もしあの資格が○○だったら

提供:chakuwiki

もしも借箱 > もしあの資格が○○だったら


独立項目[編集 | ソースを編集]

医師免許[編集 | ソースを編集]

名称独占資格だったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では業務独占資格ですが…。
  1. 誰でも無免許でも医者になることができた。
    • ブラックジャックが現実の出来事となっていた。
    • あくまで(技能の証明書に過ぎないという意味で)調理師のような扱いになっていた。
  2. 間違いなく日本の医療の質は今より酷いものになっていた。
    • 下手すりゃ医者の身分が低かった江戸時代に逆戻り。
    • 医療事故が日常茶飯事になる。
    • 日本が本当に失敗国家になる。
  3. 医者が高給取りと言われることは無かった。
    • それどころか日本人のサラリーマンの平均年収を下回っていた。
  4. あくまで理論上は無免許でも医者になることができるのだが、流石に危険すぎるということで無免許医は採用しないという病院も少なくなかった…かも?
    • 大学病院の場合は特に。
  5. おそらく医学部医学科の入試難易度が今ほど高騰することは無かっただろう。
    • 総合大学の場合、同じ大学内の工学部などと大して変わらない偏差値になっていた。
    • 私立に至ってはほぼFランしか無くなる。
  6. 田中角栄による一県一医大構想は無かったかもしれない。
    • 未だに医学部が無い県が少なくなかった。
    • 東京の私立医科大学も今よりずっと少なかったかも。

国家試験の受験資格に制限がなかったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では医学部医学科の卒業生にしか受験資格がありませんが…。
  1. 医学部医学科以外の学科に通っている大学生でも(国試に合格さえすれば)医師免許を取得できるようになっていた。
    • それどころか高卒や中卒の医師が誕生した。
  2. 学歴による制限が無いということで、今よりむしろ難易度が上昇していた。
    • 現状のような全部の問題がマークシートというのでは無く、論述課題も存在していた。
    • 合格率もおそらく10%未満になっていただろう。
  3. 司法試験のように予備試験が存在していたかも?
    • この予備試験に合格しなければ国試本体を受験することができなくなっていた。
  4. 上と違って業務独占資格のままなので、医師の質としては上よりはマシだった…かも?

歯科医師の業務内容を包含していたら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では歯科医師免許という全く別の資格が存在しますが…。
  1. おそらく歯学部は存在しなかった。
  2. 歯科医院の飽和は史実ほど問題にならなかったかもしれない。
  3. 仮に歯科医師免許も別に存在していた場合、医師免許を取れば自動的に歯科医師にもなれるという扱いになっていた。

薬剤師免許[編集 | ソースを編集]

受験資格が撤廃されたら[編集 | ソースを編集]

  1. 国家試験の合格率は確実に今より低くなる。
  2. おそらく登録販売者は存在しなかった。

衛生管理者[編集 | ソースを編集]

設置条件がもっと厳しくなっていたら[編集 | ソースを編集]

  • 史実では「従業員数50人以上の事業所に1人以上設置すること」となっていますが、もしこれが例えば「5人に1人以上の割合で設置」みたいにもっと厳格なものになっていたら…。
  1. 日本の企業の労働環境はもっとマシなものになっていたかもしれない。
    • 世の中のブラック企業はほとんど壊滅していただろう。
  2. 受験資格の実務経験の年数は廃止されていた。
    • 高卒でもすぐに試験を受けられるようになっていた。
  3. 全ての都道府県で試験が受けられるようになっていた。

調理師免許[編集 | ソースを編集]

業務独占資格だったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では名称独占資格ですが…。
  1. 世の中のお母さん(に限らないが…)たちは家でご飯を作ることができなくなっていた。
    • 金を取らないのであれば「業務独占資格」に含まれないのでは?
  2. そもそも自炊するという文化が発達していなかった可能性がある。
  3. 学生のアルバイトで飲食店に就職しても調理業務に従事することができず、清掃やレジ打ちなどの仕事しかやらせてもらえなくなっていた。
  4. 調理系の専門学校や高校は今より大人気だったかも?
    • Fランク大学に行くくらいなら調理系の専門学校に行きなさい」という親や先生が増えていた。
  5. 調理師免許を持っていなければスーパーマーケットへの就職すら困難という時代が到来していたかもしれない…。
  6. おそらく食品衛生責任者(飲食店を立ち上げるために必要な資格)は廃止されていた。
    • 調理師が代わりとなるので…。
  7. 場合によっては学校の給食の時間しかご飯を食べることができない子供が増えて、深刻な社会問題になる。
  8. 栄養士が調理師に統合されるようになっていた。

ふぐ調理師免許[編集 | ソースを編集]

国家資格だったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では各都道府県の認定資格ですが…。
  1. 前住んでいた県で取った資格が今住んでいる県でも有効になっていた。
  2. 資格の認定基準を全国で統一させる必要が生じるため、講習を受けるだけで免許が取れるということは無かったはず。

美容師理容師[編集 | ソースを編集]

統合されたら[編集 | ソースを編集]

  • 現状はお互い別々の資格ですが…。
  1. それぞれの業務内容に含まれていない範囲を後で講習で習得することになっていた。
    • 既に美容師の資格を持っている人もカミソリの勉強をし、逆に理容師はメイクや着付けなどの勉強をしていた。

名称独占資格だったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では業務独占資格ですが…。
  1. 美容室・理容室での事故が急増する。
    • 剃刀をマトモに使えない職人が増えて困る。

受験資格が4年制大学卒業になったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では養成課程のある専門学校または大学(短期大学を含む)を卒業していることが国家試験の受験資格になっていますが、もしこれが4大卒に一本化されたら…?
  1. 全国各地の私立大学に美容(理容)学科が乱立される。
    • 国公立大学にも美容(理容)学科ができる。
    • 入学試験では化学に力を入れるところが多そう。
  2. 美容師(理容師)飽和問題が深刻なのは今とあまり変わらないか。
  3. 韓国みたいな感じになる。
    • 向こうは美容大学が沢山あるので…。

教員免許[編集 | ソースを編集]

教育学部以外では取得できないようになったら[編集 | ソースを編集]

  1. Fラン大の文系学部(特に経営学部、文学部)の存在意義がますます疑問視されるように…。
  2. 教員採用試験の倍率は今より低くなっていた。
    • 史実で様々な学部・学科で免許を取得できる社会科(地理歴史・公民)は特にこれが顕著になっていた。
  3. 場合によっては理学部の存在意義も疑問視される。

大学教授にも必須だったら[編集 | ソースを編集]

  1. 宮澤正之(さかなクン)氏は無名の存在になっていた。

高卒でもなることが可能だったら[編集 | ソースを編集]

  • なお教育学部の前身である戦前の師範学校は旧制中学校(現在の高等学校)と同格とされていました
    • 一応フォローを加えると、幼稚園教諭および小学校教諭に限り、教員資格認定試験に合格すれば本当に高卒でも免許が取れます。なのでここではもし中学校や高校もそうだったら…という想定でお願いいたします。
  1. 師範学校はすべて高校に転換していた。
    • 今でいう職業高校のような位置付けになっていたか。
  2. さすがに大学講師は別に位置づけられ大卒ではないとなれない。
  3. 教師がさらに馬鹿にされていた。

保育士[編集 | ソースを編集]

幼稚園教諭免許状と統合したら[編集 | ソースを編集]

  1. 現状存在する保育系の専門学校は全て短期大学に昇格していた。
  2. 保育園の対象年齢が3歳までになっていた。
    • それ以降は幼稚園に一本化されていた。

高卒でもとるのが可能だったら[編集 | ソースを編集]

  1. 高校の保育学科は保育士を目指すところだった。
  2. それでも幼稚園教諭は大卒必須だろうからあんまり意味がない。
    • 結局いわゆるこども園は別の資格になってしまう。

弁護士司法試験[編集 | ソースを編集]

予備試験が廃止されたら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では法科大学院を修了するか予備試験に合格することで司法試験を受験できるようになっていますが、もしこれが前者に一本化されたら…。
  1. 史実のように中卒や高卒で弁護士になることは不可能になっていた。
  2. その代わり、法科大学院の学費が安くなっていた、かも?
    • もしこの救済措置すら無い場合、あまり裕福でない家庭に生まれた子供はますます弁護士になるのが難しくなっていた。

凶悪犯罪者を必要以上に弁護したら資格を剥奪されるようになったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では依頼人の弁護に熱心なあまり世間から批判される弁護士も少なくありませんが…。
  1. 裁判では死刑判決が乱発されるようになっていた。
    • 殺人事件の場合、1人でも死者が出たら確実に死刑になるのが当たり前となっていた。
    • そのおかげで今より日本の治安が良くなっていた、かも?
  2. 弁護士が史実ほど嫌われる職業では無くなっていた。
  3. 左寄りの政治家も今より少なくなっていたと思う。
    • むしろ「弁護士から政治家になった人は右寄りな人が多い」とすら言われていた。
  4. 日本で死刑制度に反対する人は今ほど多くなかった。

今よりずっと簡単に合格できるものだったら[編集 | ソースを編集]

  • 現実の司法試験は医師国家試験や公認会計士試験と並ぶ日本の最難関級の国家試験として名高いですが…。
  1. 日本の司法がメチャクチャになる。
    • 先進国から脱落するか、そもそも先進国になってすらいない。
  2. 軽い犯罪でも死刑や無期懲役(終身刑)を乱発する裁判長が発生していた。
    • 「面倒くさいから死刑ね」と言う裁判長が本当に実在していた。
    • 逆に凶悪犯から賄賂を受け取った裁判長がそいつを無罪にする事例も増えていた。
  3. 司法試験は完全マークシート形式になる。
    • しかも出題される問題は義務教育の道徳レベル。
    • 論述課題や口述試験は存在しないか、あっても感想文レベル。
  4. 多分、司法書士や行政書士、宅建士なども史実以上に簡単になっている。

弁理士[編集 | ソースを編集]

選択科目から民法が消えたら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では論文式試験の選択科目で「機械・応用力学」「数学・物理」「化学」「生物」「情報」「民法」のいずれかを選ぶことができますが、もしこの内「民法」が廃止されるとしたら…?
  1. 弁理士を目指す人は全員いずれかの理工系科目の勉強が必要になっていた。
  2. 弁護士(司法試験合格者)が無試験で弁理士にも登録できるようにはなっていなかった。
    • せいぜい短答式と論文式の必須科目(工業所有権に関する法令)、口述試験が免除になるくらいか。
  3. 行政書士や司法書士の資格保有者の科目免除は無くなっていた。
  4. 科目免除の対象資格の中では比較的簡単な応用情報技術者試験の合格を目指す人が増えていたかも。

公認会計士[編集 | ソースを編集]

受験資格に学歴要件があったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では税理士試験と異なり誰でも受けられるようになっていますが…。
  1. 史実のように最年少合格者が16歳という記録は無かった。
  2. 4年制大学の経済学部や法学部などを卒業していないと受けられないようになっていた。
    • 仮にもう少し緩和するとしても四大卒かつ「法律または経済学に関する科目を一定以上取得していること」という条件が追加されていた。
  3. 結局のところ、非大卒にも何かしらの抜け道が用意されていた気がする。
    • 現実の税理士試験のように日商簿記1級または全経上級に合格すれば学歴要件を免除、あるいは司法試験のように予備試験を用意するか。
  4. 業務内容が被る税理士はおそらく廃止か。

税理士[編集 | ソースを編集]

国家試験の科目合格に有効期限があったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状、税理士試験には半永久的に有効な科目合格制度がありますが…。
  1. 史実のような時間をかけてゆっくりと科目合格を狙っていくという攻略法が通用しなくなる。
  2. 公認会計士と難易度が大差無くなるので、その割に旨味の少ない税理士の資格自体が廃止になりそう。
  3. その代わり(弁理士行政書士などと同じように)受験資格の学歴要件が撤廃されていた。
  4. 場合によっては簿記論と財務諸表論のみ免除制度が制定されるかも?
    • 日商簿記1級または全経上級に合格している人は簿財2科目が永久免除とか。

土地家屋調査士[編集 | ソースを編集]

午前科目の免除制度が廃止されたら[編集 | ソースを編集]

  • 史実では建築士測量士などの資格を持っている人には午前科目が免除される特典がありますが…。
  1. 史実以上に午前が鬼門となっていた。
  2. 測量士補の資格を取るメリットが史実以上に薄くなっていた。

宅地建物取引士[編集 | ソースを編集]

存在しなかったら[編集 | ソースを編集]

  1. 日本の不動産取引がメチャクチャなものになっていた。
    • 知識の無い人間や腹黒い人間が家や土地を売買することでトラブルが多発していた。
    • 下手すりゃ不動産業界はヤクザが牛耳る世界になっていた。
  2. 代わりに行政書士が法律資格の登竜門と言われていた。

ファイナンシャル・プランニング技能検定[編集 | ソースを編集]

業務独占資格だったら[編集 | ソースを編集]

  1. この資格が無ければファイナンシャル・プランナーの仕事ができなくなっていた。
    • 仮に無資格でできることがあったとしても簡単な窓口業務とか清掃、お茶汲みくらいだった。
  2. おそらく名前も今と違っていたはず。
    • 金融渉外士みたいな名前になっていた。
  3. 今みたいに試験が級別に分かれていることも無かった。
  4. 不動産屋の宅建士のように設置義務があったかもしれない。
    • 金融機関(銀行証券会社保険会社など)には各店舗毎に5人に一人以上の割合でFP技能士を置きなさい、みたいな感じでね。
  5. 場合によっては保険募集人や証券外務員などと統合されていた、かも?

名称が「ファイナンシャル・プランナー」に変更されたら[編集 | ソースを編集]

  1. 当然ながら無資格者がファイナンシャル・プランナーを名乗ることはできなくなる。

民間検定だったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では国家試験ですが…。
  1. 正直あまり変わらない。
    • 現状でも「FP技能士を名乗れる」(≒企業によっては採用条件や昇進条件になっている)くらいしか公的なメリットが無いので…。
  2. きんざい日本FP協会とで全く別の資格という扱いになる。
  3. 試験はCBT方式となっていた。
  4. 仮に民間検定だったとしても厚生労働省、経済産業省、金融庁のいずれかからの後援はあったと思う。

指定試験機関が日本商工会議所だったら[編集 | ソースを編集]

  • もし簿記検定などと同じ日商が主催団体になったら…?
  1. 商工会議所が主催する初の国家試験になる。
  2. 全国各地の商工会議所が会場になるので、今より受験会場が格段に増えていた。
  3. 試験時間はおそらく今より短縮されていた。

自動車整備士[編集 | ソースを編集]

独学では取れなくなったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では専門学校などに行って取る方法と、実務経験を積んで独学で取る方法がありますが、もし後者が認められなくなったら…?
  1. 中卒や高卒は整備士になれなくなる。
  2. 一級整備士を目指せる大学はもっと増えていた…かも?
  3. 今以上に「取得コストの割にリターンが少ない職業」と言われていたかもしれない…。

危険物取扱者[編集 | ソースを編集]

乙種の第四類以外の区分が統合されたら[編集 | ソースを編集]

  • 現状、4以外の乙種は受験者数が非常に少ないので、もし4以外が統合されるとしたら…?
  1. 甲種はおそらく廃止される。
  2. 出題範囲はおそらく「現状の甲種から乙4の範囲を除外したような感じ」になる。
    • つまり、1・2・3・5・6の範囲を浅く広く出題する感じになる。
  3. 区分の名称も「引火性液体以外」みたいな感じになりそう。
    • 逆に史実の乙4は「引火性液体」という名称になっていた。

電気主任技術者[編集 | ソースを編集]

認定での取得が認められなくなったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では工業高校や高等専門学校の電気科を卒業した人は実務経験を積めば試験を受けなくても電験の資格を取ることができるようになっていますが、もし認定制度が廃止されて試験合格による取得に一本化されたら…?
  1. その代わり試験の難易度は今より低くなっていた。(そうしないと人材不足に苦しむため)
    • 特に第三種は今の第一種電気工事士並みに簡単になっていた。
  2. 工業高校の偏差値はますます下がりそう…。
    • 高専も今ほど難しくなかったかもしれない。

電気工事士[編集 | ソースを編集]

実技試験が廃止されたら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では学科と実技の両方に合格しなければなりませんが…。
  1. 施工のノウハウを知らない電気工事士が急増するため、電化製品による事故(感電、火災など)が頻発していた。
    • 怖すぎる…
  2. 材料を使って練習する必要がなくなるので、資格取得にかかるコストは今より安くなっていた…かも。
    • その分学科の難易度が上昇するかもだが。

全経簿記能力検定[編集 | ソースを編集]

税理士試験の受験資格の対象から外されたら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では全経上級の合格者は日商簿記検定1級と同様に税理士試験の受験資格が得られるようになっていますが…。
  1. ますます日商簿記とのブランド力の差が拡大する。
    • 商業高校生や専門学校生はともかく、大学生や社会人はまず受けない試験になっていた。
  2. 下手すりゃ上級そのものを廃止していたかも?
    • 商業高校生が受ける全商簿記実務検定みたいなポジションになるか。

TOEIC[編集 | ソースを編集]

4技能を全て測定する試験になっていたら[編集 | ソースを編集]

  • 史実では英検と異なり、特定の技能のみを測定する試験となっていますが…。
  1. 作文と面接が必須になるので、これで高得点を取れても実際の英会話はまるでダメなんて人はいなくなっていたはず。
  2. 午前中にリーディングとリスニングを、午後に作文と面接を行う形式になるか。

日本の国家試験だったら[編集 | ソースを編集]

  • 現状では日本の法律で規定されていない民間資格ですが…。
  1. 初の外国の財団・団体が実施する日本の国家試験になっていた。
  2. 根拠となる法令は「英語教育の推進に関する法律」みたいな名前になっていたか。
  3. 試験実施回数は今よりずっと少なくなっていた。
    • 夏、秋、冬の年3回程度に抑えられていた。
  4. 自宅での受験など言語道断だろう。
  5. 情報処理技術者試験みたいに業務独占資格どころか名称独占資格ですらない国家試験になりそう…。
  6. ますます「日本はアメリカの属国である」という風潮が強くなっていた。
  7. 場合によってはライバルの英検も国家技能検定みたいな扱いになるかもしれない。
  8. 全国通訳案内士と統合される可能性もある。
  9. 認定省庁はおそらく経済産業省。
    • 理由は史実のTOEICが経産省後援だから。

ソムリエ[編集 | ソースを編集]

日本でも国家資格になったら[編集 | ソースを編集]

  1. 流石に業務独占資格にはならないのでは…とは思う。
    • 現実の調理師のような位置付けになるか技能士扱いになる。
  2. 認定省庁は厚生労働省か農林水産省。
  3. 指定試験機関は一般社団法人日本ソムリエ協会(JSA)とNPO法人料飲専門家団体連合会(FBO)。(これは史実と同じ)
    • JSAの試験またはFBOの試験のどちらか片方を選択して受験することになる。
  4. 日本酒や焼酎に関する区分も国家資格として追加されそう。
    • 唎酒師や焼酎唎酒師が本当に国家資格になっていた。
  5. ジャンルがジャンルなだけに受験資格として年齢制限(20歳以上)が追加されていた。
    • 大学生はともかく高校生で取るのはほぼ不可能となっていた。(中学浪人とか留年などの特殊な理由がある場合を除く)
  6. 野菜ソムリエなどの他の資格(お酒と全く関係ない、他のソムリエを名乗る資格)は名称変更を余儀なくされる。

関連項目[編集 | ソースを編集]

資格試験検定試験
資格試験 技術系 | 医療・福祉・衛生系 | 食品系 | 法学・経済・不動産系 | 交通系

電験 | 危険物取扱者 | 衛生管理者 | 宅建 | FP検定 | 司法試験 | 税理士試験
キャリコン | 管理栄養士 | 公認会計士 | 運転免許証(種類別)
証券外務員 | アクチュアリー | AFP・CFP

情報処理技術者試験(IPA) ITパスポート | セキュマネ | 基本(分野別|出題内容) | 応用 | 高度
簿記検定 日商簿記(社会的評価)
パソコン検定(パソコン検定/公的試験) MOS | オラクルマスター | Cisco
英語検定 実用英検 | TOEIC
偽モノの特徴 偽情報処理技術者試験 | 偽日商簿記
もしwiki もし情報処理技術者試験が○○だったら
もし日商簿記検定が○○だったら
もし運転免許証が○○だったら
ざんねんなモノ事典 IT系|技術系|法律・会計・金融系|医療・衛生・食品系|語学・教育・教養系
関連項目 ベタの法則(オススメと言われる資格の法則) | 取る意味がない資格の法則

似たモノ同士 | 新・日本三大○○
不必要だと勘違いされているモノ