もしあのアニメが大ヒットしていなかったら/は

提供:chakuwiki
連絡事項あり
このページのご投稿「マンネリ化した投稿内容」などに関して、管理者よりご連絡させていただきたいことがあります。
投稿者の方はトーク:もしあのアニメが大ヒットしていなかったらをご参照ください。

もしあのアニメが大ヒットしていなかったら >

保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/もしあの番組」をご覧ください。


はあ~はそ[編集 | ソースを編集]

ハイキュー!![編集 | ソースを編集]

この項目にもありますが、BD・DVDの売り上げが悪かったらとします。

  1. 黒子のバスケの連載終了の落胆が史実より大きくなっていた。
  2. 前番組のマギ終盤に出ていた日5枠打ち切りの噂がこのアニメの放送中にも再び出ていた。
    • 日5枠廃止が史実より早まっていたかもしれない。
  3. 村瀬歩、石川界人、斉藤壮馬の知名度が上がらなかった。
    • 村瀬は怪盗ジョーカーがあるからそこで人気が出たと思う。
      • 石川界人もガルガンティアがある以上、そこまで知名度が低いという訳ではない。
  4. この時代の週刊少年ジャンプのスポーツ漫画と言えば黒子のバスケのイメージが強かった。
  5. 舞台化(2.5次元化)される事は無かった。

ハイスクール!奇面組[編集 | ソースを編集]

  1. 千葉繁は脇役のイメージで終わっていた。
    • 高橋美紀が知名度を上げられたキャラクターはしまじろうシリーズのみみりんしかなかった。
  2. おニャン子クラブの人気は史実より低かった。
    • 秋元康は「うしろゆびさされ組」以外の派生グループを作ることはなく、AKB48のプロデュースにおいても派生グループは作らなかったかもしれない。
  3. 原作者が腰痛を悪化させることはなく、原稿落とし騒動は起こらなかった。
  4. フジテレビ土曜7時枠の暗黒期が続いていた。
  5. NASはアニメ事業から手を引いていた。

ハイスクールD×D[編集 | ソースを編集]

  1. ティー・エヌ・ケーは地味なアニメ会社のまま埋もれていた(スクイズがある限り、そんな訳はないと思うが)。
    • 「健全ロボ ダイミダラー」、「精霊使いの剣舞」はアニメ化されなかったor別のアニメ会社が制作していた。
  2. 第2期・3期は制作されなかった。

ハイスクール・フリート[編集 | ソースを編集]

  1. 「はいふり」からの改題が悔やまれていた。
  2. 横須賀市が脚光を浴びることはなかった。
  3. 「ガールズ&パンツァー」や「艦隊これくしょん」といい意味で比較されることはなかった。
  4. 萌えアニメは冬の時代に突入していた。
  5. プロダクションアイムズは史実より早く活動停止していた。

這いよれ!ニャル子さん[編集 | ソースを編集]

  1. 「(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」が2chなどで弾幕と化することはなかった。
    • ウィリー・モー・ぺーニャの存在も野球ファン以外には知られていない。
  2. フラッシュアニメ版のファンにこき下ろされてた。
  3. 「ニャルラトテップ」といえばデモンベインやペルソナ3の登場人物として一部で認識される程度だった。
  4. 多くのアニヲタが抱く阿澄佳奈のイメージが、2012年春期を境に変わることはなかった。
    • 対ラジオ専用アスミスを忘れないで下さい。
    • 少なくともささみさんの放送まで、ゆのっちとぽぷらのイメージが根強くなっているのは間違いないだろう。
      • 声優アワードでの主演女優賞の受賞は無かったかもしれない。
  5. 当然2期はなかった。
  6. それでもニコ動でOPMADがそこそこ投稿されていただろう。
  7. 「大坪由佳のツボンジュ〜ル☆」も配信されていない。
  8. 「クトゥルフ神話」への関心が高まることは無かった。
  9. GA文庫の知名度アップがもう1~2年は遅れていた。

バカとテストと召喚獣[編集 | ソースを編集]

  1. 学力ごとのクラス分けが差別的で不快と見なされた。
  2. 麻生夏子はブレイクしなかった。
  3. 「仮面ライダーOOO」と相まって、「-と-と-」という言い回しは流行らなかった。

鋼の錬金術師[編集 | ソースを編集]

  1. 朴璐美は今でも売れないまま。
    • 「シャーマンキング」の道蓮役で既に知名度を上げていたので、「史実ほど有名になっていない」でもいいのでは?
    • って言うか「∀ガンダム」があったのに?
  2. くぎゅは完全にツンデレ幼女キャラのイメージが定着。(まぁ神楽みたいな例外もあるが)
    • いや、「ミルモでポン!」「イナズマイレブン」「たまごっち!」「FAIRY TAIL」もあると思うが。
      • 「十二国記」で既に男性役を演じていましたが?
  3. その後リメイクされる事はなかった。
    • むしろ原作に忠実なアニメ版が製作されていた。ただし日5ではなく深夜送りにされていただろう。
  4. 月刊少年ガンガンの売上はあまり上がらなかった。
    • スクウェア・エニックスは漫画事業から撤退した。
      • そこまで大コケしていたら原作も早期終了していたのか?
  5. 土6枠に漫画が原作のアニメが放送されにくくなり、オリジナルアニメが多くなった。
    • しかしAGEが大失敗に終わり結局漫画原作アニメが放送されるように。
  6. 「月刊少年ガンガン連載作品が原作のアニメは大コケする」というジンクスができていた。
    • 場合によっては、「ながされて藍蘭島」や「ソウルイーター」などのアニメ化もお流れになっていたかもしれない。
  7. 本来リメイク版(FULLMETAL ALCHEMIST)が放送されているはずだった日5には代わりにバスカッシュ!などの別のTBSorMBS制作アニメ作品、またはウルトラシリーズの新作が放送されていた。
  8. 原作を下地にしたオリジナル展開がファンに嫌われたという評価だった。
    • 実際そのせいで一部の原作ファンからは酷評されている事を考慮すると、アニオリ要素があまりに原作と行違っていたらこうなっていたかもしれない。
    • 「ハガレンはアニメ化なんかされてないよ?」がファンの口癖になっていた。
  9. ポルノグラフィティはもっと早く落ちぶれてたし、L'Arc〜en〜CielGLAYと同列に落ち目扱いされていた。
  10. 当然、実写映画版も制作されていない。
    • 「シャンバラを征くもの」も無し。
      • ゲームも2で打ち切り。売り逃げ商法と揶揄される。
  11. それでも現実における錬金術師のイメージ変容には大差なかったはず。

爆丸バトルブローラーズ[編集 | ソースを編集]

欧米で大ヒットしていなかったら。

  1. セガトイズの黒歴史となっていた。
  2. 当然、続編や玩具の新展開なども全てお蔵入りになる。
    • 日本国内でのシリーズ再開もなかった。
  3. Zoobles!も存在しなかったかもしれない。

ハクション大魔王[編集 | ソースを編集]

  1. タツノコプロは以後ギャグアニメを製作することはなかった。
  2. 大平透はタツノコプロと深い関係を持つことはなかった。
  3. 当然ながら「ZIP!」でパロディ版が作成されることは無かった。
  4. 『ダウンタウンのごっつええ感じ』のコントで松本人志が「ワシがあの高視聴率番組『ハクション大魔王』なら、お前はあの低視聴率番組…」と言うことはなかった。
  5. 楽天のウィーラーはミスターポテトヘッドのイメージがより強まっていた。
  6. 花粉症予防のポスターに起用されることはなかった。
  7. もちろん「ハクション大魔王2020」はない。

爆走兄弟レッツ&ゴー!![編集 | ソースを編集]

  1. ミニ四駆は全く売れないまま発売を終了していた。
  2. 第二次ミニ四駆ブームが史実より早く終焉に入っていた。
  3. 「ダッシュ!四駆郎」の二の舞になっていた。
  4. 漫画の続編はなかった。
  5. XEBECが小学館と手を組んだアニメは本作限りになっていた。

化物語[編集 | ソースを編集]

  1. 西尾維新アニメプロジェクトは全てお蔵入りになる。
    • 当然傾物語等は発売されず。
    • めだかボックスもアニメ化されなかった。あるいは別の形でアニメ化されていた。
  2. 今もsupercellは売れていない。
    • 日本ゴールドディスク大賞新人賞受賞も無かった。
    • supercellが出てきたのはこっちなんだが…
      • て事で、「史実ほど有名になっていない」に変更。
    • supercellボーカルを担当したnagiがやなぎなぎとしてソロデビューすることもなかったかも。
  3. 2009年度に話題をかっさらったアニメが一つ減る…ってどれも角川系だなあ…(ハルヒ、そらのおとしもの)
    • 夏アニメの話題が分散する。なぜか絶望先生の評価が上がる。
      • 或いはエンドレスバッシングに一極集中していたか…
      • 2009年夏クールは2007年冬クール以来の売り上げ1万超えゼロ(1万どころか6千超えもゼロ)の大不作クールになっていたかもしれない。
  4. めだかボックスがとばっちりを受け、打ち切りになる。
  5. シャフトに2作品同時制作は無理だった、という結論になる。
  6. まどマギのキャストも大きく変わっていた。
    • 悠木碧がシャフト声優に加わり、現にまどか役をやるくらいだからそれは流石に無いでしょう。
  7. 花澤香菜がここまでブレイクする事はなかった。
    • 山の神童が花澤香菜のファンを明言することはなかった…と思う。
  8. なんJの某コテの本名がばれる事はない。
  9. 加藤英美里も一発屋として影が薄れたままだった。
    • まどマギのキュゥべえの声優が変わっていた。
  10. 「○物語」といえば『俺物語』一択だった。
  11. 『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』は別の制作会社だった。

はじめの一歩[編集 | ソースを編集]

  1. 続編製作はなかった。
  2. 喜安浩平は声優業に本格進出しなかった。
    • 「テニスの王子様」の海堂薫や「蒼穹のファフナー」の皆城聡士などは別の人が演じていた。
      • 皆城総士ね。もしかしたらファフナーの皆城総士は保志総一朗または神谷浩史あたりが演じていた可能性があったかもしれない。
  3. 同じくボクシングを題材にした「リングにかけろ」などのアニメ化もなかったかも。

はた~はん[編集 | ソースを編集]

はたらく魔王さま![編集 | ソースを編集]

  1. 「カツ、ドゥーン!」などの迷言は流行せず。
  2. 原作もそれほど売れなかった。
  3. 前季の『まおゆう魔王勇者』から、魔王と勇者ものは流行しないと決めつけられていた。

ハチミツとクローバー[編集 | ソースを編集]

  1. 工藤晴香、神谷浩史のブレイクが遅れていた。
  2. ノイタミナ枠は長続きしなかった。
  3. 『3月のライオン』のアニメ化は見送らていた。
  4. 実写化、映画化もなかった。

パックワールド[編集 | ソースを編集]

もし史実以上にコケていたらとします。

  1. バンダイナムコからゲーム化の反対を受けていた。
  2. 日本でも同じく海外の未放送エピソードは放送されなかった。
  3. 今風のデザインが出る出番が少なかった。
  4. 場合によっては、その後のパックマンシリーズにも悪影響が出ていた。
    • スマブラのパックマン参戦は変わらないか。

バトルスピリッツシリーズ[編集 | ソースを編集]

  1. ソードアイズ以降がコケていれば完全受注生産限定のDVD-BOXは発売できなかった可能性がある。

バトルスピリッツ 少年突破バシン[編集 | ソースを編集]

  1. 少年激覇ダン以降をはじめとした続編は作られなかった。
  2. ニチアサキッズタイム第1部は前枠の6:30分枠が繰り下がる。
  3. 『無敵超人ザンボット3』から始まったメーテレ・サンライズの男児向けアニメは途絶えた。
    • 勇者シリーズかゾロリが再開される限りそれはない。
  4. 諏訪部順一をはじめとするシリーズ出演声優がバトスピを始めることはなかっただろう。
  5. サンライズ制作アニメがテレビ朝日系で放送されるのは本作で最後になっていた。

バトルスピリッツ 少年激覇ダン[編集 | ソースを編集]

  1. 『バトルスピリッツ 少年激覇ダン』と『仮面ライダーW』は2010年3月28日で同時期に打ち切られ、『勇者』シリーズと『メタルヒーロー』シリーズは2010年4月4日で同時期に復活していた。
    • その影響で『バトルスピリッツ 少年激覇ダン』は最後の『バトルスピリッツ』シリーズで、『仮面ライダーW』は最後の『平成仮面ライダー』シリーズだった。
      • 『バトルスピリッツ』は2010年3月30日に廃止され、『勇者』シリーズは2010年で20周年記念として、『勇者』シリーズは2010年4月4日に復活していた。
        • 後番組になるのは勇者シリーズより『かいけつゾロリ』の方がアリなのでは?
        • むしろ戦隊が30分繰り上がり、プリキュアが1時間繰り上がる。余った時間は「モーニングバードサンデー」という情報番組を放送。その影響で『題名のない音楽会』は30分繰り繰り下がる。

バトルスピリッツ ブレイヴ[編集 | ソースを編集]

  • 高年齢層からの評価が低かったらと仮定します。
  1. バトラーズグッズ化企画の人気投票で1位になることはなかった。
  2. 土曜深夜31時と揶揄されることはなかった。

バトルスピリッツ ソードアイズ[編集 | ソースを編集]

  1. 『バトルスピリッツ』シリーズは『バトルスピリッツ ソードアイズ』で最後だった。
    • この場合、『バトルスピリッツ』は2013年10月1日に廃止され、『最強銀河 究極ゼロ ~バトルスピリッツ~』は制作されなかった。
  2. メーテレ制作日曜朝7時枠のアニメ枠廃止が史実よりも早まっていた。

最強銀河 究極ゼロ ~バトルスピリッツ~[編集 | ソースを編集]

ヒットしていたらにもありますが、史実以上に大ヒットしていなかったらという仮定とします。

  1. 『バトルスピリッツ』シリーズは『最強銀河 究極ゼロ ~バトルスピリッツ~』で最後だった。
    • この場合、『バトルスピリッツ』は2014年10月1日に廃止されていた。
      • カードゲームもアニメ終了と同時に販売終了していた。
  2. 史実で烈火魂、ダブルドライブをやるはずだった水曜18時枠は代わりに『アルスラーン戦記』、『僕のヒーローアカデミア』を放送していた。
    • あるいは、ビルドファイターズの再放送をしていた。
    • 場合によっては『遊☆戯☆王ARC-V』が水曜18時枠で放送されていた可能性も。
  3. メーテレ制作日曜朝7時枠のアニメ枠は史実より早く消滅していた。
    • 後番組の『トライブクルクル』はお蔵入りになっていた。
      • 『ブレイブビーツ』や『ヘボット!』も当然制作されない。
        • 仮にこれらの作品が史実通り制作されたとしても、別の系列局(おそらくテレ東)での放送になっていた。

花咲くいろは[編集 | ソースを編集]

  1. 西岸駅が聖地になることは無かった。
    • 「湯乃鷺」の看板はすでに廃止されていたか、そもそもなかった可能性が高い。
      • ラッピング車両や声優陣による車内放送は無かった。
  2. 「ホビロン」が脚光を浴びることは無かった。
  3. 当然ながら、映画化はされなかった。
  4. 湯涌温泉でぼんぼり祭りが実際に行われることもなかった。
  5. 金沢21世紀美術館での制作発表記者会見は無かった。
  6. nano.RIPEのメジャーデビューは史実より遅かった。
    • その後の「人類は衰退しました」のOPを担当し、脚光を浴びることになる。

ぱにぽにだっしゅ![編集 | ソースを編集]

  1. 新房昭之のキャリアはその後大きく変わっていた。
    • 桃瀬くるみのように地味になったかも。
    • 「ひだまりスケッチ」を手がけることはなかった。
      • 少なくとも食べ物の写真取り込みはない。
      • 本作とともにアニメ版「らき☆すた」でネタにされることはなかった。
  2. 山崎バニラはメジャーになれなかった。
  3. 2009年に短編OVA付きのDVD-BOXは発売されなかった。
  4. 「必殺仕事人」が再注目されることはなかった。

ハヤテのごとく![編集 | ソースを編集]

  1. 「君が主で執事が俺で」や「メイちゃんの執事」などの執事作品は全て大コケしていた。
    • メイちゃんの執事はCX系列でドラマ化すらされなかった。
    • 黒執事はアニメ化すらされなかった。
      • なので咲-Saki-のハギヨシの中の人がおのでぃじゃなくなる可能性が微レ存。
  2. 釘宮3大スターが「シャナ」「ルイズ」「神楽」になっていた。
    • 08年秋に「手乗りタイガー」になった。
    • そういえばマリみての「松平瞳子」とか、りぜるまいんの「岩城りぜる」もいたな・・・
  3. 当然、2年目は制作されない。
  4. TX日曜10時枠はこの作品で廃枠になっていた。
    • 平野綾なら視聴率が見込めると考え、予定通り「絶チル」をやったんじゃないかな?
  5. 畑健二郎は久米田康治のアシスタントに復帰していた。
  6. サンデーにオタク系まんがが連載されにくくなった。
    • 神のみも別の雑誌(チャンピオン辺り?)で連載する羽目に。
  7. ネギまと一緒に映画をやる事は無かった。
  8. 白石涼子は有名になれない。
    • ネギま!の楓かまほらばの白鳥くんという認識。
    • 「SKET DANCE」のヒメコあたりでブレイク?
      • いや、「絶チル」の野上葵役あたりでブレイクしていただろう。
    • 松来未祐はどうなるの?
  9. 『ハヤテ(はやて)』といえば、昔の流行病を意味する「疾風」か、東北新幹線という認識だった。
  10. 畑健二郎と浅野真澄が関係を持つこともなかったため、「それが声優!」は世に出なかった。

破裏拳ポリマー[編集 | ソースを編集]

  1. 本作以前に放送されていた『アニメンタリー 決断』の不振もあり、「タツノコアニメをフジテレビ系以外で放送するとコケる」というジンクスができていた。
    • 同時にNETテレビ(現:テレビ朝日)で放送のタツノコアニメは本作限りとなり、『宇宙の騎士テッカマン』は制作されなかった。
      • 『光の伝説』は他局で放送されていたか、史実通りテレ朝で放送されたとしても別の制作会社で作られていた。
  2. 本作の影響を大きく受けた『ヤットデタマン』は制作されなかったか、あったとしても内容が大きく変わっていた。
    • 曽我部和行(後の曽我部和恭)が時ワタル/ヤットデタマン役を演じる事もなかった。
  3. OVA化はおろか、実写映画化もなかった。
  4. 『タイムボカン王道復古』や『タツノコ VS. CAPCOM』などにポリマーが登場する事はなかった。

はれときどきぶた(テレビアニメ)[編集 | ソースを編集]

  1. 児童文学のアニメは鬼門となり『かいけつゾロリ』などは放送されなかった。
    • それはあまり関係ないと思うが。
  2. 火曜18時台後半枠に移動する事はなく、1998年3月に放送を終了していた。
  3. SPE・ビジュアルワークス(現・アニプレックス)が関わったテレ東アニメは本作限りだった(厳密には『こどものおもちゃ」もあるけど)。
    • その場合『NARUTO』や『BLEACH』、『銀魂』などは他局で放送されていた。
  4. 間宮くるみのブレイクは「とっとこハム太郎」まで遅れるか?
    • むしろ間宮くるみのデビュー作と言う事だけが注目されそう。
    • ワタナベシンイチもメジャーにならなかった。

パワーパフガールズ[編集 | ソースを編集]

  1. カートゥーンネットワークの看板は何になった?
  2. 「出ましたっ!パワパフガールズZ」はない。
  3. バブルス役の南里侑香はブレイクしていない。
    • 小堺一機や林家正蔵のキャリアにはあまり影響しないか。

HUNTER×HUNTER[編集 | ソースを編集]

フジテレビ版[編集 | ソースを編集]

  1. 続編のOVAが作られることはなかった。
  2. リメイクされることはなかった。
  3. フジテレビ土曜夕方6時30分枠のアニメ枠は史実より早く消滅していた。

日本テレビ版[編集 | ソースを編集]

史実では最後の1年間の放送は深夜枠に回されながらも3年間の放送を全う出来ましたが、仮に大コケして1年で打ち切られていたら

  1. 声優や制作会社の変更が失敗の原因とファンから話される
  2. 99年版では未映像化であり比較的評判の良い蟻編が制作されないので日テレ版は黒歴史レベルになっていた
  3. 場合によっては原作の連載にも悪影響を与えていた
    • 休載からの再連載は「週刊少年ジャンプ」ではなくDグレイマンのように「ジャンプSQ.CROWN」での連載になっていたかも・・・
  4. 潘めぐみのブレイクが遅れていた。
  5. 「僕のヒーローアカデミア」もTBS系列から日テレ系列に移ることはなかったかもしれない。

BanGDream![編集 | ソースを編集]

「ヒットしていたら」の項目にもありますが、ここでは史実以上に大コケしていた場合を想定します。

  1. 武道館公演は中止されていたか、規模を縮小して開催されていた。
  2. ガルパは早々とサービス終了していた。
  3. 2018年のTOKYO MXの正月特番は変わっていた。
  4. 再放送は史実より少なかった。
  5. けものフレンズ』のメディア展開は史実より慎重になっていた。
    • たつき監督の続投は確実だった。
      • 正確には「ヤオヨロズの続投」な。
  6. ブシロードのクロスメディアは大きく見直されることになった。
    • 前にやっていた『ラクエンロジック』の大失敗もあり、最悪の場合、メディア展開の縮小もあり得たかもしれない。
      • アルゴナビスやD4DJは世に出ることすら無かった。
      • ヴァンガードや新日本プロレス等に関しては何も影響は・・・無いか。
  7. 遠藤ゆりか以外にも声優を引退する人が続出していた。
  8. 「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」のアニメ版も引き続きTOKYO MXでの放送だった。
    • というか、そもそもレヴュースタァライト自体企画されていたかどうか怪しくなっていた。
もしあのアニメが大ヒット
していなかったら い~え く~こ す~そ
ち~て な~の ふ~ほ み~も や~よ ら~わ
特撮円谷プロ/東映/ライダー/戦隊1990年代以前2000年代
していたら
ち・つ な~の
へ・ほ み~も や~よ ら・り る~ろ
特撮東映円谷プロ)/ライダー/戦隊/メタルヒーロー