もしあの鉄道路線が○○だったら/JR

提供:chakuwiki

独立項目[編集 | ソースを編集]

JR北海道[編集 | ソースを編集]

札沼線[編集 | ソースを編集]

複線化が○○だったら[編集 | ソースを編集]

  1. 史実では、八軒~あいの里教育大間の複線化が1993年10月に着工し、2000年3月に完成しました。
国鉄時代かJR初期に完成していたら
  1. 無論、高架化も史実よりも進んでいた。
  2. 電化も1990年代に実現していた。
  3. あいの里における住宅開発も史実よりも進んでいた。
2000年代か2010年に完成していたら
  1. 1990年代に電化されていた。

石勝線[編集 | ソースを編集]

新夕張~新得間の各駅利用でも特急料金を徴収していたら[編集 | ソースを編集]

参考までに博多南線および上越線ガーラ湯沢支線では普通列車は走っていませんが特急料金は発生します。

  1. 青春18きっぷでこの区間は乗れなかった。
  2. 室蘭本線の東室蘭~室蘭間も特急料金徴収が検討されていた。
    • 宗谷本線の名寄~稚内も特急停車駅以外廃止して特急化するといううわさが出ていた。
  3. 結果的に特急列車しか走らない区間が全国各地に発生していた。

JR東海[編集 | ソースを編集]

武豊線[編集 | ソースを編集]

複線化されていたら[編集 | ソースを編集]

  1. 運行本数が4本になっていた。
  2. 名鉄も河和線の路線改良に力を入れていた。

関西本線[編集 | ソースを編集]

名古屋~四日市間が複線化されていたら[編集 | ソースを編集]

  • 現在は複線区間が部分的になっていますが、名古屋~四日市間が複線化されていたら…
  1. 普通列車、快速列車の運行本数が史実よりも多くなっていた。
  2. 近鉄名古屋線に十分対抗できていた。

東海道本線[編集 | ソースを編集]

稲沢~米原間が複々線化されていたら[編集 | ソースを編集]

  • 第3次愛知県地方計画 (1970) では、「1978年度までに稲沢~米原間の複々線化を進め、客貨分離による輸送力の増大を図る。」と記載されておりました。
  1. 新快速と快速が米原まで運行されていた。
  2. しらさぎが全て名古屋発着になっていた。
  3. 加越は設定されなかったか、史実よりも早く廃止されていた。
  4. 新垂井線も複線化されていた。

紀勢本線[編集 | ソースを編集]

起点が河原田であったら[編集 | ソースを編集]

  1. 参宮鉄道の時から計画され、1930年代までに開業していた。
  2. 津~亀山間は亀山支線になっていた。
  3. 寝台特急「紀伊」と急行「紀州」も当路線を走行していた。
    • 急行「いすず」が国鉄末期まで運行されていた。
  4. 河原田~津間は複線化されていた。
    • 電化もされていたかもしれない。
  5. 鈴鹿市が史実よりも発展していた。

JR四国[編集 | ソースを編集]

土讃線[編集 | ソースを編集]

終点が中村だったら[編集 | ソースを編集]

  • 中村線は土讃線の延長線として建設されており、運行上の運用もほぼ一体です。もし中村線が土讃線に編入されていたら…
  1. 高知・須崎~中村間の普通列車も運行されていた。
    • その代わりに土佐くろしお鉄道は宿毛線のみの保有となるので、普通列車は中村~宿毛間での運行になっていた。
  2. 宿毛線(中村~宿毛間)が1970年代に開業していたら以上のように整理されていた。

130km/hで走行できるように改良されていたら[編集 | ソースを編集]

  1. 特急「南風」と特急「しまんと」の所要時間が短くなっていた。
    • 岡山・高松~高知間の高速バスは大きな打撃を受けていた。

予讃線[編集 | ソースを編集]

向井原~伊予長浜~伊予大洲間が廃止されていたら[編集 | ソースを編集]
  1. 内子線という路線はなく、予讃線に編入されていた。

関連項目[編集 | ソースを編集]