もしあの放送局が独自のネットワークを新設したら

提供:chakuwiki
2024年5月31日 (金) 17:56時点におけるNamazukami1369est (トーク | 投稿記録)による版 (リンク修正)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

ラジオ局[編集 | ソースを編集]

独立項目[編集 | ソースを編集]

ニッポン放送[編集 | ソースを編集]

NRNは現在、ニッポン放送文化放送の共同ネットで運営していますが、もしもNRNがLF系とQR系に分裂したら

  1. ニッポン放送をキー局とする系列はNRNを名乗り、文化放送をキー局とする系列はBRN(BUNKA RADIO NETWORK)を名乗る。
    • こうだろう。LF…NRN(Nippon Radio Network)として新設。QR…BRN(Bunka Radio Network)と言う風に改称。現在の送出マスターは文化放送にあるし。
    • QRがテレビ朝日と手を組んだ場合、ARN(All-Nippon Radio Network)に。
  2. 新局が各地にできるのは確実。
    • ラジオだけ一応広域圏が作られる・・・とかも。
    • たとえば山口・福岡とか広島・愛媛・大分とか。
  3. JRNとのクロスネット局は、JRNに行っちゃうかも・・・。
    • TBSが好きなとこはそうなる。
      • ABSRNBは間違いないだろう。
  4. ニュースパレードはBRN系での放送となる。
    • 「宇宙Gメン TAKUYA」はNRNに、「レコメン」はBRNでの放送に。
    • また、「ミューコミ」も全国ネットに昇格。
      • さらに、「リッスン」も全国ネットに昇格。
  5. NRNの「オールナイトニッポン」に対抗し、QRで「セイヤング」が復活?
  6. BRNではアニラジが放送されるのか?
    • 間違いなくアニスパは全国展開へ。
  7. QR・LFのどっちかがフジテレビと資本などの関係を絶っていた。
    • その場合、QRがテレ朝との関係を強化。
    • QRのほうが切るだろう。
      • QRは日経に接近すると思う(アニヲタつながりで)
        • で、その後テレ東との関係を緊密化させるかも・・・。
  8. ラジオの独立局はRFラジオ日本とラジオNIKKEIだけとなる。
  9. TBSが嫌いな放送局はこれがネットチェンジのいい機会になる。
    • TBSは、あの手この手で流失を防ごうとする。
  10. NRN・BRNのクロスネットの禁止(JRNとは可)が起こるかも。
    • その場合は「オールナイトニッポン」大量打ち切り、ほとんどが「JUNK」に移る。
各局の動向
  1. ラジオ大阪はBRNに属し、NRNはMBSABCに。
    • このとき、産経から解放されるのか?
    • KBS京都はBRN、和歌山放送とラジオ関西はJRNに。
  2. 北海道ではSTVがBRN・NRNのクロスネットでフジサンケイグループと急接近。一方HBCはJRNに一本化してTBSとの仲を不動のものに。
    • もしくはHBCがJRN/BRNクロスになる可能性もあり。
    • STVの方がTBSと仲が良いから、STVはJRN/NRNクロス、HBCがBRNになるのでは?
  3. CBCはJRNとNRNのクロスで、東海ラジオはBRNシングルネットになる。
    • 岐阜放送はNRNシングルネットになる。
    • SBSMROはJRNシングルネット。
  4. KBCがBRN・NRNのクロスネット。RKBがJRNシングルネット。
    • 西日本新聞とテレビ西日本が、BRNのラジオ西日本を開局。KBCはNRNシングルネット。
  5. RBCIRADIO(琉球放送)がJRN。ラジオ沖縄がBRN・NRNのクロスネット。
  6. 東北地区は、RABRFCがNRN。ABS・YBCがBRN。TBCIBCがJRNと2局ずつ均等に分けられる。
    • いやABSはTBS大好きだからJRNでしょう。
    • TBCはTBS嫌いだからABSとトレードって事で。
  7. 愛媛などではRNBはこれを機にJRN単独ネットに移行。そのためOBSRCCと協力して3局でJRN・NRN・BRNをネットする。
    • それかRNBはBRNメインでJRNサブのクロスかも・・・。
  8. ラジオ関西(独立局)がBRN入りするかも。
  9. 信越放送はNRN/JRNクロスネット
    • 新潟放送も同上か(アクセスをネットしているので、おそらくJRNは捨てない)。

ABCラジオ[編集 | ソースを編集]

  1. ネットワークの名前はARN(Asahi Radio Network)。
  2. 朝日放送制作の22~26時台の番組が復活。
    • ミューパラ アグレッシブは全国ネット。
  3. ANN基幹局がラジオに進出して加盟。
    • 九州朝日放送がNRNを離脱して加盟。
      • 西日本新聞がNRN系ラジオ局を開局。
    • テレビ朝日がAM朝日(東京・埼玉・神奈川・千葉)を開局。
    • 中京地区では名古屋テレビと仲の良い岐阜放送が加盟。
      • 岐阜からでは愛知県東部にまで電波がいかないので浜松に浜松ラジオ放送を開局。
    • 東日本放送・福島放送・長崎文化放送・鹿児島放送はラテ兼営になる。
    • 北海道は最近朝日との関係が悪化しつつある北海道テレビに代わり、最近朝日と仲がいい北海道文化放送が「ラジオ北海道」を開局させ加盟。
      • いや、北海道文化放送は朝日放送と仲が悪いので、北海道放送がARNに加盟するだけだと思います。
    • 山形テレビがラジオ山形を開局。
    • 新潟テレビがAM新潟を開局。
    • 資金力の無い比較的新しい局はラジオに進出できず。
      • 琉球朝日放送は進出できないため、RBCiRADIOかROKラジオ沖縄がクロスネットで担当。
    • これを機に、高知県に悲願のテレ朝系放送局「高知朝日テレビ」が開局。
  4. 毎日放送ラジオはJRNの番組の比率が高まる。

京都放送[編集 | ソースを編集]

  1. 少なくとも近畿広域圏化後。
  2. 岐阜放送が中京広域圏化して加盟。
  3. 関東ではラジオ日本が加盟。
    • NRNを離脱して茨城放送・栃木放送も加盟。
  4. STVラジオがNRNとのクロスで加盟。
  5. 西日本放送がJRNを捨てて加盟。
  6. 熊本放送がJRN/NRNとのトリプルネット。
  7. テレビ西日本がラジオ西日本を開局して加盟。
    • 通称「radio WEST」。
  8. ネットワークの名前はKRN(Kinki Radio Network)。
  9. これを機に、滋賀放送局(KBS滋賀)を分社化させるかもしれない。
  10. 「オールナイトニッポン」や「JUNK」に対抗して「ハイヤング京都」が復活か?

NACK5[編集 | ソースを編集]

  1. まったく新しい形のラジオネットワークを結成。
    • その名も、「N-NET」
    • 加盟局はAM・FM関係なし。
      • おそらく現在の放送界にそのような発想はない。
      • というよりAM放送とFM放送はそもそも電波の特性からして異なっている。
      • ニュース・スポーツ中継やトークを得意とするAMと音楽を得意とするFMが混在するネットワークなど番組構成で問題を来したちまち機能停止してしまう。
    • ちなみに加盟局はこんな感じ。(☆:AM局・★:FM局)
      • STVラジオ(☆/NRNとのクロスネット)
      • FM青森(★/JFNとのクロスネット)
      • 秋田放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • IBC岩手放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • FM山形(★/JFNとのクロスネット)
      • Date fm(★/JFNとのクロスネット)
      • ラジオ福島(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • NACK5(★/キー局)
      • FM PORT(★)
      • 信越放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • 山梨放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット。FM FUJIはあえて独立局のまま)
      • 北日本放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • 北陸放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • FM福井(★/JFNとのクロスネット)
      • K-MIX(★/JFNとのクロスネット)
      • 東海ラジオ(☆/NRNとのクロスネット)
      • fm osaka(★/JFNとのクロスネット)
      • KBS京都(☆/NRNとのクロスネット。α-Stationは独立局のまま)
      • ラジオ関西(☆)
      • e-radio(★/JFNとのクロスネット)
      • 和歌山放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • FM岡山(★/JFNとのクロスネット)
      • HFM(★/JFNとのクロスネット)
      • 山陰放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • 山口放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • 西日本放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • 四国放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • FM愛媛(★/JFNとのクロスネット)
      • 高知放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • 九州朝日放送(☆/NRNとのクロスネット)
      • FM佐賀(★/JFNとのクロスネット)
      • 長崎放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • 熊本放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • FM大分(★/JFNとのクロスネット)
      • 宮崎放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • 南日本放送(☆/JRN・NRNとのトリプルネット)
      • FM沖縄(★/JFNとのクロスネット)
    • 『宇都美慶子笑顔でSTART!』や『NACK ON TOWN』の一部、『鬼玉』の一部などが全国ネットに!!
      • 『ファンキーフライデー』は…ネットできないかもなあ。
        • ファンフラは、『オリコンTOP20』と『ギンザTOP20』を1時間版に編集し、独立番組にして遅れネットとしておこう。
          • 間違えた。ここでは『ウエノTOP20』だ。
      • 『Hits the town』の一部も全国ネット
        • ナイター期間中は生放送後にネット局向けパートを収録。
      • 『松山千春のON THE RADIO』ネット局も増える。
      • アニソンを日本中に垂れ流す。

エフエム富士[編集 | ソースを編集]

  1. エフエム東京とかぶっているエフエム群馬がJFNを離脱して加盟。
  2. 関西ではα-STATIONが加盟。
    • 独立局のKiss-FM KOBEも加盟。
    • JFNを除名されるような局は加盟できまい。
  3. 中京地区でエフエム東京とあまり中の良くないradio CUBE FM三重がJFNを離脱して加盟する。
  4. CROSS FMがJFLとのクロスで加盟。
  5. 北海道にはエフエム札幌を開局。
    • 北海道は広域局の法定視聴エリアが狭いので、エフエム札幌を開局する必要が無く、FMノースウェーブがクロスネットでやれば充分である。九州はCROSS FMのクロスではなく、FM西海(福岡・佐賀など)を新設してそちらをあてればよい。
  6. FM PORTも加盟。
  7. ネットワーク名は「FFN(FUJI FM network)」。
  8. 独立局のFMヨコハマも加盟。
    • エフエム富士と聴取可能エリアがかぶっているからこれはない。
  9. (kiss-FM KOBEでなければ)エフエム大阪がJFNを離脱して加盟。ただでさえ、兵庫県東南部ではJFN系列局が神戸、大阪とかぶるのでJFNのリスニング率が著しく悪いと思われる(他系列局、独立系、コミュニティのリスニング率がいいらしい)。これを解消する為、エフエム大阪が新系列に参加することはありえる。

MBSラジオ[編集 | ソースを編集]

自主制作番組に異常なまでにこだわり、ネット番組はほとんど放送していない毎日放送ラジオがJRN/NRNを脱退し独自のラジオネットを新設したら

  1. ラジオネットワークの名前はSRN(Shin-nippon Radio Network)
    • キャッチコピーは「一番に入れるスイッチなんだろう?来る日も来る日もSRN。」
    • これにより、TBSとMBSはついに絶縁!
      • そしてTBSはニッポン放送と合併へ…。
    • TBSが嫌いな放送局の受け皿に。
  2. 当然創価学会・聖教新聞のCMは流さない。ネット局にも流させない。
    • そのせいで資金繰りが悪化。
    • その代わり霊友会のCMをガンガン流す。
  3. JUNKZEROは朝日放送で24:00-25:00に放送。
  4. 毎日新聞資本のRKB毎日放送がJRNを脱退し加盟。
  5. 東北放送・山陽放送・中国放送などTBSに冷遇されJNN基幹局になれなかった局もJRN/NRNを脱退し加盟。
  6. 毎日新聞系の新聞社が親会社の栃木放送・ラジオ福島も加盟。
  7. さらに新潟放送も加盟。
  8. しかしオールナイトニッポンをネットできなくなるため加盟局は少数に留まる。
  9. 在京局のネット局はなし。
  10. 朝日放送ラジオはJRNの番組の比率が高まる。
  11. MBSと仲のいい北海道放送・STVラジオがWで加盟。
    • そんなことしたらJRN/NRNの番組が北海道で聞けなくなる。
    • HBCがJRNとのクロスネットで加盟。
  12. ネットワークに参加出来なくて番組が足りなくて終夜放送できない岐阜放送も加盟。
  13. 「ありがとう浜村淳です」は、全編全国ネット。
    • 浜村さんの知名度は関西以外にも知れ渡るように。
    • 局によっては部分ネットもアリ。

FM802[編集 | ソースを編集]

JFLのキー局J-WAVEと雰囲気が正反対のFM802が独自のラジオネットを新設したらどうなるでしょうか。

  1. 加盟局はこぞって隣接県にも進出する。
  2. 加盟局予想
    • Date FM
    • K-mix
    • Northland FM (旧名Hello Five FM石川)
    • FM802
    • VV-WAVE (旧名FM岡山)
    • CROSS FM
  3. HOT100は改題されずに残る。
    • Date FMはMorino-Miyako Hot 100
    • K-mixはK-MIX OFFICIAL CHART HOT 100
    • Northland FMはNorthland Hot 100
    • FM802はOSAKAN HOT 100
    • VV-WAVEはInland Sea Hot 100
    • CROSS FMはCOUNTDOWN Q-SHOO HOT 100
  4. もちろん選曲規制あり。
  5. 洋邦の比率は2:3で邦楽が少し多め。

テレビ局[編集 | ソースを編集]

MBSテレビ[編集 | ソースを編集]

  1. 当然初の在阪キー局が誕生する。
    • 全国放送で道頓堀新世界以外の大阪の風景が流れる様になる為、大阪に対するイメージが若干良くなる。
      • 街でのインタビューは、当然のごとく梅田の歩道橋上や淀屋橋等で行われる。
        • 京阪神圏に新しく開業した大型商業施設や鉄道路線なども全国ニュース扱いで報道。
          • 2011年に大阪駅にできる新駅ビルが全国に名を知られた新名所に。
            • その結果、関西以外の地方からの集客力が高まるかも。
        • だからといって、地元の悪事をスルーする様な事はしない。むしろ今まで以上にスクープしまくる。
          • 勿論、国の悪事も徹底追及。そのうち政治家や官僚から圧力をかけられたりして…。
          • これまで取り上げる事自体がタブーだとされてきた様な事柄についても徹底追及。
            • ついには他のキー局から「放送局の利権に関わるので止めてくれ」との声まで出始める。
      • 独自ネット新設から半年位で、「大阪偏向報道を止めろ!」と騒ぎ出す者が出始める。
        • ネット上では「オタクに優しい放送局」というお陰で、意外と叩かれずに済む。
        • 果たしてMBSは全国に大阪ジャイアニズムをぶちまけるのか…
        • 一方、「オタクに優しい」「大阪の放送局」という事で、在京メディアからは徹底的に叩かれるハメに…。
          • その「在京メディア」にMXは含まれない。
            • むしろMXが他の在京メディアから叩かれるようになる。
  2. 準キー局はMX辺り。
    • そうなればCBCもこっちに移る可能性が。
    • 北海道はHBCがJNNから移籍。
    • もちろん、RKB毎日放送も。
  3. MBSが出ていった後のJNN在阪局にABCが復帰する。
    • これに伴いANN在阪局が新たに開局する。
    • あるいは関西テレビがJNNに加盟しOBCがFNSに加盟する。
    • ABCがJNNとANNのクロスネットにでもなれば、最高のイイトコ取リができて案外視聴率が稼げるかもしれない。
  4. 深夜アニメやオタク層を狙った番組を垂れ流している。
    • 深夜アニメといっても放送時間が深夜じゃない。
      • ドラマよりアニメの放送本数の方が多くなりそう。
    • 地元の京都アニメーションと提携して、京アニ制作のアニメを片っ端から放送し始める。
    • 一般の視聴者にオタク文化を紹介する番組も登場。
      • 勿論、某局の様なオタク文化を馬鹿にした内容の番組ではない。
    • もちろんネットセールス枠を作ってそこで放送。
  5. 名称はMNN(Mainichi News Network)でおk?
    • ここと仲がよかったり、アニメ優遇編成を行う全国各局が加盟する。
    • SNN(Sin-nippon News Network)かも。
    • 下にある「NJNN(New Japan News Network)」ではないかと。
  6. 果たして毎日新聞はTBSとMBSどちら側に付くんだ?
    • 毎日新聞はMBSから離れた場合、MBSは「新日本放送」に逆戻り。
      • と思ったらTXNを飲み込んで「日経放送」に。
  7. コミケの企業ブースに毎回出展するようになる。
    • むしろコミケを全面支援。
      • アニメ放送の合間にコミケのCMを無料で流しだす。
  8. 「ちちんぷいぷい」や「魔法のレストラン」は、当然のことながら全国放送の番組に。
    • 角さんが全国区の有名人になる。
      • 今出東二さんも全国区!
    • 「VOICE」も忘れずに。
  9. 「東京では放送されてませんから」のフレーズが使えなくなる為、バラエティ番組が若干面白くなくなる。
    • 「明石屋電視台」「MUSIC EDGE」「麒麟の部屋」などが全国区になる。
    • 「よゐこ部」「ジャイケルマクソン」も。
      • 史実では両番組は2010年末で打ち切りとなるが、全国ネットになることでこれらの番組は今後も継続される。
    • 若い女性を中心に「DRESS」も全国区に。
  10. 勿論「らいよんチャン」も全国区に。
    • 他地域から大阪に来た人がMBS本社のバルーンを見て、「あの変なライオンは何?」と思う事もなくなる。
    • MBS1階のグッズショップに来店する人が増加する為、売店の売り場面積が拡大される。
      • 1階はタリーズが入居している辺りまで全部グッズショップに。
  11. JNN系列局が皆こっちに移ってくる…かも。
    • つかの状態だったりして。
  12. 東京が大好きな東北では、極端に視聴率が低迷。
    • 放送内容に関係なく、「大阪に本社を置いてる系列なんて観る気が(ry」という評価が下される。
    • てなわけで東北の系列局はMBSと仲が悪くなり、代わりにMXとの仲が良くなる。
    • 逆に東北に関しても関西に興味を持ち始めるのでは?
      • 羽越新幹線が現実味を帯び始める。
  13. 茶屋町」の知名度がやたらに高くなる。
    • 瀬戸大橋線の茶屋町駅に反応する人が今以上に増えそうだ。
      • 案外、汐留くらいの知名度で終わるかもしれない。東京で地名の知名度がヒットしたのは台場くらいだ。
    • 梅田やOBPなどの大阪の一等地の知名度もやたらと高くなる。
  14. 東京ジャイアニズムが弱くなり、東京一極集中は少し緩和される。
  15. ドラマ「鹿男あをによし」はこの局で制作されていた

関西テレビ[編集 | ソースを編集]

  1. ネットワークの名前はKNN(Kansai News Network)。
  2. 仲がよいUHBも加盟。
  3. 夕方のニュースはニュースアンカーになる。
    • キャスターは青山繁晴になる。
    • ギャラの関係でそれはありえない。
  4. えみちゃんねるや胸いっぱいが全国同時ネットになる。
  5. これを機にキー局と仲が悪く関西テレビと仲がいいテレビ局が集団で加盟する。
    • 東海ではメーテレが加入。
      • 九州では九州朝日放送が加盟。
  6. 関西のFNS系列局は毎日放送か大阪放送がテレビ放送に進出。
    • OBCがフジサンケイグループのバックアップを受け、テレビに進出した上でFNSに加盟・・・というのがしっくり来そう。
  7. 産経新聞とは絶縁。
    • そして産経新聞は中日新聞に買収され近畿地方のローカル紙になった。
    • リアルすぎて怖いな……
  8. 関西テレビの製作能力が上がる。
    • 視聴率のぶっちぎりナンバー1になる。
  9. 深夜アニメはたまにしか流れない。
  10. 親会社の阪急グループのバックアップは、現実以上のものとなる。

ABCテレビ[編集 | ソースを編集]

  1. 朝日新聞と絶縁。
    • 社名も合併前の「大阪テレビ放送」に変更。但し略称は「OTV」ではなく「OTB」となる。
  2. 朝日放送制作の23時台の番組は全国同時ネット。
    • 探偵ナイトスクープは全国ネット。
  3. 九州朝日放送も加盟。
    • それに伴い九州のannシングルネット局もついて行く。
    • 近畿・中四国エリアの系列中枢局としての地位の影響もあって、中四国のテレ朝系列も移ることになる。
      • 但し、広島ホームテレビのみは、テレ朝に中四国エリアの中枢局の地位をやると言われて、ANNに戻る。
        • 然し乍ら、深夜帯や土日のバラエティーはABCの番組を受ける時間を多くつくる事をテレ朝に認めさせ、編成上の変化は殆ど無いことになる。
        • また、北陸朝日放送を賭ける大株主三社(朝日新聞、テレ朝、ABC)間での熾烈な争いが発生し、それに人事抗争なども絡み、揉めに揉めた末、国が調停に入る。
          • 結果、北陸朝日は取れずじまいになるも、ABCと地元紙、地元企業、国、県が共同出資で北陸3県向けのテレビ局が開局する。
  4. 親オタ路線に変更して毎日放送と張り合う。
    • 結果、せっかく収益をあげていたバラエティー部門を縮小し、視聴者が減っていく。
    • 立て直しを図るべく、やしきたかじんに重役が土下座して、日曜午前と月9に2時間番組をやってもらうことになる。
      • 明らかな、サンプロとTVタックルへの対向番組なのだが、これがABC系列を支える討論番組となり、ANNに残った局は、指を加えてみる羽目になる。
      • さらに、ムーブを復活させ、一部系列局でもネットさせる様になり「ニュースの朝日」の称号をもらう。
    • 一方、バラエティーは親オタ路線で失敗した付けを巻き返すべく徹底的にはっぱをかけ、お笑い路線を加速する。
      • これが、地元関西でウケることとなり、会社始まって以来の高収益を達成する。
  5. ネットワークの名前は、「ONN」。
  6. 夏は、高校野球の全試合中継が恒例に。無論全国ネット。
    • もちろん「熱闘甲子園」もそのまま放送。

テレビ神奈川[編集 | ソースを編集]

  1. ネットワークの名前はBNN(bayside News Network)。
  2. 静岡朝日テレビ名古屋テレビ放送も加盟する。
    • 千葉テレビも加盟。
    • もちろん、テレビ埼玉も加盟。
  3. 関西ではサンテレビが加盟。
    • 北海道ではTVHが、福岡はTVQがそれぞれ加盟。
      • いや、北海道はHTBの方が可能性が高いかも。
  4. sakusakuが全国で見られるようになる。
  5. ベイスターズ戦の完全中継がキラーコンテンツに。
    • 場合によっては、TBSに代わってベイスターズの親会社に就任していたかも。
  6. もしかしたら、「5いっしょ3チャンネル」を大きくしただけにもなりかねない。
    • 東名阪ネット6と5いっしょ3ちゃんねるを合わせたものになると思われ。

テレビ埼玉[編集 | ソースを編集]

  1. ネットワークの名前は「SNN」。
  2. テレビ神奈川と千葉テレビは、間違いなく加盟。
    • 関西では、サンテレビとKBS京都とテレビ大阪で、加盟を巡りバトルが勃発。
    • 東海でも、ぎふチャンと三重テレビとテレビ愛知で、バトルになりそう。
    • 北海道はTVH、福岡はTVQがそれぞれ加盟。
  3. 場合によっては、5いっしょ3チャンネル+TXNの一部+平成新局の集まりになりそう。
  4. プロ野球は、パリーグ中心になる。
  5. モットーは「OTAKUに優しく」。

東京MXテレビ[編集 | ソースを編集]

もし東京MXテレビが○○だったら#独自のネットワークを新設したら

中部日本放送(CBCテレビ)[編集 | ソースを編集]

  1. ネットワークの名前は、CNN(Chunici News Network)。
  2. 中日新聞とかかわりの深い放送局がネット入りすることは間違いなし。
    • 東京MXテレビ(親会社が東京新聞)は、確実か?
      • 現在のJNN基幹局+MXTVと言ったところか?
  3. CBCは中日新聞との関係を強化。
    • 一方、同じく中日系列の東海テレビ・東海ラジオは中日から距離を置くことになりそう。
      • 中日が東海テレビ・東海ラジオを、産経新聞・フジテレビ・ニッポン放送に売却し、フジサンケイグループの仲間入り…というのが無難か?
  4. 中日ドラゴンズ戦の中継がキラーコンテンツとなる。
    • 「サンデードラゴンズ」も全国ネット。
  5. 調子に乗って、ラジオでもCBCをキー局とするネットワークを発足させていた。

北海道テレビ放送[編集 | ソースを編集]

「水曜どうでしょう」をはじめ、自社制作番組に定評のあるHTBがネットワークを結成したらどうなるでしょう?

  1. ネットワークの名前は、HNN(Hokkaido News Network)。
  2. 「水曜どうでしょう」や「ハナタレナックス」、「おにぎりあたためますか?」など、オフィスキュー勢の番組が全国放送に。
  3. 「onちゃん」が全国区に。
  4. ネットのメンバーには、テレ朝系列局の一部がクロスネットで加入。
    • 東名阪ネット6と5いっしょ3ちゃんねるもメンバーとして参加するだろう。

中京テレビ放送[編集 | ソースを編集]

  1. ネットワーク名は"CHN"(コールサインのJOCH-DTVから取って)。
    • 毎日新聞はTBSと、日経新聞はテレビ東京と、中日新聞はMXやCBCなどとそれぞれ組んでいるため、特定の新聞社が絡まないネットワークとなる。
    • とはいえ、資本関係や友好関係自体は継続。
  2. ほとんどのCHNの系列局はNNN系列局とのクロスネット化になる...のか!?
  3. 近畿の独立局も一斉にCHNに加盟するか、そうでないならytvやカンテレ、毎日放送などがクロスネットでCHNにも加盟する。
  4. CHNのフルネット準キー局は福岡放送かuhbになる。
    • 福岡放送は日テレとも仲が良くNNNとCHNのクロスネットになるかもしれないため、uhbが準キー局で決まりかな。
      • そして札幌テレビがNNNとFNSのクロスネットとなる。
  5. 中京テレビ以外の中部のNNN系列局も一斉にCHNにネットチェンジ。
    • でもテレビ新潟は日テレとも仲が良いためNNNに残留して、代わりにNSTあたりがクロスネットでCHNに加盟するかもしれない。
もしあの放送局が…
○○だったら 北海道・東北/関東(MX)/甲信越・北陸/東海/近畿/中国・四国/九州
親会社(関東東海)/ラジオ局
違う系列局だったら 北海道/東北/中部/中国・四国/九州/沖縄
開局していたら テレビ/ラジオ
開局していなかったら テレビFNS/ANN/TXN)/ラジオ
ネットワーク関連 キー局が在阪局だったら/独立局のままだったら
クロスネットを禁じていたら/ネットワークを新設したら
その他 社名・愛称・略称が変わっていなかったら/合併していたら
免許取り消しになっていたら/放送対象地域が広域圏だったら
テレビ放送を開始していなかったら/同一企業だったら
ラテ兼営局だったら/ラテ兼営局が分社化したら
免許が一本化されていたら/免許が一本されていなかったら