もしあの作品がゲーム化されたら

提供:chakuwiki

日本国内でゲーム機作品やソーシャルゲームとして発売されていないアニメ・ドラマ・映画・漫画・小説・自主制作ブラウザゲームなどが対象。

  • 項目の追加は五十音順でお願いします。
関連項目

あ行[編集 | ソースを編集]

AA OUT BREAK[編集 | ソースを編集]

AA OUT BREAK

  1. はたしてどこのゲームで発売されるのやら…。
  2. 2ちゃんねるが大騒ぎになる。そして鯖落ちに。

あたしンち[編集 | ソースを編集]

  1. サザエさん同様ミニゲーム集になるか?

あはれ!名作くん[編集 | ソースを編集]

ビットワールドの公式ホームページ内でミニゲームがプレイできますが、ここではコンシューマーゲームとして発売された場合を想定します。

  1. 作中に登場したゲームを収録したミニゲーム集になりそう。
  2. もしかしたらスマホゲームとしてリリースされるかも。

甘城ブリリアントパーク[編集 | ソースを編集]

  1. ジャンルは経営シミュレーションゲーム。
  2. アニメ版と同様、3ヶ月以内に達成すべき来園者数が25万人を超えないとゲームオーバー(いわゆる閉園)になる。

家なき子(日本テレビのドラマ)[編集 | ソースを編集]

  • ちなみに『聖龍伝説』はゲーム化が予定されていたが、諸事情で発売中止になった。
  1. このドラマをゲーム化するとなると…アドベンチャーゲームが一番無難かな?
  2. 現在の基準で原作を忠実に再現しようとすると間違いなくCERO:Zになりそう。

異世界おじさん[編集 | ソースを編集]

  1. おじさんの異世界の体験を振り返るRPGになる。
    • 随所にセガのゲームのネタも盛り込まれる。
      • ジャンル的にアクションRPGになりそう。
  2. 発売元はもちろんセガ。
    • ハードもセガならいうことなしだが…ドリームキャストならギリギリでありそう。
      • 無難なところでPS4、Switch、Steamあたりか。
    • レトロ感を強調するため、あえてゲームギア、メガドライブ、サターン風のグラフィック(ドット絵&ローポリ)にする。

ヴァンガードプリンセス[編集 | ソースを編集]

  1. exA-Arcadia基板でアーケード化というのが有力か。
    • もしくはプレイステーション4かニンテンドースイッチのダウンロードソフトとして発売されるとか。
  2. パンチラが非常に多いのでCERO:D指定以上は確実。
  3. 開発者が2022年現在消息不明というのが最大の障壁になるかもしれない。

ウォーターボーイズ[編集 | ソースを編集]

  1. 基本はアドベンチャー。シンクロナイズドスイミングはリズムゲーム。
  2. Wiiで発売し、Wii Fitを使用して、シンクロシーンをプレイ。
    • ただし、Wiiはプールの中に沈めてはいけない。

うごキャラランド[編集 | ソースを編集]

うごキャラランド(今はプレイ不可能)

  1. やはり任天堂のウェア系しか無い。
  2. うごキャラブームが再びくる。
    • うごメモなんか大騒ぎになっているだろう…。
  3. PC版のうごキャラランドも大発展。

エルフェンリート[編集 | ソースを編集]

  1. 女の子多いしサウンドノベルゲーになりそう。
    • ただ作者の倫タンこと岡本倫はエロゲ愛好家なのでもしかしたらJINKIのようにまさかのエロゲ進出になる可能性も…製作は倫タンの要望でkeyに。
  2. スプラッタなシーンも多いので当然DかZに。
  3. ゲームオリジナルキャラとして倫タンが考えたドジっ娘が新たに追加される。

炎炎ノ消防隊[編集 | ソースを編集]

  1. ニンテンドースイッチかプレイステーション5で発売される。
  2. 焔ビトを倒すアクションゲームになりそう。
  3. ステージのBGMはディザイア(弐ノ章ED)のアレンジ。

【推しの子】[編集 | ソースを編集]

  1. アドベンチャーゲームになる。
  2. 内容のせいでCERO Aにできない。
  3. アクアパートとルビーパートに分けられる。

おらおら学園[編集 | ソースを編集]

おらおら学園

  1. 育てゲームとなっていた。
    • 恐らく育てて強くなるゲーム系に。
  2. もちろんオンライン付き。
  3. ソニー系での発売になったらリアルになっていた。
    • 任天堂系はそのまま。

か行[編集 | ソースを編集]

怪奇大作戦[編集 | ソースを編集]

  1. 基本的にアドベンチャーゲーム。
  2. 当然「狂鬼人間」は外される。

怪獣8号[編集 | ソースを編集]

  1. まあ『地球防衛軍』と『モンスターハンター』を合わせたような作風になるだろうなあ…。
    • ワンパンマンよろしく怪獣8号が出てくるのが物凄く遅い。
      • あるいはスパロボの気力上げみたいに、カフカの状態で攻撃を当て続けてゲージを溜めることで変身できるようになる。
    • 怪獣によっては「ミナの砲撃地点まで誘導せよ」「マップ上に記された建物を先に占拠せよ」といった勝利条件が付く。
  2. 試合形式ということで隊員同士での格闘モード、あるいはデータ上の再現ということで等身大怪獣(今の状態だと9号、10号、15号しか登場しなさそう)との演習も付く。これなら同キャラ戦闘も可能だろう。
    • 恐らくミナは遠距離オンリーなので格闘モードには登場しない。
  3. 「君の考えた怪獣」「君の考えた防衛隊の武器」を募集しそうな気がする。
  4. 或いは低予算と割り切ってスパロボ方式のSRPGにする。(たぶん携帯機ではなくソシャゲになりそう)

仮面ライダーSPIRITS[編集 | ソースを編集]

  1. 無理だろうなあ
  2. ボイスなしのソーシャルゲームとかであれば、おそらく3Dアクションになるかと思われる。
    • 滝ライダーVS蝙蝠兵士がおそらくチュートリアル戦。負けバトルのペトレスク神父戦が入って、本郷登場。

キイハンター[編集 | ソースを編集]

  1. 推理パートとアクションパートに分かれている。
  2. 欠番の回は当然外される。
    • それ以前にゲーム化できる回が限られているのでは…

キャンディ・キャンディ[編集 | ソースを編集]

  1. ジャンルはアドベンチャーゲームが一番無難か?
  2. ストーリーはアニメ版に準じる。
  3. 1980~90年代ならともかく、今の時代では大人の事情が絡むため発売は難しいか。

くそみそテクニック[編集 | ソースを編集]

  1. 炎多留みたいな男性同士の恋愛ゲームになってる。
  2. 若しくはどきどき魔女神判!の男版になってる。
  3. ケツの中のションベンシーンでは腹ン中をパンパンにするためボタン連打。

クッキングパパ[編集 | ソースを編集]

  1. なぜか落ち物系のパズルゲームになっている。
  2. クリアすると登場した料理のレシピを入手できる。

くまのプーさんのホームランダービー![編集 | ソースを編集]

  • もしこれ自体がゲーム機作品として発売されたら?
  1. 任天堂ハードのダウンロードソフトでの発売になるか?
  2. 言うなまでもなくニコニコ動画や2ちゃんねるはお祭り騒ぎに。
  3. PC版に比べて簡単な設定になり、子供も遊びやすいゲームとなっていただろう。
  4. ディズニーが版権にうるさいので、別キャラに差し替えられる。

黒魔女さんが通る[編集 | ソースを編集]

  1. コナミのアーケードゲーム『アステリクス』風の、笑いあり涙ありなアクションゲームになっている。
    • そしてチョコとギュービッドの2人協力プレイ可能。

ゲーム機大戦[編集 | ソースを編集]

  1. ハードは現役3社から見て公平を期すためにドリキャス……あれ?
    • 少なくとも現役のハードから発売されることはマルチ含め、まずないであろう。
      • ということでSteam専売でリリースされる。
  2. ジャンルは戦略シミュ。
  3. 少なくとも任天堂・ソニー・セガシナリオは確実にある。
  4. もちろんルート分岐もある。
  5. 複数のハードメーカーが絡むため、発売は難しいか。

刑務所の中[編集 | ソースを編集]

  1. ジャンルは多分ADV。
    • 札幌刑務所を舞台に、決められた期間内の懲役生活を追体験する…とか。
    • 模範囚になる=刑期短縮でプレイ時間が短くなるんだろうか。
  2. 「そういうダイオキシン人間は、どんどん殺した方が世のため人のためだね」など危険なセリフが削られ、作品ファンが怒る事態になりそう。
  3. 封筒折りや鎌倉彫りが、ミニゲームで再現。

激突要塞![編集 | ソースを編集]

激突要塞!+

  1. 任天堂のウェア系で発売される?
  2. オンラインで他の人が作ったユニットと対戦する事が出来る。

ケムリクサ[編集 | ソースを編集]

  1. おそらくジャンルはADVになりそう。
    • 虫と戦う、アクションアドベンチャーやアクションRPGでも行ける。
  2. 主人公はわかば。
  3. 親密度を上げるとルート分岐する。
    • りんルート、りつルート、りなルートなどが存在。
    • 赤い木を倒せたか否かも含む。
  4. 逆に親密度が低かったり赤い木を倒せなかったらバッドエンドに。
    • りんとの親密度が低すぎた場合途中で"処理"されてしまう。そこでゲームオーバー。

こえだちゃん[編集 | ソースを編集]

  1. 任天堂ハードしか発売しないかも。
  2. こえだちゃんはゲーマーでの反応を見せてくれるのでしょうか?
    • しかしタカラトミーはゲーム事業を撤退したため、デビューから最後まで姿を見せてくれませんでした
  3. 内容はどうぶつの森やたまごっちの様なクリアが存在しないゲームになるかも。
    • じゃんけんや物集めを課題としたミニゲームになる。
  4. 幼女向けのゲームとして話題になる。
  5. ボイスが収録してるかも。
  6. 限定生産は色違いこえだちゃんの人形が収録してるかも。

ここたまシリーズ[編集 | ソースを編集]

  1. メーカーはバンナム。
  2. パズルゲームかミニゲーム集になりそう。

粉遊び[編集 | ソースを編集]

粉遊び2

  • スマホではゲーム化していますが、もしゲーム機でも発売されていたら?
  1. やはり、任天堂のウェア系で発売になるだろうか?
  2. PCの連動はあるのか?

さ行[編集 | ソースを編集]

サザエさん[編集 | ソースを編集]

  1. ミニゲーム集になりそう。
    • むしろ人生ゲームとして発売されていた。
    • 波平&カツオを操作し、逃げ回るカツオを捕まえ、「バカモーン!砲」で倒すミニゲームになる。
  2. イクラを操作し、タイミングよく「ハーイ」「バブー」「チャーン」とツッコミを入れるミニゲームになる。
  3. 長谷川町子美術館の許可を取るのに難航するのでは…
  4. =「もしサザエさんバス事件がなかったら」である。
  5. なぜか格闘ゲームになる。

しまじろう[編集 | ソースを編集]

  1. 果たしてベネッセがどの様な顔を見せるか?
  2. 恐らくパズルゲームとかクイズゲームみたいな感じになる。
  3. 進研ゼミのDSソフトの如く、こどもちゃれんじの付録になる。

ショムニ[編集 | ソースを編集]

  1. 基本はアドベンチャー。
  2. ドラマ版ベース…は色々面倒そうだし、原作ベースだろうか。

SHIROBAKO[編集 | ソースを編集]

  1. アニメ制作会社「武蔵野アニメーション」の経営シミュレーションとかになりそう。
  2. 主人公は武蔵野アニメーションの制作進行になって原画を回収したり、スケジュール管理に忙殺される、アドベンチャーゲームとかもあり。

人生オワタの大冒険[編集 | ソースを編集]

人生オワタの大冒険

  1. ニコニコでネタにされる。
    • 2ちゃんねるも大騒ぎに。
  2. 多分発売されるとしたら任天堂のウェア系しかない。
  3. マリオのパクリじゃねぇかと叩かれる。
  4. PC版より難しい設定になっていたかも。

人造人間キカイダー[編集 | ソースを編集]

  1. 版権は間違いなくバンナム。
  2. ジャンルはダークロボットやアンドロイドマン相手の無双アクションかなあ?
  3. 容量によっては途中で01編に入るかもしれない。
    • 一方ハカイダーやRebootは触れもされない。

陣内智則のコント[編集 | ソースを編集]

  1. 陣内智則のコントを再現したミニゲーム集になりそう。
    • クッキングナビに従ってカレーを作るシミュレーションゲーム。
    • ナンシーを攻略する恋愛ゲーム。
    • バカ田小学校を舞台とするアクションゲーム。
  2. 開発元はコナミ、もしくはSEGA。
    • 陣内仕様の桃太郎電鉄orぷよぷよも収録される。
  3. 間違いなく本人がコントのネタにする。
  4. 何故かファイナルソードも収録される。

スクライド[編集 | ソースを編集]

  • ヒーローズファンタジアやスパロボへの参戦はあるが、ここでは作品単独でゲーム化されたら?と仮定。
  1. 発売は間違いなくバンナムだろう。
  2. ジャンルはアクションRPGか格闘ゲーム。
  3. ストーリーは原作に忠実。
  4. 主題歌はアニメ版同様「Reckless fire」で決まりだろう。
  5. カズマと劉鳳のどちらを主役にするか最初に選べる。

聖痕のクェイサー[編集 | ソースを編集]

  1. ジャンルは格闘ゲーム?
  2. 戦闘の度に行われる授乳行為等の過激なシーンがあるため、発売されてもD区分は確実。

絶園のテンペスト[編集 | ソースを編集]

  1. ADVか格闘しか無理ではなかろうか。
  2. CEROはB以上確定。

たな行[編集 | ソースを編集]

タンタンの冒険旅行[編集 | ソースを編集]

  1. ドイツやフランスではゲームが発売されているらしい。
    • ヨーロッパではすでにスーパーファミコンとメガドライブで出てますよー。ちなみに内容は同じです。メガドラ版の参考動画
  2. ジャンルはアクション?
  3. ファンが「原作と違う!」と怒るシーンが多くなるのでは…

ちいかわ[編集 | ソースを編集]

  1. Switchで出す。
  2. RPGゲームだと「ちいかわ:弱い」「ハチワレ:普通」「うさぎ:強い」設定される。
    • ミニゲーム集だと「ちいかわ:かんたん」「ハチワレ:ふつう」「うさぎ:むずかしい」設定される。
  3. なぜか作者の別作品のキャラも登場する。
  4. バグや理不尽要素があると「ちいかわが泣き出すほど」「キメラが開発した」と言われる。

ちはやふる[編集 | ソースを編集]

  1. 内容は至って普通の百人一首ゲームになる。

チャージマン研![編集 | ソースを編集]

  1. 内容はシューティングアクションゲーム
    • アーケードゲーム風にガンシューにしてもいいかも。
      • でも難易度が後述の通りなので…。
    • タイガー・Mや不良少年と戦う際には格闘ゲームになる。
  2. キャストは舞台版のものか、アニメのものをライブラリで使用するか、もしくは新たに有名声優を起用するかである。
    • 研=山本和臣、キャロル=種崎敦美、バリカン=龍田直樹、魔王様=大塚明夫、あたりでいこう。
  3. 原作を完全再現。しかし、CEROはB区分かC区分扱いである。
  4. 条件によってはIFルートに進むことも可能。
  5. キチレコの下りは流石にカットされる。
    • 工場廃液と精神病院の話は無かったことにされそう。
      • ただしなぜか背景のモブにマッチョブラおじさんがいる。
  6. 主人公の強さを原作通りにした結果、デフォルトだと笑っちゃうくらい難易度が低い。
    • 恐らく一番低い難易度だと、戦闘始まってからすぐトイレに行って戻ってきたとしてもまだHPが全然減ってないくらいのヌルゲーになる。
    • 難易度調整で超強いジュラル星人VS貧弱な研という設定にもできる。
  7. ファミコン風の2Dアクションゲームになりそう。
  8. 言うまでもなくニコニコ動画でネタにされ、リリース直後に実況動画が投稿される。

デッドマン・ワンダーランド[編集 | ソースを編集]

  1. 人体損壊等の過激なグロテスク描写があるため、発売されてもD区分かZ区分は確実。


ナースのお仕事[編集 | ソースを編集]

  1. 主人公は朝倉いずみ。3Dアドベンチャー。
  2. あの土実父理をほかのナースに怒られるシーンがてんこもりだが、命にかかわる重病人に対してはしっかり仕事をこなす。
    • ↑「史実通り」では?
  3. CEROは[C」
    • 暴力やグロテスクなシーンはないが、点滴をさし違えたときの出血シーンはある。

日本沈没[編集 | ソースを編集]

  1. 「絶体絶命都市」のような雰囲気になりそう。
  2. ストーリーはオリジナル?
    • もしくは始めに1973年映画版、テレビドラマ版、2006年映画版が選択でき、クリアすると隠しシナリオが登場するというパターン。
    • テレビドラマ版のエンディングではテーマ曲「あしたの愛」が流れる。

呪いの館[編集 | ソースを編集]

  1. ニコニコでネタにされる。
    • 2ちゃんねるもお祭り騒ぎに。
  2. 任天堂のWiiUor3DSのダウンロードソフトとして発売される。
  3. こうなった

はま行[編集 | ソースを編集]

半沢直樹[編集 | ソースを編集]

  1. ジャンルはアドベンチャー。
  2. ストーリーはドラマ版と同じ?

ヒーロークロスライン[編集 | ソースを編集]

  1. ジャンルは格ゲー。
    • あるいはSTG。
  2. 発売元はカプコン。
    • もしくはバンダイナムコ。
  3. CVはドラマCD及びラジオドラマに基づく。
  4. ゲームオリジナルのヒーローが作られる。
  5. オープニングアニメーションは京アニかマッドハウスが手掛ける。

HEROMAN[編集 | ソースを編集]

  • 今の所ゲームに登場したのは『スーパーロボット大戦UX』のみ。
  1. やはりアクションゲームだろう。
    • ウィルやニック、ゴゴール、ミナミ等はボスとしてタイマンバトル。
    • 漫画版に登場した地球産スクラッグ三人衆も登場。
    • 打ち切られなければ続いていたIF展開なども描かれる。
      • オリジナルでスクラッグの作ったニセヒーローマンが出てくる、とか。
  2. なぜか音ゲー要素も入る。

風都探偵[編集 | ソースを編集]

  1. ジャンルはオープンワールドのアクションアドベンチャー。
    • 風都がオープンワールドで再現される。
  2. メーカーは勿論バンダイナムコ。
  3. 開発はKAMEN RIDER memory of heroezを手掛けたナツメアタリが担当する。
    • もしくはランカースとの共同開発になる。
  4. ハードはPS4独占になる。
    • 或いはPS5とのマルチになる。
  5. CVはKAMEN RIDER memory of heroez等のゲーム作品と同じ声優がキャスティングされる。
  6. オーズのキャラもゲスト参戦する。
    • CVはKAMEN RIDER memory of heroez等に基づく。
  7. ゲーム内アニメはアニメ版スカルマンを手掛けたボンズが制作する。

ぷにぷにの星[編集 | ソースを編集]

ぷにぷにの星

  1. 練習モードがあり、子供も遊びやすいゲームとなっていただろう。
  2. しかし、イマイチ難しいゲームとなっていたかも…。

ブラックチャンネル[編集 | ソースを編集]

  1. 販売元はバンダイナムコゲームズ。
  2. ジャンルはアクション。
  3. 他のコロコロ作品のキャラもどこかでゲスト出演している。
  4. Nintendo Switchでの発売となる。
  5. フルボイスだが、声優はやっぱり明かされない。
  6. キャッチコピーは「鬼ヤバゲーム、ここに誕生!」
  7. 「Plottオールスター全員登場」みたいな感じでメイドインワリオみたいなミニゲーム集というのもあり?

ポケットモンスター(アニメ版)[編集 | ソースを編集]

※この作品は株式会社ポケモンと任天堂より発売されているゲームを原作とするテレビアニメですが、ここではそのテレビアニメ自体が逆にゲーム化されていたらと仮定します。

  1. 主人公はサトシ。
  2. 任天堂系のハードで発売される。
  3. 間違いなく原作版ゲームと比較される。
  4. 原作版ゲームとの差別化を図るため、ジャンルはアクションまたはアドベンチャーに。

星探[編集 | ソースを編集]

星探

  1. 任天堂のウェア系で発売される。

ぼっち・ざ・ろっく![編集 | ソースを編集]

  1. 確実に音ゲー。
  2. 場合によってはアニメより先にSIDEROSが出るかも・・・?

まさおコンストラクション[編集 | ソースを編集]

まさおコンストラクション

  1. 3DSorWiiUでの発売になるか?
    • 少なくともソニー系での発売はない。
  2. 任天堂と株ポケから訴えられそう・・・。
    • むしろその任天堂から発売になるかもしれない。
    • 該当部分は無難に差し替えるだろうか。
  3. なんだかんだでニコニコなどでたちまち大人気に。

無個性戦隊○○レンジャー[編集 | ソースを編集]

無個性戦隊○○レンジャー

  1. 3DSで発売となるのか?
  2. はたして子供は買ってくれるだろうか?
  3. なんだかんだで東映から訴えられそう。

やらわ行[編集 | ソースを編集]

やるおクエスト[編集 | ソースを編集]

やるおクエスト6

  1. やはり、ニコニコでネタにされるだろう。
  2. スクウェア・エニックスは協力しないだろうか?
  3. 恐らくドラクエのような画面になっていそう。
  4. PS4で発売される。

ユニファイター[編集 | ソースを編集]

ユニファイターX

  1. 3DS、WiiU、PSvita、PS4での発売になる。
    • ぷよぷよテトリスのようなの発売になりそう。
  2. タイトルは「ユニファイターEX」となる。

ヨルムンガンド[編集 | ソースを編集]

  1. メーカーはバンナム辺り。
  2. ハードはPS系。
  3. ジャンルはTPSかADV。

らぶりんハート[編集 | ソースを編集]

らぶりんハート2011

  1. おでかけタコりんがゲーム化されてるんだからこれも可能なのでは?
  2. さすがにDSiウェアの発売は…無いか。
  3. 某スーパーアイドルと混同されそう。

ロッコちゃん[編集 | ソースを編集]

ロッコちゃん

  1. PSvitaでの発売となるのか?
    • 少なくとも任天堂系での発売はありないだろう。
  2. カプコンから訴えられそう…。
  3. やはりニコニコで(ry