もしあの国が分裂するとしたら

提供:chakuwiki

日本[編集 | ソースを編集]

ド定番なのは、東京主体の東日本と大阪主体の西日本で別れる東西分裂。

2か国に分裂した場合
  1. 一番スタンダードなのは東西分裂
    • そうなると、静岡県の所存が困る。恐らく浜松市は東つくけど、豊橋寄りの湖西市は西日本につくから、浜名湖で分裂だな。
    • 分裂の境目が三重・滋賀・敦賀のラインだった場合は静岡も愛知も東日本に。ただ三重県北部がもめそう。
  2. 日本列島と沖縄(琉球王国)の場合もある。
  3. 日本列島と北海道(アイヌ王国)
日本列島が分裂した場合
  1. 北海道:札幌が首都。北方領土問題も一気にズバッと解決!
  2. 本 州:無論東京が首都。ただ、この際に京都が京都に首都を遷都しようとするかも。
  3. 四 国:超弱小国。沖縄にさえ劣る。治安が維持できなくなり、結局九州か本州の属国になる。
  4. 九 州:韓国と親交を深める。アジアより。熊本・福岡・博多のいずれかが首都になる。世界的に見て本州より裕福になるかもしれない。
  5. 沖 縄:観光産業+海底資源の開発に力を入れる。首都は那覇。国名を琉球王国に戻す。在日の日が消滅するので、米軍も立ち去る。
    • 世界的に有名なタックスヘイブンの国となる。某国の弁護士が「琉球文書」を世界に公表し、有名になる。通称:東アジアのハワイ。
    • 案外、奄美大島とかそこら辺をごっそり国の一部に貰ってくかも。尖閣諸島問題もズバズバ解決!
都道府県で分裂した場合
  1. 東京は多摩を見捨てる。
  2. 島根と鳥取は結局合併。
  3. 四国四県は結局四国に戻る。
  4. けれども、静岡からの人口流出は止まらない。
  5. 北海道、東京、石川、愛知、神奈川、三重、京都、大阪、広島、兵庫、福岡、熊本、沖縄くらいしか国家として成り立っていけない。
  6. 結局、元の日本に戻る。

アメリカ[編集 | ソースを編集]

とある書籍にアメリカが西部・中部・東部・南部など2つ~4つに分裂すると書かれていましたが、仮にアメリカが分裂するような事があったら。

全般
  1. 国民感情から、分裂後しばらくは大規模な軍事作戦を展開できない。やったら暴動→政権交代となる。
  2. アラスカ、ハワイ、プエルトリコなどは複雑な情勢になる。
  3. ドルが暴落。
    • アメリカの株式市場も史上空前の大暴落。
    • 基軸通貨は一挙にユーロへ移行。
      • アメリカ分裂後できた国の少なくとも一つは自国通貨とユーロと統合させているのでは?
    • アメリカ発の第二次世界恐慌発生。
  4. 在外米軍の大半は撤退。
2カ国に分裂した場合
  1. 普通に南北分裂か東西分裂だと思う。
    • 南北なら第二次南北戦争と呼ばれることに。
  2. 手を出すだけ損なのでEUは完全に傍観。ただし武器の輸出はせっせとする。
  3. 日本には分裂した両国から援軍の要請があるが、「アメリカが混乱している今、アジア太平洋地域での危機的状況が予測される」とか何とか誤魔化して、どちらも無視。
    • あるいは両国に支援して自滅。
  4. 南北分裂の場合カリフォルニア州は南北に分裂
  5. ヒスパニックが多い地域がメキシコと合邦しこうなる。
3カ国に分裂した場合
  1. 北東部:民主党的なリベラル国家。
  2. 南東部:キリスト教原理主義が支配する宗教国家。
  3. 西部:ハイテク産業が支配するギーク国家。
  4. 北東部はEUに加盟、西部はコンピュータの爆発的進歩が更に進んだ近未来の世界の中心地に、南東部は国際的に孤立
    • 英国がEUから離脱するんだから英国を差し置いてアメリカ北東部が加盟するわけない。
    • むしろ英国のコモンウェルスに入ったほうが自然。
6か国に分裂した場合
  1. 東海岸:EUに加盟
  2. 北部:カナダに併合されるかカナダの影響を受けた国になる。
  3. 南部:メキシコに併合されるかメキシコの影響を受けた国になる。
  4. 西海岸:中国に併合されるか中国の影響を受けた国になる。
  5. アラスカ:ロシアに併合されるかロシアの影響を受けた国になる。
  6. ハワイ:日本か中国に併合されるか日本か中国の影響を受けた国になる。
州ごとに分裂した場合
  1. 結局、いくつかの州が連合してある程度まとまる。
  2. 独自色の強い州は独立維持。
    • モルモン教徒の多いユタ州など。
  3. アラスカはロシアに狙われるが、最終的にカナダに併合。
  4. ハワイは独立維持。日本語が準公用語となる。
  5. テキサスやニューメキシコはメキシコ併合派と独立派で対立する。
  6. 各州が核兵器を大量に保有する。
アメリカが分裂した場合、4大プロスポーツはどうなる?
  1. 一番影響が小さいのはNHLではなかろうか。
  2. 元からカナダのチームが参加してるんだから分裂しても四大スポーツは同じリーグで戦い続けるのでは
人種ごとに分裂した場合
  1. 現状を考えるに、地理的な分裂より社会層的分裂の方が可能性が高そう。
    • KKKの中でも最強硬派が政府の実権を掌握し、露骨な白人優遇、有色人種切り捨て政策を鮮明に打ち出す。
    • 「有色人種はみなガス室に放り込め!」とばかりにかつてのナチスドイツ以上に露骨な人種殲滅政策を打ち出している可能性も。世界の顰蹙をかって自滅するのは確実だが。
  2. 当事者間で武力衝突に発展した場合、南北戦争以上に深刻な影響をもたらす。
    • 肌の色の違いだけでお互い憎しみ合い、殺しあう。悪夢だ。
  3. 現状だと白人層の相当数が有色人種側につきそう。
  4. 北朝鮮にとっては最も望ましいシナリオ。
    • 中国にもね。
  5. そしてどちらからも差別されるアジア系。
    • ヒスパニックですら傍観か第三極になる可能性が高い。
    • 黒人・白人左派・先住民族vs白人右派vsヒスパニック・アジア系という形に?
トランプ大統領支持派と反トランプ派に分裂した場合
  1. 2018年1月現在、最も危惧されているシナリオ。
  2. かつてのレーガン大統領のようにトランプ大統領が狙撃されて重傷を負うような事があった場合、彼を乗せた車両が反トランプ派に妨害されて病院搬送に手間取った結果、治療が遅れて危険な事態になる可能性も。
    • 搬送された病院の医師が治療を拒否する、もしくは反トランプ派に治療を妨害される可能性も。
      • さすがに診察した医師が反トランプ派だったとしても「アメリカを混乱に陥れたトランプを治療するのは私の政治的思想が許さない。アメリカのために、世界のためにも彼はこのまま治療せず死亡させるべきだ」とは言わないだろう。「もう手遅れ」とかなんとか言って見殺しにするところか。

イタリア[編集 | ソースを編集]

南北に分裂するとしたら
  1. 南側が共産国家だろうか?
    • 海路を塞がれてギリシアがピンチになる。
  2. シチリア島はなぜか北側に所属してたりw
    • シチリアとサルディーニャも南北イタリアと別に独立したりして。
      • 余波としてフランスでもコルシカ独立運動が活発化。
  3. 北イタリアの首都はミラノ、南イタリアの首都はローマになっていたりして。
    • 北はベネチアなんかも候補。
  4. どさくさまぎれに教皇領が復活。
    • ローマ全域が教皇領になったら南側の首都はナポリ。
  5. 南部の国名はローマ共和国でほぼ決定。
    • ソ連主導だったら南イタリア社会主義共和国連邦
    • 北部同盟主導で独立した場合の国名は「パダーニア連邦共和国」でポー川より北の5つの州(共和国)が領土となる。
      • 仮にこうなるとすればこれのような武装闘争が起きた後の分離独立か。
  6. 挙句の果てに各都市が独立運動を起こし、南北共に都市国家連邦となる。
  7. 南北両方を示す場合に「イタリア半島」と呼ばれることがある。

インドネシア[編集 | ソースを編集]

  1. 島ごとにジャワ共和国、ニューギニア・東インド共和国、スマトラ共和国に分かれる。
    • むしろニューギニアはパプアニューギニアと合併する。
    • どこも大体親日。
    • 一部は東ティモールに吸収される。
      • 西ティモールと合邦して「ティモール共和国」を名乗る。
    • ヒンドゥー教徒の多いバリ島も独立するのでは。
    • スマトラもアチェとジャンビに分裂。
  2. カリマンタン島(ボルネオ島)のインドネシアの部分がマレーシアになる。
    • さすがに西パプアとパプアニューギニアの合邦はない。

チリ[編集 | ソースを編集]

東西に分裂するとしたら
  1. 本土の各州もすべて東西に分裂する。
  2. 内陸側の東チリも南部に海岸線を持つ。
    • 南端のフエゴ島の西側が東チリ領になる。(東側は現実通りアルゼンチン領)
  3. モアイのあるイースター島、ほか太平洋上の離島が西チリ領になる。

フランス[編集 | ソースを編集]

6か国に分裂した場合
  1. ブルゴーニュ共和国、ブルターニュ国、サヴォワ共和国、フランス共和国、ノルマンディー共和国、アルザス・ロレーヌ連邦、オクシタニア共和国、ガスコーニュ共和国、コルシカ共和国、北カタルーニャ国に分かれる。
  2. アルザス・ロレーヌ連邦では「最後の授業」が発禁処分になる。
  3. 北カタルーニャ国はスペインのカタルーニャ国と統合。
  4. ガスコーニュ共和国の標語は「オクシタニア?いいや、ガスコーニュだ!」になる。
  5. ノルマンディー共和国の主な産業はシードル(りんご酒のサイダー)。
  6. 各国にフランス語の他に少数言語のテレビ局が設置され、スペイン並みに日本アニメを放送する所が多くなる。
  7. コルシカ共和国はナポレオンの生誕地だという事を積極的に宣伝。
  8. フランス以外の各国がEUに加盟し、通貨はユーロ。

スペイン[編集 | ソースを編集]

国内に独立主張を抱える地域を多く抱えるスペイン。すべての独立が実現したら、事実上現在のスペインは解体される。

  1. アンダルシア、バスク、カタルーニャ、アラゴン、ガリシアらが独立し、最低でも6カ国にはなる。
  2. 現状でもそれらは自治州を持ち、スペイン語の方言とされるアンダルシア方言以外は独自言語を持ち、アラゴン、アンダルシア以外はすでに自分の州公用語として3割前後の州民に使われているので、国民意識の醸造は容易。
  3. 現状では有名なバスク、カタルーニャ以外でも、それぞれの州議会で独立派の政党が議席を保有しており、比較的現実性は高い。
  4. ラ・リーガも解体されたら、サッカーがかなり弱くなる。少なくても、A代表は6つに分裂するので、旧ユーゴのように大幅弱体化する。
  5. 代表においてもCLにおいても、オランダやウクライナなど、強豪未満中堅以上の国にはチャンス。
  6. 逆に欧州スーパーリーグや越境リーグに関する議論が深まるかも。
    • 上記6ヶ国+ポルトガルで連合リーグを作るかも。
  7. どさくさに紛れてモロッコがセウタとメリリャを奪還する。

関連項目[編集 | ソースを編集]