もしあのプロ野球選手が現実以上に活躍していたら/は行

提供:chakuwiki

もしあのプロ野球選手が現実以上に活躍していたら > は行

鳴り物入りでプロ入りしたけれどあまり活躍できなかった選手、あるいは短い期間しか活躍できなかった選手、はたまたプロ野球選手を辞めたあと他のスポーツなどで活躍した選手が、もしプロ野球選手として成功していたらどうなったかを考える。

[編集 | ソースを編集]

蓜島久美[編集 | ソースを編集]

  1. 野村克也のとポジション争いで強肩が強みとしていた。
  2. 大洋移籍後のブレイクなら結果的に名捕手となれたか。
  3. 大宮高校の知名度が上がった。

萩原淳[編集 | ソースを編集]

  1. 野手から投手にコンバートされた数少ない選手として注目された。
    • 投打両方で活躍出来てた場合、大谷翔平より先に二刀流選手が誕生したことになっていた。
  2. 途中から日本ハムへ移籍することもなかったかもしれない。
    • 引退までオリックスでプレー。

萩原誠[編集 | ソースを編集]

  1. 1990年代の阪神が外国人野手を採っては1年でクビにする、ということはなかった。
    • 阪神で「ダメ外人」といえば今でもスタントンやオルセンだった。
  2. 阪神では貴重な1973年生まれの選手となっていた。(イチローや三浦大輔などと同世代)
    • 阪神で1973年生まれの選手はいることはいるが有力選手が思いつかない(1968年生や1976年生と比較すればわかる)。
  3. 1990年代の阪神の成績はもっとましだった。
    • ひょっとしたら1992年は優勝、1993~2002年の間にも何度か優勝している。
  4. 今岡の入団後は彼とともに「W誠」と呼ばれるようになっていた。
  5. 彼は大阪出身なので、「地元の星だ!」とファンが喜んでいた。
    • 出身校の大阪桐蔭も現実以上に強豪化し、90年代後半にはPL学園から覇権を奪っていた。
      • 松坂大輔擁する横浜と死闘を繰り広げたのも大阪桐蔭だった。
      • 1991年から2008年の間にも何度か優勝していて、その間の大阪勢の低迷もなかった。
      • 前田健太はPLではなく大阪桐蔭に進学していたかも。
  6. 登録名はずっと「萩原誠」だった。
  7. 「背番号31の重み」「背番号31の呪い」とネタにされることもない。

橋本清[編集 | ソースを編集]

  1. 江川氏の背番号を継いだのは伊達じゃないと評された。
  2. 進む予定だった本田技研としては逃した魚は大きいとされたか。
  3. 90年代後半の投壊はなかったか。
  4. PL学園の後輩の入来弟といいコンビとなり、ダイエーに移籍する事はなかったか。
  5. 引退後にあんな事にならなかったと思いたいし、そうなった場合の取り上げ方も大きくなった。

長谷川滋利[編集 | ソースを編集]

メジャーでも先発でもっと活躍できていたら。

  1. 野茂みたいに日米通産200勝を達成していたかもしれない。
  2. バイリンガルエースとしても史実以上に注目されていた。
  3. 日本人初のメジャー投手コーチ就任もあったのかもしれない。

長谷川昌幸[編集 | ソースを編集]

  1. 広島は史実より早く暗黒時代を脱出できた。
    • 広島初の三連覇にも貢献できた。
  2. オリックスへのトレードはなく引退まで広島でプレー。
    • もしくはメジャーに移籍していた。
  3. 背番号も42に変更していなかったかも。

秦裕二[編集 | ソースを編集]

  1. 2000年代から2010年代にかけてのベイスターズの投手陣を支えていた。
    • 暗黒時代の成績も史実より良くなっていた。
  2. 須田幸太や井納翔一のブレイクが遅れていたかも?
  3. 2020年代前半までは現役を続けていた。

畠山準[編集 | ソースを編集]

  1. 二刀流選手として史実以上にもてはやされて……ないだろうな。普通に活躍したら投手のままで現役を終えた可能性が高いから。
    • 二刀流で成功した場合、大谷翔平関係で嘉瀬敏弘以上に出番が増えていた。
  2. そもそも大洋(横浜)に移籍していないまま、南海(ダイエー)のまま現役生活を全うしていた。
  3. 史実に引退した1999年より先にホークスは暗黒時代を脱出し、優勝していたかも。
  4. 「おそ松くん」及び「おそ松さん」に出演していたかも(ニックネームがハタ坊、ハッチだった)?
    • あるいはやくみつる(はた山ハッチ)のネタにもっと多く登場していた?

羽生田忠克[編集 | ソースを編集]

  1. 黄金期の西武で秋山幸二・平野謙と共に鉄壁外野陣を形成していた。
  2. 闇カジノで多額の借金を抱えることもなかっただろう。
  3. 場合によっては、羽生善治や羽生結弦との対談も実現していた?
  4. 元祖レーザービームとして現実以上に有名となっていた。

馬場正平[編集 | ソースを編集]

あえて本名で

  1. 巨人から移籍後の大洋で大活躍することになるので、「馬場=大洋」という図式になっていた。
    • 1962年にも大洋がリーグ優勝したかもしれない(史実では阪神が優勝し大洋は2位)。
  2. その後の日本プロレス史が現実とかなり異なっていた。
    • BI砲や全日も誕生しない。
    • 力道山の死とともに、プロレスはマイナースポーツになっていた。
  3. 引退後にタレント活動する際も、本名を名乗っていた。
    • あるいは、ジャイアン馬場。
      • 上の例で考えれば「ホエールズ馬場」だよなあ・・・。
      • 鯨にしても巨体なので「ホエール馬場」とかなら有り得そう。
    • または野球指導者の道を歩んでいた。
      • どこかで監督に就任する機会もあったかもしれない。
      • 地元の新潟アルビレックスBCの初代監督を務めていた可能性も。
    • またはベイスターズ関連で、TBS専属の野球解説者になっていた。
  4. 60過ぎて現役というのは有り得ないので、癌を早期に発見できていた可能性も。

浜田一夫[編集 | ソースを編集]

  1. 80年代から90年代にかけての中日で先発として活躍していた。
    • 1994年にリーグ優勝を果たしていたかもしれない。
  2. 韓国でプレーすることもなかった。

林泰宏[編集 | ソースを編集]

  1. 当然、証券会社の社長になどなっていない。
  2. 妻であった黒木真由美はもっと有名になっていた。
    • そもそも離婚しなかったかも。

原辰徳[編集 | ソースを編集]

  1. ONの後継者として史実以上に高く評価された。
  2. だがその結果松井秀喜が「王・長嶋の後を立派に受け継いだ原辰徳の後継なのに」と史実以上に叩かれそう。
  3. 現役が史実より長くなった結果原俊介と現役期間がダブり、史実より「原辰」の呼び名が定着した?
  4. 現役引退即監督就任はありえないので、監督就任はむしろ遅れた可能性がある。
    • 長嶋茂雄監督退任が史実通りだった場合、2002年からの監督は誰だったか?
    • まあ単純に解説者にならずコーチ就任、そのまま監督になっていた可能性もあるが。

原俊介[編集 | ソースを編集]

  1. 阿部慎之助の指名はなかったか。
  2. 背番号昇格があったら村田真一のあとの9か、史実で阿部が背負っていた10。
  3. 同じ年の中日外れ外れ1位荒木雅博と史実以上に比較された?

波留敏夫[編集 | ソースを編集]

  1. 中日やロッテへのトレードはなく、引退まで横浜でプレー。
    • DeNAに買収される頃まで現役かは微妙。
  2. 横浜は2000年代にも優勝できてた。
  3. 中日移籍が史実通りなら、2004年以降のリーグ優勝にも貢献していた。
  4. 女優の波瑠が現実以上に注目されていた。

パンチ佐藤(佐藤和弘)[編集 | ソースを編集]

  1. 仰木監督の引退勧告を糧にして主にDHや代打の切り札として活躍。95-96年連覇のシーズンも活躍。震災後の神戸を明るく励ましている。
  2. イチローとパンチのコンビが長く続いている。
    • タレント転身はしていない。
      • したとしても史実よりだいぶ遅れていた。
  3. 「下痢するまで飲みたいです。」は史実以上の名言(迷言?)となっていた。

板東英二[編集 | ソースを編集]

  1. 60〜70年代の中日の大ストッパーとして長くに渡り君臨していた。
    • 「権藤、権藤、雨、板東、雨、雨、権藤、雨、板東」という流行語になっていた。
  2. 現実の第一次星野監督時代の時期に中日の監督に就任していた。
    • 長嶋茂雄や王貞治率いる巨人軍の強力なライバルとなっていた。
  3. タレントなんてやってなかったかも・・・
    • 「燃えよドラゴンズ!」は山本正之自ら歌っており、第1作の歌詞には「板東」が登場した。
    • タレントになっていても、野球関係の仕事が多くなっており、若い世代からお笑い芸人と勘違いされることもない。
  4. 現役時代から事業に手を出していたために思うような活躍ができなかったので、現実以上の活躍なら副業などもやっていないはず。
    • 島田紳助も彼から手解きを受けていないので、同様に副業はしていなかった。
      • 副業をしていなかったら、紳助は2011年8月に黒い交際が発覚した時には芸能界を引退せず再び「謹慎」となっていた。
  5. ゆで卵協会の名誉会長就任。
    • 中日ファンの間で現実以上にゆで卵ブームが起こっていたかも。
  6. 「マジカル頭脳パワー!!」で所ジョージが「司会が下手で進行が悪い、野球バカだったのでただのバカになった」と答えることはなかった。
    • って言うか「マジカル頭脳パワー!!」の司会は誰になる?
  7. 同じ徳島出身の川上憲伸がドラゴンズに入団した際に史実以上に話題になっていた。あるいは川上が入団した時の監督が板東英二だったかも。別の意味でもだが……

[編集 | ソースを編集]

樋口賢[編集 | ソースを編集]

  1. 数少ないイギリス人とのハーフのプロ野球選手として注目されていた。
    • イギリスのプロ野球リーグも設立されたのかもしれない。
  2. 中日の樋口は活躍できないイメージで見られることもなかった。
  3. 尾堂商業高校出身のプロ野球選手は活躍できなくなるイメージで見られることもなかった。
    • 尾堂商業高校からプロ入りする選手も樋口以降も増えていた。

樋口龍美[編集 | ソースを編集]

  1. 中日の左の先発として2010年代前半(時期としては落合監督の退任ぐらい)まで活躍していた。
  2. チェン・ウェインの背番号は違う番号になっていた。

日野善朗[編集 | ソースを編集]

  1. 石井琢朗(旧名:忠徳)は野手に転向せず、投手のままだった。
  2. 少なくとも「ファミスタ」シリーズに未登場のまま現役引退なんてことにはならなかっただろう。
    • 当時のファミスタは実名じゃなかったため、ナムコスターズに「ぴの」がいるせいで彼が出せなかったという噂もあったらしい。

一二三慎太[編集 | ソースを編集]

  1. 打者転向後にブレイクした場合、第二の糸井や第二の福浦の異名をもらっていたのかもしれない。
  2. 石川ミリオンスターズへの移籍はなかった。
  3. 加藤一二三とのひふみん対談が行われていたのかもしれない。
  4. パチンコ・スロット123のCMに出演したかも。

平井正史[編集 | ソースを編集]

  1. 中日への移籍もなく、中継ぎ転向もなかったかもしれない。
    • もし中日に移籍して守護神になっていた場合、岩瀬仁樹は抑えに転向しなかったか遅れていた。
    • 山﨑武司の移籍先が異なっていた。
  2. おそらく100勝100セーブは達成していた。
  3. オリックスの33はエースナンバーか守護神ナンバーになってた。
  4. 少なくともオリックスは2000年以降も優勝できていた。

平石洋介[編集 | ソースを編集]

  1. 2013年のリーグ優勝・日本一に貢献していた。
    • それ以前にFA権を行使して地元に近いソフトバンクへ移籍していたかも?
  2. ポジションが被る鉄平や牧田明久のブレイクが遅れていた。
  3. 楽天の監督就任の時期は史実より遅れていたかもしれない。

平田洋[編集 | ソースを編集]

  1. 90年代から2000年代にかけての中日で先発投手として活躍。
    • 2004年・2006年は日本一になり、1998年・2000年・2002年の段階で優勝していたかも。
    • 平田良介はしばらく「平田良」となっていた。
      • 引退後もコーチとしてチームに残った結果ずっと「平田良」だったりして。
  2. 川上憲伸の背番号は違う番号になっていた。
  3. 近鉄への移籍は無かった。

平田良介[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん引退試合はまともに行われている。
  2. 2010、2011年の中日は日本一になっていたかも。
    • 2013年以降の暗黒時代もないか少しはましになっている。
      • 燃えよドラゴンズ2014だけでなく、令和の激励版でも4番(史実では1番)だったかも。
  3. 史実以上に大島洋平と比肩されていた。
  4. 藤井聡太登場後、将棋ネタで丸佳浩以上に出番が増えていた。
  5. ただ史実以上に活躍した結果FAで阪神とかに行ってたりして?

平本学[編集 | ソースを編集]

  1. ロケットボーイズの3人目として、2009年現在も活躍している。
  2. 林昌勇はヤクルトに入団できず、中日かロッテでプレーしていた。
  3. 村中恭兵の背番号は違う番号になっていた。

広田庄司[編集 | ソースを編集]

  1. 2000年代のホークス投手陣を支えていた。
  2. 杉内俊哉のブレイクが遅れていた。
  3. FAを行使して地元に近い中日へ移籍していたかもしれない。

広永益隆[編集 | ソースを編集]

  1. ヤクルトやオリックスに移籍することはなく、ホークス一筋で現役を終えていた。
    • 2004年のホークスの球団譲渡を見届けて引退していたかもしれない。
  2. 「メモリアルアーチ男」の異名が更に有名になっていた?

桧山泰浩[編集 | ソースを編集]

  1. 右の先発投手として1990年代の近鉄で活躍。
    • 同時期に近鉄は1回か2回はリーグ優勝を果たせていた。
  2. 山崎慎太郎のブレイクが遅れていた。
    • 場合によっては野茂英雄や高村祐らの獲得も無かったかもしれない。
  3. 近鉄の球団合併と同時に現役を引退していたか。
    • 引き続き高校の先輩である仰木彬監督率いるオリックスでプレイ……してないか、その時38歳だから。
      • していた場合、引退後そのままオリックスのコーチに就任していた?
  4. 引退後に司法書士へ転身することはなかったかも?
  5. 阪神に移籍して2つ年下の桧山進次郎と一緒にプレイして「桧山泰」と呼ばれていたかも?
    • 横浜に移籍してやはり2つ年下の小桧山雅仁と一緒に……はないか。
  6. 同じ在日韓国人である光山英和にも影響を与えていた?

[編集 | ソースを編集]

吹石徳一[編集 | ソースを編集]

  1. 1988年は近鉄が優勝していた。
    • 翌年も現役を続行。
  2. 近鉄の監督に就任していた。
  3. 娘・吹石一恵の印象は薄かった。
    • 福山雅治とも結婚をしてなかった。
      • 一般の人と結婚していた。
    • 彼女自身現実ほどブレイクしていたか怪しい。
    • あるいは現実以上に二世タレントとして注目されていた。

福井敬冶[編集 | ソースを編集]

  1. FULL JUMPがネタにされなかった。
  2. 広島移籍、芸人転向はなかった。
  3. 清水のつけていた35に改め、それが出世番号となり、また、ミセリの背番号も違っていたか。

福地寿樹[編集 | ソースを編集]

広島時代に大成していたら。

  1. 盗塁王獲得ももっと早かった。
    • 400盗塁も達成できたかもしれない。
  2. 青木勇人とのトレードの相手が異なっていた。

福盛和男[編集 | ソースを編集]

先発で活躍していたら。
  1. 近鉄へのトレードはなかったかも。
    • 後に楽天へ移籍することもなかったかも。
      • 楽天の守護神は最初から小山伸一郎だったかも。
  2. 横浜は2000年代にも優勝できてたかもしれない。
    • 暗黒時代も史実ほどひどくはなかったかも。
近鉄や楽天移籍後も抑えでもっと活躍していたら。
  1. 楽天初の最多セーブは松井裕樹じゃなくて福盛和男だったかも。
  2. メジャー移籍後や楽天復帰後の成績も史実以上だった。
  3. 史実より長く現役を続けていたので、楽天初の日本一にも貢献できた。

福山龍太郎[編集 | ソースを編集]

  1. 左の先発投手として2000年代のホークスで活躍していた。
    • 2004年と2005年はプレーオフを勝ち上がっていたかもしれない。
  2. 2002年のドラフトで和田毅と杉内俊哉を揃って獲得することは無かった。

藤王康晴[編集 | ソースを編集]

  1. 中日の強打者として80年代後半~90年代の強竜打線の一角をなしていた。
  2. 80年代後半の落合もしくはゲーリーの獲得はなかった。
  3. 山崎と共に「地元の星」としてファンに応援されていた。
  4. 引退後暴行事件を起こした際史実以上に大バッシングを受けてた。
    • そもそも事件を起こさなかったかもしれない。
  5. 背番号1が藤王のものとして固定された場合、後の福留孝介の背番号も史実と変わっていた。
  6. もちろん矢場とんブースターズの監督にならなかった。

藤川球児[編集 | ソースを編集]

メジャーで成功していたら。

  1. 抑えでメジャー挑戦した高津臣吾や佐々木主浩といい意味で比較された。
  2. 日米通産250セーブも達成していた。
    • 当然ながら名球会入りも早まっていた。
  3. 阪神復帰も抑えだった。

藤﨑紘範[編集 | ソースを編集]

  1. 2005年の開幕2戦目でボコボコに打ち込まれることは無かった。
  2. 2010年代中盤までは現役を続けていたか。
  3. 石川賢や勧野甲輝の背番号は違う番号になっていた。

藤沢哲也[編集 | ソースを編集]

  1. 大型左腕として1970年代後半から1980年代前半にかけての中日で活躍していた。
    • 都裕次郎の獲得は無かったかもしれない。
  2. 1982年のリーグ優勝に貢献していた。
    • 同年の日本シリーズで中日は28年ぶりの日本一を達成していたかも?
    • 中利夫監督時代の成績も多少は良くなっていた。
  3. 南海へは移籍せず、1980年代後半か1990年代前半に現役を引退していた。
    • もしかしたら1988年のリーグ優勝を見届けて引退していたかもしれない。

藤島誠剛[編集 | ソースを編集]

  1. タクシー運転手への転職はなかった。
  2. 上手くいけば日本ハム初の三冠王になってたかもしれない。
  3. ナイジェル・ウィルソンやDTクローマーを獲得しなかったかもしれない。
  4. 「ジャイアン」というあだ名もあるため、登場曲にジャイアンの歌が使われたかもしれない。
    • 同じく「ジャイアン」というあだ名の山崎武司とのジャイアン対決が見られた。
    • たてかべ和也や木村昴とのジャイアン対談も行われたかもしれない。
  5. 少なくとも1996年と1998年はリーグ優勝できていた。

藤田太陽[編集 | ソースを編集]

  1. 右の先発投手として2010年代中盤ぐらいまで活躍していた。
  2. 阪神は2000年代のうちにもう一回ぐらいは優勝できていた。
  3. 西武やヤクルトへ移籍することもなかった。
  4. 藤原正典の背番号は違う番号になっていた。
  5. 「4位赤星、ハア?」の名声もいくらかましになっていた?

藤村大介[編集 | ソースを編集]

  1. 盗塁王を皮切りに仁志以来の巨人で計算できる二塁手となれていた。
    • 片岡易之は巨人に移籍せず脇谷亮太のFAによる巨人復帰も無かった。
      • 吉川尚輝のブレイクが遅れていた。
  2. 切り込み隊長として貢献できていたか。
  3. 現役を長く続けていれば「球界初の平成生まれのコーチ」にはなっていなかった。

二神一人[編集 | ソースを編集]

  1. 背番号18のはく奪はなかった。
  2. 初勝利を挙げ、その後も勝ち星を量産しエースに成長していた。
  3. 阪神は2010年代に一回は優勝出来ていた。

舩木聖士[編集 | ソースを編集]

  1. 1990年代後半から2000年代前半までの阪神投手陣を支えていた。
  2. 同時期の阪神の成績も史実より良くなっていた。
    • 少なくとも1996年の阪神は最下位を脱出していた。藤田平監督もシーズン終了後まで指揮を執っていたかも?
    • 2003年のリーグ優勝にも貢献していた。
  3. 阪神ファンから「1995年のドラフトは舩木だけ当たりだった」と言われる。
  4. ロッテへの移籍は無かった。

古川慎一[編集 | ソースを編集]

  1. ロッテの主力打者として活躍。
    • 有藤監督時代の成績も史実より良くなっていた。
    • 1990年代後半ぐらいまでは現役を続けていた。
  2. 平井光親のブレイクが遅れていた。
    • 1991年のパ・リーグの首位打者のタイトルは松永浩美(オリックス、史実では平井に4毛差で届かず2位)が獲得していたかもしれない。
  3. 2年目(1987年)の阪急戦での手首への死球が無かったら…。

古木克明[編集 | ソースを編集]

もし、ちゃんと、守備ができるほど活躍していたら・・・

  1. ライバルの村田修一と史実以上に激しくデッドヒートしていた。
  2. 2005年、小池正晃との定位置争いに敗れることはなかった。
  3. 2007年にトレードでオリックスに行くことはなかった。
    • オリックスを戦力外になった後、格闘家になることもなかった。
  4. つまり、≒もし「古木あーっと事件」がなかったら と言える。
  5. 22本塁打37打点という超極端な数字にもならなかったはず。

古城茂幸[編集 | ソースを編集]

  1. (父の好きな)巨人への移籍はなかったかも。
    • もしくはFAで移籍していた。
  2. 日本ハムは背番号0を永久欠番にすることはなかったはず。
  3. 「振り向けば古城」が流行語になっていた。

[編集 | ソースを編集]

星野伸之[編集 | ソースを編集]

阪神でも活躍していたら。

  1. 200勝達成できてた。
  2. 2003年と2005年に阪神は優勝できてたか。
    • もしかしたら、どちらかの年に日本一になってた可能性もあったかも。
  3. 年齢を考えると40代前半には現役引退か。

星山忠弘[編集 | ソースを編集]

  1. 阪神のタフネスな中継ぎとして活躍。
  2. 大学の後輩の脇谷と巨人戦で対決していただろう。
  3. 1996年のドラフトは阪神にとって実史以上に大成功のドラフトとなっていた。
  4. 高波文一やジェロッド・リガンの背番号は違う番号になっていた。

細山田武史[編集 | ソースを編集]

  1. DeNAになっても正捕手として活躍。
    • ソフトバンクとの育成選手契約、トヨタ自動車野球部には所属していなかった。
  2. 嶺井、戸柱のブレイクは遅れていた。
  3. 大幅減俸による「松屋、吉野家で節約するしかないかも」という発言はなかった。
  4. (大学時代にバッテリーを組んでいた)斎藤佑樹か大石達也がDeNAに移籍していたかも。
    • 寧ろ、須田幸太との同級生バッテリーを売りにしていた。
  5. オリックスから伊藤光を獲得することはなかった。

関連項目[編集 | ソースを編集]

もしあのプロ野球選手が現実以上に活躍していたら
日本人 あ~い/う~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ
外国人 あ~こ/さ~の/は~わ