もしプロ野球日本シリーズでこんな有り得ない展開があったら

提供:chakuwiki

もしこんな有り得ないシーズン展開があったら > もしプロ野球でこんな有り得ない展開があったら > 日本シリーズ


決着が…[編集 | ソースを編集]

14試合目までもつれる

日本シリーズは第7戦まで15回で引き分け、第8戦以降無制限です。また、7戦以内での勝ち越しが確定した時点で打ち切る規定はありません。

  • 2018年より延長戦は12回までに短縮されたためより可能性が高まった。
  1. 当事者にとっては最も長いシーズンとなる。
    • 場合によっては翌年以降、シリーズ限定でタイブレーク導入が真剣に議論されるであろう。
  2. アジアシリーズにも影響するので、ダブルヘッダー開催も。
  3. 経営陣は入場料収入でウハウハになる
  4. 悪天候によるコールドゲームが相次いだ場合、日本シリーズは両球団の本拠地ではなく屋根付き球場での開催とする案も浮上する。
7戦連続14回裏まで0-0
  1. これで第7戦の決着が15回裏サヨナラ勝ちなら球場が阿鼻叫喚と化す。
  2. 完全試合を引き分けで逃すケースが複数回出てくるかもしれない。
サヨナラインフィールドフライで日本一決定
  1. 2014年の「相手チームの守備妨害で日本一決定」以上の珍プレーとして永遠に語り継がれる。
  2. 「江夏の21球」の時に広島の捕手が水沼ではなく達川だったら起こっていたかもしれない。
代打逆転サヨナラ満塁ホームランで日本一決定
  • 2001年近鉄の代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームランはリーグ優勝時でしたが、これがもし日本シリーズで起こったとしたら
  1. 当然2001年の北川が引き合いに出される。
  2. 3勝3敗で迎えた最終戦ならホームランを決めたチームは歓喜になり打たれたチームは絶望を味わうことになるだろう。

リーグ戦最下位の球団が進出[編集 | ソースを編集]

クライマックスシリーズまでに全日程を消化できず順位が確定していない場合、CS開幕2日前の順位をもって、CS進出チームを確定させます。その時点で3位だったチームが残りの試合を消化した結果、最終順位が4位以下に落ちたにもかかわらずCSに進出する場合も考えられます。

  • 2018年は3位争いをしているDeNAと巨人との試合を残した阪神がほぼ日程を使い切ってしまったため、「最終順位が4位以下に落ちたにもかかわらずCSに進出する」事態が懸念されるも結局実現せず。
  1. CSの存在意義が問われる。
  2. 仮に日本一になった場合、相手球団へのダメージは相当大きいものになるだろう。
    • その相手が阪神だった日には・・・

12年で全球団が日本一達成[編集 | ソースを編集]

  1. 毎年毎年優勝球団が変わる目まぐるしい12年間になる。
    • 一方で野球評論家からの評価はかなり高くなりそう。
      • 単に酷使による故障が多いだけかもしれない。
    • 10年目を越えた辺りから未達成の球団に対する注目度が急激に上がり始める。
  2. 昔だったら全球団が最短6年でリーグ優勝を達成できる記録も達成できたが、今だったらCSからも日本シリーズに進出できるのでどうなるか分からない。
    • とは言え今でも交流戦最多勝利・リーグ優勝・CS優勝・日本一を12球団が全て達成できれば凄い事になるのは間違いない。
  3. 日本一になった球団のリーグが1年ごとに入れ替わると最も理想的。
    • 逆に6年間セが日本一→残りの6年はパが日本一なんてことになるとセがV9時代のパ並みのお通夜ムードになる(逆も然り)。

4タテかつすべての試合が…[編集 | ソースを編集]

2桁得点差
  • 2005年の日本シリーズで4試合中3試合で2桁得点で全勝優勝というのはありましたが…。
  1. 33-4は過去のものになり、4試合の合計得点を使った新たな晒し文句ができる。
    • 「なんでや!○○関係ないやろ」も新しくなる。
完封
  1. これも33-4に代わるネタになる。
ノーヒットノーランor完全試合
  1. もはや相手球団はお通夜状態。
    • その地域最大の禁句になる。
  2. 達成するとしたらやはりここが相手か?
33-4
  • 当然ですが、2005年の日本シリーズは4試合の合計です。
  1. 33-4に代わって「132-16」がネタにされる。
  2. 当然ながら、1試合33得点は日本プロ野球史上最高得点である(現行の記録は32)。
  3. これでも一応相手チームも1試合4得点を取っているのはすごいかも。
    • よほど攻撃に偏ったチームかもしれない。
  4. これがロッテvs阪神だったらある意味奇跡。

全試合ビジターチームが勝利[編集 | ソースを編集]

  • 全試合ホームチームが勝利は2003年で実現例あり
  • 最も近かったのは2011年(全7戦のうち、第1戦~第6戦まで全てビジターチームが勝利)
  • ワールドシリーズでは2019年に初めて発生。
  1. 内弁慶シリーズならぬ外弁慶シリーズと呼ばれる。
  2. ファンが「負ける気せぇへん地元やし」以上の名言を出してなんjでネタにされる。
  3. ホームチームが勝つでしょうと予想した評論家が叩かれる。

6年で同一リーグの全球団が…[編集 | ソースを編集]

日本一達成[編集 | ソースを編集]

  1. 意外とこちらの方が前述の#12年で全球団が日本一達成よりも難易度が高い。
  2. 相手のリーグはお通夜ムードに。
  3. 高卒ルーキーも最初はセ・リーグから始まるのが王道になるだろう。

日本シリーズで敗北[編集 | ソースを編集]

  • セ・リーグは2011~2017の7年間で全球団が日本シリーズで敗れています。ちなみにV9時代の巨人の相手は阪急・ロッテ・南海のみです。
  1. 当然ながらそのリーグは完全お通夜ムードに。
    • ましてや史実のソフトバンクのように同じ球団に負けたとなれば……。

日本シリーズ6回出場も、その6回で相手リーグ全球団に敗北[編集 | ソースを編集]

  • 1974~2006年の中日ドラゴンズは6回日本シリーズに進出するも全て敗れていますが、阪急及びオリックスと近鉄及び楽天とは対戦がありませんでした。また2011~2019年のソフトバンクはその9年間でセ・リーグ6球団を日本シリーズで破っています。
  1. リーグ戦で燃え尽き症候群を起こしてしまう悪癖を指摘される。
    • その結果日本シリーズまで見据えた補強をしようとして史実1999年の西武のようにシリーズ進出が出来なくなってしまう事も考えられる。
    • アンチがかなり増えそう。
      • もし6年連続出場→6年連続敗退の場合、他の5球団ファンからのバッシングは半端なくなりそう。ただし巨人ファンだけはあまり大きなことを言えない(日本シリーズの連続年敗退記録は1956~1959年の巨人)?
  2. 仮にリーグ優勝がゼロだった場合、クライマックスシリーズそのもの存続にも関わって来そう。
  3. これをやりそうなのはセ・リーグならやはり中日、パ・リーグなら埼玉西武ライオンズ(1993~2002年の10年で5回日本シリーズに駒を進めるも全敗)か。
  4. CS突破→日本シリーズ敗退の流れが「秋の風物詩」呼ばわりされる。

観客動員数が平均二桁[編集 | ソースを編集]

  • 入場者数制限はないものとします。
  1. こんな不人気球団がなぜ強い…といわれる。
  2. きっとテレビ中継もほとんどなさそう。
    • そもそも日本の野球人気が地の底に落ちており、世間一般は全く関心すらない…というパターンもあり得る。
  3. 開幕直前に不祥事が発生→大量にファンが離れるという事が起きているかもしれない。
  4. 同じ時期に大災害が発生して関心がこっちに移るということもありうる。
  5. 観客席で流しそうめんや焼肉をしている観客がまた見れるかもしれない(それにしても二桁は少なすぎる気がするが)。

ある時期まで全敗後、CSから日本一まで連勝[編集 | ソースを編集]

初勝利日から日本シリーズまで全て相手チームに勝利、それ以前は全敗という想定

  1. 初勝利から勝ち続けるも、3位でシーズン終了→CSで連勝して日本シリーズ進出→相手チームに4タテで勝利ということになる。
  2. 周りの球団から何があったといわれる。
  3. 日本一にならないと球団解散の危機に陥っていると思われる。
    • 主力が故障から復帰したり大型補強に成功したりしたのかもしれない。

チケットの応募倍率が1000倍以上[編集 | ソースを編集]

  1. その年の日本シリーズは開幕前から話題沸騰になるネタが相当あったと思われる。
    • テレビの視聴率も、前年の紅白を上回るかもしれない。
    • 毎年のように1000倍以上が続いたら、紅白と日本シリーズの地位が逆転している可能性もある。
  2. 翌年から日本シリーズのチケット販売方法が、紅白と同じようにNPBに直接申し込む形になる。
    • 「当選は最大でも1・2・6・7戦と3・4・5戦のうち各1枚」という条件が付く可能性もある。また座席・エリア指定不可(ビジター席希望は可)という条件も付くかもしれない。
    • 抽選に時間がかかるため、クライマックスシリーズ終了から日本シリーズ開始まで最低でも10日以上間隔を空けるように日程が組まれる。

合計スコア4-33で勝利[編集 | ソースを編集]

勝った試合が全て1-0、残りの試合が大敗であれば理論的には可能です。

  1. 勝利チームはおそらく「2人のスーパーエースで2試合ずつ取り、残りは捨て試合同然」といった戦い方だった可能性が高い。レギュラーシーズン中もそれに近い貧打、ダブルエース頼みのチームだっただろう。
  2. 勝ったのであれ負けたのであれ、出場したのが阪神であれば徹底的にネタにされる。

全試合ホームチームがサヨナラ勝利[編集 | ソースを編集]

  1. 両チームともリリーフ投手が叩かれる。
    • 第7戦が逆転サヨナラの場合は勝利チームが大はしゃぎ、逆に相手球団はお通夜状態。

両リーグ共に3位同士が出場[編集 | ソースを編集]

比較的近かったのが2017年(セ・リーグは3位のDeNAが日本シリーズ出場、パ・リーグの楽天も2勝した)だが、もし実際に起こると?

  1. CSの意義が問われる。
  2. 1位、2位のチームが笑いものにされる。

3年以上連続して前年度最下位のチーム同士の日本シリーズ[編集 | ソースを編集]

  • 2021年の日本シリーズは前年度最下位のヤクルトとオリックスであり、2022年も前年度最下位のDeNAと西武がクライマックスシリーズまで駒を進めました(ただしどちらもファーストステージ敗退)。
  1. 順位予想はもうお手上げムード。
    • 仮に2017年の下柳剛のようにパーフェクト的中しようもんならそれだけで神扱い。
  2. ましてや6年間で全12球団がこれに当てはまり、かつリーグ優勝しようもんなら、それこそ球史に残る大混迷時代と呼ばれる。

関連項目[編集 | ソースを編集]

もしこんな有り得ない展開・記録があったら
スポーツ 高校野球 (試合展開 | 出場校 (全出場校)| 優勝校 | 不祥事| ベスト8)
試合展開 (野球 | サッカー | サッカーW杯本大会) | 個人記録(野球)
シーズン展開 (プロ野球( 日本シリーズ)・成績 (特定の一球団)| Jリーグ) | 契約更改・年俸査定
大相撲 | 箱根駅伝 | プロ野球ドラフト会議(指名選手) | オリンピック | 競馬
テレビ番組 NHK (紅白歌合戦)| 日本テレビ系 | テレビ朝日系 | TBS系 (SASUKE)| フジテレビ系
アニメ | 視聴率調査
政治 日本政治 | 日本の国政選挙 | 米大統領選挙
その他 交通機関 | 人気投票 | 受賞 (日本レコード大賞)| 日本の気象
アニメ記録 | ゲーム記録(作品別) | 学校 | ウェブサイト | 将棋