もしあの新幹線駅が開業していなかったら/東海道・山陽・九州新幹線

提供:chakuwiki


東海道新幹線[編集 | ソースを編集]

東京駅[編集 | ソースを編集]

  1. 東海道新幹線の起点が市ケ谷駅になっていた。
    • なぜ?
      • 史実でも実際にあった案。
      • 弾丸列車計画の時に用地を確保できていたら本当に採用されていたかもしれない。
  2. 東北新幹線は未だに大宮止まり。
    • あるいは新宿。
    • 未だに上野ー東京間の回送線が残っていた。でも直通運転の話は無し。
    • 史実の東北新幹線東京駅延伸のころ、東北新幹線が上野-品川間途中駅なしで延伸という話が出る。
      • 東京都心素通りは意味不明もいいところ。
  3. 中央新幹線と同様、品川駅が開業当時から建設されたであろう。
  4. ↑の駅が起点だったら、そこが新東京に改称されていたかも。あるいは鹿児島中央のように、すでにある駅に新幹線駅として開業なので、知名度の関係で東京中央だったりして。
    • 品川はもともと江戸ではなく昭和初期まで東京市ではなかったため「東京中央」は歴史的におかしい。
  5. 「丸の内側の赤レンガ駅舎を壊すのが惜しかったのか」などと巷で噂される。

品川駅[編集 | ソースを編集]

  1. 品川区の再開発はあまり進んでいなかった。
    • 品川駅は港区なんですが・・・。
  2. 山手線の新駅は無かっただろう…。
    • 無論リニアも来ない。
    • 車両基地跡の再開発と新幹線はあまり関係ない気がする。
  3. 品川発着の列車を設定できないので、東海道新幹線の増便はほぼ不可能になっている。
    • 現実でも片道1本だけなので大勢に影響はないかも。
  4. リニアの始発駅も東京だったかも
  5. 京急はここまで増長していない。
  6. 建設できなかった原因は確実にJR東日本と東海の対立。
    • あるいは史実の没案通り新宿が起点だった。

新横浜駅[編集 | ソースを編集]

  1. 新横浜エリアは田舎のまま。
  2. 横浜市内の新幹線駅は横浜駅に近い所に設置していた。
    • この場合やはり「新横浜駅」。
  3. 今でものぞみと速達ひかりの途中停車駅は名古屋と京都だった。
  4. 菊名駅付近に設置されていたかもしれない。
    • 弾丸列車では実際にこうなる予定だった。
  5. 最初から横浜も重視した計画なら横浜駅への乗り入れすら考えられた。
    • 西口の再開発がもう少し遅れていればありえたかもしれない。
  6. 相鉄の都心乗り入れは夢と終る。
    • 若干ルートが変わった程度で実現しているのでは。

小田原駅[編集 | ソースを編集]

  1. 静岡以西より箱根に行く観光客は明らかに減っていた。
  2. 代わりに県内中部に駅が出来ていた。
    • 平塚か本厚木に駅が出来ていた。
  3. 鴨宮のモデル線基地跡に「新小田原駅」ができていた可能性大。
  4. 在来線の丹那トンネルが完成しなかった世界線なら考えられた。
    • 神奈川と静岡の県境は現実の御殿場線に近いルートで越えていた。

三島駅[編集 | ソースを編集]

  1. 代わりに熱海駅がひかり停車駅になっていた。
    • 1日にわずかだけど、停車していますが。
  2. それでも沼津には地盤の関係でできない。
  3. 御殿場線下土狩駅に併設され「新三島駅」になっていた。
    • もともとの「三島駅」はこちらなので歴史的に見ればかなり奇妙な話。
  4. 車両基地が小田原市にあったらである。

新富士駅[編集 | ソースを編集]

  1. 北海道にある同名の駅と混乱しなかった。
  2. 在来線との乗り換えがないから何の影響もなかったかも。
  3. 吉原駅を少し西に動かして併設ということも考えられた。
  4. 某学会の破門が数十年早かったらかも。

静岡駅[編集 | ソースを編集]

  1. 知事がのぞみ税がどうとかという発言はなかった。
  2. おそらく、静岡市が政令指定都市にならなかった。
    • 同様に浜松もならなかったかも。
    • 新幹線開業により静岡市の人口が増えたという話は聞いたことがないので無関係では。
  3. ただし、人口は浜松市のほうが多い気がする。
  4. ガンダムも浜松にできていたかも。
    • タミヤが浜松に移転しない限りそれはない。
  5. その代わり、静岡空港に駅ができてたかも。
    • それをするなら、静岡県の駅すべて廃止にしないと、現実の静岡駅以外の駅の利用客も減って飛行機にシフトしてまま、存続した駅の維持費がかかりすぎる。
    • そもそも静岡空港の開港は新幹線開業から45年後なので時代考証が滅茶苦茶になってしまう。
  6. 現在駿河区役所がある付近に新幹線単独の駅ができていた。
    • ここが「新静岡」を名乗っていたら静鉄の駅は「静鉄静岡」あたりに改名されていた。
    • 登呂遺跡の竪穴住居と新幹線の2ショットが名物に。
  7. 大井川源流部を通るとかしない限り静岡市に駅ができないということはないはず。

掛川駅[編集 | ソースを編集]

  1. 天竜浜名湖鉄道の乗客が少し減っていた。
  2. 静岡空港駅は…変わらないだろうな。

浜松駅[編集 | ソースを編集]

  1. 人口で静岡市を上回ることは1度もなかったかも。
    • 現市域で比較するなら1950年時点で浜松のほうが多い。
  2. スズキやヤマハの本社は浜松にはできなかったかも。
    • どちらも明治の創業から浜松が本社だったのでそれはありえない。
  3. 山手線の浜松町駅との混乱もなかったかも。
  4. 国鉄が市南部経由の当初案を貫けていたらこうなっていた。
    • 線形がよくなり東京-新大阪の所要時間もわずかに短縮できていた。
  5. それでも貨物や遠鉄の移転や浜松駅高架化は現実通り。
    • あるいは遠鉄の交点に建設されて「新浜松」…だと紛らわしいか。

三河安城駅[編集 | ソースを編集]

  1. 名古屋と豊橋の間の駅は幸田に出来ていた。
    • いや、主要都市の岡崎か豊田あたりだろ
      • 岡崎はともかく、豊田はルートを付け替えないと・・・。
    • 名鉄三河線の重原駅を動かして知立市内に設置というのもひょっとしたらあり得たかもしれない。
      • 駅名は「新知立」「知立市」「知立刈谷」のどれか。
    • 史実の没案流用なら名鉄西尾線碧海古井駅併設だった。
  2. 地元からいらない駅と馬鹿にされる可能性が下がっていたかもしれない。
  3. のぞみ通過時の案内放送は、豊橋を通過した後になっていた。
  4. 快速は止まらないのに・・のような現象はなかった。
  5. あれ?よくなる要素ばっかりじゃん。
  6. 安城市の知名度が下がっていた。
    • 他の地方の人に説明する際には「新美南吉が執筆していた場所」くらいしか言うことがなかった。
    • 三河万歳発祥の地や日本デンマークを持ち出してもあまり理解してもらえない気がする。
  7. スギ薬局本店は安城駅か新安城駅の近くにできていた。

名古屋駅[編集 | ソースを編集]

  1. 名古屋駅には停車しないと発表されたとたん名古屋周辺は大騒ぎに。
    • 新名古屋駅ならば…少しはマシか?
      • そもそも新名古屋は名古屋駅の隣にあるじゃないか。
    • 今でも、「名古屋飛ばし」が社会問題になっていたかも。
  2. これだけの都市圏に無停車なのはさすがに経済活動への影響が大きいため、名古屋駅の近くに新幹線単独の新名古屋駅ができる。名鉄の駅名改称もそれと同時に行われる。
    • 名古屋市内を直線で通過して、名港線名古屋港又は関西本線春田に停車するかも。
      • 名古屋港駅は71年の開業なので考えにくい。
    • ひょっとすると金山総合駅構想と一体化され金山駅が新幹線の新名古屋駅になっていたかもしれない。
  3. 3大都市は今でも東京・大阪・京都のままだった。
    • 後に東京・大阪・福岡になっている。
      • いや、第3の都市を札幌や仙台などで争いそうだ。
    • 昭和初期には名古屋が日本(内地)第3の都市の座を獲得していたが…。

岐阜羽島駅[編集 | ソースを編集]

  1. 羽島市は未だに田舎のまま。
  2. 岐阜県内の新幹線駅は無くなる。
    • 関ヶ原の雪対策があるため必要。おそらく大垣駅の南に新大垣が出来ていた。
      • 大垣が地盤が悪いんでね…。
    • いや、岐阜駅に出来てかもしれない。
  3. 大野伴睦がいなかったら本当にこうなっていたかもしれない。
    • いや、岐阜駅経由にさせられるか五輪までの開業が頓挫していた可能性が高い。大野は利益誘導の政治家ではなかった。
  4. 名鉄羽島線も開業しなかった。
    • 一歩間違うと竹鼻線が全線廃止されていた。
  5. 市町村合併で「岐阜羽島市」の案も出なかったかも。
  6. 名神高速のインター名も羽島ICになっていた。

米原駅[編集 | ソースを編集]

  1. ’米原市’が誕生することはなかったかも。
    • 米原町は平成の大合併で彦根市に吸収されていた。
  2. それこそ、南びわ湖駅が・・・
    • そこに駅ができそうだ。
    • もしくは大津市に本当に新幹線駅が出来ていた。
    • 史実でも検討されたように彦根停車になっていたのでは。
      • 北陸線の優等列車のターミナルを移すのが面倒なため没になった。
  3. 当然しらさぎの始発駅はすべて名古屋になっていた。
    • 代わりにサンダーバードが米原経由だろうな。
  4. 北陸新幹線の敦賀以南は小浜経由で確定?
  5. 'まいばら'と'まいはら'の読み方に混乱がなかったかも。
    • 東海道線の開業時点で既に村名と駅名の読みが違っていたのでもう手遅れ。

南びわ湖駅(仮称)[編集 | ソースを編集]

  1. 当然、米原ー京都間の駅間距離は最長のままである。
  2. 某滋賀県知事の任期は続行していたかも。
    • 嘉田由紀子が参議院議員になることもない。
  3. でも、リニアが開業したら出来そう希ガス
  4. 出来てもこだましか止まらないかも。
  5. 湖東に駅設置を求める声がまだある。

京都駅[編集 | ソースを編集]

  1. 京都への観光客が現実よりも減っていた。
    • それでもインバウンドの客が押し寄せるのは変わらない。
  2. 京都経済が現実よりも衰退していた。
    • 「京阪神」が「阪神」になっていた。
    • 人口規模や伝統産業の基礎はあるので変わらないはず。
      • 滋賀という後背地があることも大きい。
  3. 京都には停車しないと決まったとたん府内は大反対になっていただろう。
  4. 京都府の人口は滋賀県並みかな?
    • 京都市が消し飛ぶような事態にでもならない限りありえない。
  5. 史実よりも南側に新京都駅ができていた。
    • おそらく丹波橋駅あたりに併設されていた。
      • 奈良線にもこの時点で「新京都」駅が開業している。
      • だいたい新横浜と似たような歩みをたどっていた。
      • 京セラや日本電産あたりの本社ビルが駅前にできていた。
    • 没案の五条通地下経由(おそらく丹波口駅併設)が採用されることはないはず。
  6. 八条口はもっと寂しい場所だった。
    • 烏丸口の駅ビルがあそこまで巨大化することもなかった気がする。
  7. 京都駅の駅舎はコンクリ造りの三代目のまま。
    • 観光客の増加や耐震性云々を考慮して00年代に改築されていた。

新大阪駅[編集 | ソースを編集]

  1. 間違いなく大阪経済は現実以上に衰退していた。
  2. 大阪へ行くのに新幹線利用の場合(特に東京・名古屋方面は)京都駅を利用することになっていた。
    • 対東京だったら航空機が、対名古屋だったら近鉄特急が現実以上に優勢になっている。
    • 日本の3大都市は東京・名古屋・京都かな?
  3. ルートは現実とは異なり大阪市内を通らない国道171号沿いのルートになっていた。
  4. 名古屋同様、経済活動への影響が大きすぎるので結局大阪市内のどこかしらに駅が出来ている。
    • おそらく、大阪駅にできる気がするけど。
    • 大阪市内に駅が無いとなると大阪中で反対運動が激化していただろう。
      • それどころか世界銀行に融資してもらえたかどうかすら怪しい。
  5. 東淀川駅につくることになったらこうなる。

山陽新幹線[編集 | ソースを編集]

新大阪駅[編集 | ソースを編集]

  1. 東海道新幹線と直通が多い。
  2. 8両での運行は岡山駅発などになる。従って、岡山駅から上りが16両統一になるであろう。
  3. 日本鉄道史上最大の失敗とされていた。

新神戸駅[編集 | ソースを編集]

  1. 新幹線を利用して神戸に行く場合は大半が新大阪駅利用となっている。
    • あるいは西明石駅の重要性が高まり、一部のひかり、のぞみが停まるようになっていた。
  2. 近鉄のアーバンライナーに阪神神戸三宮発着が設定されていた。
  3. 神戸市営地下鉄西神・山手線と北神急行の会社境界は三宮駅となっている。
    • 現実の新神戸駅の場所に「布引」駅が新設されている。
  4. 代わりにのぞみがすべて姫路に停まってたかも。
  5. 神戸駅か三ノ宮駅にできたような希ガス。
    • 六大都市の一つに新幹線が一切来ないというのはまず世論が許さなかったのでは。
  6. 弾丸列車計画の通り平野付近に設置され現実より不便だった。
    • 一体どのような路線がアクセスとして整備されたか想像もつかない。

西明石駅[編集 | ソースを編集]

  1. 当駅ののぞみ始発駅は新神戸か?
    • 新神戸の構造上無理。姫路が始発になっていた。
      • 無理ではない。回想で新神戸に送り込み、5分ぐらい停車させて案内放送して、すぐ出発ならなんとか。
  2. 在来線特急は通過するのに・・と言われることはなかった。
  3. 新快速の折り返しは、すべて明石駅だったかも。
    • あるいは早期に全列車姫路駅まで延長されていた。
  4. おそらく史実より山側を通るルートだった。
    • うまくすれば加古川駅停車が実現していた。

姫路駅[編集 | ソースを編集]

  1. 新快速は岡山まで乗り入れいていたかも。
  2. 姫路城が世界遺産になることはなかったかも。
    • 世界遺産は物件そのものの普遍的価値で決まるものでありアクセスは一切関係ない。
  3. のぞみやさくらは西明石に止まってたかも。
  4. 姫路市は兵庫県第2の都市にはなれなかったかも。
    • 終戦直後に強引な合併で拡大しているので関係ないのでは。
  5. 山陽電鉄の飾磨-姫路のどこかの駅に「新姫路駅」が併設されていた。
    • 場合によっては飾磨港線や姫路モノレールの運命も変わっていた。
    • 弾丸列車同様亀山に作られることに。

相生駅[編集 | ソースを編集]

  1. そもそもこの駅自体、空気過ぎて何の影響もないと思う。
  2. なんで、ひかりが止まるのということもなかった。
  3. 播州赤穂、上郡行きの新快速は史実よりも多かった。
  4. 赤穂が誘致していたらこうなっていたかもしれない。
  5. 青春18きっぷ利用者が中国地方へ抜ける際にワープで姫路駅を使用するケースがもっと多かった。
  6. 要するに夜行新幹線の運転計画がなかった場合。
    • この場合西明石駅も設置されていない。

岡山駅[編集 | ソースを編集]

  1. のぞみは、すべて新大阪ー広島がノンストップだった。
    • 最初の開通時点で新幹線は広島まで開業していた。
  2. 鉄道の本州~四国の行き来はすべて明石海峡経由だった。
  3. 岡山市が政令指定都市になることはなかったかも。
  4. 宇高連絡船と伯備線がないのが大前提。
    • 四国や山陰への連絡がどうなっていたか想像もつかない。
    • 当初の予定通り宇野線大元駅附近に「新岡山駅」を作ることになったのでは。

新倉敷駅[編集 | ソースを編集]

  1. 新幹線を使ってで倉敷市を訪れる際駅名にだまされることはなかった。
    • 100%岡山駅利用となっている。
  2. 現実の新倉敷駅は玉島駅のまま。
  3. 倉敷市が倉敷駅併設に伴う負担増をカバーすると申し出ていたら考えられた。
  4. もっと山奥を通って伯備線清音駅併設…ということはなさそう。

福山駅[編集 | ソースを編集]

  1. 某大物歌手の出身地と間違えられることもなかったかも。
  2. 福山に止まるのぞみは、新尾道か三原に止まっていたかも。
  3. 旧山陽道に近いルートになっていたかもしれない。
    • この場合神辺かどこかが「新福山駅」になっていた。
      • 神辺町は75年に加茂町もろとも福山市に合併されていた。
    • 以西のルートを考えると新尾道駅は置かれなかった可能性が高い。

新尾道駅[編集 | ソースを編集]

  1. なくてもあまり影響はないような…
  2. 新倉敷駅のケースと同様、新幹線で尾道市に訪れる客は福山駅利用が多かった。
    • 博多方面の場合は三原駅だが、のぞみが停まらないのでやはり福山駅利用となっている。
  3. 「尾道鉄道があれば新幹線駅ができていたかもしれない」という怪しげな風説が広まる。

三原駅[編集 | ソースを編集]

  1. =福山 - 広島間の中間駅が尾道市内に設置された場合。
    • 史実通り新尾道駅が開業しても三原市民は福山駅か広島空港を利用する。
  2. 史実でも検討されたように市街地から北に離れた場所に「新三原駅」ができていた。

東広島駅[編集 | ソースを編集]

  1. 広島空港は…現実通りか。
    • そもそも広島空港建設地の決定時に本駅の存在が影響を与えた痕跡がない。
  2. 西日本豪雨で東広島市は陸の孤島になる…ぐらいか。
    • それ以前に東広島市が成立していない。
      • 広島大学が他の候補地(可部or五日市)に移転し西条、八本松、志和、高屋の4町が合併する動機が存在しなかった。
  3. 弾丸列車計画のルートなら西条駅を通っていたのでこうなっていた。

広島駅[編集 | ソースを編集]

  1. のぞみは、すべて岡山ー小倉(博多)がノンストップだったかも。
    • 最近、福山や新山口に止まりだしたな。
  2. 人口が岡山市に抜かれて、中四国地方の中心は岡山だったかも。
  3. 流石に広島市内のどこかに駅ができている。
    • できるとしたら、横川駅でそこが新広島駅になっていたかも。
      • 弾丸列車では己斐駅(現西広島駅)停車の予定だった。
  4. 原爆と絡めた都市伝説が誕生していた。

新岩国駅[編集 | ソースを編集]

  1. 岩国基地の軍民共用化が早まる。
  2. 錦川鉄道は廃止されてしまった。
    • 史実で岩日線鉄道存続に当駅が関わったということはないはず。
      • 「御庄→清流新岩国」の改名が3セク転換から四半世紀後というのが何よりの証拠。
      • 新幹線併設できなかったくりはら田園鉄道や南部縦貫鉄道が廃止されてしまったので…。
  3. 広島-徳山は80km近くあるため間に駅を置かないのは不自然。
    • 山陽本線岩国駅か岩徳線西岩国駅に併設されていた。
      • 後者なら昭和1桁生まれの名駅舎が失われていた。

徳山駅[編集 | ソースを編集]

  1. いらないのぞみの駅といわれることはなかった。
  2. のちに周南市により「新徳山」ができ…ても利用者な少なさそう。
    • 少なくとものぞみ停車は実現していない。
    • 駅名は「新徳山」じゃなく「周南」になるかと。
  3. 化学工場の爆発事故で新幹線に被害が出るのを恐れたという俗説ができる。

新山口駅[編集 | ソースを編集]

  1. そもそも小郡町の小郡駅のまま。
    • 小郡町が山口市に合併されるのは史実通りかと。
  2. 県庁所在地が下関か萩でもない限り山口市内に駅ができる。
    • 弾丸列車の計画通り嘉川駅付近に駅ができるか。
    • 山口駅や湯田温泉駅に併設というのはさすがに非現実的。

小倉駅[編集 | ソースを編集]

  1. ソニックの始発駅は、新下関や博多になってたかも。
    • 現実もほとんどか博多駅ですが。。。
  2. 現実より、北九州市の人口減少が急速していた。
  3. 北九州市の中心地は八幡だったかも。
  4. 読み方が’おぐら’と間違えられる人が多かったかも。
  5. つまり北九州市成立直後のように戸畑を無理やり中心駅にしていた場合。
    • あるいは大規模な開発目的で「北九州駅」が建設されていた。
      • 中国武漢市の例を踏まえるとあり得ない話ではなかったと思う。

博多駅[編集 | ソースを編集]

  1. 山陽新幹線の終着駅は小倉だったかも。
    • 今でも福岡市より北九州市の方が人口が多い希ガス。
  2. 博多南線はなかったかも。
  3. 九州新幹線長崎ルートの乗り換えはすべて新鳥栖になる。
  4. 博多駅が何県にあるのかわかる人が少なかったかも。
    • むしろ、福岡の県庁所在地が博多という人が多かったかも。
  5. 大宰府が史実よりずっと長く存続していたらこうなっていたかもしれない。

九州新幹線(鹿児島ルート)[編集 | ソースを編集]

新鳥栖駅[編集 | ソースを編集]

  1. 久留米駅に近いと言われることはなかった。
  2. 鳥栖市が福岡にあると思う人がもっと多かったかも。
  3. 佐賀県は茨城県と同様、新幹線が県内を通りながら駅がない県、ということになっていた。
  4. 代わりに博多南駅が九州新幹線の駅となっていたかも。
  5. 長崎ルートが計画されなかったら久留米市との境に「鳥栖久留米駅」ができていた。
    • むしろ肥前旭駅に新幹線駅ができる。
      • 肥前旭駅が「鳥栖久留米駅」に改称していた。

筑後船小屋駅[編集 | ソースを編集]

  1. 別になくても誰も困ることはないかな?
  2. (筑後)名古屋駅との混乱がなかった。
  3. 瀬高あたりが新幹線駅誘致に乗り出すが実現せず。
    • 逆に瀬高と羽犬塚にそれぞれ駅が設置されていた場合だろう。
  4. ソフトバンクホークスの2軍本拠地は北九州市にできていた。
    • あるいはアイランドシティ。

熊本駅[編集 | ソースを編集]

  1. 熊本市が政令市になることはなかったかも。
    • それどころか、鹿児島市に人口が抜かれていたかも。
  2. みずほは、博多ー鹿児島中央間はノンストップ?
    • 替わりに新八代に停車していたかも。
  3. 線形を考慮して熊本港近くに新幹線単独の駅ができるが使い勝手の悪さで悪名をはせる。
    • 市電の延伸もここまでの路線を優先する羽目に。

新八代駅[編集 | ソースを編集]

  1. 九州新幹線の先行開業はなかったかも。
    • むしろ熊本駅まで先行開業してそう。
  2. 肥薩線に接続する駅になってしまい連絡する列車の本数が極端に少なくなる。

川内駅[編集 | ソースを編集]

  1. そっちの仙台駅と混乱することはなかった。
    • 九州地方でも「せんだい」といったら、この「仙台」だとすぐわかるかも。
      • 薩摩人意外は
  2. 薩摩川内駅に改称していたかも。
  3. 人口規模からして人吉や国分の方を回るルートになっていない限り設置されないというのは無理がある。
    • 伊佐市に突っ込むか。

鹿児島中央駅[編集 | ソースを編集]

  1. 多分、停車駅は鹿児島駅になっているような…。
  2. 勿論駅名は西鹿児島のままだった。
  3. むしろ、終着駅は熊本止まりだったかも。
  4. 新青森駅が開業する前の八戸駅みたいだったかも。県都には新幹線がないけど同じ県の非県都にはあるという。
  5. 「桜島の火山灰でダイヤが乱れるのを恐れたのか」と一部で噂される。

九州新幹線(長崎ルート)[編集 | ソースを編集]

長崎駅[編集 | ソースを編集]

  1. 長崎ルート自体、整備新幹線としての案がなかったかも。
  2. 諫早~武雄温泉しか開業しなかったらこうなっていた。

関連項目[編集 | ソースを編集]