もしスマブラシリーズが○○だったら

提供:chakuwiki
  • 乱立防止の為、記載は実際に元ネタがあるものに限ります。
    • 項目内にそれに関する文章を書いていただければ幸いです。

関連項目

ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ[編集 | ソースを編集]

この時から最後の切り札が実現していたら[編集 | ソースを編集]

  • 「大乱闘スマッシュブラザーズX」で登場した要素「最後の切り札」は初代スマブラから構想されていたが、諸事情で没になった。もし実現したら?
  1. ネスとキャプテンファルコンはXと同じ最後の切り札になるような気がする。(没ボイスから情報)
  2. 次作のDXでも最後の切り札も実現。
    • クッパは違う最後の切り札になっていたかもしれない。
    • ロイやこどもリンクやピチューの最後の切り札も見れていたはず。(ドクターマリオとミュウツーはWiiU&3DSで実現。)
      • でもモデル元と同じ技になってたんじゃないだろうか。
      • ロイも既にWiiU&3DSで実現していますが…
  3. プリンはどうだろう…。恐らく違う最後の切り札になっていた可能性がある。
  4. ピカチュウの最後の切り札は「ボルテッカー」では無かった。あっても別の名称。
    • 初代スマブラの頃はまだ「ボルテッカー」という技は無かったため。
    • となると「10まんボルト」になってたんじゃないだろうか。アニメでは決め技として使うことも多かったし。

あのアイテムが実現していたら[編集 | ソースを編集]

スーパーキノコ

アイデアとして存在したことがインタビュー記事で判明しているが、NINTENDO64で激しく巨大なキャラクターを動かすと処理落ちなどが起きるため、廃案となってしまった。

  1. 処理落ちが起きないように条件付きでなんとか実現したと想定すると、少しぐらいしか大きくならない。
    • ジャイアントドンキーコングはもう少し小さかった。
  2. 1PゲームのSTAGE6はランダムとして巨大キャラと対戦する事になっていた。
  3. もしかしたら毒キノコも実現していたかも。

あのキャラが登場していたら[編集 | ソースを編集]

この頃から色々なキャラが登場予定だったのだが諸事情でボツとなったという事が実際に語られている。

クッパ
  1. 間違いなく1Pゲームの敵キャラとして対戦していただろう。
  2. 最初から使用可能なキャラクターとして登場していたなら、パッケージにはクッパが炎を出している姿があったかもしれない。
デデデ大王
  1. 次作のDXでも…登場していたか?
  2. ステージ「プププランド」に背景キャラとして登場する事は無い。
  3. 多分、イメージ的には隠しキャラになりそうだ。
  4. まだ割と小柄だったので中量級だったかも?
ミュウツー
  1. Xでは史実通りリストラになりそうな気がする…。
    • Xの時点で、初期キャラクター初のクビが発生していた。
  2. 当然、隠しキャラになると思われる

DX[編集 | ソースを編集]

あのキャラが登場していたら[編集 | ソースを編集]

ワリオ

当初はマリオキャラ扱いとして構想されていたが、マリオキャラばかりになってしまう事から没になってしまった。

  1. 多分、マリオキャラとしてのワリオになるだろう。
    • 要は旧来のオーバーオール姿。
  2. Xとはだいぶ違った技になっていたのは確実だろう。
リュカ

リュカもDXの構想段階ではネスは降板し登場する予定だったが、64版『MOTHER3』が発売中止になり没になってしまった。

  1. =もしMOTHER3が予定通り発売されていたらである。
    • 海外からもリュカが知っている人も増えていたはず。
  2. 次作のXでのネスは登場していただろうが?
    • アレはMOTHER3が海外未発売だったため。
  3. スマブラ3DS&WiiUでもリュカはプレイヤーキャラとして登場していたはずだ。
    • そしてネスはDLCになっていたはずだ。
ジェームス・ボンド

アンケート集計拳の中で現在参戦していないキャラクターとしては1位です。

  1. これに続いてX以降も映画やアニメのキャラも参戦した?
  2. 亜空の使者に登場した場合、スネークとどう絡んでいたか。あるいはスネークが参戦しなかったりして。
ソニック

「DX」から要望があったが、セガが任天堂に参戦を依頼した時には既にゲームが完成していたため、ソニックの「スマブラDX」出演は実現しなかった。

  1. マリオとソニックの初共演作品は「マリオ&ソニック AT 北京オリンピック」ではなく「スマブラDX」になっていた。
  2. ゲームキューブでもマリオとソニックの共演作品が出来ていたかもしれない。
  3. Xが開発発表された時は「もう流石に出てこないでしょ」と言われていた。
    • 亜空の使者でももっと出番があった?
    • Xで史実通りスネークが参戦していたとしてもあまり驚かれない。
チョコボ

アンケート集計拳の「それは任天堂じゃない軍団」にて1位だったのがチョコボでした(なお5位にソニックとロックマンが入っていました)。なお史実ではSPのセフィロスの追加スピリッツとして登場しています(モーグリと一緒に)。

  1. スクウェアの任天堂出禁事件がなければあるいは……?
  2. ヨッシーやファルコと並べられたりして?
  3. クラウド及びセフィロスの参戦は史実通りか、もう少し早かったか?
  4. 亜空の使者には絡まないか、リンク&ヨッシー辺りと絡んでいた。

あのキャラが降板していたら[編集 | ソースを編集]

プリン

当初はプリンを降板させる案もあったらしいですが…。

  1. DXの弱いキャラと言えば100%ピチュー。
  2. Xや3DS&WiiUも登場していないと思う…。
    • それでもSPには「全員参戦」というキャッチコピーの都合上、史実通り参戦していたと思われる。
  3. プリンファンは確実にショックを受けていた。
ネス

リュカの項目参照。

  1. ≒リュカが参戦していたら?
  2. オネットがステージとして登場していない。
  3. Xで復活したか?
    • しない場合亜空の使者のストーリーが大きく変わっていた。

この時からチーム戦のチーム判別に縁取りが採用されていたら[編集 | ソースを編集]

縁取りはハードの性能的にGCより可能だった。もしこの時からチーム戦のチーム判別に縁取りが採用されていたら・・・?

  1. 色数は全キャラ4色だったかもしれない。

海外版でマルスとロイが降板していたら[編集 | ソースを編集]

当時はファイアーエムブレムが海外で未発売だったことを理由にマルスとロイを海外で別のキャラに差し替える案があった。

  1. 後のファイアーエムブレムの海外展開に関する歴史が全て吹き飛んだ。
  2. その後もFor日本版でジバニャンが参戦したり、欧州版でレイマンが参戦したりと、国によって参戦キャラクターが異なることが当たり前になっていた。
    • そうなった場合パックマン、ソニック、リトルマック、DLCのベヨネッタは海外版限定キャラクターになった可能性は十分ありうる。パックマンが海外版限定だった場合は日本版はユーリ・ローウェルやアスベル・ラント等が参戦していたと思う。
      • そのほか、国内版スマブラと海外版スマブラで人間キャラクターの顔立ちが大幅に異なった可能性がある(国内版はいわゆるアニメ調、海外版はFFやバイオハザード、リアルゼルダ等のようなリアルCG)。
        • パックマンが海外版限定だった場合の日本版参戦キャラクターとしては三島一八もありうるか。
          • 平八ではなく?

X[編集 | ソースを編集]

あのキャラが登場していたら[編集 | ソースを編集]

ディクシーコング

ディディーコングとペアで出す予定で、2人と入れ替える予定だったが、制作上の都合で没になった。

  1. Forで言うルフレとWii Fitトレーナーのような立場か。
  2. 次作でも登場していた。もちろん同型モデル替えとして。
  3. 亜空の使者ではファルコ的な立ち位置になっていたか?
ミュウツー

ディクスを調べると未設定のエフェクトデータが存在しているらしい。他にもDXキャラのフェクトデータが存在しているらしい。

  1. For3DS/WiiUでのDLCキャラは別のキャラになっていたかもしれない。
  2. ルカリオは参戦しなかっただろう。
  3. 最後の切り札はどうなっていただろうが?
  4. 亜空の使者ではルカリオの立場を奪っていたか、それとも亜空軍所属だったか。
ロイ

ミュウツーと同様未設定のエフェクトデータが存在しているらしい。

  1. アイクかマルスがどっちか存在していないかもしれない。
    • さすがにマルス優勢だっただろう。
  2. DXでは宣伝用として登場していたか、Xではどんな立場になっているだろうが?
  3. 最初から使えるキャラなのか隠しキャラなのか…。
  4. For3DS/WiiUまではさすがに参戦しなさそう。
    • 史実通りDLCだったか、最初から参戦していたか?
      • 「ロイ参戦!!」がネタにされたかどうかは不明。
  5. 亜空の使者ではアイクの立ち位置を奪っていたか、それともプリンやウルフなどのように無関係だったか。
ドクターマリオ

ミュウツー・ロイと同様未設定のエフェクトデータが存在しているらしい。

  1. 最後の切り札はFor3DS/WiiUと同じか。
  2. For3DS/WiiUではあっさりと参戦していた。
  3. おそらく亜空の使者には絡まない。
ピチュー

いわゆるダッシュファイターの中でファルコとガノンドロフだけが残留しました。エフェクトデータのあったロイやドクターマリオだけでなく、ピチューとこどもリンクも参戦していたら?

  1. もちろん最弱キャラにはならない。
    • SPECIALの初期のような超攻撃型キャラになりそう。
  2. 亜空の使者ではリュカ的な立ち位置になる?
  3. forに参戦していた?SPECIALは出ていそう。
こどもリンク
  1. トゥーンリンクが出ない可能性がある。
    • for以降もトゥーンリンクは出ず、こどもリンクがずっと参戦していたかも。
  2. 亜空の使者ではゼロスーツサムスとサムスのような関係になりそう。
Mii

MiiはXの頃より参戦させる構想があった。

  • だが、殴ったり蹴ったりするのは向いていなかったり、いじめが起きるではないかという理由でボツになってしまった。
  1. オンラインでの制約は史実通り。
  2. チーム戦ではチームカラーに合わせた色の服を着用していた。
  3. 史実のMiiファイターではなく普通のMiiとして参戦していた。(どちらかと言うと格闘タイプに近い感じか?)
  4. 組み手の謎のザコ敵軍団は史実通りか。
  5. 亜空の使者には絡まない。
むらびと

むらびともXの頃より参戦させる構想があったが、戦闘に相応しくないキャラは出しにくいと発言していた。

  1. そもそも名前が「むらびと」だったかどうか…?
    • 史実のフィギュアとかシールでは「どうぶつの森の主人公」や単に男の子とか女の子と名乗っていたため。
  2. 切り替えで女の子になるのは史実通りかも。
  3. 「大乱闘では初のひらがなを使った名前」発言は無かったか?(DXでも一応ひらがなを名乗っていたキャラ(こどもリンク)が居たため)
  4. 亜空の使者では村に襲来した亜空軍の存在から話に巻き込まれて行く事になりそう。
    • ヨッシーかリンク辺りと合流しそう。
  5. しずえはforの段階で参戦していたかも?
パックマン

「X」から要望があったが、バンダイナムコゲームスが任天堂に参戦を依頼した時には既にゲームが完成していたため、パックマンの「スマブラX」出演は実現しなかった。

  1. ワザなどは史実と変わらないだろう。
  2. 亜空の使者には関わっていないか、ソニックのように最後にいい所取りをするかだろう。
    • ただしプーカァなどがforのフィールドスマッシュのように亜空軍として出て来る可能性はある。
ドンキーコングJr.

参戦するかどうかの瀬戸際だったいう。

  1. 以降の本編の作品でも出ていた。スマホ版マリオカートまでかかるなどと言う事はもちろんない。
    • ただし立ち位置がどうなったかは不明。
  2. 性能はドンキーコングのダッシュファイター扱い?
  3. 亜空の使者には関わらないだろう。
ミカヤ

スマブラXと暁の女神の発売時期が近かったため参戦を待望する声があったらしい。

  1. ファイアーエムブレム初の女性ファイターとなっていた。
    • ルフレやルキナの注目度は相対的に落ちていた。
  2. アイクの参戦はまずなくなる。
  3. ワザなどはfor以降のルフレと変わらない?
    • その場合ルフレは史実とかなり変わっていた。
  4. 亜空の使者ではアイクのポジションにいる?
  5. for発売の際にリストラされていたかもしれない。SPには普通に参戦しているだろうが。

あのキャラが降板していたら[編集 | ソースを編集]

ネス
  1. =もしMOTHER3が海外でも発売されていたらである。
    • そして3DS/WiiUではDLCになり、史実とは立場が逆転していた。
  2. 亜空の使者でのネスの立ち位置は誰が務めていた?
    • ルカリオかミュウツー(参戦していれば)か?
    • ポーキーは登場しないか出番が少なくなっていた。
ファルコ

いわゆるダッシュファイターの中で残留したのはファルコとガノンドロフのみでした。

  1. ウルフの参戦はない。
  2. スターフォックスシリーズのその後の売り上げを見るに付け、forでの復活も怪しい。
    • SPECIALでは参戦するだろうが。
  3. 「そうめん」発言はネタにされない。
  4. 亜空の使者ではディクシー(参戦していれば)に取って代わられていた?
ガノンドロフ
  1. 亜空の使者のストーリーは大幅に変わりそう。
    • クッパかミュウツー(参戦していれば)が史実以上の悪役キャラになりそう。
  2. さすがにforには参戦しただろう。
    • ただしトワイライトプリンセス版ではなく、DX同様に時のオカリナ版だったりして。
      • もちろんSPECIALでは史実通り時のオカリナ版である。

この時から8人乱闘が採用されていたら[編集 | ソースを編集]

8人乱闘はForWiiU以前より構想があった。

  1. 多分コントローラーはVCの5人プレーと同様Wiiリモコンとゲームキューブコントローラーを併用する形をとっていた。
  2. 史実より早くキャラクターの色数が8色になっていた。
  3. アイスクライマーは史実より早く降板。

For3DS/WiiU[編集 | ソースを編集]

あのキャラが登場していたら[編集 | ソースを編集]

クロム

最初は人気も十分にあるクロムの参戦を考えたが、クロムはスマブラ的にマルスとアイクの中間のような能力とカブると言うことで没になった。

  1. 多分アイクはクビになっていた。
    • この場合削られたのはルキナだろう。もっとも最後の切りふだあたりで登場はしそうだが。
      • ルキナはマルスのモデル替えで労力もそこまで掛かっていないから、普通に参戦しているか、当初の予定通りマルスのカラバリの一つになっていた。
        • クロムの性能がマルスモデル替えだったりして。
  2. 「なくはないです。」は流行しなかった。
  3. ルフレの最後の切りふだで出演することは無い。
  4. ルフレの勝利画面に登場する事も無い。
  5. ロイの復活にも影響を与えていたかもしれない。
アイスクライマー

アイスクライマーはWiiU版では動いたが、3DS版ではマシン性能の都合で動かなかったと没になってしまった。

  1. 多分、WiiU版のみ参戦するだろう。
    • 「アイクラが参戦出来るならポケトレも参戦出来るだろう」と批判の声が出ていた。
    • 「3DS版も出せば良いのに…」との声も。
  2. ダックハントとレトロキャラ対戦が実現出来ていた。
    • 『SPECIAL』で実現。
ポケモントレーナー

アイスクライマーと同様3DS版ではマシン性能の都合で動かなかったとの理由により没になったとされる。

  1. 多分、WiiU版のみ参戦するだろう。
  2. 使用ポケモンは史実ではスマブラへの参戦実績のない第三世代または第五世代から選出。
    • 前者の場合アチャモ・ヌマクロー・ジュカイン、後者の場合ツタージャ・フタチマル・エンブオーとなるか?
    • そしてリザードンの単独キャラ化は史実通り。
    • もしかしたら第6世代(X・Y)の御三家を操っていたかもしれない。この場合ゲッコウガはポケモントレーナーが所持している。
      • 残る二匹はハリマロン・テールナーか、それともフォッコ・ハリボーグか?
  3. 色替えで各世代の男女主人公に変えることが出来た。
    • 『SPECIAL』で復活した際にFRLGの女主人公は選べる様になった。
ゾロアーク

開発当初は参戦させる構想があったという。

  1. ポケモンにおいてスマブラ未参戦の世代は第三世代だけだった。
    • のちにジュカインが参戦したりして?
岩ピクミン

開発期間が足りず「ピクミン&オリマー」のワザには実装されなかった。

  1. 多分アルフ専用になり、紫&白=オリマー専用、岩=アルフ専用になっていた。
    • アルフはダッシュファイター扱いになっていたと言う訳か?
三島平八

検討されたが『鉄拳』の性質の落とし込みが難しく断念した(この構想は続編の『SPECIAL』のDLCで改めて復活したが、平八では個性の問題もあり、代わりに息子の一八が参戦した)。

  1. DLCとして登場?
  2. 容姿は『鉄拳タッグトーナメント2』仕様の若返った物(Miiファイターのコスチュームと同じ)。
  3. 鉄拳シリーズのBGMとステージ「三島道場」がforの時点で登場していた。
  4. (日本語版)スマブラ史上初の漢字名ファイターになっていた(史実ではDQの勇者)。
  5. 勝利ファンファーレも一八と同じで、BGM無しの原作仕様。
  6. 『SPECIAL』では最新作『鉄拳7』仕様の老けた容姿も選べる様になった。
    • 一八も平八を基にして作られて『SPECIAL』では初めから参戦していたかもしれない(ダッシュファイターでは無く「むらびと」と「しずえ」みたいな関係)。
インクリング

スプラトゥーンのヒットぶりからDLC参戦もあるかと思われましたが結局Switch版までかかりました。

  1. スマブラSPECIALのオープニングムービーで出て来たのは誰だった?
    • リドリーやキングクルールではやや弱い。しずえ辺り?
  2. オクタリアンがSPECIALにダッシュファイターとして参戦していた?

3DSとWiiUで収録キャラが違っていたら[編集 | ソースを編集]

「キャラクター数の違いは出さない」と言われているため、一部のキャラが没になってしまった例がある。もしこれが許されていたら?

  1. アイスクライマーとポケモントレーナーは3DSの性能の都合上WiiU限定キャラクターになっていた。
  2. 他にも3DSでロイ(ファイアーエムブレム)が復帰し、ファイアーエムブレム覚醒のキャラクターは3DS限定、アイクはWiiU限定になるなどしていた。
  3. WiiFitトレーナーやリトルマック、ダックハントも携帯機での活動実績が無いためWiiU限定キャラクターになっていた可能性がある。
  4. WiiU版はもう少し売れていただろう。
WiiUの収録キャラ数が3DSより多かったら
  • 3DSは史実通りの顔ぶれであったとする。
  1. アイスクライマーはなんとか引き続き参戦していただろう。
    • ポケモントレーナーも。
  2. WiiU版は史実よりも売れていたかもしれない。
    • 逆に3DS版の方はあまり売れなかったかもしれない。
3DSの収録キャラ数がWiiUより少なかったら
  • WiiUは史実通りの顔ぶれだったとする。
  1. 3DS版は史実よりかなり売り上げを落としている。
  2. WiiU版はタイトルが「スマブラEX」とかになっていたかも。
  3. WiiU版しか参戦しないキャラの参戦ムービーはあんな派手にならない。
    • 据え置き機でしか出番のないキャラが危ない?
  4. SPECIALが史実通り全員参戦となった場合、史実以上に売れそう。

チーム戦でチーム判別に縁取りが採用されなかったら[編集 | ソースを編集]

  1. パックマンやシュルクにも緑のコスチュームはあった。

WiiUで一部の隠しキャラが初期キャラにならなかったら[編集 | ソースを編集]

スマブラ3DSとWiiUでは収録キャラが同じとアナウンスされたが、実際には一部の隠しキャラが初期キャラになっていた。もし隠しキャラも同じだったら……?

  1. プリンとガノンドロフは初期キャラを未経験のままだった。

モデル変えキャラが純粋な色替えになっていたら[編集 | ソースを編集]

ドクターマリオとルキナは元キャラとの差別化が出来たので単独キャラになっていたとされる。

  1. マリオとマルスとしての色替えはオリマーと同様削減されていた。

あのキャラが登場していなかったら[編集 | ソースを編集]

アイク

ロイの前例もあり、開発中はリストラが噂されていた。

  1. 事実上「=もしクロムが参戦していたら」だったかもしれない
クッパJr.

参戦するかどうかの瀬戸際だったいう。

  1. クッパ7人衆も登場せず、皮肉にも「ロイ参戦!!」のネタはない。
    • SPECIALで参戦して「ロイが二人になった」と言われたりして。

3DS版が発売されなかったら[編集 | ソースを編集]

今作では初めて携帯機で発売されましたが、もし無かったら…

  1. そもそも「大乱闘スマッシュブラザーズforWiiU」という名前になっていない。
    • 「大乱闘スマッシュブラザーズU」「大乱闘スマッシュブラザーズ4」とかになっていた。
    • あるいは「EX」などXの付く名前に。
  2. 何だかんだ「スプラトゥーン」登場までWiiUを代表するゲームであり続けただろう。
    • WiiUの売上も史実より上がっていた?

SPECIAL[編集 | ソースを編集]

あのキャラが登場していたら[編集 | ソースを編集]

ジュナイパー

ガオガエンと迷っていたらしい。

  1. ガオガエンは参戦しない。
  2. 参戦出来た要因は、バンナム繋がりでポッ拳の開発経験者が参加出来たからだった。
    • ポッ拳DXのモーションが一部流用されていたかもしれない。
  3. くさタイプ冷遇と言われる事もなかった。
    • パックンフラワーが「くさタイプ代表」とか言ってネタにされる事はなかった?
レックス

性能的に困難であると理解されつつある程度開発は行われていたが、やはりブレイドと一緒の動くのは難しくホムラとヒカリのみの参戦に。

  1. レックス単独か「レックス&ホムラ」になっていた。
    • ヒカリはレーティングとネタバレ防止の観点で出られなかったとされた。
      • 代わりにヒカリのMiiコスチュームが配信されていた。
  2. 「オレが参戦するんじゃないの⁉」はない。
    • って言うかDLCでもホムラ&ヒカリの参戦があったかどうか。
スプリングマン

ARMSキャラは最初から参戦させたかったらしいが、開発時期が被っていた為一度お蔵入りに(その後FP2で「ミェンミェン」が参戦した)。

  1. 製品版に最初から参戦していた。
    • アシストフィギュアにはならなかった。
  2. ARMSのBGMとステージ「スプリングスタジアム」が製品版の時点で登場していた。
  3. ミェンミェンはアシストフュギュアとして登場していたかもしれない。
    • FP2で参戦することも無かった。
ニンジャラ

ディレクターの桜井政博氏は、ARMSから参戦させるならニンジャラかミェンミェンと考えていたが、ARMSのプロデューサーの声でミェンミェンに決まった。

  1. ミェンミェンは参戦しなかった。
  2. アニメももっと人気になっていた?

全員参戦が実現しなかったら[編集 | ソースを編集]

  1. forWiiU/3DSの統合完全版として販売していた。
    • 名称は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Switch』。
  2. 参戦キャラは「forの面子+史実の新規参戦ファイター」だった。
    • 復活キャラは出れても性能の都合で出られなかったアイスクライマーとポケモントレーナーのみ。あとはスネーク位。
    • 何名かリストラされていたかも。
  3. ゲームバランス等は史実のSPECIALと同じ形には変更されていた。
  4. 或いは当初候補に挙がっていた、ゲームシステムを一新した完全新作になっていた。
    • 史実より発売が遅れていたかもしれない(公開は2018年でも、発売は早くて2019年末頃)。
    • システム面を売りにする代わりに、参戦キャラクター数も前作据え置きか逆に少なくなっていた。
  5. ファイターパスがあったか?あったとしても第2弾はなさそう。
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
偽モノ | 言われたくない | スマブラ検定
もしスマブラにあのキャラが登場したら(ゲーム | アニメ | 漫画 | 特撮 | 実現済み)
あの作曲スタッフが | あのハードで | ○○だったら
初代参戦作品 マリオ | ドンキーコング | ゼルダの伝説 | カービィ
スターフォックス | ポケモン | F-ZERO | MOTHER
DX参戦作品 ファイアーエムブレム
X参戦作品 パルテナ | メタルギア | ソニック | ピクミン
3DS/WiiU
参戦作品
どうぶつの森 | ロックマン | パックマン | ストリートファイター
ファイナルファンタジーVII | Wii fit
SPECIAL
参戦作品
Splatoon | 悪魔城ドラキュラ | ドラゴンクエストシリーズ | Minecraft
鉄拳 | キングダムハーツ