もしあの歌が「らき☆すた」のカラオケEDで歌われたら

提供:chakuwiki
  • アニメ版「らき☆すた」前半期のEDはカラオケでした。もし本放送中に歌われなかったあの曲がEDに使われるとしたら誰が歌うのか・どうなっているのかを考えましょう。

アニメ・特撮[編集 | ソースを編集]

愛國戰隊大日本[編集 | ソースを編集]

  1. 間違いなくこなたが歌っているだろう。
    • 但し、フルバージョンだと途中までサンバルカンを歌っている。

摩訶不思議アドベンチャー![編集 | ソースを編集]

  1. 間違いなくこなたが歌っているだろう。

エースをねらえ![編集 | ソースを編集]

  1. つかさかみゆきさんのどっちかが歌っているだろう。

ウルトラマンA[編集 | ソースを編集]

  1. 「南」繋がりでみなみが歌っている。

レインボーマン[編集 | ソースを編集]

  1. こなたが歌う(替え歌で)。
  2. 白石かもしれない。

射手座☆午後九時Don't be lateほか[編集 | ソースを編集]

  1. もちろんみゆきさんが歌う。
  2. こなたが「なんか声が違うねー」と、タブーに触れてしまう。
    • かがみに「バカ、大人の事情ってもんを考えなさいよ」と突っ込まれる。
    • 仕方がないので、「私の歌を(ry」。
  3. かがみが必要以上の疎外感を味わう。

愛・おぼえていますか[編集 | ソースを編集]

  1. 歌っているのは間違いなくこなた。
    • 途中からみゆきさんとデュエットに。

ちびまる子ちゃん[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはもちろんこなた。
    • つか、歌う曲は『おどるポンポコリン』、それとも『走れ正直者』? 『ちびまる子ちゃん』という楽曲は存在しないぞ。

Journey through the decade[編集 | ソースを編集]

  1. 勿論つかさが歌う。
    • こなたがディケイドライバーを持ってくる。
  2. これがEDの回の次に本当にディケイドが来る展開に・・・。
    • 歌が終わると突如カラオケボックスに海東が・・・。

ムーンライト伝説[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはもちろんこなた。

ハレ晴レユカイ[編集 | ソースを編集]

  1. 一応…ダンスしてたよな…
  2. 歌うのは勿論こなた。
  3. ゴットゥーザ様&岩崎みなみが乱入してくる
    • いや、乱入は白石みのるでしょう。

Don't Say "Lazy"[編集 | ソースを編集]

  1. やはりこなたが妥当なのか…

?でわっしょい[編集 | ソースを編集]

  1. 4人で歌う曲なので、当然全員で歌う。
  2. 「わっしょいわっしょしょい!」の部分は全員で盛り上がる。
  3. この回だけ「らっきー☆ちゃんねる」からゴトゥーザ様が乱入。
    • 上の「ハレ晴レ…」でも在り得るな。

溝ノ口太陽族[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのは勿論こなた。

Go Go Power Rangers[編集 | ソースを編集]

  1. こなた&パティのユニットで歌う。
    • パワーレンジャーを分からないかがみ達の為にわざわざジュウレンジャーから解説する。

オラは人気者[編集 | ソースを編集]

  1. こなたがしんのすけのモノマネをして歌う。

ペガサス幻想[編集 | ソースを編集]

  1. 全員、最初の所で「セイントセイヤーッ!」と叫ぶ。

仮面ライダーストロンガーのうた[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなた。

紅蓮の弓矢[編集 | ソースを編集]

  1. こなたとかがみとつかさが一緒になって熱唱。それをみゆきさんがポカンとした表情で見守っている。

Bomb A Head! V[編集 | ソースを編集]

  1. メインボーカルはこなたでみなみがアオーサー!などと合いの手を、そしてドアのシルエット越しにこなたがブレイクダンスを披露する。
    • こなたが「オリジナルもいいけどやっぱセルフカバーのこっちがいいな~」と言ったらみゆきが「セルフカバーとは他人に提供した曲を自分で歌う事が本来の意味なんですよ、これはどっちかというとリメイクですね。」と言われ、こなたが「へーそうなんだ、他にオリジナルより好きなのはただのカバーだけどボブ・ディランよりもガンズ・アンド・ローゼズのKnockin' on Heaven's Doorなんだー。同名の映画の主題歌だし」と言うが、みゆきに「映画の方をカバーしたのはドイツのセリグというバンドですよ。」と指摘され、こなたが視線を逸らして歌うことに集中しはじめる。長い記事
  2. 同じ京アニ作品から来たお馬鹿な男が乱入してくるだろう。
    • この曲のオリジナルは上述の男が「最高のヒップホップ」と呼ぶほど愛してやまない曲らしい。

自由の翼[編集 | ソースを編集]

  1. かがみとつかさの双子デュオで歌う。こなたは一緒に歌おうとするもついていけず、仕方なく間奏部のコーラスを担当。

Let It Go ~ありのままで~[編集 | ソースを編集]

  1. つかさが日本語歌詞版を、みゆきさんが英語歌詞版を歌ってハモる。

だんご大家族[編集 | ソースを編集]

  1. つかさがリードボーカル。サビは4人全員で合唱。

BIG-O![編集 | ソースを編集]

  1. こなたが歌う。
    • みゆき「あれ?この歌QUEENのフラッシュのテーマに似ているような…」 こなた「それは禁句だよ!! あと2ndシーズンのRESPECTが謎の円盤UFOってのも言っちゃ駄目だからね!!」 かがみ「誰もそこまで言ってないわよ…」

LUCKYSTAR[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはまあこなただろうけど、ネタ重視なら9人集めて歌うしかない。
    • こなた・つかさ・かがみ・みゆき・みさお・あやの・ゆたか・みのり・ひより辺りか?ちょっと無理あるけど。
  2. 勿論名乗りから入る。
    • …となるとやっぱり12人呼ぶしかない?

PARTY☆NIGHT[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなた・かがみ・つかさ。
  2. こなたがサビで大熱唱。
  3. 間奏でこなたが「猫耳でメイド服って萌えだよね」と萌え要素を解説していた。

コネクト[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはかがみ。

ホシトハナ[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなた
    • 途中からこなたが東郷さんのモノマネを始める

Little Busters![編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなた。
    • サビでは必死に歌う。

球団応援歌[編集 | ソースを編集]

We Love Marines[編集 | ソースを編集]

  1. どう頑張ってもななこしか歌わない。
  2. 何故か背景が千葉マリンスタジアムや川崎球場になっている。

巨人軍の歌(通称”闘魂こめて”)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはやはり東京都民であるみゆきさんでしょ。

阪神タイガースの歌(通称”六甲おろし”)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはかがみのような気がする。

燃えよドラゴンズ![編集 | ソースを編集]

  1. 誰も歌わず。「これなんて歌?」「知らなーい」というこなたらの会話と伴奏だけが流れる・・・・・
    • いや、ここでゴットゥーザ様乱入でしょう(中の人はドラゴンズファン)。
  2. あのコアラも出てくる。

地平を駆ける獅子を見た[編集 | ソースを編集]

  1. かがみが歌うと思う。(埼玉県民でこなたはダイエーファンのため)
  2. つかさの中の人が始球式に

民謡[編集 | ソースを編集]

炭坑節[編集 | ソースを編集]

  1. みゆきが歌う。
    • 炭坑節の由来についてEDいっぱいに解説する。

カチューシャ[編集 | ソースを編集]

  1. こなたが歌う

軍歌[編集 | ソースを編集]

軍艦マーチ[編集 | ソースを編集]

  1. こなたが熱唱する

宮さん宮さん[編集 | ソースを編集]

  1. みなみが歌う。

隣組[編集 | ソースを編集]

  1. つかさがドリフの歌と間違えて歌ってしまう。

玉葱の歌[編集 | ソースを編集]

  1. こなたが歌う。

J-POP[編集 | ソースを編集]

世情[編集 | ソースを編集]

  1. もちろんみゆきさんが歌う。

さよなら人類[編集 | ソースを編集]

  1. こなたが歌う。
    • こなたが「たまの歌なんだよね。」と言うとつかさがすかさず「猫の歌?」とボケてこなたが「言い方が悪かったみたいだね。この場合の「たま」って言うのはバンドの名前だよ。」と訂正する。歌の途中でかがみが「この歌変な歌ねぇ」と突っ込む。
      • するとこなたが「歌だけじゃなくてバンドのメンバーもかなり変わってるんだよ。おかっぱ頭にちゃんちゃんこ着てる人とか・・・あ、ちゃんちゃんこって鬼太郎が着てるよな服ね。後、下駄を履いている人とか坊主頭でランニング一枚に長靴履いてる人かね。その人、曲中で叫ぶんだよね。一番まともって言うか格好いいのがベースの人。ピアノの人も良いね。」と言う。

「うらみ・ます」[編集 | ソースを編集]

  1. 白石かみゆきさんのどちらかが歌う。

瞳をとじて[編集 | ソースを編集]

  1. そうじろうが乱入して、亡妻を想い出して涙しながら歌う。

金太の大冒険[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなたで、他の三人は凍り付いてしまう(笑)。
    • 中盤ぐらいで下ネタな分部があると分かったかがみから「どんな歌かと思ったら下品な歌でガッカリしたわ、って言うかそんな下品な歌は途中でも良いから歌うの止めなさいよ。」と激しく抗議して、抵抗したこなたにキレて中止ボタンを強引に押して、「かかみん、何で止めるだよぉ。何歌っても自由なのに」と更にキレて猛抗議すると、「女の子がそんな歌歌ってると思われるのが恥かしいから止めたのよ」と逆ギレされる。
      • ↑「部分がある」では?

帰ってきたヨッパライ[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなた。もちろんドナルドダックボイス用のヘリウムを使用。

名古屋はええよ!やっとかめ[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなた。
    • 中の人が愛知県出身だから。
      • ゴットゥーザ様も忘れずに。
  2. なぜか名古屋市がらきすたの聖地になっていた。
    • 後々もしかすると八十亀とのコラボもあり得たかもしれない

あずさ2号[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのは勿論かがみとつかさ。
  2. なぜか途中で他作品のキャラが乱入する。
  3. 歌い終わった後でこなたと3人で「かいじ101号」・「しなの3号」も歌うだろう。

岬めぐり[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはやはりこなた?
    • むしろみゆきさんの方がいい味出すかも。
  2. 歌い始めた瞬間、こなた達のパ○ツが…

ウキウキWATCHING[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなたとかがみとつかさの3人。

だれかが風の中で[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはかがみ。意外と十八番で、自分でギターを弾いて歌ってそう。
  2. そしてこなたが”あっしにはかかわりのねぇことで”と合いの手を入れる。

いつでも夢を[編集 | ソースを編集]

  1. 橋幸夫のパートをこなたが、吉永小百合のパートをつかさが歌う。

メモリーグラス[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはつかさ。

銀座の恋の物語[編集 | ソースを編集]

  1. 歌っているのはこなた。かがみが無理やりデュエットさせられる。

夏陰[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはかがみ。歌い終わったらなぜかお開きとなる。

傷だらけのHERO[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなたとつかさ。(珍しくも)普通に盛り上がる。

なごり雪[編集 | ソースを編集]

  1. かがみに目配せしつつこなたが熱唱する。ガラでもない歌いっぷりに一同沈黙。

夢一夜[編集 | ソースを編集]

  1. かがみに目配せしつつこなたが熱唱する。声質が全然合ってないので皆が笑う。

小市民[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなたで、聞いてるかがみとつかさが「それ、良くあるよね」とか「それ、私もやる」と言うが、みゆきさんはキョトンとして聞いている。

鉄爪(ひきがね)[編集 | ソースを編集]

  • 最初にかがみが歌い、聞いていたこなたが途中から一緒になって歌っている。

影を慕いて[編集 | ソースを編集]

  • こなたがナンバーを入力してが歌い始めるのも、たぶん彼女が知っているのは曲のタイトルだけだと思うので音程が外れっぱなし・・・・・

知床旅情[編集 | ソースを編集]

  • 歌っているのはいつの間にか入り込んだ白石みのる。

この空を飛べたら[編集 | ソースを編集]

  • 「作者の名前(作詞&作曲:中島みゆき)つながりでみゆきさんいってみよう!」とのこなたの呼びかけに応えてみゆきさんが歌う。聴き終わったこなた曰く「ごめん、みゆきさんには合わないや」

野に咲く花のように(ダ・カーポの曲)[編集 | ソースを編集]

  • つかさとみゆきさんが一緒に歌う。山下清の声マネでハモろうとウズウズしているこなたをかがみが必死で抑えている。

ああ人生に涙あり(『水戸黄門』の主題歌)[編集 | ソースを編集]

  • 最初にこなたが歌い始め、いつの間にか4人全員で歌っている。

酒と泪と男と女[編集 | ソースを編集]

  • かがみが歌っているの聴きながら、「この曲の作者(河島英五)がこの曲を作ったの19歳の時なんだってさ。お酒飲めなくても作れるもんなんだねぇ」とこなたが講釈を垂れる。

聖母たちのララバイ[編集 | ソースを編集]

  • 歌っているのはみゆき。聴きながらこなた曰く「海辺の岸壁が見えるねぇ・・・・・」

瀬戸の花嫁[編集 | ソースを編集]

  • こなたが歌い始めるも途中でそうじろうが凄い形相で乱入して強制終了。

最後の雨[編集 | ソースを編集]

  • 乱入したそうじろうが亡妻を思い出しつつ涙して歌う。

恋(星野源の曲)[編集 | ソースを編集]

  • 歌うのはかがみ。後方ではこなたとつかさが恋ダンス。
  • こなたが踊っているうちに机の上の飲み物のグラスを倒して怒られる。

ハイサイおじさん[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはつかさとこなた。やっぱりこなたは「変なお〜じさ〜ん、変なお〜じさ〜ん ♪」と歌っている。
    • つかさはそれを一向に気にしていないし、かがみはつっこむ気すら失せている。
      • つかさが歌いながらカチャーシーを踊ってテーブル上のコップを倒す。
  2. かがみがつっこむのはこなたが最後に「ダッフンダ!」と言った後。

夏疾風[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはつかさとかがみとみゆき。こなた一人を置き去りにして不気味なくらいまともに歌が進行する。

栄光の架橋[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはかがみとみゆき。こなたはやっぱり置き去りにされる。

オペラ・ミュージカル[編集 | ソースを編集]

誰も寝てはならぬ (『トゥーランドット』より)[編集 | ソースを編集]

  1. 意外なことに歌うのはこなた。
    • マントを羽織ってつけ髭付けてパヴァロッティになりきって歌うも声量が全くないので皆大笑い。

メモリー(『キャッツ』より)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うとしたらやはりみゆきさんだろう。

夢やぶれて(『レ・ミゼラブル』より)[編集 | ソースを編集]

  1. そうじろうが乱入して、亡妻を想い出して涙しながら歌う。

七光り三度笠(『メタルマクベス』より)[編集 | ソースを編集]

  1. こんな歌を歌うのはこなたしかいるまい。

恋とはどんなものかしら(『フィガロの結婚』より)[編集 | ソースを編集]

  1. 誰も歌えず。彼女らにとっては「キューピー3分クッキング」の曲でしかないから・・・・・
    • 埼玉では放映すらしてないから知らない人も居そうな気が(埼玉は日テレ版だと思う)

The Phantom of the Opera(『オペラ座の怪人』より)[編集 | ソースを編集]

  1. ファントム役はこなた、クリスティン役はみゆきが歌う。

ほんの少し運が良けりゃ(『マイ・フェア・レディ』より)[編集 | ソースを編集]

  1. かがみが本来の歌詞で歌うもこなたが「ゼナのCM」の歌詞でハモろうとする。

Castle on a Cloud(『レ・ミゼラブル』より)[編集 | ソースを編集]

  1. いつの間にか入り込んだゆたかが歌っている。

神は死んだ(『ダンス・オブ・ヴァンパイア』より)[編集 | ソースを編集]

  1. つかさが歌う。歌い終わった後、聴いていたかがみ曰く「これ、どちらかといったら、こなたに似合いの曲だよね」

We were Dancing(『アンナ・カレーニナ』)より[編集 | ソースを編集]

  1. こなたがかがみに流し目しつつ歌う。

夜の女王のアリア(『魔笛』より)[編集 | ソースを編集]

  1. かがみが歌うも、ソプラノを出しきれずに途中で咳き込んで挫折。

洋楽系[編集 | ソースを編集]

マイ・ウェイ[編集 | ソースを編集]

  1. つかさとこなたが一緒に歌う。

My Heart Will Go On ~タイタニック 愛のテーマ~[編集 | ソースを編集]

  1. みゆきさんが歌ったらいい感じかも。

Deep Purpleで最も有名な四曲(『Black Night』・『Highway Star』・『Smoke on the water』・『Burn』)のいずれか[編集 | ソースを編集]

  1. こなたが日本語直訳歌詞で歌う。

黒い瞳のナタリー[編集 | ソースを編集]

  1. 飛び入りで白石みのるが歌うも、途中でこなたに強制終了させられる。

虹の彼方に(Over The Rainbow)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはみゆき。こういう曲調が苦手そうなこなた以外は皆聴き入っている。
  2. もしくはかがみがいつの間にか持ち込んだウクレレを弾きながら”IZバージョン”で歌う。

SCATMAN[編集 | ソースを編集]

  1. 歌っているのはもちろんこなた。ただし歌詞がすっかり日本語化している・・・・・

Holding out for a Hero[編集 | ソースを編集]

  1. かがみの十八番というイメージがある。日本語歌詞版(ドラマ『スクール・ウォーズ』の主題歌)でこなたがハモろうとして、英語版を熱唱しているかがみに露骨に嫌がられてる有様が目に浮かぶよう。

愛の讃歌[編集 | ソースを編集]

  1. こなたが日本語歌詞版(訳詞:岩谷時子)をかがみに目配せしつつ歌う。しかし聴き入っているのはみゆきさん。
    • (CMでこの曲を歌った)桑田佳祐の曲だと勘違いしていて、みゆきさんに指摘される。

Always Look on the Bright Side of Life[編集 | ソースを編集]

  1. もちろん歌うのはこなた。全編英語歌詞だが発音は完全に日本語化している。
  2. 口笛はつかさが担当。

I Must Go!(かつて日テレの箱根駅伝中継のエンディングで使われていた曲)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはかがみとみゆき。
  2. ただしまともに歌えてるのはみゆきだけで、かがみはスキャットでごまかしている。
    • それをこなたがつっこんでいる。

The Final Countdown[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはかがみ(リードボーカル)とこなた(コーラス)。

Tengoku Kara Kaminari[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなた。ただし正しく歌えるのは”アケボノ、ムサシマル、アンド、コニシキ〜♫”というフレーズのみ。
    • それをかがみが「やっぱりな〜」という視線で見ている。

この素晴らしき世界(What a Wonderful World)[編集 | ソースを編集]

  1. さんざん歌って声が枯れた状態のこなたとつかさが一緒に歌う。歌い終わったらお開きとなる。
    • 意外にも、そのままイメージソングにしてしまってもいいくらいこなたにしっくりきている曲だと思う。いろいろあるにせよ、オタクとして青春と人生を満喫している彼女にとって、世界はまさにこの歌の通りなのではなかろうか。

嵐が丘(Whthering Heights)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはみゆき。冒頭部だけ(「恋のから騒ぎ」のテーマ曲として認識しているであろう)こなたがハモろうとして高音を出しきれずに咳き込む。

You Could Be Mine[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはかがみ。この曲のPVで最後のサビの部分前に入る”Hasta la vista、Baby!!”の決め台詞を言うのはこなた。

雨に唄えば(Singin' in the Rain)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはみゆきとつかさ。こなたは退屈そうな目で見ている。

伝説のチャンピオン[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなた。ただしまともに歌えてるのはサビの”We are the Champion、My Friend〜♪”の部分だけ。

希望と栄光の国 (Land of Hope and Glory)[編集 | ソースを編集]

  1. BBCプロムスの最終日の中継を見たかがみが「すごい印象的だった」として歌う。いつの間にか合唱となり、歌い終わったらお開きとなる。
    • こなた一人が高田総統になり切って歌っている。

世界各国の国歌[編集 | ソースを編集]

みゆき曰く「あの~、皆さん、立たなくていいんですか?」

星条旗(アメリカ合衆国国歌)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うとしたらたぶんつかさ。
    • むしろパティだろ・・・。

ラ・マルセイエーズ(フランス国歌)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うとしたら間違いなくこなた。

ロシア連邦国歌[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはみゆき。

Oh,Canada(カナダ国歌)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うとしたらたぶんつかさ。でもって歌詞の、”Oh Canada”の部分だけこなたがハモる。

チリの国歌[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなた。リズミカルな曲調なので彼女の気性に合いそう。
    • ただしスペイン語ができないので半分以上スキャットで流す。

神よ女王(国王)を護り賜え(英国国歌)[編集 | ソースを編集]

  1. こなたがパティが歌詞の発音を日本語化して記載したカンペを片手に歌う。

ブラジルの国歌[編集 | ソースを編集]

  1. テーブルの上のアイスコーヒーを見たこなたが歌おうとする。
  2. イントロがあまりに長い上、ポルトガル語もわからないので歌いはじめがわからず、歌がグダグダになって途中打ち切りとなり、かがみあたりに「ブラジル人に謝りなさい!」と言われる。

その他[編集 | ソースを編集]

みくみくにしてあげる♪[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこんなことやっているかがみ。

賛美歌320番「主よ御許に近づかん[編集 | ソースを編集]

  1. こなたが歌い、かがみが「縁起でもないからやめなさいよ」と止めに入る。

ケンタッキーの我が家[編集 | ソースを編集]

  1. みゆきが歌った後、こなたが「ケンタッキーフライドチキンが食べたい」と言い出す。

テネシー・ワルツ[編集 | ソースを編集]

  1. 歌っているのはいつの間にか入り込んだみさお。

CHANGE YOUR MIND[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはこなた以外考えられない。
    • 最もインストの曲であり歌詞がないためスキャットで歌う。
    • 「もってけ!セーラーふく」を初めて聴いた時の衝撃は「CHANGE YOUR MIND」を初めて聴いた時の衝撃と同じくらい凄い…と個人的には思う。

遥かなティペラリー(ティペラリーの歌)[編集 | ソースを編集]

  1. 歌うのはみゆき。こなた一人がドイツの歌だと思い込んでいた。

希望号はゆく(祐誠高等学校校歌)[編集 | ソースを編集]

  1. 原曲もボーカルが4つなので各パートを一人ずつ歌う。
    • 山本潤子パート:かがみ,ショーン星野パート:こなた,花水佐千子パート:つかさ,松谷麗王パート:みゆき
  2. 「アニメで実在の高校の校歌が全国放送される」とあってちょっとした話題になる。