというシュールな光景が出来上がってしまった

放送局[編集 | ソースを編集]

AT-X(エー・ティー・エックス)
  1. 1997年12月24日に放送を開始した、CSのアニメ専門チャンネル。
  2. AT-Xのメリットとしては…
    • AT-Xが製作参加のアニメが最速で放送される
    • 雷とかで見られなかったとしても、リピート放送で挽回のチャンスがある
    • ×××なアニメ(視聴年齢制限あり)を規制なしで視聴できる
    • 一部のアニメに限るが、第1話の初回が無料放送されることがある
    • アバン~アイキャッチ~エンディングまでCMがない
  3. といったところだが、月額料金が1,980円(税別1,800円)と他チャンネルより割高なうえ、基本料金・パック料金とは別料金で契約を必要とする(CATVでも全社で共通)。
    • 番組間のCMがほとんど放送されない=広告収入がほとんどないことと、衛星放送での周波数帯域を大きく取る必要があり、電波使用料が高くなるため、月額料金も高くなっている。
    • アニマックスやキッズステーションと同水準のCMさえ放送されれば、少しは安くできそうな気がするが、CMが入ったのは受け入れられないか。
  4. テレビ東京で放送のアニメが遅れて放送されるうえ、全作品がAT-Xで放送されず、アニマックスやキッズステーションに流れることも。
    • 「テレビ東京が親会社」なせいで、テレビ東京より先行して放送されたアニメがない。
      • と思ったら、2023年1月より放送の「異世界のんびり農家」でこの定説を覆し、AT-Xが最速で放送することに(もしかして初めて?)
        • もっとも、テレ東での放送が約5時間弱あとなので、さほど大きな影響はないが。
  5. 月1回行われる無料放送日が第1土曜日から日曜日に移動したが、日曜で行われる一挙放送が有料なので無料で見られる番組が減ってしまった。
キッズステーション
  1. かつては月額300円(税抜)で見られたが、2008年に一気に2倍に値上げして以降ついに800円を突破してしまった

放送時期[編集 | ソースを編集]

2007年夏クール
  1. 9月に起きた某殺人事件の影響で放送が打ち切られたアニメが2つ存在する(School Days、ひぐらしのなく頃に解)。
    • 前者は最終回が地上波では未放映となり、そのうちtvkでは環境映像(しかもこの映像には船が湖を走るシーン(いわゆる「Nice boat.」)が含まれている)が代わりに放映された。
    • 後者は一部ネット局で放送が打ち切られた。しかもこのアニメは本来なら2クール放送だったが、1クールもしないうちに…
2008年冬クール
  1. みなみけおかわり、true tears、キミキスと悪い意味で話題になるアニメが多かった。
    • フユキと真田光一、あの伊藤誠に匹敵する問題キャラが2人もいたクールでもある。
2009年夏クール
  1. この時期のアニメの話題はほとんどがハルヒのエンドレスエイトへのバッシングだった。
  2. 累平5000枚以上売れたアニメがわずか2作品だけだった。
    • しかし化物語は深夜アニメ史上最高の売り上げを記録。化物語に一極集中した結果とも言える。
2011年冬クール
  1. 3月に起きた東日本大震災の影響による放送休止が相次いだ。
  2. 「魔法少女まどか☆マギカ」は関西では10話、それ以外の地域では9話を最後に放送中止となり、ほとぼりが冷めた頃に連続放送を行った(結果的にヒットしたが)。
  3. 「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」の10話は津波シーンがあったため、tvk以外での放送を取りやめた。
  4. ポケモンBWの第23・24話も大震災の影響で延期となったうちに最終的には放送中止になった。
2012年夏クール
  1. ロンドンオリンピック中継の影響でTBSなど地上波民放放送のアニメに休止が相次いだ。
  2. TBS木曜枠の「恋と選挙とチョコレート」と「この中に1人妹がいる」は途中2週連続休止。ロンドン五輪終了後の休止明けに1週ずつ2話連続放送回があった。
  3. アニメイズムの「エウレカセブンAO」に至っては休止した影響でクール内に完結できず最終回はAT-X送り。
  4. そのためアニメファンたちは2020年夏クールの悪夢を恐れている。
    • どちらかと言うとヨーロッパ開催になる2024年夏クールのほうが影響大きそう。
2015年春クール
  1. テレビ東京で放送された新作深夜アニメがまさかの0本に。
  2. 「血界前線」の最終話が諸事情で10月に延期された。
2016年冬クール
  1. このすばが大ヒットしたものの、累平5000枚以上売れた冬アニメはなんとこれだけ。2009年夏を超える大不作クールとも言っていいほどだろう。
    • 話題となった作品は結局このすばと、前期から放送されている「おそ松さん」のみという事態に。
  2. 2016年の4クールがすべてこの項目に。2016年自体がテレビアニメにとってざんねんな年だったか。
    • このページの性質上探せばいくらでもざんねんな物が見つかるので必ずしもそうとは言えない。
2016年春クール
  1. まんがタイムきらら作品2つを含む4つの日常系アニメ(三者三葉、あんハピ、ふらいんぐうぃっち、くまみこ)があったが共倒れ。しかも人気あった作品に限ってやらかし連発。
    • この4作品で途中まで最も好評だったくまみこは最終回に盛大にやらかし。ネットが阿鼻叫喚で最終回放送直後のラジオはお通夜状態になってしまった。
    • この4作品で最も売り上げがよかったふらいんぐうぃっちはサッカー特番やラグビー中継の影響でほとんどの週で定時に放送できず。
      • 放送時間が4時台になることがざらで5月7日放送の第5話に至ってはなんと5時10分開始。「ほぼニチアサ」と言われた。
    • この4作品で売り上げは最も低かったが、くまみことは対象的に最終回をいい雰囲気で終えられ声優陣が他のアニメで多く活躍してる「あんハピ」が放送終了後は一番人気がある印象。
      • 2018年冬にBDBOXが発売されそのCMがゆるキャン内で流れたこと、ゆるキャンと主人公の声優が同じこともあって人気が再発した。
      • しかし2018年に原作が終了した。
    • 日常系アニメではないが、2016年春アニメで唯一1万枚以上の売り上げを達成した「Re:ゼロから始める異世界生活」も5月下旬に放送された全仏テニスの影響で放送休止に追い込まれた事があった(ただし、実際には放送時間の遅れで対応したためギリギリ回避)。
  2. 4月に起きた熊本地震の影響で放送休止になったり(特にノイタミナアニメとTBS系アニメ)、L字が出たアニメがいくつか存在する(上記のあんハピもL字の被害に遭った)。
2016年夏クール
  1. 映画「君の名は。」が大ヒットして男性オタクの人気を根こそぎ君の名は。が奪ってしまったため、このクールのテレビアニメはすべてが「君の名は。に負けたアニメ」とか「君の名は。が2016年夏の覇権アニメ」と言われる。
    • さらにこの時期のネットはシン・ゴジラ、ポケモンGo、リオデジャネイロオリンピックとアニメ以外ばかりが話題になってたとこに君の名は。にトドメを刺されるという、平成史上に残る深夜アニメがほとんど話題にならなかったクール。
    • 春クールから継続のリゼロですら「君の名は。」のヒットの影に埋もれがち(それでも最終的にはヒットしたけど)。
  2. このクールのテレビアニメの覇権はラブライブサンシャインだが、終始低調な挙げ句最終回で盛大にやらかして後味の悪い結末。
  3. 中には「一旦放送を打ち切って、しばらく経って1話からやり直し」という盛大なやらかしをしてしまったアニメがある。それもアクタスが制作している。
  4. 悲劇はそれだけに留まらず、このクールの間に病気療養で休業を余儀なくされた声優が2人も出てきてしまった
2016年秋クール
  1. 前期に引き続いて男性オタクの需要を映画「君の名は。」に持っていかれた結果、前期に引き続いて男オタ向けのテレビアニメがあまり話題にならず。
    • 君の名は。ブームが収まった12月の最終回近くで少しは話題になるようになった。
    • そのため、累平5000枚以上売れた男オタ向けのアニメはわずか2作品に留まった(それでも万越えはしていないが)。
  2. だがユーリ on iceを筆頭に女性オタク・腐女子向けアニメは大ヒット、この項目の「腐向けアニメが独占」がほぼ現実化する。
  3. このクールの「ステラのまほう」は1巻数字なし、累平631枚というきらら原作アニメでは最低レベルの売り上げを記録してしまう。
    • この時期は萌えアニメがいかに人気なかったかを象徴する結果と言える。
  4. 前期に引き続いてアクタス制作のアニメが万策尽きてしまい、ラスト2話の放送が翌年2月に延期となった。
  5. さらに前期に引き続いて声優が1人亡くなり、「ハイキュー!!3期」の途中で烏養繋心役のキャストが変わる。
  6. 2016年年間覇権アニメの「ユーリ!!! on ice」の劇場版は度重なる延期の末、2024年に制作中止が決定。
    • 2016年テレビアニメの希望の星は続編が制作されずに終わり、8年越しで2016年の黒歴史がまた1つ加わった。
2019年春クール
  1. 「鬼滅の刃」が社会現象レベルの大ヒットとなったものの、このクールの大ヒットと言える作品は「鬼滅の刃」のみで、それ以外は大不作とも言える。
    • 「鬼滅の刃」でさえアニメの放送前は単行本の発行部数が300万部しか売れておらず、アニメ化は大博打扱いでもあった。
    • 5,000枚を超えた作品が「鬼滅の刃」(26,652枚)、「KING OF PRISM」(9,456枚)、「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」(6,527枚)、「さらざんまい」(6,329枚)と4作のみ。
      • このクールでは「進撃の巨人」の新作も放送されたが、こちらは3,194枚と不調に終わった。
  2. そもそもこのクールは人気以前の問題で、新作テレビアニメの本数自体が大激減となり、本数面の意味では大不作を通り越して大凶作だった。
    • キー局系の固定枠以外は放送作品が足りず、U局・在阪準キー局・無料BSでは半数近くの枠を再放送作品で埋めざるを得なかった。
      • 深夜アニメを多く放送しているMXですら、3割の枠が再放送という事態に。
      • キー局の固定枠でも、TBSの「アニメリコ」枠は1枠が「けいおん!(1期)」の再放送に。
2019年秋クール
  1. 制作スケジュールの遅れにより、所謂「万策尽きた」アニメが続出した。
    • これが総集編1回ならまだしもそれプラス先週分の再放送を行ったアニメもあった。
    • 「アズールレーン」に至ってはラスト2話の放送が翌年3月に延期となった。(無論こちらも総集編を挟んでいる。)
  2. テレビ東京で放送された新作深夜アニメが0本に。これは2015年春クールに続いて二例目となる。
2020年春クール
  1. 例のあれで延期が相次いだ…。
2021年秋クール
  1. ロボットアニメが7本も放送されるが全部大コケ。
  2. テレ東が月~水18時枠を24時に移設。しかし火曜以外はローカルに降格し、系列局は実質的にアニメ枠が単純減。
    • その次クールに至っては火曜までローカル枠になった。後に月曜もネットワーク枠になることが増えたが、水曜は依然関東ローカルのまま。

配信サイト[編集 | ソースを編集]

comico
  1. 連載オリジナル作品のアニメ化でヒットしたのは「ReLIFE」だけ。
    • 2019年現在アニメ化は「ミイラの飼い方」が最後。
    • 作者の許可を得ずにアニメ化などをした作品があったらしい。
    • 長期休載中にアニメ化された作品もあった。
    • 今ではガンガンONLINEや裏サンデーに穴を開けられている。
  2. 作者とのトラブルは枚挙に暇がない。
  3. 当初は自由に読めていたが採算が取れなくなったのかチケット制や課金制で制限を課すようになった。
まんが王国
  1. 漫画村と混同されてしまう事が多い。
    • 勿論こっちの方は合法である。
マンガ図書館Z
  1. 旧作漫画の収益化を目的として立ち上げられたサイト。
  2. 改称が何度もあった。
    • Jコミ→絶版マンガ図書館→マンガ図書館Z。
  3. 海賊版問題対処への一環として2018年から2019年にかけてある出版社と提携し書籍データの提供を受け掲載と行っていたがそれに続く出版社は現れてない。
  4. 掲載作品の閲覧による広告収入を作者に還元するシステムなのだが海賊版問題の飛び火で広告収入額が激減してしまったとされる時期があった。

その他[編集 | ソースを編集]

大人をしかる腕章/IDカード
  1. ドラえもんのひみつ道具の1つ。その名の通り、大人には効力があるが、子供には何の効力もない。

関連項目[編集 | ソースを編集]