もしあの出版社がアニメ専門誌を発行したら

提供:chakuwiki

現在アニメ専門誌はKADOKAWA徳間書店学研から刊行されていますが、もしあの出版社から刊行されたら?

小学館[編集 | ソースを編集]

  1. 主に小学館と集英社のアニメ情報が出てくる。
    • 表紙のアニメイラストもNARUTO疾風伝、BLEACH、イナズマイレブン、ドラえもんなど多く出てくる。
      • 妖怪ウォッチやポケモンも。
  2. テレビ東京のアニメ情報もやたらと多くなる。
    • MBSがTXN系列にネットチェンジするとMBS(日曜午後五枠)やCBCのアニメ情報も大きく取り上げる。
    • 何故そこが前提なの?
      • 小学館とテレビ東京は仲が良くておはスタでも一緒に制作してるから

新日本出版社[編集 | ソースを編集]

  1. コンセプトは「社会派アニメを批評する」「アニメから社会を見る」。
    • いわゆる「泣きゲー」原作のアニメが多く取り上げられている。
      • keyやねこねこソフトは大絶賛する一方、H2Oは「解同」の手先と批判する。
  2. サブカル規制について頻繁に取り上げ、規制派をこき下ろす。
    • とくにActiveは裏切り者としてぼろくそに批判。その支持議員をAPP研もろとも「4トロ」と罵倒する。
    • 婦人民主クラブ(再建)や新日本婦人の会による史実以上に強烈な(史実でも十分苛烈だが)矯風会批判が頻繁に乗っていた。
      • エクパット・ジャパン・関西のスポンサーとなっていた一方ECPAT/ストップ子ども買春の会は徹底的に批判。
    • 静岡蔵書問題では静岡市の図書館をよくする会側の支援を行いカスパル叩きを行う。
  3. 例の「枕営業事件」の時には赤旗、全労連と連携して徹底的に追及を行っていた。