もしあのアニメが大ヒットしていなかったら/く・け

提供:chakuwiki
連絡事項あり
このページのご投稿「マンネリ化した投稿内容」などに関して、管理者よりご連絡させていただきたいことがあります。
投稿者の方はトーク:もしあのアニメが大ヒットしていなかったらをご参照ください。

もしあのアニメが大ヒットしていなかったら > く・け

保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/もしあの番組」をご覧ください。

独立項目[編集 | ソースを編集]

[編集 | ソースを編集]

gdgd妖精s[編集 | ソースを編集]

  1. 妖精ものなら妖精と少女が暮らす話が鉄板とされた。
  2. 石ダテコー太郎の知名度は上がらなかった。
  3. 当然映画化もないため、『こんな私たちがなりゆきでヒロインになった結果www』はどういった形式で上映されていたのだろうか。

クッキンアイドル アイ!マイ!まいん![編集 | ソースを編集]

  1. 福原遥は終了後学業専念で子役活動を止めていた。
    • ピチモにもならなかった。
      • 「すイエんサー」の出演もなかった。
    • 「なめこのうた」は別の人が歌ってた。
    • 研音に移籍することはなかった。
    • 平野綾や飯田里穂のようにアニメ声優に転向していた。
    • 橋本環奈に似ていると話題になることもなかった。
    • 別のアニメで声優を務めることもなかった。
  2. 1年で終了していた。
    • 福原遥が放送中民放含む他番組にゲスト出演しなかった。
  3. アニメイトでイベントを開催しなかった。
  4. 「すすめ!キッチン戦隊クックルン」も無かった。
  5. 『ひとりでできるもん!』から続くEテレの子供向け料理番組の歴史はここで途絶えていた。
  6. 大きなお友達が大量発生し、ネット上で盛り上がることもなかった。

クプ~!!まめゴマ![編集 | ソースを編集]

  1. 原作絵本との設定の違いにより、原作ファンが離れてコケたとみなされた。
  2. 当初放送していた独立局4局以外での放送はなかった。
    • さくらんぼテレビでの放送はなかった。
  3. ファンシーキャラクターのテレビアニメ制作に歯止めがかかっていた。
  4. 藤村歩、水沢史絵はブレイクしなかった。

クラシカロイド[編集 | ソースを編集]

もし史実以上にコケていたらとします。

  1. 第2シリーズはバンダイナムコピクチャーズの反対によりお蔵入りになっていた。
  2. 小松未可子は「テイルズ オブ ゼスティリア」の一件もあり実質的に二度とバンダイナムコ作品に関われなくなっていた。
  3. 『境界のRINNE』との交互の放送は無理とされた。
  4. 同じ浜松市を舞台にした『ガヴリールドロップアウト』も失敗に終わっていたら、浜松市の町興しはタブーとなっていた。

CLANNAD[編集 | ソースを編集]

  1. 人生云々の名言は生まれていなかった。
    • 「○○は××」というネタが流行ることはなかった。
      • 放課後ティータイムのシングル「ごはんはおかず」も別の曲名になっていた・・・か?
      • 「Fateは文学」「AIRは芸術」といったシリーズが増えることもなかった。
  2. 当然「AFTER STORY」も作られないため、他の作品がこの枠で放送されることになる。
  3. 京アニは「けいおん!」が大ヒットするまでは冬の時代に入っていた。
    • というより「AFTER STORY」が作られなかった場合、アニメ化されたかどうかが怪しくなっていた。
    • 「けいおん!」のヒットに関わらず京アニ神格化が数年早く終わっていた可能性も。
  4. 京アニが制作のTBSアニメは本作限りになっていた。
    • その場合、「けいおん!」や「甘城ブリリアントパーク」は独立UHF局での放送になっていた。

ぐらP&ろで夫[編集 | ソースを編集]

  1. GRANRODEOはそこまで有名になれない。
  2. 「僕だけの歌」はそれほど注目されなかった。
  3. 新海岳人監督の次回作である『あはれ!名作くん』にも影響が出ていた。

GRANBLUE FANTASY The Animation[編集 | ソースを編集]

  1. Cygamesはテレビアニメに消極的になっていた。
    • 「ウマ娘 プリティーダービー」のテレビアニメ化は断念していた。
  2. 「1クール延期しなければヒットしたのに…」と思っている人がいた。
  3. A-1 Picturesは過労自殺問題もあって、フェードアウトしかかるほどのピンチに陥っていた。
  4. 小野友樹のおはスタMC卒業は史実より小さく扱われていた。
  5. 下手したらグラブルそのものにも影響が少なからず出ていただろう。
  6. キー局で放送しなかったからコケたと言われていた。

SSSS.GRIDMAN[編集 | ソースを編集]

  1. 大ヒット作とは言えない特撮作品のリメイクだからコケたなど言わんこっちゃないと笑われていた。
    • もしくは美少女系アニメにしたのが仇になったと言われていた。
  2. ウマ娘に続いて同人規制で騒がれることはなかった。
    • ヒットしなかった原因に同人禁止をあげるひとがいた。
  3. OxTが名実ともに大ブレイクすることはなかった。
  4. 『ザ☆ウルトラマン』や『ウルトラマンUSA』の二の舞になっていたため、円谷ヒーローのアニメ化は失敗するジンクスが強まっていた。
    • それでも『ULTRAMAN』には影響はない。SSSS.GRIDMANもNetflix独占配信にすればよかったという声もあったかもしれないが。
  5. ファンによって新条アカネが次クールの「私に天使が舞い降りた!」の星野みやこと絡められることはほとんどなかった。
  6. 特撮版の再放送はなかったか。

黒子のバスケ[編集 | ソースを編集]

  1. 第2期は作成されずプロダクションI.G.はスポーツ漫画原作作品を製作することはなかった。
    • 『ダイヤのA』はマッドハウス単独製作になっていた。
  2. 一連の脅迫騒動は起こらなかっただろう。
    • 代わりに、別のアニメがとばっちりを受けた可能性がある。
  3. GRANRODEOがアニメ主題歌を担当したアニメがヒットしないジンクスが破れなかった。
    • 黒バス失敗以降のGRは14年1・2月の埼玉大阪アリーナライブが行われないなど史実よりも活動が活発ではなかったかも。
    • 最悪、活動停止に追い込まれていたかも。
  4. 「SLUM DUNK」や「テニスの王子様」といい意味で比較されることは無かった。
  5. TOKYO MXで週刊少年ジャンプ連載人気作品のアニメを放送するのはタブーになっていた。
    • 「ジョジョの奇妙な冒険」もMXで放送されなかった。
      • TBSでの放送が了承されるまでアニメ化は保留されていた。
      • MXは他独立局のようにラノベ、エロゲー含むゲーム原作かつお色気系アニメしか放送できないなど地位が向上しなかった。
        • 同時期に放送された『めだかボックス』の大失敗もあって、TBS以外の深夜枠でジャンプ作品のアニメを放送することは鬼門となった。
        • こうなっていた
    • 「鬼滅の刃」はフジテレビあたりになっていた。
  6. 高校バスケファン以外に「ウィンターカップ」という大会が知られることはなかった。
  7. BS11がアニメの製作委員会への参加を渋っていた。
  8. テレビ愛知などでの追加放送はなかった。
  9. 小野賢章はハリー・ポッターの吹き替えのイメージのままだった。
    • 花澤香菜と結婚することもなかった。

[編集 | ソースを編集]

傾福さん[編集 | ソースを編集]

  1. ウェブでフル公開しているにも関わらず円盤が馬鹿売れすることはなかった。
    • 円盤発売は無謀と言われていた。
  2. TOKYO MXで放送されることはなかった。
  3. 「ケムリクサ」のテレビアニメ化は見送られていた。

激闘!クラッシュギアTURBO[編集 | ソースを編集]

  1. 玩具のクラッシュギアは全く売れずに発売終了していた。
    • ベイブレードの人気が強いと判断されていた。
  2. 続編『クラッシュギアNitro』は無かった。
    • 劇場版も無かった。
  3. 主題歌を担当していたJAM Projectにも少なからず影響が出ていた。
  4. コミックボンボンの休刊が史実よりも早まっていた。
  5. 2010年にクラッシュギアとよく似たコンセプトを持つ玩具「SDガンダム三国伝 騎馬ブレイカー」は発売されなかったかもしれない。

ゲゲゲの鬼太郎[編集 | ソースを編集]

第1期[編集 | ソースを編集]

  1. その後のリメイク版はなかった。
  2. 妖怪を題材としたアニメ作品は史実より少なかった。
    • 代わりに悪魔くんが大ヒットした場合は悪魔を題材にしたアニメ作品が史実よりも多くなったと思う。
  3. 『ゲゲゲの女房』もなかっただろう。
    • NHKの連続テレビ小説は2010年度下期~2011年度辺りで終了していたかも。
      • 現実で『ゲゲゲ…』以降の連続テレビ小説をきっかけにブレイクした俳優の運命も変わっていた。
      • 申し訳ないが1本程度の有無で朝ドラが終わることはまずない。
        • 『ゲゲゲの女房』の前の一時期は人気が低迷していた。『ゲゲゲの女房』の時期に別の作品が放送されて、それが当たらなかったら、一時「紅白歌合戦」終了が噂されたのと同様に「朝ドラも終わるか?」と噂になった可能性はあるのでは。
  4. 原案の『墓場鬼太郎』が知る人ぞ知る漫画として特殊な人気を博す。
  5. 境港市の全国的な知名度は現実より大幅に低い。
    • JR境線も単なる地方の地味な一ローカル線でしかない。
    • もしかしたら、「日本国内の港で、唯一ロシアとの定期国際航路が出ている港」という方で有名になったかもしれない。
  6. 2015年7月26日放送の『FNS27時間テレビ2015』内で放送された「FNSドリームカバー歌謡祭」で、持田香織が主題歌「ゲゲゲの鬼太郎」を歌うことはなかった。
  7. 映画 『妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』で鬼太郎たちが登場することはなかった。
    • というか、妖怪ウォッチも存在したかどうか怪しい。
  8. 東映動画(現:東映アニメーション)制作アニメ作品をNETテレビ(現:テレビ朝日)以外の系列局で放送すると大コケするジンクスができていた。
    • フジテレビ系列で放送された東映アニメも本作限りとなっていた。

第3期[編集 | ソースを編集]

  1. 天童ユメコは失敗キャラとみなされ、以後のシリーズで人間サイドのレギュラーを出すことはなかった。
  2. 本作の後番組であるおそ松くん(第2作)の放送が早まっていた。

第5期[編集 | ソースを編集]

史実では3年以上の放送を予定にしていましたが、玩具の売り上げが悪いため2年間しか続けることができませんでした。もし仮にも視聴率も悪かったら

  1. アニメシリーズは5期で最後になっていた。
    • その為墓場鬼太郎はアニメ化されてない。
      • 劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂も。
        • 6期もなかった。
          • 『妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』に登場することもなかった。
  2. 鬼太郎のアニメは終了と言う報道が新聞に載る。
  3. 終了を惜しむファンが史実よりたくさん出る。
  4. ドラゴンボール改の放送は早まっていた。
    • サイヤ人編、フリーザ編、人造人間編、魔人ブウ編の3年間放送されていた。
  5. ゲゲゲの鬼太郎は完全に過去のアニメ扱いにされていた。

第6期[編集 | ソースを編集]

  1. 当初の予定通り、一年で終了していた。
    • 「デジモンアドベンチャー:」の放送が早まっていた。
  2. 第57回ギャラクシー賞で受賞することは無かった。
  3. 人間側レギュラーは時代遅れとみなされていた。
  4. ゲゲゲの鬼太郎は過去のアニメ扱いにされていた。
  5. 本作の指鉄砲に関しては史実以上に霊丸の二番煎じ扱いされていた。
  6. 最悪、5期の二の舞になっていた。
  7. 「フューチャーカード バディファイト」とコラボすることは無かった。
  8. 庄司宇芽香、藤井ゆきよはブレイクしなかった。

血界戦線[編集 | ソースを編集]

  1. 最終回は円盤のみでの収録になっていた。
  2. 「シュガーソングとビターステップ」はヒットソングにならなかった。
  3. 内田雄馬のブレイクは遅れていただろう。
    • 下手したら「姉(内田真礼)は人気があるのに弟は」と言われていた。

月刊少女野崎くん[編集 | ソースを編集]

  1. 佐倉千代が付けているリボンの柄がパラスに似ていると話題になる事はなかった。
    • 小澤亜李の「パラスじゃねーし!」発言もなかった。
  2. 「多田くんは恋をしない」は制作されなかった。

月曜日のたわわ[編集 | ソースを編集]

  1. 原田彩楓がデレマス以外で有名になることはなかった。
    • 本作やデレマス以外のメイン出演は「うらら迷路帖」に留まったかもしれない。
  2. 「Just Because!」は無かった。
    • 比村奇石はキャラ原案を降板していたかもしれない。
      • 劇場版SAO公開時にコラボ漫画を担当することもなかった。
    • Lynnや内匠靖明ら本作出演声優が出ていたか不透明になっていた。
    • メガミマガジンが表紙に抜擢するなど史実ほどプッシュすることはなかった。
  3. 「それが声優!」が思ったほどヒットしなかったこともあり商業を経ない同人誌のアニメ化は困難となっていた。
    • 「嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい」シリーズのアニメ化も無かったかもしれない。
  4. テレビ放送が無かったから話題にならなかったと言われていた。
    • この時代でもWebアニメはスマホゲー原作や既存のテレビアニメ関連作品ではないと成り立たないとされていた。
    • ニコニコ動画でコメント不可したからコケたと言われていた。
  5. YouTubeで突然削除されることなくそのままYouTube配信のままだったら史実ほど話題にならなかったかも。
    • ニコニコ動画の衰退は史実以上に早まっていた。
  6. 「たわわチャレンジ」が流行することはなくフジテレビの番組で取り上げられることはなかった。
  7. 突然の配信が滑っていてやっぱり事前の告知や宣伝が必要だったと言われていた。

ゲッターロボ[編集 | ソースを編集]

  1. 当然、続編『G』は作られない。
    • アニメ、漫画問わず、『號』以降のリメイク作品が作られることもなかった。
  2. ロボットアニメにおける変形、合体パターンの定着が史実より遅れていた。
    • 熱血、クールガイ、力持ちの組み合わせによるパイロット像も定着しなかった。
  3. リョウ役の神谷明は本作以降、ロボットアニメの主人公を演じることはなかった。
    • ハヤト役の山田俊司(現:キートン山田)も脇役専門の声優として終わっていた。
      • 又は、テレビ番組のナレーターという認識。
  4. 当然ながら、スパロボ御三家ポジションにはならなかった。
    • そのため、マジンガーとガンダムの二本柱がメインとなる。
      • 史実における近年の任天堂携帯機用のスパロボ作品みたいな状況になっていた。
    • 或いはコンバトラーVが御三家の一つになっている
      • もしかすると超電磁大戦ビクトリーファイブの映像化が実現してたかも知れない
  5. 作者の石川賢の知名度は「ダイナミックプロのメンバーの1人」レベルに留まる。
    • その影響で、一貫して永井豪がダイナミックプロ系のロボットアニメを原作していた。
  6. ゲッターロボ號が存在しない代わりにマジンガーZ(リメイク版)が予定通り作られていた
  7. ガンダムなどにコアブロックシステムのような合体機構が付かなかった。

真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日[編集 | ソースを編集]

  1. 事前発表されていた今川泰宏監督の降板がコケた理由とみなされていた。
  2. メインキャラの設定やキャスティングが東映版と異なることに対する批判も強まっていた。
  3. ダイナミックプロのロボットアニメは完全に過去のものになっていた。
    • それでもスパロボさえあれば史実通りだと思うが。
  4. 当然、『真VSネオゲッター』や『新ゲッター』もなかった。
    • マジンカイザーのOVA化もなかったか、最悪の場合、『真マジンガー』や『SKL』も存在しなかったかもしれない。
      • 『ロボットガールズZ』にも影響が出ていた可能性がある。
      • 東映が関わっていないダイナミックプロ系のアニメはヒットしないというジンクスができていた。
    • 2023年に『【推しの子】』のOPである『アイドル』と『真VSネオゲッター』のOPである『STORM』を組み合わせたMAD動画が生まれることはなかった。
  5. ブラックゲッターがスパロボαシリーズにおいて特別参戦することもなかった。
  6. ブレインズ・ベースが制作したロボットアニメは以後なかった。
    • そのため、上記の真VSネオゲッターやマジンカイザーなどは制作されていない。

Get Ride! アムドライバー[編集 | ソースを編集]

史実以上に大コケしていたらとします。

  1. コナミはアクションフィギュア物には向いてないと判断されていた。
    • 当然、「スカイガールズ」や「武装神姫」は誕生せず。
    • フィギュアニメと言う概念も存在せずおとぎ銃士赤ずきんも存在していない。
  2. ミクロマンの二番煎じになっていた。
  3. コナミは、遊戯王シリーズのアニメに集中するしかなくなっていた。
    • 超星神シリーズの展開にも悪影響が出ていた可能性がある。

ケムリクサ(テレビアニメ版)[編集 | ソースを編集]

  1. たつき監督は「けものフレンズ」の一発屋だったと言われた。
  2. ノイタミナのようにAmazon独占配信じゃなければよかったのにといわれる。
    • 一方ニコニコ動画で無料配信しなかった事による批判が上がっていた。
  3. それでも「けものフレンズ2」に影響はない。
    • むしろ監督信者の暴走のせいでこの作品も敬遠されてしまった可能性も考えられる。
    • 史実以上に真フレ(監督アンチ)が力をつけていた。
  4. 史実とは逆に「けものフレンズ2」が大ヒットしていたら、完全にたつき監督は業界から干されていた。

けものフレンズ[編集 | ソースを編集]

  1. 「君は◯◯なフレンズなんだね」が流行語になることはなかった。
    • 「地方」を「ちほー」と書くのも流行らなかった。
  2. サーバルなどを目当てに動物園などにファンが押し寄せることはなかった。
    • 東武動物公園・みさき公園とのコラボレーションもなかった。
      • 「グレープ君」が世界的に注目を浴びることもなかった。
    • 岐阜県のつちのこ館が大ブレイクすることはなかった。
  3. どうぶつビスケッツ×PPPがミュージックステーションに出ることはなかった。
    • 「イグアナのフレンズ」は生まれなかった。
  4. 佐々木未来はミルキィホームズの他メンバーとの差を埋められないままだった。
  5. ヒットせず終了したゲームのアニメ化はタブーとなっていた。
    • ブシロードが再ゲーム化することはなかった。
  6. 舞台化はなかった。
  7. JRAが早期にコラボすることもなかった。
  8. 作画が原因でコケたと見なされていた。
    • CGアニメが見直されることはなかった。
    • 恐らくは序盤の酷評っぷりがずっと続いていた。
  9. 王道展開は既に時代遅れだと見なされていた。
  10. 尾崎由香はブレイクしなかった。
  11. 書籍によるディスク販売が画期的と捉えれることはなかった。
  12. 朝の再放送は無かった。
  13. 月刊少年エースでの連載が終了したことへの批判も出なかった。
  14. 古舘伊知郎が批判して叩かれることもなければ最初から言及することもあり得なかった。
  15. たつき監督2期降板告知騒動なんか起こり得なかった。
    • これが原因でカドカワの株価が下がったと報道されることもない。
    • その2期放送中or終了直後における騒動も起きなかっただろう。
    • ここに書かれていることのほとんどが実現していた。
  16. 星野源や平井堅の好感度が下がっていた。
  17. この写真集が発売されることもなかっただろう。
  18. 『魔法陣グルグル (第3作)』、『斉木楠雄のΨ難(2期)』はTOKYO MXに飛ばされていたかもしれない。
    • テレビ東京は深夜アニメ撤退を検討していた。
      • (けもフレの前にやっていた)『タブー・タトゥー』や『灼熱の卓球娘』等、リゼロ以降の作品があまりヒットしなかったため、テレ東の深夜アニメは冬の時代に突入していたかもしれない。
        • みなみけやアクエリオンなどのように続編が(関東では)テレビ東京からTOKYO MXでの放送になるケースが増えていた。
    • 下手すれば、こうなっていた。
  19. ファミリーマートは本作とコラボすることはなかった上、尾崎由香がCMに出演することはなかった。
    • 初音ミク10周年だった2017年はNewDaysとではなくファミマミクが再び大々的に行われていた。
  20. 「傾福さん」の円盤がバカ売れすることはなかった。
    • 「ケムリクサ」のテレビアニメ化もなかった。
    • たつき監督のNHK進出など夢のまた夢。
  21. プロ野球・広島カープの新井さん人気とアライさん人気との相乗効果は有り得なかった。
  22. 古舘伊知郎の暴言が問題視されることもなかった。

げんきげんきノンタン[編集 | ソースを編集]

  1. ノンタンのアニメといえば、未だに『ウゴウゴルーガ』内で放送された「ノンタンといっしょ」のイメージだった。
  2. 全15話で完結し、新エピソードが制作されることはなかった。
  3. キッズステーションでの放送も早々に終了していた。
  4. ポリゴン・ピクチュアズがどうなっていたか怪しい。

げんしけん[編集 | ソースを編集]

  1. オタクを題材に作品はタブーになっていた。
    • 「こみっくパーティー」や「デ・ジ・キャラット」に登場するようなオタクしか描かれない。
    • 「らき☆すた」が製作されたかどうか不透明。
      • 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は製作されたと思うが設定の改変はあったかも。
    • 「SHIROBAKO」のようなアニメ製作現場を題材にした作品もヒットしなかったかもしれない。
  2. 「くじびきアンバランス」が独立アニメ化されることもないな。

剣勇伝説YAIBA[編集 | ソースを編集]

大ヒットしていたらの項目にもありますが仮に史実以上に大コケしていたら

  1. 2クールで打ち切られていた。
  2. 「名探偵コナン」はアニメ化されなかったかもしれない。
  3. ゲーム、DVDは発売されていない。
  4. 知名度は史実よりも下がっていた。
    • 青山剛昌が現在このアニメ版について触れることは一切ない。
  5. 2008年4月に、『おはスタ』内で再放送されることはなかった。
もしあのアニメが大ヒット
していなかったら い~え く・け す~そ
ち~て な~の ふ~ほ み~も や~よ ら~わ
特撮円谷プロ/東映/ライダー/戦隊1990年代以前2000年代
していたら
ち・つ な~の
へ・ほ み~も や~よ ら・り る~ろ
特撮東映円谷プロ)/ライダー/戦隊/メタルヒーロー