もしあの都道府県がご当地アンソロ本を出版したら

提供:chakuwiki
加筆が必要です
この項目は記事量が少なすぎます。一定期間内に必要な加筆がなされない場合、削除される事もありますのでご了承下さい。
新規項目を作成する際には、まずこちらの注意書きをご覧頂き、あらかじめ一定量の内容を用意しておくか、またはバカの卵をご利用下さい。
この件に関する意見等ございましたらトークページの方へお願い致します。

岩手県が地元出身漫画家を起用し、地元を題材としたアンソロジー「コミックいわて」を発売しますが、他の都道府県で同様の企画があったとしたら執筆陣や内容などはどのようになるでしょうか?

埼玉[編集 | ソースを編集]

  1. 表紙はなぜかしんちゃん。
  2. スポーツに関する話が出てくるかも。
    • さいたまはサッカー、熊谷はラグビーという具合に。
  3. あとがきは辛酸なめ子。

東京[編集 | ソースを編集]

  1. 表紙イラスト担当はは秋本治のような気がする。

新潟[編集 | ソースを編集]

  1. あまりにも人数が多いので「コミックにいがたし」と「コミックにいがたけん」に分かれる。

愛知[編集 | ソースを編集]

  1. 鳥山明以外が表紙イラストを描くことはないだろう。

大阪[編集 | ソースを編集]

  1. 岩手の次にご当地アンソロジー本が出るとしたら多分ここ、というかなぜない?

福岡[編集 | ソースを編集]

  1. 妙に渋い雰囲気になる。