もしあのアニメが大ヒットしていなかったら/し

提供:chakuwiki
連絡事項あり
このページのご投稿「マンネリ化した投稿内容」などに関して、管理者よりご連絡させていただきたいことがあります。
投稿者の方はトーク:もしあのアニメが大ヒットしていなかったらをご参照ください。

もしあのアニメが大ヒットしていなかったら >

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/もしあの番組」をご覧ください。

独立項目[編集 | ソースを編集]

しあ~しも[編集 | ソースを編集]

四月は君の嘘[編集 | ソースを編集]

  1. あの花以降のノイタミナ枠は「冴えない彼女の育てかた」の1人勝ちになっていた。
    • あるいは冴えカノもコケていたかもしれない。
      • サイコパスは?
  2. 実写映画化はなかった。
    • 映画化されても大爆死していた。
      • 逆にヒットしていた可能性もある。
  3. 「響け!ユーフォニアム」といい意味で比較されることはなかった。
  4. ダイヤのAの枠移動直後の1話目で沢村栄純が四月は君の嘘を読んでるシーンもなかったかもしれない。
  5. 種田梨沙と広瀬すずが比較されることはなかった。
  6. 史実以上に3月のライオンと混同されていた可能性がある。

地獄少女[編集 | ソースを編集]

  1. 続編は制作されなかった。
    • そのため、酒井香奈子や佐藤聡美のブレイクは史実より遅れた。
  2. ドラマ版も制作されなかった。
  3. 「イッペン、死ンデミル?」は流行しなかった。
  4. 基本的に恨みを晴らす一話完結の作品は「必殺仕事人」のような時代劇しか許されなくなっていた。

地獄先生ぬ〜べ〜[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん実写ドラマ化されない。
  2. 篠崎愛といえば現実以上にグラビアアイドルを連想する人が多かった。
  3. 映画もOVA化も当然ない。
  4. テレビ朝日系土曜19時台のアニメ枠消滅が早まっていた。
    • 少なくとも『セーラームーン』シリーズ終了したあたりで廃止されていた。
  5. ジャンプ原作アニメがテレビ朝日系列で放送されるのは本作で最後になっていた。
    • 『遊☆戯☆王』シリーズは最初からテレビ東京系列での放送になっていた。
    • 『ボボボーボ・ボーボボ』や『ワールドトリガー』は他局での放送になっていた。

シスター・プリンセス[編集 | ソースを編集]

  1. 続編である『シスター・プリンセス RePure』は存在しなかった。
    • 『シスター・プリンセス2』が発売されてたかも怪しい。
  2. 桑谷夏子が一躍ブレイクすることはなかった。
  3. 堀江由衣は『ラブひな』の成瀬川なる役という知識で終わっていた。
  4. その後の深夜アニメの歴史は大きく変わっていた。
    • 「涼宮ハルヒの憂鬱」もなかったか、あったとしても朝倉涼子の声の人が変わっていた。
    • のアニメ化は無かったかも。
  5. 電撃G'sマガジンのリニューアルがかなり早く行われていた。最悪休刊かも。
  6. 『HAPPY☆LESSON』や『双恋』、『ストロベリー・パニック!』など後続する読者参加企画のアニメ化プランもお流れになった。
  7. おそらく朝倉涼子の役は、田中理恵かゆかなが演じていた。

CITY HUNTER[編集 | ソースを編集]

  1. 冴羽商事は設立しなかったか、別の名前になっていた。
    • 冴羽商事はキン肉ハウスになっていた。
  2. 神谷明といえばケンシロウ。
    • あるいは毛利小五郎。
      • ギャグキャラを演じることはなく、「スーパーロボット大戦」に出るような熱血キャラ専門だった。
  3. 続編が出ることはなかった。
  4. 小室哲哉のブレイクは90年代まで遅れてたかも。
  5. 続編の「エンジェル・ハート」はなかったかもしれない。
    • あったとしてもアニメはもちろん、ドラマにもなっていない。
  6. サンライズは原作付きアニメには向いてないと判断された。
    • 『ミスター味っ子』は東映アニメーションあたりの制作だった。
      • 『ケロロ軍曹』や『銀魂』もサンライズではなく他の会社での制作だったかもしれない。
      • アクセル・ワールド』(作者が同じ『ソードアート・オンライン』と同じA-1 Picturesかも)、『かいけつゾロリ』も。
        • 『アイカツ!』や『バトルスピリッツ』もお忘れなく。

シドニアの騎士[編集 | ソースを編集]

  1. 「ウチクダケー」なる本作のOP曲が流行る事はなかった。
  2. ポリゴン・ピクチュアズの日本のテレビアニメ参入は無理があるとされた。
    • 厳密には、それ以前に「げんきげんきノンタン」がある。
      • ノンタンもそうだが、少なくともこの会社の知名度はそこまで高くなかったかもしれない。

しましまとらのしまじろう[編集 | ソースを編集]

  1. こどもちゃれんじの知名度は上がらなかった。
    • その流れで進研ゼミ小学講座(チャレンジ○年生)を受講する子供は増えなかった。
    • テレビせとうちの知名度も上がっておらず、「テレ東系列の地方局」という認識どまりだった。
  2. アニメは終わっても教材では引き続きしまじろうが登場していたかもしれない。
    • 但しそうなった場合はしまじろうと言えばこどもちゃれんじを受講している子供にしか意味が通じなかった。
  3. 当初の予定通り、1年で終了していた。
    • (史実では2年目からの登場キャラクターである)トミーの登場はなかった。
    • 放送時間の変更もなかった。

しまじろうのわお![編集 | ソースを編集]

  1. 劇場版は製作されなかった。
  2. らむりんの降板が受けなかったとされた。
  3. 土曜朝8時半への枠移動はなかった。
    • そのためデュエマの日曜朝8時半への枠移動はなかった。

しや~しよ[編集 | ソースを編集]

シャーマンキング[編集 | ソースを編集]

  1. 朴璐美、小西克幸はあまり有名になれなかった。
  2. スターチャイルドとXEBECの関係はこの時点で悪化しており、「宇宙のステルヴィア」や「蒼穹のファフナー」も制作されなかった。
  3. 当初の予定通り1年、もしくはそれよりも前に放送が終了していた。
  4. DVD-BOXが発売されることはなかった。
  5. 原作漫画も史実より早く打ち切られていた。
  6. 恐山アンナが青森県警むつ警察署のマスコットキャラに選ばれることはなかった。
  7. 高山みなみが「戦姫絶唱シンフォギア」に出演することはなかったかもしれない。
    • その場合、同作はそれほどヒットしなかったかもしれない。
  8. 同じく水島監督作品でキャストが色々被っていた2003年放送の「鋼の錬金術師」にも影響が及んでいた可能性もある。
  9. XEBECが制作したジャンプアニメは本作限りとなっていた。

ジャイアントロボ 地球が静止する日[編集 | ソースを編集]

  1. スパロボ64にて衝撃のアルベルトと東方不敗の共演も実現しなかった。
  2. シンフォニックセレクションとして吹奏楽の曲として発表されることも無かった。
  3. 山口勝平が主演を務めるアニメは少なかったかも。
  4. 十傑集走りがネットで話題になることはなかった。
  5. 実写版とまったく異なる作風だったのが不評だったとみなされる。

灼眼のシャナ[編集 | ソースを編集]

  1. いとうのいぢはエロゲー原画家のまま。
    • 筒井康隆の小説のイラストを手がけていない。
    • 中川翔子との交流もない。
    • 「ななついろ★ドロップス」もアニメ化されていない。
      • 厚生労働省提供アニメとネタにされることもなかった。
  2. 涼宮ハルヒもこうなるかアニメ化自体なかったかも。
  3. メロンパンの注目度が上がらなかった。
    • らき☆すたでネタにされなかった。
  4. 第2期がMBS製作・TBS系列で放送されることもなかった。
  5. KOTOKOも川田まみもエロゲー主題歌歌手に戻っていた。
    • I've sound自体アニメから撤退してエロゲー音楽専業に甘んじたまま。

ジュエルペット[編集 | ソースを編集]

  1. 1年で終わっていた。
    • 史実通り2年目があったとしても『キティズパラダイス』内のミニアニメになっており、2011年3月の『キティパラ』終了と共に本シリーズも終了していた。
      • 逆に『キティズパラダイス』が継続していた可能性もある。
  2. 製作局がテレビ大阪から系列キー局のテレビ東京に変更することはなかった。
    • あったとしてもテレビ東京ではなくTOKYO MXになっていた。
  3. テレビ東京土曜9時30分枠は現在に至るまで原作付き少女向けアニメが放送し続けていた。
    • 上記の『キティパラ』が継続した場合、『マイリトルポニー』は本枠だった。
  4. 「おねがいマイメロディ」シリーズが再開されていたか、別のサンリオキャラクターを起用したアニメが放送されていたか。
  5. それでも『SHOW BY ROCK!!』は史実通り放送されていた。
  6. スタジオコメットは本作のコケっぷりを受け、最悪消滅していた可能性大。
  7. テレビ大阪制作日曜9時30分のアニメ枠は史実より早く消滅していた。
    • 史実での後番組「最強武将伝 三国演義」はお蔵入りになっていたかもしれない。

ジュエルペットてぃんくる☆[編集 | ソースを編集]

  1. 主人公変更、移動が誤算とみられた。
  2. これを以て終了した可能性も。
  3. 竹達彩奈は『けいおん!』の中野梓のイメージで終わっていた。
    • 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』もコケていた場合、竹達は声優業から身を引いていた可能性あり。
      • その場合、史実で彼女が担当していた役は戸松遥か伊藤かな恵あたりがやっていた。
      • petit miladyは結成されなかった。
  4. 高森奈津美のブレイクが遅れていた。
  5. テレビ東京土曜9時30分のアニメ枠はこの作品で消滅していた可能性あり。

ジュエルペットサンシャイン[編集 | ソースを編集]

  1. 次回作からかなりおとなしい作りになったと思われる。
    • ジュエルペットきら☆デコッ!で「リア充爆発しろ」と言い出すようなラスボスが出る事もなかった。
  2. それでも大きなお友達の間で伝説視される事に変わりはない?
  3. 「サンシャインの売り上げが一番良かった」と言われる事もない。

レディ ジュエルペット[編集 | ソースを編集]

ここでは玩具のヒットもなければと仮定。

  1. 妖怪ウォッチ』ブームに巻き込まれて仕方ないとみなされていた。
  2. 同時期の『ヒーローバンク』と共倒れになっておりセガトイズ自体倒産に巻き込まれていたかもしれない。
    • タカトクトイスやツクダオリジナルの後を追う形になっていた。
  3. 史実より早く、ジュエルペットシリーズは本作を以って終了していた。
  4. テレビ東京系列におけるサンリオアニメはこの時点で途絶えていた。
    • その場合、リルリルフェアリルは最初からTOKYO MXで放送されていた。
      • 2.を考えるとそもそもリルリルフェアリル自体存在したか怪しい。

しゅごキャラ![編集 | ソースを編集]

  1. 第2期はおろか、その後のゲーム化はなかった。
    • 結局主題歌を担当したBuono!の知名度上がらないのでBuono!が趣旨通りにアニメ終了と同時に活動終了し嗣永桃子の知名度は史実よりも低いままで、ももち結びやゆるしてニャンも無かった。
    • しゅごキャラエッグ!の結成も無かったので、スマイレージも結成されなかったし、譜久村聖のモーニング娘。の加入も無かった。
      • リルぷりっ!無かった。
        • 仮に「リルぷりっ!」のアニメ版があったとしても主要キャラの声優は原作ゲーム版と同じになるため、声優変更で批判させずに済んでいたかも。
    • きらりん☆レボリューションの人気は史実よりも上だった。
  2. テレビ東京土曜9時30分枠で原作のない少女向けアニメが放送される時期が史実より早くなっていた。
    • 「ジュエルペット」は初めからテレビ東京土曜9時30分枠で放送されていた。
  3. 伊藤かな恵、阿部敦のブレイクは史実より遅れていた。
  4. PEACH-PITといえば『ローゼンメイデン』のイメージのままだった。
  5. 『ケロロ軍曹』アニメ306話で本作のパロディをやることもなかった。
  6. なかよしの部数低下がさらに深刻化していた。
    • 下手すれば廃刊もありえたかもしれない。
      • コミックボンボンの後を追う形になっていた。
  7. サテライトはこれ以後、原作付きのアニメを制作することはなかった。
    • 『FAIRY TAIL』はA-1 Pictures単独制作になっていた。

Steins;Gate[編集 | ソースを編集]

  1. 2011年のタイムリープものといえば魔法少女まどか☆マギカだけのイメージだった。
  2. その後のアニメでタイムリープものが流行せず、「失われた未来をもとめて」などのアニメ化はなかった。
    • Charlotteの内容も一部変わっていたかもしれない。
  3. 序盤の展開がつまらなかったのがコケた原因になっていた。
  4. 2015年に続編の「シュタインズ・ゲートゼロ」が発売されることはなかった。
  5. 「トゥットゥルー」といったら、しょこたん語のイメージが強かった。
  6. アニメの大コケの影響で科学アドベンチャーシリーズそのものが打ち切りの憂き目にあっていた。
  7. 当然、ゼロのアニメ化もなかった。

純情ロマンチカ[編集 | ソースを編集]

  1. 旧角川書店がBLに強いイメージはなかった。
  2. 「ホモンチカ」の俗称は定着しなかった。
  3. 中村春菊作品は一種のブランドにならず、「世界一初恋」はなかった。

少女革命ウテナ[編集 | ソースを編集]

  1. その後の映画化やミュージカル、ゲーム化はなかった。
  2. 川上とも子のブレイクは史実より遅れた。
    • 幾原邦彦と仲良しになることもなかったかも。
  3. 奥井雅美のブレイクも史実より遅れた。
  4. 幾原邦彦はアニメ業界から完全に撤退していた。
    • 「輪るピングドラム」も制作されていない。
  5. 「こち亀」で革命刑事や〆宮庵水のキャラクターは登場しなかった。
  6. J.C.STAFFがどうなっていたか怪しい。

SHOW BY ROCK!![編集 | ソースを編集]

  1. サンリオの深夜アニメ参入が無理があると見られた。
    • 『サンリオ男子』は企画されなかったかもしれない。
    • サンリオにアニメファン向け作品のノウハウがなかったことが失敗の原因とされた。
  2. 原作ゲームの知名度が向上することは無かった。
    • 逆に後発のバンドもののようにゲームの方がヒットしてそっちのイメージが強くなっていたかもしれない。

ジョーカー・ゲーム[編集 | ソースを編集]

  1. 舞台化される事も無かった。
  2. パチスロ化を期待される事も無かった。
  3. サヨク思考の人等に評価される事も無かった。
  4. 『トランプゲーム』と勘違いするかな?

ジョジョの奇妙な冒険[編集 | ソースを編集]

1期[編集 | ソースを編集]

  1. 興津和幸、佐藤拓也の知名度が上がらなかった。
  2. 二期(3部)のアニメが制作されることはなかった。
  3. ジョジョのテレビアニメ化は無理があると判断されていた。
    • 実写映画版も当然作られていない。
      • OVAや劇場映画版の二の舞になっており、「ジョジョの映像化はコケる」というジンクスができていた。
  4. ファンの若返りに失敗していた。
  5. 昔の漫画のテレビアニメ化はタブーと見なされ、「うしおととら」などのテレビアニメ化はお蔵入りになっていたかもしれない。
    • 場合によってはリメイクアニメにも飛び火し、セーラームーンやキャプテン翼などの再アニメ化も見送られていたかもしれない。
      • こうなった場合『おそ松さん』も作られなかったかもしれない。
  6. 本作の元請制作プロであるDavid Productionの知名度も上がらなかった。
    • 最悪、そのまま会社を畳んでいたかもしれない。

スターダストクルセイダース[編集 | ソースを編集]

  1. 分割4クールになることはなかった。
    • ミドラーを倒したところで終了していたかもしれない。
      • DIO戦はOVAでの発売になっていたか。
  2. 石塚運昇といえばオーキド博士のイメージが強かった。
  3. 4部アニメ化はなかった。
    • アニメ化されたとしても、声優は全員ゲーム版からの引き継ぎになっていたかもしれない。
      • 当然、仗助の声優も小野友樹にならず、羽多野渉のままなので、『小野の奇妙な冒険』として中の人つながりでネタにされることはなかった。
  4. 「レロレロレロレロ」、「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!」という言葉が流行ることもなかった。

ダイヤモンドは砕けない[編集 | ソースを編集]

  1. ニコニコ動画等で吉良吉影がご注文はうさぎですか?のココアを吹きかえるMADは流行らなかった。
  2. 代役の野原ひろしと吉良吉影の声優が同じとなるニュースはおとなしいものになっていた。
  3. 岸辺露伴は動かないも制作されていない。
  4. やはり実写化されていない。
  5. 億泰、重ちー、音石以外の全キャラの声優をゲーム版と総入れ替えしたことでコケたとみなされていた。
  6. 5部のアニメ化はなかったか、あってもジョルノの声優が小野賢章になることはなかった。
    • ジャパンプレミアでジョセフ役の杉田智和が「小野智和」と名乗ったり、ブチャラティ役の中村悠一を「小野悠一」と揶揄したりすることもなかったかもしれない。
      • 5部のキャストもゲーム版(ASB・EoH)準拠になっていたかもしれない。
    • 5部のアニメ化がないのであれば、ワザップジョルノがないのでニコニコ動画でのネタが1つ減っていた。
  7. 早人の性器描写が槍玉に挙がったか。

しら~しん[編集 | ソースを編集]

しろくまカフェ[編集 | ソースを編集]

  1. 高田馬場に「しろくまカフェ in TAKADANOBABA」はオープンしなかった。
  2. おそ松さん」は企画されなかったかもしれない。
    • 仮に何らかの形で企画されたとしても、声優陣は史実とは異なっていただろう。
  3. 2018年にBSテレ東で放送される事もなかった。
  4. 原作者とのトラブルが原因でコケたとみなされていた。

SHIROBAKO[編集 | ソースを編集]

  1. アニメ現場を題材とした作品は鬼門となった。
    • 逆にこのアニメを見ただけで売上だの出来だのをドヤ顔で語る輩も少なくなっていたので、荒れる要素が少なくなっていたとは思われる。
  2. ニコニコ動画上で、エンゼル体操がちょっとしたブームになることはなかった。
    • 「どんどんドーナツ、どーんと行こう!」もネット上ですら流行せず。
  3. 主演声優が本当の意味で「リアル坂木しずか」と化していた。
  4. 終盤であまりヒットしていないことに対する自虐ネタが挟まれていたかもしれない。
  5. アイマスシンデレラガールズや血界戦線など、アニメの放送が延期になるたびに「万策尽きたー」とコメントされることはなかった。
    • 「万策尽きた」=アニメの製作を落とすか、総集編に差し替えられる、という意味で用いられることもなかった。
      • しまいには、アニメスタジオが破産したという意味でも用いられることに・・・
    • 「紹介します!」や「○○は逝ってしまったわ。円環の理に導かれて」のフレーズが今でも使用されてる。
  6. 「白箱」といえば作品が完成した時スタッフに配布される白い箱に入ったビデオテープ、あるいは東京都杉並区阿佐ヶ谷にあるあのカフェの事だった。
  7. 「ハッカドール THE あにめーしょん」第7話のサブタイトル「KUROBAKO」が生まれなかった。
  8. ワーナーのニコニコ動画撤退時に全話が配信停止に追い込まれていた(史実では回避)。
  9. BSフジがUHFアニメの放送に消極的になっていた。
    • BSフジの製作委員会関与も本作限りだった。
      • 厳密には、それ以前に『スペース☆ダンディ』がありますが。
        • それを書いたのは『スペース☆ダンディ』があまりパッとしなかったから。
    • 「アニメギルド」も生まれることがなかった。
  10. 「荒野のコトブキ飛行隊」も生まれることがなかった。

新幹線変形ロボシンカリオン THE ANIMATION[編集 | ソースを編集]

  1. アニメサタデー630初の一年超え作品になることはなかった。
    • 4クール(1年)で放送を終了していた。
  2. 同時期に放送された快盗ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーのおもちゃの販売が落ち込むことはなかった。
  3. 過去にTBSで放送されていた「RAIL WARS!!」の大コケもあり、鉄道アニメをTBS系で放送するとコケるというジンクスができていた可能性がある。
  4. TBSと初音ミクは未だに相性最悪とされこれが蒸し返されていた。
  5. 『ミイラの飼い方』、『だがしかし2』、『たくのみ。』などの不発もあってTBSはテレビアニメ撤退を検討していた
    • 2019年4月に『けいおん!』第1期が再放送される事はなかったか、あったとしてもTOKYO MXでの放送だった。
    • それにTBSにとっては、(全日帯およびMBS制作分を除いて)甘ブリ(又は俺ガイル2期)以降のアニメがあまりヒットしなかったことや『されど罪人は竜と踊る』の放送時期延期があったことから、こうなる可能性が高まっていた。
      • 僕のヒーローアカデミアや七つの大罪などのように、続編の放送がTBS系列から別の系列局に移行する作品が増えていた。
    • 2018年のTBSアニメフェスタの開催は中止されていた。
      • TBSアニメフェスタは2015年を最後に開催されていない事になっていた。
    • アニメ放送に積極的なMBSとTBSの関係がさらに悪化してた恐れすらある。
  6. タカラトミーにとっては本作と同じTBS系列で放送の『ゾイドワイルド』にも悪影響が出ていた。
    • TBS系列の全日帯アニメ撤退が史実より早くなっていた可能性もある。
  7. 後番組がアニメじゃないことへの批判が出ることはなかっただろう。
  8. 放送終了後のBS-TBSTOKYO MX放送なんてありえないことだった。
  9. 当然、続編『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』は制作されない。
    • このため、『デカ盛りハンター』のレギュラー放送が一時期中断(不定期放送)することはなかった。
      • 『デカ盛りハンター』が史実(2021年)通りレギュラーを休止していた場合、テレ東系金曜19時後半枠では代わりに何の番組で穴埋めしていたのやら・・・

新幹線変形ロボシンカリオンZ[編集 | ソースを編集]

  • 史実以上に大コケしていたらと仮定します。
    • 玩具の売り上げは好調だったが、それすら叶わなかったらとも想定する。
  1. シンカリオンは完全に過去のコンテンツ扱いにされていた。
    • でも、前作の経緯を踏まえると玩具展開やイベントへの出展は継続していると思う。
    • 「シンカリオンチェンジザワールド」も制作されなかった。
  2. 碓氷アブトは、闇堕ちしてから最後まで敵側に属したままで終わっていた。
    • アラバキとの決戦が無いまま打ち切りになっていたら、アブトが最終的に失脚or死亡するバッドエンドになり、ファンから史実以上に批判されていた。
      • ダークシンカリオンアブソリュートは登場すらしなかった。
  3. 前作と同様、放送終了後にTOKYO MXで再放送されることも無かった。
    • YouTubeでのリピート配信も無し。
  4. 間違いなくシンカリオンZとザイライナーの売り方が中途半端なのが原因とみなされる。(何処が)
    • 「N700Sヒダみたいに最初から最後までセットで出せよ」という声が大きくなっていた。
  5. それでも、後番組が『デカ盛りハンター』のレギュラー放送に戻るのは史実通り。

進撃の巨人[編集 | ソースを編集]

  1. 石川由依は無名のままだった。
    • 石川由依は元々子役として活動していたことを考えると、本作がコケていた場合、声優業から身を引いて女優業に専念し、そちらで有名になっていたかもしれない。
    • 嶋村侑についてはそれ以上のものになっていただろう。
  2. うたプリ、超電磁砲、俺妹、宇宙戦艦ヤマトなど続編作品・リメイク作品が2013年春アニメの話題の中心だった。
  3. うたプリが社会現象になっていた。
  4. ウィットスタジオは設立早々苦難に立たされていた。
  5. 企画されていた実写劇場版は製作中止となっていた。
  6. 同じくマガジン連載作品である『ダイヤのA』のアニメ版にも影響を与えていた。
  7. 紅蓮の弓矢もヒットせず、CDの売り上げが10万枚突破することもなかった。
    • Linked Horizonは2013年の紅白歌合戦に出場することはなく、泉谷しげるかサカナクションが話題になっていた。
      • Revoが佐村河内守に間違われる事は無かった。
      • 本家であるSound Horizonの知名度が上がる事は無かった。
        • 同年に出したマキシシングル「ハロウィンと夜の物語」は1年早く発売されていたかもしれないが、イドへ至る(略)と同程度の売上程では無かった。
          • その後に出る「ヴァニシング・スターライト」、Neinにも若干影響が…。
        • 2013年に行われたサンホラリンホラ合同ライブ「Revo's Halloween Party」は、チケット一般販売が即完売する事なんて無く普通に余っていた。
          • ひょっとしたら3年ぶりに国王生誕祭をやっていた可能性も。
    • 男性ボーカルのアニソンのヒット曲が壊滅状態になっていた。
  8. 「しんげきの○○」と言えば「神撃のバハムート」のことを指していた。
  9. 2013年後半にローソンとのタイアップも無かった。
    • JRAとコラボした「進撃のジャパンカップ」「進撃の有馬記念」も無かった。
    • 「Shick」とのコラボレーションも無かった。
    • 味覚糖「ぷっちょ」のCMで、パロディ「進撃のちょ人」が流れる事も無かった。
      • CMガールの加藤里保菜は『ランク王国』の11代目MC就任するほど知名度が上げられなかった。
  10. 下手すれば原作自体にも何らかの悪影響を与えていた。
  11. 2013年春クールの新作アニメは「はたらく魔王さま!」の一人勝ちになっていた。
  12. 和田アキ子似の巨人は話題にならなかった。
  13. 和田アキ子がスマホアプリのCMに出演することは無かった、若しくはスマホアプリ化自体なかった。
  14. 「進撃!巨人中学校」は製作されなかった。
  15. TBSで放送しなかったからコケたと見なされた。
    • TOKYO MX依存が進むことなくTBSの権威が落ちることはなかった。
    • こうなっていた
  16. 「アイドルマスターシンデレラガールズ劇場」の略称が「しんげき」になることもなかった。
  17. 同じWIT STUDIOの「ローリング☆ガールズ」を放送した地上波局はMBSとMXだけに留まっていた。
  18. 番外編も作られなかった場合、2019年7月に放送延期を喰らった『炎炎ノ消防隊』第3話の代わりに何の番組で穴埋めしていたのやら・・・

真・女神転生デビチル[編集 | ソースを編集]

  1. 女神転生シリーズのテレビアニメ化は無理があると判断された。
    • 下手したらペルソナシリーズのアニメ化もなかったかもしれない。
  2. CBCテレビ(放映当時は中部日本放送)はここでアニメ制作から手を引いていた。
    • その場合、後番組『星のカービィ』はアニメ化されなかった。
      • アニメ化されたとしてもポケモンやドンキーコング等と同様、テレビ東京系列での放送になっていた。
  3. 当初の予定通り、半年で放送終了していた。
  4. コミックボンボンは『クロスハンター』の一件で完全に主力を失い、休刊が史実より早まっていた。

侵略!イカ娘[編集 | ソースを編集]

  1. テレビアニメ第2期の制作が発表されることは無かった。
  2. 某MMORPGにおいてコラボレートイベントが行われることも無かった。
  3. 『俺妹』が史実以上に大ヒットしていた。
  4. みつどもえの一件もあり秋田書店はランティスと仲が悪くなってた。
  5. 「禁書目録」のインデックスが余計地味に…。
  6. 金元寿子は史実ほど売れていなかった。
  7. それでもなんJでは大正野球娘並に盛り上がっていた。
  8. 横浜DeNAベイスターズが勝利した際の「ベイカッタ」のAAはなかった。
  9. キュアマリン、キュアビューティ、キュアプリンセスがイカ娘に似ているとされるネタが生まれることもなかった。
もしあのアニメが大ヒット
していなかったら い~え く~こ す~そ
ち~て な~の ふ~ほ み~も や~よ ら~わ
特撮円谷プロ/東映/ライダー/戦隊1990年代以前2000年代
していたら
ち・つ な~の
へ・ほ み~も や~よ ら・り る~ろ
特撮東映円谷プロ)/ライダー/戦隊/メタルヒーロー