もしあのアニメが大ヒットしていたら/お

提供:chakuwiki

もしあのアニメが大ヒットしていたら >

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/もしあの番組」をご覧ください。


おあ~おそ[編集 | ソースを編集]

王様ゲーム The Animation[編集 | ソースを編集]

  1. TOKYO MX以外の地上波でも放送されていた。
  2. PileのED曲は史実以上に売れていて再びトップ10以内に返り咲いていた。
  3. ケータイ小説作品が再ブームとなり往年の名作が次々とアニメ化されたかもしれない。
  4. 尾崎由香はけものフレンズ以外のアニメ出演が史実以上に増えていた。
  5. 堀江由衣のイメージが変わっていた。

おおかみかくし[編集 | ソースを編集]

  1. 2013年版「ローゼンメイデン」は大ヒットしていた。
    • 「クギ子ちゃん」など以降の未メディアミックス作品のアニメ化が実現していた。
  2. 「彼岸花の咲く夜に」のアニメ化がこの時点で実現していた。
    • 「Rewrite」のアニメ化は史実より早かった。
  3. MBSテレビでも放送されていた。
  4. TBS製作アニメは必ず後日関東独立局で再放送されるのが定番になっていた。
    • テレビ埼玉の「アニたま」も史実より長続きしていた。

オオカミさんと七人の仲間たち[編集 | ソースを編集]

  1. 原作者はオオカミさんシリーズ以降も長続きする作品を執筆していた。
  2. イソップ寓話などの童話、おとぎ話がブームになっていた。
    • 「アーサー王物語」もブームになっていた。
    • オオカミさんに登場していないの含めて童話キャラクターの萌えキャラ化がブームになっていた。
    • 「モモキュンソード」への期待も史実以上に高まっており、大ヒットしていた。
  3. 原作の最終巻刊行に合わせて第二期が製作されていた。
  4. 月刊コミック電撃大王のコミカライズ版はしっかり完結していた。
  5. こやまきみこは以降も深夜アニメで活躍していた。
  6. 涼子のボクシングによる鍛錬などの描写から、女子ボクシングへの注目が高まっていた。

OH!MYコンブ[編集 | ソースを編集]

  1. 丸一年以上放送されていた。
  2. リトルグルメ作りが史実以上に流行っていた。
  3. 原作ももう少し続いていた
  4. へろへろくん」もTBS系で放送。
  5. DVD化されていた。
  6. スタジオ古留美は以後もアニメーション製作を続けている。
    • 「へろへろくん」もスタジオ古留美製作に。

ALL OUT!![編集 | ソースを編集]

  1. ラグビー競技とコラボした可能性も。
  2. 再放送は2クール放送された。
  3. 「エースストライカーも4番バッターもいない」は流行語となった。
  4. acosでユニフォームが発売中止になることはなかった。
  5. 「神奈川高校」なのでtvkでも放送されていた。
    • 熊谷市や埼玉西武ライオンズとのコラボがあったこともありテレ玉でも放送されていた。
  6. 日テレ系での2019年4月からの土曜夕方放送アニメは「MIX」ではなく「トライナイツ」だったかも。

おくさまは女子高生[編集 | ソースを編集]

  1. 当初の計画通りテレビ朝日でやっていた。
  2. 大人と高校生との結婚に驚く人続出
  3. 麻美のフィギュアが製品化されて、売れていただろう。
    • おまけにUFOキャッチャーの景品にも。

おジャ魔女どれみ[編集 | ソースを編集]

映画 も~っと! おジャ魔女どれみ カエル石のひみつ[編集 | ソースを編集]

  1. 史実での最終作「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」も劇場版が製作されていた。
  2. 「おジャ魔女どれみ」シリーズは現在も続いていたかも。
  3. TV本編にて、史実ではOP映像のみの登場に終わった小川よしみの主役回があった。

オシャレ魔女 ラブandベリー しあわせのまほう[編集 | ソースを編集]

  1. 公開の半年後にテレビ版が放映された。
  2. リルぷりっ』、『ヒーローバンク』の期待も大きかった。
  3. きらりん☆レボリューション』は人気が下がっていた。
    • アニメ版は2年で終了した。

おしん(サンリオ映画版)[編集 | ソースを編集]

  1. この映画の大ヒットを受けて、朝ドラを元にしたアニメ映画が度々作られていた。
    • あまちゃん』は確実にアニメ化されていた。主演は同作の成田りな役で出演した水瀬いのりあたりだろう。
  2. 後に、NHKでテレビ放送されていた。

押忍!!空手部[編集 | ソースを編集]

  1. 神戸編終了以降のストーリーもOVA化された。
    • 東京編の開始~応援団戦辺りはゲーム版発売に合わせて製作・販売された。
  2. SFCゲームやパチスロ版にも本作のキャストが一通り続投し、いずれも大ヒットしていた。
    • 当初の予定通り、PS版ゲームも発売されていた。
  3. DVD化されていた。
    • 実写映画版も同様にDVD化される。
  4. 「めだかボックス」作中にて「自動操縦(オートパイロット)」の説明の際、本作の邪極拳が引き合いに出されていた。

OZMAFIA!![編集 | ソースを編集]

  1. 梯篤司は大ブレイクしていて以降も主役級キャラを演じていた。
    • 野月まさみ、藤井京子、峰岸佳、千葉泉、山口和也、本田裕之といった出演声優も大ブレイクしていた。
  2. 主題歌に使われたアーティストも日本で大ブレイクしていた。
  3. ホビアニメーションは成功していて本作で途切れることはなかった。

おそ松さん(第2期)[編集 | ソースを編集]

  • 1期の勢いを保ち続けていたら?
  1. 1期を放送した局全てで早期に放送されていた。
    • 「深夜!天才バカボン」もネット局はおそ松さん並になっていて史実以上にヒットしていた。
  2. 「えいがのおそ松さん」の主題歌もA応Pや本作キャラが続投していた。
  3. A応Pは次シングル以降もおそ松さん主題歌並に売れていて人気グループの地位を保ち続けていた。

おた~およ[編集 | ソースを編集]

おちゃめ神物語コロコロポロン[編集 | ソースを編集]

  1. 三浦雅子は大ブレイクしていた。
    • ちびまる子ちゃんの笹山さんも別の人に。
  2. 国際映画社が倒産せずに済んでいたかも。
  3. 後になってリメイク化されていた。
  4. 吾妻ひでお氏が失踪することもなかった。

おとぎ銃士 赤ずきん[編集 | ソースを編集]

  1. コナミはこれ以降も積極的にアニメに携わっている。
  2. 今でもテレ東の土日朝は深夜向けテイストの強いアニメが放送されている。
    • 武装神姫もこの枠だったかもしれない。
  3. 「じゅ〜しぃ〜」や「ずっきゅ〜ん!」が大きく流行っていた。
  4. プリキュアシリーズのファンの何割かはこの作品のファンに鞍替えしていた。
    • 場合によってはプリキュアシリーズの人気をこちらが奪っていたかも。
  5. 少なくとも1年間放送されていた。
  6. ゆかりんが大きいお友達のアイドルから女児のアイドルに。

男はつらいよ(アニメ版)[編集 | ソースを編集]

1998年8月7日に、映画シリーズ第11作の『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』をベースにした『アニメ 男はつらいよ〜寅次郎忘れな草〜』が、TBSで放送されました。

  1. ほかの「男はつらいよ」シリーズもアニメ化されていた。
  2. 寅さん役は、山寺宏一が全作品務めた。
  3. シリーズ化された場合、TBS→日テレ→テレ朝→フジ→テレ東→NHK…というように、各局持ち回りで放送されていたかも。

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!![編集 | ソースを編集]

  1. 俺妹と間違われる人が続出するようになっていた。
  2. 荒浪和沙の知名度は史実より向上しており、場合によっては大ブレイクしていた可能性もあった。
  3. 東日本大震災による第10話の放送休止(tvkを除く)が史実以上に大きく扱われていた。
    • 放送したtvkに批判が殺到していた。
  4. ニコニコでED映像のMADがさらに作られていた。

鬼平[編集 | ソースを編集]

  1. 鬼平犯科帳がテレビ東京で再ドラマ化されたかもしれない。
  2. 時代劇専門チャンネルでの新作アニメ放送がメジャーになっていた。
  3. 後番組も新作アニメだった。
    • 以降関東ローカルは是正され再びどのアニメも系列局でネットされるようになっていた。

お姉ちゃんが来た[編集 | ソースを編集]

  1. C2Cは「はるかなレシーブ」まで単独元請から遠ざかることはなかったかもしれない。
  2. 「機動戦艦ナデシコ」がリバイバルヒットしていた。
  3. 愛美は以降深夜アニメでも史実以上に活躍していた。
  4. 主題歌のシングルリリースが実現したかも。
    • 水月陵はR-18ゲーム以外でも有名になっていた。

おねがいマイメロディ[編集 | ソースを編集]

おねがいマイメロディ~くるくるシャッフル!~[編集 | ソースを編集]

  1. 続編「おねがいマイメロディ すっきり♪」が「アニメロビー」内アニメの形で15分に短縮されて放送されることはなく、引き続き30分枠のアニメとなっていた。
    • 「ロビーとケロビー」も30分枠のアニメとなっており、史実とは別枠で放送されていた。

おねがい♪マイメロディ きららっ★[編集 | ソースを編集]

  1. 「おねがいマイメロディ」シリーズの放送は現在も続いている。
    • マリーランドとほぼシリーズ毎に異なる人間界の街をマイメロたちが行き来しつつアイテムを集めるストーリーが中心になっていた。
    • 「ジュエルペット」シリーズや「リルリルフェアリル~妖精のドア~」は別枠で放送されていた。
  2. ルロロマニックはアニメ終了後も積極的にグッズ展開が行われていた。
    • もちろんピューロランド用の着ぐるみも作られた。

お前はまだグンマを知らない[編集 | ソースを編集]

  1. 笠間淳は主役級常連声優へとステップアップしていた。
    • 雨澤祐貴は事務所を退所することはなかったかもしれない。
  2. 地上波放送局は新潟県、千葉県などにも拡大しただろう。
  3. 「翔んで埼玉」のように2019年の県知事選の啓発活動に起用される可能性が出ていた。
  4. 原作も放送翌年に終了することはなかったかもしれない。

おまもりひまり[編集 | ソースを編集]

一部設定のスルーがなかったらと仮定して。

  1. アニメオリジナル展開で酒呑童子&タマとの決着がつくことなく第二期以降が製作されていた。
  2. 作者が原画を担当していたアダルトゲームもアニメ化やコンシューマー移植の可能性が出ていた。
  3. 小菅真美は以降テレビアニメ年間出演本数が1〜2本と低迷することなく本数を増やしていた。
    • 結婚や妊娠、出産は史実より遅かった。
  4. 「あやかしサウンドシステム」は流行語となり以降定番の制作手段となっていた。
  5. OPと挿入歌を担当したユニットは以降も活発に活動していた。
  6. 小説版や番外編の内容がOVA化されていた。
  7. 本作の監督を務めたウシロシンジが「妖怪ウォッチ」でも監督をしていることが史実以上にネタにされていた。
    • 「トミカ絆合体 アースグランナー」や「マジカパーティ」の監督は誰がやっていたのだろう。
  8. 原作ももう少し続いていた
    • 原作最終回は史実以上に物議をかもしていた。

おもいっきり科学アドベンチャー そーなんだ![編集 | ソースを編集]

  1. ネット局はテレ東全系列局や系列外局に拡大していた。
  2. OLM TEAM IWASAは「スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-」までテレ東アニメの元請から遠ざかることはなかった。
  3. デアゴスティーニ・ジャパンは史実以上にテレビアニメと関わっていた。
  4. 主題歌を歌ってたアイドルグループは大ブレイクしていて放送終了同年に解散することはなかった。

思い出のマーニー[編集 | ソースを編集]

  1. スタジオジブリの世代交代は成功とみなされた。
    • 米林宏昌の退社→スタジオポノック設立はなく、史実のポノック制作作品はジブリ制作になっていた。
  2. 本作の舞台のモデルとなった釧路市、根室市、厚岸町は本作でも町おこしを行っていた。
  3. 主題歌を担当したプリシラ・アーンが大ブレイクしていた。
  4. BDのCMに高橋大輔を出演させることはなかった。
  5. 主演の高月彩良は本作でブレイクを果たした。
    • W主演だった有村架純に関してはそれでも史実通りだった。

おら~おん[編集 | ソースを編集]

おるちゅばんエビちゅ[編集 | ソースを編集]

  1. 三石琴乃や庵野秀明は逆にイメージが悪化していたかも。
  2. 後に下ネタ色を排した全年齢版が製作された。
    • CS本放送時点でピー音連発だったためそのままテレビ放送にのせるのは不可能なので。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件[編集 | ソースを編集]

  1. 一迅社文庫はメジャーなレーベルとなっていた。
    • 一迅社が講談社の完全子会社になったか不透明。
  2. 芹澤優、立花理香は声優として大ブレイクしていた。
  3. ダンディ坂野は以降アニメ関連の仕事も多くこなすようになっていた。
  4. OPを歌ったアイドルカレッジも大ブレイクしていた。
    • 原由実も歌手として大ブレイクしていた。
  5. 作者が七月隆文であることがもっと広まっていた。
    • 一般文芸に進出しなかったかも。
  6. スターキャットチャンネル(ケーブルテレビ局)が深夜アニメを放送する機会が増えていたかも(東海地方の場合、このアニメは民放ではなくこの局が放送していたため)。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない[編集 | ソースを編集]

  • 主題歌は売れたものの名実ともに覇権だったら。
  1. 作画崩壊に対する非難は激烈なレベルとなっていてレガリアのように延期が長期になったかもしれない。
  2. 永恵由彩は本作品でブレイクして人気声優の仲間入りを果たしていた。
  3. シスプリがリバイバルヒットし一挙放送などが実現していた。
    • 翌年の20周年の盛り上がりに貢献したと評価されていた。

俺たちに翼はない[編集 | ソースを編集]

  1. 以降のNavel系列作品のアニメ化が続いていた。
    • 並びに西又葵も以降アニメでも第一線の活躍が続いていた。
    • 王雀孫がシナリオを担当した「姉小路直子と銀色の死神」もアニメ化されていた。
    • 「僕は友達が少ない」とのコラボがあったこともありTBSでアニメ化される可能性が出ていた。
  2. ウシロシンジが妖怪ウォッチの監督を担当していたか不透明になっていた。
  3. NOMADの制作元請本数が回復していた。
  4. 三浦祥朗、又吉愛はこの時点で主役級常連となっていた。

俺、ツインテールになります。[編集 | ソースを編集]

  1. ツインテブームが起こっていた。
    • このアニメをきっかけにツインテールになる男性が急増していたかも。
  2. 相坂優歌はこの作品で大ブレイクを果たしていた。
  3. 初音ミクとの大々的なコラボが行われる可能性があった。
    • 戦場のツインテールとは真っ先にコラボしていたとみられる。
  4. DeNAの野川拓斗選手への応援で盛り上がっていた。
  5. 「城下町のダンデライオン」はサンテレビではなくMBSの放送になったかもしれない。
    • 少なくとも「最弱無敗の神装機竜」も引き続きプロダクションアイムズが制作していたかも。

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している[編集 | ソースを編集]

  • アフィリア・サーガのOP曲はヒットしたがアニメ自体も史実以上にヒットしてたら?
  1. 少なくとも「いなり、こんこん、恋いろは。」、「邪神ちゃんドロップキック」も史実以上にヒットしていた。
    • 「邪神ちゃんドロップキック」もディオメディアが手掛けていたかもしれない。
  2. 味里は以降もメイン級出演があった。
    • 辻あゆみは再ブレイクしていた。
      • 2017年に結婚したか不透明になったかも。
  3. 水戸市での萌えおこしは難しかったかもしれない。
  4. お断り5とかが流行語になったかもしれないが世間への悪影響が懸念されるようになっていた。
  5. レーベルが違うとはいえ「多数決ドラマ」の題材に採用された可能性が出ていた。

orange[編集 | ソースを編集]

  1. 舞台の松本市が脚光を浴びた。
    • テレビ信州は以降も深夜アニメを積極的に放送していた。
  2. 実写映画の成功がアニメの成功にもつながるとされた。
  3. 衣川里佳は大ブレイクして人気声優の仲間入りを果たしていて以降もテレビアニメで活躍していた。

音楽少女[編集 | ソースを編集]

  • テレビアニメ版について。
  1. 高橋花林、岡咲美保は本作品でブレイクし人気声優の仲間入りを果たした。
    • 声優繋がりでVOCALOIDの蒼姫ラピスと大々的にコラボしていた。
    • 深川芹亜は以降もテレビアニメに多く出ていた。
  2. 少なくとも関西のテレビ局でも放送されていた。
  3. PINE RECORDSは軌道に乗っていて所属するVTuberが続出していた。
  4. ラブライブやバンドリなども触発されてキャラのVTuber進出があったかもしれない。
  5. キャラ原案協力とは言えQP:flapperのジンクスが破られたと評価されていた。
  6. アニメミライ版から改変したことが評価されていた。

温泉幼精ハコネちゃん[編集 | ソースを編集]

  1. 小野早稀は大ブレイクしていてメイン担当が多い割に出演作が少ない状態を脱することができていた。
  2. テレ玉、tvkで深夜含む新作アニメ枠数が回復していた。
    • チバテレでも放送されていた。
    • TOKYO MXの権威が下がっていた。
    • 「南鎌倉高校女子自転車部」は関東では最初から首都圏トライアングルで放送されていた。
  3. 箱根町はエヴァンゲリオンコラボを終了し代わりに本作品と大々的かつ半永久的にコラボしていた。
    • アニメファンの箱根駅伝出場者の間でも大きく話題になっていた。
      • 応援横断幕にも登場していた。
  4. 2016年以降も原作の連載は続いていた。
    • 箱根駅伝が縁となり第2期が実現し日本テレビで放送されていた。
  5. 何れにせよ大ヒットとなってしまったらタイトルは「温泉妖精ハコネちゃん」に改題させられていたかもしれない。
  6. COMICメテオは本作品をきっかけにcomico並にメジャーなウェブ漫画配信サイトとなっていてアニメ化が史実以上に相次いでいた。
    • 「恋愛暴君」は最初からテレビ東京以外の系列局でも放送があった。
  7. 水戸ホーリーホックのような「アニ×サカ」として湘南ベルマーレとコラボしていたかもしれない。
  8. 温泉ものとは言ってもR-18と見なされても仕方がないグッズを発売する必要は無かった。
もしあのアニメが大ヒット
していなかったら い~え く・け す~そ
ち~て な~の ふ~ほ み~も や~よ ら~わ
特撮円谷プロ/東映/ライダー/戦隊1990年代以前2000年代
していたら
ち・つ な~の
へ・ほ み~も や~よ ら・り る~ろ
特撮東映円谷プロ)/ライダー/戦隊/メタルヒーロー