もしあの番組が大コケしていたら/TBS系/あ・か行

提供:chakuwiki
連絡事項あり
このページのご投稿「マンネリ化した投稿内容」などに関して、管理者よりご連絡させていただきたいことがあります。
投稿者の方はトーク:もしあの番組が大コケしていたらをご参照ください。
保護解除
このページは、「IP利用者による編集強行」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

もしあの番組が大コケしていたら

  • 現在放送されていたり、現在放送されている番組の礎となった番組がもし大コケしていたら…
  • 追加する際は五十音順になるようにお願いします。
  • 以下のジャンルは各ページへ。
  • 地方局ローカルの番組は括弧書きで放送局名を明記してください(全国ネットの場合は不要)。
  • マンネリ化しているため、以下のみに関する投稿は原則禁止しとします。
    1. ○○(俳優名等)の代表作が一つ減っていた(「ブレイクしなかった」等含む)
    2. 2期・劇場版などは製作されなかった。
    3. 裏番組の○○はもっと長く続いていた(「独走状態が続いていた」等含む)
    4. (曜日)(時間)枠は鬼門になっていた(「迷走が続いていた」等含む)

あ行[編集 | ソースを編集]

あさチャン![編集 | ソースを編集]

  1. こうなっていた
  2. ぐでたまはサンリオ人気キャラクターになれず、黒歴史キャラになっていた。
    • 逆に同時期に登場したKIRIMIちゃん.の方が人気キャラになったんじゃ?(史実でも人気キャラではあるが)

アッコにおまかせ![編集 | ソースを編集]

  1. 日曜昼12時台はローカルセールスに転向していた。
    • これにより、日曜12時台の民放の全国ネットは壊滅していた。
    • 多分、毎日放送制作の番組のネットに切り替える?
  2. 当番組における初音ミクに関する事件は発生しなかった。

アップダウンクイズ[編集 | ソースを編集]

  1. 視聴者参加型クイズは史実より少なかった。
  2. 海外旅行の普及時期が変わっていた可能性もある。
  3. 日航123便事故以前に打ち切られていた可能性が大なので、事故による番組編成への影響も少なかった可能性も。
    • 史実では、プロ野球中継などで穴埋めしていた。
  4. のちに「ネプリーグ」の「ブレインタワー」のゴンドラで「アップダウンクイズ」を思い出す人が少なかった。

ウォッチン!みやぎ(東北放送)[編集 | ソースを編集]

  1. 元ネタであるTBSのウォッチ!の終了と同時に終了していた。
  2. 後番組の朝ズバッ!はTBCでもフルネットしていた。
    • 朝ズバッ!の名物コーナーだった8時またぎを宮城でも見る事ができた。
  3. この番組の名物気象予報士だった斎藤恭紀がブレイクする事は無かった。
    • 国会議員になる事も無かった。
      • 史実よりも早く福島テレビの気象予報士になっていたかもしれない。
  4. 姉妹番組であるウォッチン!プラス 絆みやぎ→サタデーウォッチン!は放送されていなかった。
  5. TBCは新たな看板テレビ番組を作るべく「ただいまワイド」→「ウキウキ5時らんど」以来撤退していた夕方ワイド番組に再び参入していた。
    • 番組タイトルは「テレビな気分(仮称、TBCラジオで放送されている午後のワイド番組「ラジオな気分」が元ネタ。)」あたりかな。
      • 宮城の夕方ワイド番組で不動の人気を誇る「OH!バンデス(ミヤギテレビ)」に次ぐ人気番組となりバンデスの良きライバルとなっていた。
        • 史実でウォッチン!みやぎに出演していた出演者の一部が「テレビな気分」に出演していた。
        • 同様に史実でウォッチン!みやぎの企画として放送されていた企画の一部が「テレビな気分」の企画として放送されていた。

うたばん[編集 | ソースを編集]

  1. 石橋貴明はZONEのMIZUHOに「×××の先」発言をすることはなかった。
  2. 「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「ほんとのうたばん」はなかった。
    • となると野猿(やえん)も存在しなかったか?
  3. 石橋貴明のどぎついいじりで視聴者が離れたと見なされていた。
  4. 保田圭がいじられキャラとして活路を見出すことはできずにモー娘を卒業、ソニンもEEJUMP解散後は芸能界を引退していた。
    • 飯田圭織がジョンソンと呼ばれることもなかった。

噂の!東京マガジン[編集 | ソースを編集]

  1. ゆとりギャルの料理下手ぶりを象徴することはなかった。
  2. 吉瀬美智子はブレイクせず、女優への転身もなかった。
  3. TBS昼1時台は完全なローカルセールス枠となり、各局ごとに異なる編成となっていた。
    • 以前のようにMBS制作の全国ネット枠に戻っていた可能性も。
  4. 京都市営バス職員の態度の悪さをテレビで晒すことはなかった。
    • ヘタすりゃ、(実史で)橋下徹が大阪市長に就任後、大阪市営交通の諸問題発覚まで、この様な問題が『全国 』に明るみになる事も無かったか?
    • さすがにMBSあたりが取り上げられていたかも。(もっともこの番組は関西ではほとんど放送されていないが)
  5. 森本毅郎の不倫スキャンダルの後遺症で大コケしたと見なされていた。
  6. 浜松餃子は注目されなかった?

ウンナンのホントコ![編集 | ソースを編集]

  1. 未来日記といえば本番組の看板企画ではなくこれを指す。
  2. 大半の未来日記の出演者は「あいのり」の方に出ていた。
    • TBSのアナウンサーの蓮見孝之もあいのりに出演。「ハスミー」というあだ名でいじられる。
      • そうなると、フジテレビに入社したか?
  3. サザンオールスターズの「TSUNAMI」や福山雅治の「桜坂」もヒットしなかった。
    • サザンオールスターズは再ブレイクすることはなく、福山雅治は俳優業に絞ることになる。

オールスター感謝祭[編集 | ソースを編集]

  1. 島崎和歌子は「魔法少女ちゅうかないぱねま」程度の印象で終わっていた。
    • Wikipediaに司会者として扱われることもなかった。
  2. 芸能人の自己満足番組が減っていた。
  3. ジミー大西へのエアガン発砲事件は起きなかった。
  4. 河本準一が「ぬるぬる王子」と呼ばれることはなかった。
    • 更に、肋骨を骨折する事故も起きなかったか?
  5. TBSは改編期の特番として「クイズまるごと大集合」を復活させていた可能性もありそう。
  6. 「心臓破りの坂」という言葉は流行しなかった。
  7. 猫ひろしが『マラソンランナー』として注目される事も無かったか?
    • 2016年のリオデジャネイロオリンピックで、マラソンのカンボジア代表にならなかったか?
  8. 森脇健児は京都放送以外のテレビから消えていた。
    • 24時間テレビで走っていたかもしれない。

か行[編集 | ソースを編集]

輝く!日本レコード大賞[編集 | ソースを編集]

  1. レコード大賞の実態はおろか、存在すらも知られていなかった。
  2. 「日本有線大賞」 も2017年より前に終了していた。
  3. 「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」 が12月30日の放送に落ち着くこともなく、レコ大、戦力外通告、 「クイズ☆正解は一年後」 の3番組が12月30日の風物詩になることはなかった。
  4. 沢田研二や西城秀樹のTBSでの映像をまとめたDVD-BOXにこれの映像が収録されることはなかった。

ガチンコ![編集 | ソースを編集]

  1. 「ガチンコ」「ガチ」は流行語にならなかった。
    • ガチガセ」は別のタイトルになっていたか「なるほどハイスクール」のままだった。
  2. 大和龍門の「お前らホームラン級のバカだな」は有名にならなかった。
    • 某掲示板のAAのネタにされることもなかった。
  3. 竹原慎二の再ブレイクはなかった。
  4. 当然、やらせ疑惑もなかった。
  5. 子供に見せたくない番組にランクインすることもなかった。
  6. きこうでんみさやいちご姫がブレイクすることはなかった。
  7. 大げさすぎるナレーションやテロップに代表される過剰な演出や講師陣の言動で視聴者が離れていったとみなされていた。

学校へ行こう![編集 | ソースを編集]

  1. V6がTBSと親密になることはなかった。
  2. ジョン・レノソことヒライケンジがエンタの神様に出演することはなかった。
  3. サエコが「ドラゴン桜」に出演することもなかったかもしれない。
    • ダルビッシュ有と結婚することもなかった?
      • それで有名になったのだから関係ない。
  4. 星野貴紀は声優としてデビューしなかったかほかの方法でデビューしていた。
  5. 「学校へ行こう!」といえばドラマのことだった。
  6. 『大マジカル頭脳パワー!!』にTOKIOが出演することはなかった(『大マジカル』放送時は『学校へ行こう!』が裏番組となり、その兼ね合いでV6が出演出来なかったため)。
  7. 「みのりかリズム4」が存在しなかったため、トレンディエンジェルの「斎藤さんゲーム」がパクリだと言われることもなかった。

がっちりマンデー!![編集 | ソースを編集]

  1. 加藤浩次は山本圭一の不祥事から立ち直れず後を追うように芸能界を去った可能性がある。
    • 「スッキリ!!」の司会になることもなかった。
  2. 進藤晶子もテレビから消えていた。
  3. テレビ東京以外のキー局での好調企業紹介番組はタブーになっていた。
  4. 「サンデーモーニング」が高視聴率を理由に放送時間を前倒しする形で30分拡大されていた。
  5. ひとつ前に放送しているCBCテレビの「週刊!健康カレンダー カラダのキモチ」も大コケしてアニメ枠に戻ったかもしれない。
  6. 日曜の朝と言えば子供向けアニメ・特撮か地味な旅行番組以外考えられない時代が続いていた。

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ[編集 | ソースを編集]

  1. ドリフターズは過去の芸人扱いされていた。
    • 『志村けんのだいじょうぶだあ』もなかった。
    • PCエンジンの「加トちゃんケンちゃん」も発売されなかった?
  2. おもしろホームビデオ紹介は「ズームイン!朝」以外企画されなくなっていた。
    • 「さんまのからくりTV」は誕生しなかった。
    • テレ朝の「ビデオあなたが主役」もなかった。
    • ビデオカメラブームも起きなかった。
    • この番組のフォーマットを輸出した「America's Funniest Home Videos」が制作されることもなく、ここからヒントを得たというYouTubeも無かったかもしれない。

消えた天才[編集 | ソースを編集]

  1. レギュラー化されず、やらせ事件もなかった。
  2. 日テレの「人生が二度あれば」がレギュラー化された
    • 武田豊樹(長野オリンピック代表を蹴って競輪学校受験)、小芝風花(第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権アイスダンスで優勝も芸能界入り)、小林秀一(巨人1位指名を拒否)などはこの番組で取り上げられていた。

筋肉番付[編集 | ソースを編集]

  1. 体育王国、炎の体育会TVはなかった。
  2. 筋肉番付の打ち切りとともにSASUKE、スポーツマンNo.1決定戦も打ち切られていた。
  3. ストラックアウトなど番組から生まれたゲームは過去のものになっていた。
  4. SASUKEが海外で放送され、世界から挑戦者が現れることはなかった。
  5. 山田勝己はSASUKEをあきらめて就職していた。
  6. SASUKE完全制覇者は秋山和彦1人だけだった。
  7. 長野誠やその他オールスターズは無名の存在だった。
  8. 奥山義行がSASUKEのために転職することはなかった。
    • 奥山義行は過去の陸上選手になっていた。
  9. スポーツマンNo.1決定戦ではなかやまきんに君の黄金時代はなかった。
    • 筋肉留学もなかったか、していてもあまり注目されなかった。
  10. 裏番組で放送されていたSLAM DUNK(テレ朝)の視聴率が低迷する事も無かったので原作途中で打ち切られる事も無く、原作において名作とされる山王戦までアニメ化されていた。

クイズダービー[編集 | ソースを編集]

  1. 大橋巨泉のセミリタイアが史実より早まっていた。
    • 「世界まるごとHOWマッチ」や「巨泉のこんなモノいらない?」といった番組もなかった。
    • 巨泉や竹下が出演した『ギミアぶれいく』も放送されなかった。よって、『ギミアぶれいく』内で放送された『笑うせぇるすまん』もどうなっていたか?
  2. はらたいらはここまで有名にならなかった。
    • 嘉門達夫の替え歌のネタにされることもなかった。
    • はらたいらといえば、漫画家という認識で終わっていた。
  3. 竹下景子は女優のイメージが強いままだった。
    • コケる時期が早かったら、息子の名前が全国ネットで流れる事が無かった。
  4. 2016年冬に放映された「サントリーboss」のCMで、本番組の一部が使われる事が無かった。

クイズ100人に聞きました[編集 | ソースを編集]

  1. 関口宏は司会業をやめて、本来の仕事である俳優業中心に活動していた。
    • 当然「東京フレンドパーク」も存在しなかった。
    • 「サンデーモーニング」も。
      • 当然ながら、『サンデーモーニング』のスポーツコーナーで、プロゴルファー・タケ小山が「 屋根裏のプロゴルファー」と言われる事が無かった。
  2. この番組の前に放送していたキックボクシング中継がこの枠で復活していた。
    • 沢村忠に次ぐ人気選手が誕生し、キックボクシング人気が史実より長く続いていた可能性も。
    • のちのK-1にも大きな影響を与えていた可能性大。
  3. 「あるあるある!」という掛け声は有名にならなかった。
    • 関口宏が肘をつくしぐさも。
  4. 『スーパークイズスペシャル』の「100人に聞きましたが1人しか答えませんでした」はなかった。

恋するハニカミ![編集 | ソースを編集]

  1. 西岡剛とモデル・タレントのさくらが交際することはなかった。
  2. 石川遼が「ハニカミ王子」と呼ばれることもなかった。
  3. 番組アシスタントだった蛯原友里のブレークが史実より遅くなっていた。
    • さらにスポンサー競合社と契約し番組を強行卒業することもなかった。
    • もうひとつ言えば、彼女が久本雅美と関係が悪化することもなかったかも。
    • 同時期のアシスタントだった長谷部瞳も番組出演を継続しており『王様のブランチ』のリポーターにはならなかった。

ゴゴスマ -GO GO!Smile!-(中部日本放送)[編集 | ソースを編集]

  • TBSでの放送がすぐ打ち切られ「ちちんぷいぷい」の二の舞になっていたら?
  1. 以降TBSが全国ネット枠ではないMBS、CBC制作番組をネットすることはタブーとなっていて修復不可能なほど関係が悪化していた。
  2. ミヤネ屋、グッディと同じワイドショー路線に転換しなかったら「ちちんぷいぷい」の二の舞だった。
  3. ふぉ~ゆ~、BOYS AND MENが有名になることはなかった。
    • 『新幹線変形ロボシンカリオン』の主題歌はボイメンではなく別アーティストだった。
  4. もしかしたら「やすらぎの郷」のヒットを目の当たりにして昼ドラを再開したかもしれない。
  5. MCの石井亮次アナウンサーがサンデー・ジャポンに出演することもなかった。
    • フリーになることもなかっただろう。
  6. rkbの「今日感テレビ」がHBCで放送開始(実際に検討されたらしい)。準全国ネットに昇格していたかもしれない。
  7. CBCは「ちちんぷいぷい」のネット受けをしていた。
  8. 『今日感テレビ』(rkb)『ちちんぷいぷい』(MBS)が終了することはなかった(史実では終了後ゴゴスマをネット)。
もしあの番組が…
○○だったら NHK/日テレ系(あ・か/さ~わ)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系/ドラマ/アニメ(あ~こ/さ~の/は~わ)/特撮/時代劇/放送枠(JNNTXN)
大コケしていたら 独立局・CS・海外・ラジオ・インターネット/NHK/日本テレビ系(あ・か行/さ・た行/な~わ行)/テレ朝系/TBS系(あ・かさ~なは~わ)/テレ東系/フジ系(あ~たな~わ)
大ヒットしていなかったら アニメ/特撮戦隊(1990年代以前2000年)/ライダー(2010年代)/円谷/東映)/ドラマ(あ~こ/さ~そ/た~と/な~ほ/ま~わ/連続テレビ小説2010年代
今でも続いていたら NHK・独立局・CS・海外/日テレ系(あ~さた~わ)/テレ朝系/TBS系(あ・かさ~わ
テレ東系/フジ系(あ・かさ~なは~わ)/アニメ(///た・な/は~わ
大ヒットしていたら NHK・テレ東系ほか/日テレ系(あ~こ/さ~の/は~わ)/テレ朝系(あ~こ/さ~の/は~わ
TBS系(//さ~の/は~わ)/フジ系(あ~こ/さ~そ/た~の/は~わ
アニメ/特撮東映戦隊ライダー円谷プロ)/ドラマ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
他局の制作だったら あ~そ/た~ん/アニメ(あ~お/か・き/く~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~も/や~わ)/ドラマ(あ~さ/た~わ
別の時代に放送されていたら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系/アニメ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ
打ち切られていたら 日テレ系/TBS系/アニメ(あ~さ/た~わ)/特撮
終了したら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系
その他 司会者降板がなかったら/もう少し長く放送されていたらアニメ)/放送中止・延期がなかったら/レギュラー化していたら