ばかせつ

提供:chakuwiki
  • バカがバカに考えたバカな仮説を集める。
    • 勝手な思い付き、車輪の再発明、巷に溢れてる説などもありです。
  • 間違い、ネタバレなど大量に含まれます。見たことによる損害、恥、その他不利益に関する責任は一切負いません。
  • チャクウィキは何ではないかで言及されている内容にあたるものは削除されることがあります。

分割項目[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

アレクサンドロス大王より唐太宗の方が凄い説[編集 | ソースを編集]

  1. 唐太宗の第二代皇帝。
    • でも実質、中国全土を平定したのはこの人。
  2. 30歳までに平定した範囲の面積・人口はアレクサンドロスと太宗でほぼ同等。
    • 唐太宗の方は、その後、突厥をも平定してる。
  3. 太宗の中華統一時の年齢は30歳、ベッソス処刑によるペルシア帝国滅亡時のアレクサンドロス大王の年齢は27歳。
    • 同じ年齢時の武功は20歳前後までは太宗の方が上、20代はアレクサンドロスの方が上。
  4. 群雄を平定した太宗と群雄割拠を招いたアレクサンドロス大王。
    • 太宗から高宗への継承がうまくいったかっていうとアレだけど、唐朝は太宗の死後250年続いた。
      • 太宗自身の即位も血生臭い。まあ、アレクサンドロスの父であるフィリッポス2世の死もだいぶ怪しいけど。
  5. 太宗は貞観の治という内政上の功績も大きい。
    • ほぼ戦争ばっかのアレクサンドロスとは全然違う。
  6. 若くして大帝国を築いたって意味では清の順治帝はもっと凄い。
    • ただ、あれは事実上ドルゴンがやったみたいなとこあるし。

フランスへの貢献度、ナポレオン<<<ナポレオン3世[編集 | ソースを編集]

  1. ナポレオンがやったことと言えば無茶な戦争と皇帝即位とルイジアナ売却とナポレオン法典制定あたり。
  2. 世界史的には凄く重要だが、フランスの役に立ってるのはナポレオン法典制定ぐらい。
    • ルイジアナ売却もアメリカとの関係改善、イギリスの北米における力を削ぐって意味ではフランスの役に立ってなくもないのかも。
      • ルイジアナ維持するのも面倒くさそうだし。
  3. 無茶な戦争のせいで人口バランスが崩れたのが一番の痛手。
    • タレーランがいなかったら領土も酷いことになってたのは間違いない。
  4. 一方、ナポレオン3世パリ改造・鉄道建設をはじめとするインフラ整備、産業改革による経済成長、植民地の獲得、メキシコ出兵・普仏戦争での敗北など事績がある。
    • 現代のフランスのイメージと礎を築いたのはナポレオン3世と言っても過言ではない。
      • 悪いイメージを作ったのもナポレオン3世って部分はある。
  5. ナポレオン3世も対外戦争で失敗してるけど、クリミア戦争は勝ってたし、伯父さんほど酷くはない。
    • まあでも、対ヨーロッパ外交ではフランスの役に立たないことばっかしてる気もする。

アヘン戦争の勝敗、国力だけで見れば普通[編集 | ソースを編集]

  1. アヘン戦争時の英国では単純に規模で言えば清の方がずっと大きいイメージですが、そうでもない説。
  2. 国土面積的にはカナダオーストラリアがある大英帝国の方が既に断然大きい。
  3. 人口もアヘン戦争時点でインドの大半を制圧してる英国と清ではさほど差はない。
    • これに産業革命後の英本国のパワーが加わるので経済力も同等か英国が上。
  4. 国力同等でも清のホームでやってアウェイの英国が勝ってるので、そういう意味では番狂わせ。
    • その辺で社会制度や技術力の差が出てる。
  5. 当時の中国人も、「英国って天竺の支配者だし、まあ負けてもおかしくないな。」とか思ってそう。
    • その点で、「あの清が負けたのか、これはあかん」ってなった日本と差が出たんだろう。
    • 技術力の差ははっきりしてたので洋務運動はやったけど、社会制度改革まで進まなかったのは、なまじ大国同士の戦争だったからそういう差が見えづらかったせいかもしれない。
      • 実際、自国より明らかに小国である日本に負けてから変法自強運動が始まってる。

地理[編集 | ソースを編集]

南極には「南極列島」がある説[編集 | ソースを編集]

  1. 西南極は氷床がなくなると島と海になる。
    • 氷床消滅後の隆起まで計算に入れてもそうなる。
    • 西南極が「南極列島」で、東南極が真の「南極大陸」。
  2. 主な島は40万平方kmほどの南極半島(グレアムランド・パーマーランド・エルスワースランド)、60万平方kmほどのマリーバードランド、現状も島と認識されているアレクサンダー島(4万平方km)。
    • 世界屈指の巨大列島。
  3. 山がちな地形で火山も多い。
    • 日本列島やスンダ列島のような弧状列島。
    • なぜか地震は少ない。
      • 単に観測機器が少ないせいでデータが取れてないだけって噂もある。
  4. 大まかな地形は、日本海周辺や北米西部に似てる。
    • たぶん日本にイザナギプレート、北米にファラロンプレート、南極にはフェニックスプレートとかつての巨大海洋プレートが沈み込んだのが原因。
    • 南極列島の火山列と山脈はどう見てもプレート境界の特徴。
      • たぶん、南極太平洋側は、南極プレートじゃなくて、別の「南極太平洋プレート」。

自然科学[編集 | ソースを編集]

草食恐竜人間食べちゃう説[編集 | ソースを編集]

  1. 実は、草食動物も小動物をときどき食べる。
  2. なので、草食恐竜も小動物はつまんでいたと思われる。
    • 数十tクラスの草食恐竜から見たら人間も小動物。
      • なので、人間も食べちゃうかもしれない。
        • 特に子供は手ごろなサイズ。
      • ブラキオサウルス、アルゼンチノサウルスあたりが危険。
  3. 草食だから安全だって調子に乗ってると死ぬ。
    • 超大型竜脚類の危険度はティラノサウルスあたりと大差ないかもしれない。
      • ティラノサウルスはもっと大型の動物がメインの餌なので、超大型竜脚類とティラノサウルスのどっちから見ても人間は間食みたいなもの。

アフリカ大陸の絶滅が軽微だったのは人類が在来種だから[編集 | ソースを編集]

  1. 他の大陸で多くの大型獣が絶滅したのに対してアフリカではゾウやカバが健在です。
    • これは人類がアフリカ大陸の在来種だからではないかという説。
  2. アフリカでは人類の進化に合わせて他の生物も対応できたのであまり絶滅しなかった。
  3. 逆に言うと南北アメリカやオーストラリアではヒトが外来種だったので大量絶滅がおきた。
  4. 人類発祥の地アフリカほどではないが、100万年以上の人類史があるアジアも絶滅はやや軽微。
    • アジアゾウやインドサイが生き残っている。
  5. アフリカでの文明発展が遅れたのもこのせいかも。
    • 動植物や病原体が人類に適応しているので、環境利用に制約が大きい。
    • 原人以来の歴史があるアジアは古くから発展してるので、これは関係ないかもしれない。

数学[編集 | ソースを編集]

頭髪何本あってもハゲ説[編集 | ソースを編集]

  1. 頭髪がほとんどない人はハゲと呼ばれるが、実際のところ何本あってもハゲであるという説。実は、以下の通り高校数学で証明できてしまう。
  2. 髪の毛の本数が1本しかない者はハゲである。またハゲの頭に毛髪を1本足してもハゲである。
  3. 同様に髪の毛の本数がk本の者はハゲであるとき、k+1本しかない者もハゲであることが成り立つ。(kは任意の自然数)
  4. よって、数学的帰納法に基づき、頭髪が何本あったとしても、その人はハゲであると言える。
    1. 上記の証明が正しいと仮定する。
    2. 当該人物の髪の本数をα、ハゲであるかないかの境界線となるべき髪の本数をβ(α,β∈N)と置く。
    3. このとき、変数αについてβ<αが成り立てば当該人物はハゲではない、としても一般性を失わない。
    4. αをゼロからβに限りなく近づけて行きその過程でα=β-1=kとなるとき、k+1=β<=αであるので当該人物はハゲではない。これは矛盾である。
    5. 従って、上記の仮説は誤りである。  ■
      • ところがこの証明にもツッコミがつく。βを境界線としてそれ以下をハゲ、β+1本以上あればハゲでないと定義しても、その1本の差って視覚的にも実質的にもどれほどの違いがあんねんというやつ。結局、この説の正誤に関する議論は一向に尽きない。
  5. ちなみに、上記仮説はエウブリデスによる「ハゲ頭のパラドックス」であり、「砂山のパラドックス」の前身とされる。

ソファ問題の答えは無限説[編集 | ソースを編集]

  • ソファ問題とは「L字型の通路を通り抜けられる、最大のソファの面積」を求める数学の未解決問題。
  1. ソファを縦にすれば無限に長いソファも通れる。
  2. 柔らかいソファでも果てしなく通り抜けられる。
  3. ちゃんと平面で変形なしじゃないとルール違反なんだろうけど。
    • あるいは天井が立てたり横にするには低すぎたりとか。
  4. 通路を広くしてもL字になっていれば大きく出来る。

小町算、もはや小町算と言ってはいけないんじゃないか説[編集 | ソースを編集]

  1. 数遊びの一つで小町算というのがある。1~9までの数字を順に並べ、数字の間に「+」、「-」、「×」、「÷」のいずれかを入れるか、何も入れずに隣り合う数字を一つの数としてみなして(例えば5,6,7の間に何も入れず567という数に見立てる)、数式を作り、=100になるようにするというものである。
  2. 小町算の名称の由来は、これが自分でトライアンドエラーを繰り返しながら正解を見出すほか解法がなく、解法探しに時間がかかってしまうことから、「花の色はうつりにけりないたづらに、我が身世にふるながめせしまに」という小野小町の詠歌を引用して、こんなものに時間をかけても無駄だぞという戒めがなされたからだとされている。
  3. しかし、現代においては解法は全部で101通りであることが確認されており、また、スーパーコンピューター等を使えば1/1兆秒くらいで全解法が出るんじゃないかと思う。
  4. もし3.の仮定が正しいとすれば、2.の前提は完全に崩れてしまうことから、小野小町の詠歌もクソも関係なくなってしまうため、小町算なんて呼称を使うのも不適切になってしまうのではないか。

音楽[編集 | ソースを編集]

スピッツ「チェリー」は『インディゴ地平線』のボーナストラック説[編集 | ソースを編集]

  1. シングルとしてヒットを飛ばし、アルバム『インディゴ地平線』のラストをも飾っている有名曲「チェリー」。
  2. しかし、『インディゴ』構想当初では、11曲目の「夕陽が笑う、君も笑う」が最後の曲で、チェリーはその後から編入されたんじゃね?という説がある。
    • 曲調が他の曲に比べかなり明るかったり、発表時期の違い(と言っても同じ1996年)、『インディゴ』特有の籠った音質をしていないあたりが主な理由。
    • いやまあ、「夕陽が笑う〜」の方がチェリーよりも大トリ感が出てるってのが一番大きいか。
  3. 「インディゴ地平線」「渚」「虹を越えて」「夕陽〜」など、空(や海)の風景を描く他の曲とイメージが合ってないという面もある。

童謡「アブラハムの子」、反アラブ主義説[編集 | ソースを編集]

このページのトークに、アブラハムの子に関連する動画があります。
  1. 一人はのっぽで あとはちび。
    • これはアブラハムと正妻サラの子であるイサクと、後妻ケトラの子6人のことと考えられる。
    • イサクと6人の子は歳が離れている。このため「一人はのっぽで あとはちび」なのである。
  2. ところで、アブラハムには8人の子がいる。
    • 残りの一人は追放された長男イシュマエルである。
      • イシュマエルはアラブ人の始祖、つまりアラブ人がハブられている。
  3. さてこの曲は体の各部を動かし、曲が進むにつれて動かす部位が加わる。
    • 最初は右手、旧約聖書で右手といえばヤコブの末子であるベニヤミン(ベニヤミンは「右手の子」という意味)であり、これは曲の1番が末子を指していることを意味する。
      • そうすると7番はイサク、それまで体の部位だったのに、ここでは「回って」となる。
        • この異質さはケトラの子6人が東方へ移されたのに対し、イサクはアブラハムの遺産を相続しカナンに居続けた対比と考えられる。
        • またイサクを回るというのは「岩のドーム」のことであろう。「岩のドーム」内部の聖なる岩はイサクが神に捧げられかけた台であり、この岩の周りを巡回できるように「岩のドーム」は造られているからである。
    • ところで、歌詞で表されているのは7人の子であるが、曲は「回って」の次、8番目まで続く。8番は当然長男イシュマエルなのだが、そこで追加される歌詞は「おしまい」。そうイシュマエルはおしまいだと主張しているのである。

身体・健康[編集 | ソースを編集]

適度な運動が爽快なの快便になるから[編集 | ソースを編集]

  1. 程良い振動と体温上昇で腸がハッピーに、連動して脳もハッピー。
  2. 過度な運動だと、胃腸が揺すられ体温が上がり過ぎて気持ち悪くなる。
  3. 腸が人間の本体って話もあるし、脳とかオマケです。

貧乳、実は超巨乳説[編集 | ソースを編集]

  1. 貧乳って実は超巨乳なんじゃないかという説。
  2. おっぱいの小さいことを貧乳、大きいことを巨乳という。
  3. しかしながら、貧乳の女性を横から見たときに見える胸の曲線と胸の内側で接する円を描いてみると、巨乳の女性のそれよりもはるかに大きな円になる。
  4. よって、貧乳のほうがその背後にあるものが大きいといえ、貧乳は巨乳以上の巨乳であると言えるのではないか。
  5. つまり子供もおっさんも超巨乳なのか。なんてことだ。
    • そういうこと。人類は超巨乳から普通の乳に変化していく動物なのである。

乳房に対応するもの、筋肉説[編集 | ソースを編集]

本論
  1. 「女の子同士って温泉でおっぱいの大きさの話で盛り上がるんだよね」「男の妄想乙。男はチンコの大きさでも比べ合うんか?」―フィクションで女性キャラ同士が乳房の大きさについて競い合うシーンを現実に持ち込むのを嗤う話である。
    • しかし、この話に違和感を持つ者も少なくないのではないだろうか。
      • この話では、「女性の乳房」に対置するものとして「男性の陰茎」を置いている。
      • だが、乳房は確かに性的な意味合いを持ちはするが、一応は性器やそれに類するものではないという扱いである。一方、陰茎は性器そのものである。
      • フィクションやポルノの話を抜きにしても、グラビアや水着コンテストなど「乳房を基準に女性の肉体美を比べる」という行為は日常に浸透したものである。だが一方で、「陰茎を基準に男性の肉体美を比べる」ことが大っぴらに行われているだろうか。
        • よって、乳房と陰茎は対置できるものではないと考えられる。つまり、件の話に対する違和感は正しい。
  2. では、この話はどうすれば丸く収まるのだろうか。この手掛かりとなるのが、近年知名度や注目が高まっている「ボディビル」である。鍛え上げた筋肉の美しさを競い合う品評会のようなものである。
    • このボディビル、女性部門もあるが、男性部門の方が圧倒的にウエイトが大きい。つまり、「筋肉を基準に男性の肉体美を比べる」行為である。「女の子たちがおっぱいの大きさで張り合う」ように「男たちが筋肉の美しさで張り合」っている。
  3. これなら、対比としてはおかしくないのではないか。つまり、女性の肉体美の象徴が乳房であるとすれば、男性の肉体美の象徴は筋肉なのである。グラビアアイドルのおっぱいランキングは、ボディビルダーの筋肉美ランキングなのだ。
    • 「ところで俺の筋肉を見てくれ。こいつをどう思う?」「すごく・・・大きいです・・・」
  4. 次からは「女の子同士って温泉でおっぱいの大きさの話で盛り上がるんだよね」「男の妄想乙。男は筋肉でも比べ合うんか?」という話にしよう。
補遺
  1. それはそうと、確かに修学旅行の男子風呂では、陰茎は格好のネタの餌食であり、陰茎の大きさを比べ合うのが品性下劣な男子の一番の楽しみである。(※執筆者個人の感想です)
    • 「女の子同士って温泉でおっぱいの大きさの話で盛り上がるんだよね」というフィクションでの描写やそれに関連する話はこれが発想の源泉になっているのではないだろうか。
    • あと、男性は闘争本能が女性より大きいので、何かにつけてどっちが優れているかを競い合いたがるものである。
      • なので「アホか、温泉で互いの裸見て盛り上がるわけないだろ」「うそやい、俺ら男は温泉で互いのチンコの大きさで張り合ってたぞ」という話が発生する。

ラジオ体操、普通に健康にいい説[編集 | ソースを編集]

  1. 昔からNHKで放送されているラジオ体操があるが、繰り返しやれば健康にいいのではないか?
  2. 実際、ラジオ体操についていくつか研究がされていたりする。
  3. いくつか派生の体操が生まれたが、ほとんどがローカル止まりか淘汰され、結局体操の代表格は昔も今もラジオ体操なのできっとラジオ体操は健康に良いのであろう。

尾崎さゆり、死ぬまで肌年齢20代説[編集 | ソースを編集]

  1. かつみ❤さゆりのさゆりこと、尾崎さゆりは死ぬまで肌年齢20代なんじゃないかという説。
    • 理論は以下のとおり。
      1. さゆりもヒトである以上、寿命を迎える。
      2. 奇跡の54歳などと呼ばれているが、実際、30年前と見た目的にあまり変わりないし、肌年齢も20代でキープしているらしい。
      3. 20代前半からの20年間でアレだけしか見た目が変わっていないのだから、次の30年もあまり変わらないだろう。
      4. よって彼女は肌年齢が20代のまんまで終えることになる可能性が高い。

交通[編集 | ソースを編集]

一般道の片側2車線道路、実は左側が追越車線説[編集 | ソースを編集]

  1. 交通法規上は、片側2車線の道路では左車線が走行車線、右側が追越車線とされている。
  2. しかしながら、実際のところ左車線には路上駐車している車がいたりして、まともに走れないため、低速であっても右車線を走行したがるドライバーが多い。
  3. さらに、右車線には右折のために減速・停車している車もいて、交通が集中する。
  4. 一方で、左車線は路上駐車・左折車をうまく避けられさえすれば、空いていて、右車線よりも流れていることが多い。
  5. こう考えると一般道の片側2車線道路は左が追越車線で右が走行車線ということになるのではないか。
    • なお、実際に、都市部であれば、京都の河原町通等、そういう感じになっている道路は結構多い。

新幹線の「4時間の壁」、飛行機+2時間位なら対抗できる説[編集 | ソースを編集]

  1. 新幹線の旅客需要を考える上でよく出てくる「4時間の壁」、実は飛行機+2時間くらいなら十分速達需要が生まれてくるのではないか?
  2. 飛行機の場合、羽田〜福岡や羽田〜新千歳でも1時間くらいなのだが、トランジットに20分、余裕を持った到着には20分かかり、さらに市街地から空港へのアクセス時間を考えると、飛行機+2時間なら新幹線を始めとする鉄道に勝算がある。
    • もっともこれより長い区間でも、飛行機では拾いにくい需要(例:大宮〜盛岡、乗り換えを要するが名古屋〜熊本など)もあるので、それなりの需要は生まれる。
  3. 例として東京〜博多は5時間半くらいかかるため飛行機需要が高いと言われているが、これは福岡空港が福岡市街に近接しているのも要因と思われる。
    • 空港が遠い金沢・広島・青森では新幹線が優勢、どっちも遠い函館では飛行機が優勢なので、新幹線駅が市街地に近接していれば勝算はあると思われる。
      • 山口は新幹線が小郡を中心に比較的停まるのに対し空港は宇部・岩国だが、これは宇部・小野田方面の工場への需要が高いからかもしれない。
  4. よって東京〜札幌も、新千歳が遠いのに対し新幹線が札幌駅まで来るのであれば、距離の割に善戦するのではないか?

日常その他[編集 | ソースを編集]

野獣先輩、実は発見されている説[編集 | ソースを編集]

  1. 野獣先輩の現在は未だ不明で、日夜様々な説が立証されている。
  2. しかし野獣先輩は既に存在が確認されているが、表向きには存在しないことにされている。
    • 今見つかった場合、大騒ぎになるのは目に見えているから...。
    • 仮にリークしようものなら、最悪自分にまで飛び火しかねない(BB素材を作られる等)し。

振り飛車、不利じゃない説[編集 | ソースを編集]

  1. AIの評価値が低い振り飛車ですが、別に不利じゃない説。
  2. 振り飛車で勝ててる人もいるというシンプルな事実。
  3. 何十手も先で効いてくる手はAIで評価されにくいのかもしれない。
  4. 玉を取ることより、玉を守ることをメインに構成すれば、振り飛車党AIも出来そうな気がする。
    • ただ、設定をミスると、千日手大好きなポンコツAIになりかねない。

キリスト教の神海水魚大好き説[編集 | ソースを編集]

  1. 神は地上を一掃するためノアの大洪水を起こした。
    • 海洋生物には基本関係ない。
  2. レビ記によると鰭と鱗のある魚は清いものに含まれる。
    • それ以外の水中生物は清くない。
    • この清い清くないというのは、つまり食べていいかどうかって話なんだけど。
  3. ヨナ書では大魚が神の使いとして現れる。
  4. キリスト教のシンボルは魚。
    • 十二使徒の1/3が漁師。

借民、実はバカじゃない説[編集 | ソースを編集]

  1. 「バカが、バカなテーマで、バカな情報を集める」というコンセプトのChakuwiki。
    • しかし、利用者は実は博識なのではないか?
  2. ご当地の噂もしwikiを見ていると、地理や歴史に相当通暁している人が多く参加している。
    • 一人一人の知識は小さくとも、集合知で相当なものになっている。
      • そして、一文一文は短くとも文字中心の文章を読むことができる。相対的、いや絶対的に見てバカとは凡そ言えないのでは?
  3. もっとも、「何かに熱中する人間」という意味での「○○馬鹿」には思いっきり当てはまると思われる。
  4. Chakuwiki全般へのネタ殺し感が否めない。
  5. あたいバカじゃないもん。

未来人、仮に来ていたとしても現代に対して影響を与えていない説[編集 | ソースを編集]

  1. 過去に行けるタイムマシンとタイムパラドックスは度々創作でも問題視されがちだが、仮に来ていたとしても現代には特段影響がないと考える。
  2. まず、タイムマシンが開発されるような、現代の何億倍もの技術が進んだ文化だとしても、過去に行けるタイムマシンの開発には相当な労力と経費(燃料費等)が必要なのではないか?
    • 仮にどこまで行けても片道切符だとすれば、技術的に遅れた世界では修理も難しいだろう。
  3. また、多くのフィクション作品でも言及されているように、未来人が過去に行って過去を変えることは原則禁じられているはず。この世界でも。
  4. また仮に未来人が過去に行って未来を変えた場合もパラドックスが発生するが、これに関しては今の未来で既に「織り込み済み」と考えてもよさそうだ。
    1. まず、今仮に「俺は30世紀から来た男だ、今後この国は○○になる」といったところで、今の人からすれば「は?」で済まされる、良くてオカルト紙で扱われるのが精いっぱいだろう。
      • 特に第二次世界大戦中の日本など、言論の自由がほとんどない所に飛んでも結局は×××されるのみだろう。
    2. また、今論争があるもの(邪馬台国の位置など)で「本当の○○は××にあった」といったところで、多数ある意見のうちの一つを強化しただけに過ぎず、未来を大きく変えることはできない。
    3. 時代の有力者を暗殺するにも、条件などが揃ってないとならないだろう。テレポーテーションが使えたとしても、なんだかんだで困難だ。
    4. また、未来人が未来の技術を持ち込んだところで、その時代の技術や環境が応用できなければ無理なのである。
      • 実在世界の人物でも、レオナルド・ダ・ヴィンチあたりは本当に未来人だったのかもしれない。未来から来て暗黒中世を大国に改竄しようとしたけど、結局絵描き売りになるのが精いっぱいだったのかもしれない。
    5. 2.のようにタイムリープに莫大な金額が掛かるのなら、多額の黄金やその時代で活躍できそうな武器などを輸送するのは(例え過去の改変が固く禁じられていなかったとしても)難しいだろう。
    6. そうしてくぐり抜けた末に未来を変えたと思っても、結局長い歴史のなかでそれが「正史」として修復されてしまう。
      • 「なんかすごい武器を持ってきた軍団が来たけど、終わってみたらすぐ終わっちゃった」みたいな感じで。
  5. 未来人が来たところで、その世の中からしてみれば市井の一般人でしかない。戸籍も恐らくないような状況で、説得力のある人物になろうとしたら、現代の市井の一般人が財を成すより困難だろう。
    • 21世紀序盤に来るとした場合、アフリカの後発国あたりなら戸籍も定着してないのでうまく紛れ込むことはできるかもしれない。少なくとも日本ではまず無理だろう。
      • まあアフリカの後発国に来て財を成すのもハードだから、まあ難しいだろう。
  6. 一介の技術者や大富豪がタイムリープしてくるならともかく、何らかの形で一般人が来た場合は未来を変えられる可能性は大幅に下がる。
    • まず、歴史の知識だってどれだけあるかもわからない。仮にあったところで、結局は4.になる。
      • 現代で例えると、「10年前の○月○日のロト6の当選番号」を暗記しているかといえば、恐らく99%の人は覚えてないだろう。G1レースの競馬の着順くらいは知ってる人もいそうだが、全員が知ってるわけでもないし、大きく稼げるわけでもないだろう。
    • 科学の技術だって、自分の得意分野ならともかく、その技術の基礎となる部分(プログラミングであれば機械語など)を知っている人はそうそういないし、未来から来てもその点では苦戦することだろう。
  7. というわけで、未来人が過去に戻っても社会の趨勢に大きな変化を及ぼすことはまあないだろうと思われる。もし仮にタイムマシンができたとしても、安心してほしい。
    • なお、これは概ね異世界転生にも言えることだ。変なことを考えず、おとなしくこの世の生活を満喫しておくべきだ。

馬名の「○○オー」はマンノウォー由来説[編集 | ソースを編集]

  1. 語尾にオーがつく競走馬は日本に多数いますが、その由来は米国史上最高の競走馬・マンノウォーではないかという説。
  2. 元祖「○○オー」はおそらく1948年のダービー馬であるミハルオー。
    • ひょっとしたらもっと前にもいるかもしれないが、大レースを制したのはこの馬が最初。
      • 「○○オー」が広まったのもミハルオーにあやかってのことと思われる。
    • 戦前でも名牝ロビンオーや最初期のサラブレッド種牡馬インタグリオーなんかがいる。
      • 今の「○○オー」に繋がってるかは微妙ではある。
      • 元祖はマンノウォーじゃなくてインタグリオーという可能性もある。
  3. ところで、ミハルオーの祖父はマンノウォーなのである。
    • ゆえにマンノウォーの「ォー」から語尾の「オー」をもらってきた可能性は十分ある。
      • これなら「オウ」じゃなくて「オー」なのも納得。
      • 占領統治下で「ウォー」をそのまま持ってくるのは憚られたというのもありそう。

未来人でも馬券で大金持ちになれない説[編集 | ソースを編集]

  1. 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に代表されるように未来人が競馬で儲けるストーリーは結構あります。
    • 結果が分かってるんだから当たり前のようにも思えますが、そうはいかないという説。
  2. 競馬はちょっとした変化で結果が変わるので、たぶん無理。
    • 枠順とか未来を繰り返す度にころころ変わりそう。
    • 自分の呼吸や動きが原因で一か月も経てば天候も変わって良馬場が重馬場になったり。
  3. それでも強い馬が分かってるんだからうまく賭ければ、年間で数倍くらいにはできそう。
    • 賭け方のセンスが問われる。
      • 躁状態の穴党とかだと結果知ってても素寒貧になりそう。
  4. ミラクルおじさん?あれは未来人じゃなくて競馬神の化身かなんかだよ。
  5. 未来ではそもそも働かなくても稼げる世の中だからわざわざ過去でギャンブルをして儲けるのは効率が悪いのかもしれない。

0kcalドーナツ、作ることは可能説[編集 | ソースを編集]

  1. 「ドーナツは穴の空いた丸形でアラビア数字の0と同じ形だから0kcalである」というジョークがあるが、実際にそんなドーナツを作ることは可能という説。理論としては下記の通り。
    1. 日本国内において食品を包装容器に入れて販売する場合、その食品のエネルギーについて食品表示基準(平成27年内閣府令第10号)に基づきエネルギー表示を行うことが義務付けられている。(例外あり)
    2. この食品表示基準の別表第九ではエネルギーについて、熱量を修正アトウォーター法で測定及び算出することと「±20%(ただし、当該食品100g当たりの熱量が25kcal未満の場合は±5kcal」は許容差の範囲とされ、5kcal未満は「0と表示することができる量」と明記されている。
    3. そこでドーナツの材料としてほうれん草等、熱量の低い材料を用いて100gあたりの熱量を5kcal未満のドーナツを作れば、食品表示基準上0kcalと表示することが可能なドーナツを作ることはできる。
    4. 法令に基づく国が定めた基準に基づいて0kcalと表示している以上、このドーナツの熱量は国が0kcalと認定しているも同然であり、よって0kcalドーナツは成立する。
  2. 1.で作成されたドーナツは、甘みも少なくそのまま食べると、あまり美味くはないとは思うが、例えばこのドーナツにまぶす粉やかけるソース的なものを別売りにすれば、0kcalドーナツであっても美味いものになる。
    • 別売りである以上、ドーナツ本体のカロリー表示に粉やソースの熱量分まで加えて計算したものを記載する必要はなく、食品表示基準上、ドーナツはやっぱり0kcalと表示できる。
  3. もっとも2.のような複雑な構成にして、誰が買ってくれるのかという根本的な疑問は残る。
  4. 加えてそもそもこの食品表示基準はあくまでも日本国政府の施政権が及ぶ範囲でしか通用しないものなので、例えばアメリカでも同じことができるかどうかはわからない。

「○○ファン」には○○をプレゼントするべきでない説[編集 | ソースを編集]

  1. 「プレゼントは相手の好きなものをあげる」というのがセオリーである。しかし、本当にそうでしょうか?
  2. 例としてゲーマーにゲームをプレゼントすることを考える。
    • 非ゲーマーからすれば「ゲーマーなんだからどんなゲームをプレゼントすれば喜んでもらえるだろう」と思いがちである。
      • しかし、ゲーマーからすれば、RPGなのか、アクションなのか、パズルなのか……1人用なのか、多人数で遊ぶか……RPGでも、喋らない主人公をアバターにオープンワールドを歩き回りたいのか、それとも個性あるキャラクターとストーリー目当てなのか……ゲームはゲームでも、好みは細分化されるものである。
        • しかも好きゆえにこだわりも強くなるため、それに沿わないゲームはもらってもあまり喜ばしいものではなかったりする。
  3. これはゲームに限らず、他にも「ワイン好きにワインを送ったが好みに合わなかったらしい」「お洒落好きに服を送ったが好みに合わなかったらしい」などの状況が発生しうる。
  4. このように何も知らない素人がその道のファンに対してそれに関連するものを送っても、ファンの方からすれば「いや素人に何分かるんだよ」という気分になるものである。
  5. なので、人にプレゼントを贈るときは「この人は○○ファンだから○○を送ろう」と下手に考えるよりも、とりあえず汎用性の高い無難そうなものを選ぶ方が失敗がないのである。
    • ただし例外として、例えばゲームの場合では「ポケモンスカーレットが欲しい」「スプラトゥーン3が欲しい」みたいにその人が商品までダイレクトに指定して欲しがっていたらそのものをプレゼントするべき。
  6. そもそも◯◯ファンである以上、一般人が思いつきそうな◯◯関連品は既に自身で調達されていて、完全に被ってしまったというのは、割とよくある。

ソーセージ、容器起源説[編集 | ソースを編集]

  1. ソーセージとは動物の肉をぐちゃぐちゃにしてその内臓に詰め込むというサイコパスめいた食品ですが、ちゃんと合理的な起源があるという説。
  2. 肉を手に入れようとすると動物を解体しなくてはいけない。
    • そうすると血や骨にこびりついた肉など端切れが生じる。
      • 何か集めて入れておく容器が欲しい。
        • ちょうどいい袋(肺、胃、腸)があるから使おう。
    • という具合に端切れ肉をその場にあった内臓に詰め込んで持ち運んだのが、ソーセージの起源ではないか。
  3. 内臓はそれ自体も食べられるので、詰め込んだまま煮たり焼いたりして食べるようになったと思われる。
    • そこから食品として進化をとげて現代のソーセージになったのであろう。

おもち○こ=おも鎮魂説[編集 | ソースを編集]

  1. 説明不要である和田アキ子の「おせち○こ」発言。それと同時に「おもち○こ」もネタにされているが本当は違う意味だったのではないかという説。
  2. 和田アキ子はおもちから「鎮魂」に繋げようとしたがついさっきの自分の発言を思い出して噛んでしまい、「おもちん…こ…w」と言ってしまったのではないだろうか。
    • それを卑猥な言葉とスタッフに解釈されてしまった。
  3. ちなみに同じくコーナーに出演していたアブは「晴れ着」からとっさに「ぎいせい」と適当なことを言って敗北しているが、「偽陰性」という単語は実在する。アブも晴れ着から偽陰性に繋げようとして「ぎいせい」になってしまったのだろう。

関連項目[編集 | ソースを編集]