もしラジオ日本が独自のネットを新設したら

提供:chakuwiki

もしあの放送局が独自のネットワークを新設したら > ラジオ日本

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 名称はARN(All-Nippon Radio Network)に。
    • なんかテレ朝系みたいだな・・・。
      • YRN(Yomiuri Radio Network)でいいんじゃない?
        • それかRFN(RF Network)?
  2. 仲の良いラジオ関西もネット加入。
    • 西日本放送も。(ただしJRN・NRNとのトリプルクロス)
    • 某番組もRFに戻ってくる。
    • CRK制作のアニラジの帯番組が全国ネット…ありうるから怖い。
  3. 放送対象地域が関東全域になることが前提。
    • 岐阜放送も中京広域圏になるがラジオ関西は兵庫県域のまま。
      • ラジオ関西は読売グループと仲がいいからYTVとくっついて近畿広域圏になる。
  4. 読売グループと仲のいいテレビ局や団体がラジオ新局を作って参加するなんてこともアリかも・・・。
  5. 野球中継はもちろんジャイアンツだけ!
    • 巨人軍は主催試合の放映権をYRNと独占契約(現実のヤクルトとNRNの関係に近い)。
      • そうなると名古屋のDの球団は、YRN加盟局を締め出し出入り禁止にする可能性も。
      • 横浜のBの球団もそうなる?
        • Bの球団はJRNと独占契約。
      • 阪神地方のTの球団も黙ってない。
        • 甲子園の対巨人戦は日テレでやってるし、それはどうだろう。
          • それはYTVのおかげ。YRNを作ったらいよいよTの球団が締め出すぞ。
    • BRNはレオマークの球団との関係を生かし、パ・リーグまるごと独占契約でセ・リーグ中心の他系列との差別化をはかる。
  6. NHKに対抗すべく「ラジオ深夜便」の様な中高年向け帯番組を制作、全国ネット。
    • 今の「オールナイトニッポン」についていけない中高年にウケて大ヒット!
  7. 日本全国の民間放送局を巻き込んだ「ネットチェンジの嵐」が起こる。
    • また、全国のあちこちで新局ができる。(ここで誕生した放送局は、平成新局ならぬ21世紀新局と呼ばれる。)
      • テレビ東京は、このどさくさに紛れて各地に続々と新局を作りTXNの勢力を拡大。
    • 民放の勢力図は大きく変わりラジオにあまりかかわりを持たないTXNがテレビ界を牛耳ることだってありえる。
      • また、独立局と呼ばれていたテレビ局は団結し、各地にできた新局を束ねてTOKYOMXをキー局、サンテレビを準キー局とする第6のネットワークが誕生。
    • 単純に既存局がクロスネットになるだけだと思われ。
  8. ニッポン放送に間違われないように局名を「読売放送(通称・ラジオ読売)」に改名。
    • 日本って名乗るのにNHKとニッポン放送と一悶着あったからラジオ日本から変えないだろう
    • 「ラジオ関東」に戻しゃいい。
  9. NHKのラジオ放送は、ますます影が薄くなる。
  10. ラジオ日本は、横浜から東京に本社を移転する。
    • 汐留・日テレタワーの近所に新社屋を建てる。

NRNの分裂が同時に行われたら[編集 | ソースを編集]

  1. このように分かれる。
  2. これと同時に文化放送はフジサンケイグループを脱退し、朝日新聞テレビ朝日との関係を強化。
    • QRはテレビ東京にも接近すると思う(アニヲタつながりで)
  3. 全国各地に新局ができるのは確実。
    • 読売派はYRN、フジサンケイ派はNRN、TBS派はJRN、朝日派はBRNと言う感じで分かれる。
    • テレビ局がラジオに参入するなんてこともあるかも。
      • 過去のSTVの事例を参照。
    • 結局はJRN/BRN/NRNのトリプルクロス局が乱立するだけになりそう。
  4. YRNはおそらくテレビで言うテレ東扱いされ、単営局が基幹都市にぽつぽつ、といった形になる。
    • しかし、読売資本で読売グループと仲のいいテレビ局も多い、したがって単営・ラテ兼営が入り乱れ実史のTXNよりはネット局が増えるであろう。
  5. TBSが嫌いな放送局はこれがいいネットチェンジの機会になる。
    • TBSのみならず、それぞれのキー局が嫌いな地方局にはこれがいいネットチェンジの機会になる。
    • ラジオのネットチェンジが、テレビ局に影響してそれはもう大騒ぎに。
  6. ライバル局の増加を脅威に思ったFM局がAMに参入するなんてことも・・・
    • 参入まで行かなくともTV局と共同出資して開局するのもアリ。
  7. BRNはアニラジだらけ?
    • 最近は文化放送だけでなく各局アニラジに力を入れつつある。というわけで「アニラジ戦争」が勃発するかも。
  8. AMラジオにおいての独立局が消える。
  9. こうなるとAM帯域が逼迫して遠距離受信が事実上不可能に。
    • 混信対策として親局以外の中継局すべてFMなんて局も出そう。

各局の動向[編集 | ソースを編集]

キー局・関東
  1. 茨城放送栃木放送はどうなるのだろう?
    • 栃木放送はYRN加盟。川崎からは遠いので。
      • CRTとIBSはRFの北関東における地盤づくりのため、読売グループの手によってラジオ日本のモノとなる。
      • そして、ラジオ日本のモノとなった2局はそのままRFに吸収され、栃木放送は消滅。茨城放送はテレビ単営局として再出発。
    • もしくは、合併して独立局「北関東放送」として再始動。
      • この2局のほか、とちぎテレビ・エフエム栃木・群馬テレビ・エフエム群馬が出資。
      • 当然ながら放送エリアを群馬へ拡大。
  2. ラジオ日本は、本社機能を横浜から東京へ移転。
    • その場合、麹町の旧日本テレビ社屋をラジオ仕様に改装して新社屋にするか、TBSラジオみたいに汐留の日テレタワーの中に居候?
      • 東京支社(麻布)を利用だろう。麹町の日テレ社屋は番組収録でまだまだ使ってるし。
        • 東京支社の麹町移転構想は実際にあったらしい。
  3. また、ラジオ日本は関東広域圏になるにあたり、TOKYO FM・J-WAVE・InterFM・Fm yokohama・bayfm・NACK5といったFM局やTOKYOMX・TVK・テレ玉・チバテレビといった独立テレビ局などの協力を得る。
  4. ニッポン放送はフジテレビとの絆をさらに深め、実質的フジのラテ兼営局に。
  5. 文化放送はフジサンケイグループを脱退し、朝日新聞テレビ朝日との関係を強化。
  6. TBSラジオは、TBSテレビと一緒にあの手この手でJRN系列局のネットチェンジを防ぐための策を考える。
    • しかし、やる事なす事大失敗でTBSを嫌うJNN系列局がついにネットチェンジ。こうなるとJNN協定は効力を失ったも同然。
      • しかし、ABSやRNBといったTBSと仲のいい放送局がJRNにやってくるので、どうにかやっていける。
      • 最終的にはTBS-HDとフジメディアHDの合併に至り、ラジオ・テレビもそれぞれ「TBSニッポン放送」「TBSフジテレビ」に。
関西
  1. ラジオ大阪はBRNに属し、MBSはJRN。ABCはNRNで、読売と仲の良いラジオ関西はYRNに。
    • この場合、ラジオ関西は読売テレビと合併し「読売放送」または「YTVラジオ」と改名。
    • もしくは、ラジオ大阪がフジサンケイグループと仲直り、関西テレビと合併してNRN入りすることも。
    • 番組整理が一番面倒くさいな。深夜枠だけでも大変なのに箱番組が入り混じるとそれはもうえらいことに。
      • オールナイトニッポン(OBC→ABC)、JUNK(ABC→MBS)、オールナイトニッポンR(CRK→ABC)…
      • 「あなたへモーニングコール」はスポンサーの都合でMBSは無理だろうからOBC(時差放送)のまま。
    • それぞれのキー局と最も関係があるテレビとの仲を考えるとMBSとABCのネットは逆になるような・・・。
      • いや、テレビにおけるJNN加盟局はラジオでもJRNに加盟しなくてはならない。
    • 文化放送が朝日資本に入るのならABCはBRNじゃあないのか?
    • ラジオ関西は、住み慣れた神戸を離れて本社を大阪に移転。
      • また、ラジ関は大阪に移転するにあたりエフエム大阪・エフエム802・関西インターメディアといった地元のFM局とテレビ大阪の助けを借りる。
  2. KBS京都和歌山放送はどうなるのだろう?
    • 和歌山放送は毎日資本が入っているからJRN。KBS京都はフジテレビが株主だからNRN。
      • これを利用してWBSはMBSに、KBS(ラジオ部門のみ)はOBCにそれぞれ買収されるなんてことも。
        • そうなった場合、KBSテレビも関テレに買収されて「KBS京都放送」の名前が消滅することだってありえる。
        • いや、KBSテレビはサンテレビ・和歌山テレビ・奈良テレビ・びわ湖放送とともにテレビ大阪と合体。「テレビ近畿」となってTXNに加盟。
    • または、合併して独立局の「近畿放送」で再始動。
      • この2局のほか、サンテレビ・Kiss-FM・和歌山テレビ・エフエム京都・奈良テレビ・びわ湖放送・エフエム滋賀が出資。
北海道
  1. HBCはJRNに加盟しTBSとの関係を強化。
    • もしくはHBCがJRN/BRNクロスになる可能性もあり。
      • 或いはJRN/BRN/YRNのトリプルクロスも。
  2. STVは読売派とフジサンケイ派が対立。
    • 資本の関係でSTVはYRNに加盟。一方のフジサンケイ派はSTVを飛び出し、新局を作ってNRNに加盟。
    • フジサンケイ派が勝った場合は、STVはNRNに加盟。敗れた読売派は、本当は日テレと組みたかったHTBを誘って、新局を結成しYRNに加盟。
      • HTBは略称そのままに「北海道豊平放送(Hokkaido Toyohira Broadcasting)」に…無理あるか。
        • 局名は「HTBラジオ」か「北海道読売放送」に。
      • NRNに加盟した場合、STVはニッポン放送を介してフジテレビと絆を深める。
  3. それこそ北海道文化放送がBRN加盟目的でラジオ局開局に乗り出す。
    • その場合、UHBは、ノースウエーブ・AIR-Gの助けを借りる。
    • また、同じ道新系放送局として、TVhも僅かながら出資。
      • 局名は「UHBラジオ」か「ラジオ北海道」に。
  4. こうして、STVはFNS・HTBはNNN・UHBがANNにそれぞれネットチェンジ。
    • でも、ラジオ日本と仲が良い意味ではHBCがNNNとなるべき。したがってHTBはANNのままかJNN、そしてuhbはTXNフルネット。
東北
  1. 青森県は、青森放送がYRN・NRNのクロスネット。青森テレビが出資した「ラジオ津軽」が開局しJRNに。青森朝日放送が出資した「青森文化放送」が開局しBRNに。
    • または、エフエム青森が「RADIO APPLE(ラジオアップル)」でAMに参入。NRNに加盟。
    • もしくは、青森に悲願のフジ系ラ・テ兼営放送局「青森あっぷるテレビジョン」が開局。テレビはFNN、ラジオはNRNに加盟。その場合、エフエム青森はABA・ATVの新規参入をサポート。
  2. 秋田県では、TBS大好きなABS秋田放送がJRNにネットチェンジ。秋田朝日放送が出資した「秋田文化放送」が開局しBRNに。秋田テレビは「ラジオこまち」を開局させNRN・YRNクロスネットに。
    • その場合、AKTは「Co-much FM」ことエフエム秋田の助けを借りる。
    • 元々日テレと不仲だったABSに代わり読売グループは、読売系ラ・テ兼営新局「秋田県民テレビ」を開局。テレビは日テレ系、ラジオはYRNに加盟。
  3. 岩手県では、IBC岩手放送がJRNに一本化。テレビ岩手とFM岩手の共同出資で「ラジオ岩手」が開局、YRNに加盟。岩手朝日テレビ出資の「岩手文化放送」がBRN。めんこいテレビがラテ兼営の「mitラジオ」が開局、NRNに。
  4. 山形県では、YBC山形放送がYRNにネットチェンジ。山形テレビ・エフエム山形共同出資の「ラジオ山形」はBRN。テレビユー山形出資の「TUYラジオ」はJRN。そして、さくらんぼテレビが出資の「RADIO CHERRY(ラジオチェリー)」がNRNに。
  5. 宮城県では、まず東北放送がJRNにネットを一本化し、仙台放送がラ・テ兼営局で「BSCラジオ」を開局しNRN・BRNのクロスネットに。そして、ミヤギテレビが「ラジオ宮城」を開局させYRNに加盟。
    • もしくは、東日本放送がNRN加盟目的でラジオ局開局に乗り出す。
    • または、NRNにDATEFMがAMにも参入して「RADIO DATE」になるかも。
  6. 福島県は、ラジオ福島はNRN・BRNのクロスネット。テレビユー福島が出資した「TUFラジオ」が開局、JRNに加盟。福島中央テレビ・福島放送・ふくしまFM共同出資の「ラジオ郡山」はYRNに加盟。
    • または、福島テレビがラテ兼営の「FTVラジオ」が開局しNRNに加盟。
甲信越静・北陸
  1. 山梨では、YBS山梨放送がJRNにネットを一本化し、テレビ山梨が出資の「ラジオ山梨」が開局しNRNに。読売グループが出資した「甲斐乃国放送」を開局しYRNに。朝日グループは「山梨文化放送」が開局しBRNに。
    • またはラジオ局増加を懸念した独立局のエフエム富士がAMにも参入して「AM富士」になってYRN・BRNのクロスネットに。
    • 山梨放送はテレビが日本テレビ系だからYRNにも加盟する。
    • テレビ山梨はTBS系だからNRN加盟はない。
  2. 新潟では新潟放送がJRNにネットを一本化。新潟総合テレビやエフエム新潟と資本関係を持つ「ラジオ北越」が開局しNRNに加盟する。テレビ新潟がラ・テ兼営局で「ラジオ新潟」を開局しYRNに。そして新潟テレビ21が「AM21(エーエム21)」を開局しBRNに。
    • BRNは新潟テレビ21ではなく、ラジオ局増加を懸念した独立局のFM PORTがAMにも参入して「RADIO PORT」になるかも。
  3. 静岡では、SBSラジオはJRNにネットを一本化し、テレビ静岡が出資の「ラジオ静岡」が開局しNRNに。だいいちテレビが出資した「静岡読売放送」を開局しYRNに。そして静岡朝日テレビがラテ兼営局の「静岡県民放送」になってBRNに。
    • または、静岡エフエム放送が「ラジオ浜松」でAMに参入してBRN・YRNのクロスネット。SBSラジオはNRN・JRNのクロスネット。
  4. 長野では信越放送がNRN・JRNのクロスネット。テレビ信州が「TSBラジオ」を開局してYRN・BRNクロスネット。
    • または、長野放送が「NBSラジオ」を開局してNRNに、長野朝日放送・FM長野共同出資の「ラジオ長野」がBRNに。
    • 信越放送はニッポン放送と仲いいからNRNのままかと。FM長野は長野朝日放送より長野放送と仲いいからBRNはTSBラジオじゃないか。TSBは日テレと仲悪いからYRNに入るか微妙。
  5. 福井では、FBCラジオはYRN・JRNのクロスネット。福井テレビ出資の「ラジオ福井」がNRNに、テレ朝系新局・福井文化放送が開局しBRNに加盟。
    • もしくは、FM福井が「AM福井」でAMに参入しYRNに加盟。朝日と仲のいいFBCラジオはBRN単独に。「ラジオ福井」がNRN・JRNのクロス。
  6. 富山では、北日本放送がJRNに一本化。チューリップテレビ出資の「ラジオユー富山」がYRNに、富山テレビ放送・FMとやま共同出資の「ラジオ富山」がNRN・BRNのクロスネット。
    • 北日本放送は日本テレビ系列だからJRN/NRN/BRNのクロスネット。
  7. 石川では、北陸放送がJRNシングルネット。テレビ金沢出資の「ラジオ金沢」がYRNに、北陸朝日放送がラテ兼営局になってBRNに。石川テレビ放送エフエム石川の共同出資の「ラジオ石川」がNRNに。
中京圏
  1. CBCはJRNとNRNのクロスで、東海ラジオはBRNシングルネットになる。
    • ついに東海テレビが東海ラジオを買収し、名実ともにラテ兼営局に。
  2. YRNは読売資本の中京テレビメーテレが共同で親会社となり「愛知読売放送」という名で開局。
    • その後、同じくアンチ中日のGBS岐阜放送(ラジオ部門)と合併し「中京読売放送」と改名。
  3. ラジオ局増加を懸念した中部地区のFM局とテレビ愛知・三重テレビ放送が共同出資で「ラジオ名古屋」を開局。NRNに加盟。
    • 参加局:FM AICHI・ZIP-FM・RADIO-i・FM岐阜・FM三重・テレビ愛知・三重テレビ放送
      • これをきっかけにテレビ愛知は中部広域局へ。局名も「テレビセントラル」に改名。
中四国
  1. 広島では、まずRCCがJRNに一本化。広島テレビが「広島放送」という名前でラ・テ兼営局として開局、NRNに加盟。さらにテレビ新広島が「TSSラジオ」を開局しBRNに加盟。そして、HOMEは「ラジオ広島」を開局させYRNに加盟。
    • HFM(広島FM)が「ラジオ広島」を開局させYRN・BRNのクロスネット。RCCは今までどおりNRN・JRNのクロスネット。
  2. 岡山では、RSKラジオがJRNに一本化。岡山放送がラ・テ兼営局で「OHKラジオ」を開局しYRN・BRN・NRNのトリプルクロスネット。
    • または、ラジオ局増加を懸念した岡山エフエム放送が「AM岡山」を開局させYRNに、テレビせとうち出資の「ラジオ瀬戸内」がBRNに、岡山放送の「OHKラジオ」がNRNにそれぞれ加盟。
  3. 鳥取・島根では、BSSラジオがJRN・BRNのクロスネット。日本海テレビがラ・テ兼営局で「NKTラジオ鳥取」を開局しYRNに加盟。山陰中央テレビが出資した「ラジオ島根」が開局、NRNに加盟。
    • または、エフエム山陰が「AM山陰」でAMに参入、BRNに加盟。
      • もしくは、朝日系新局「山陰朝日放送」が開局。テレビはANN、ラジオはBRNに加盟。
  4. 徳島では、まず四国放送がJRNに一本化。YRNには読売テレビが出資した「徳島読売放送(ラ・テ兼営)」が、BRNにはABC出資の「徳島朝日放送」が、NRNには「ラジオ徳島」がそれぞれ開局。
    • または、ラジオ局増加を懸念したエフエム徳島が「ラジオ徳島」を開局させBRN・YRNのクロスネット。四国放送が今までどおりNRN・JRNのクロスネット。
    • 四国放送は日本テレビ系列なのでJRN/BRN/YRNクロスネット。
  5. 高知では、高知放送がJRN・YRNのクロスネット。高知さんさんテレビがラ・テ兼営で「ラジオさんさん」を開局しNRNに。
    • そして朝日新聞は高知に待望のテレ朝系列局・「高知朝日テレビ」を開局。同時に「KATラジオ」も開局させBRNに。
    • または、高知放送がYRN。JRNにはテレビ高知・エフエム高知共同出資の「ラジオ高知」が加盟。
  6. 愛媛では南海放送がJRNに一本化。EBCがラジオ松山を開局しNRN・YRNのクロスネット。
    • BRNにはエフエム愛媛・あいテレビ共同出資の「伊予ラジオ放送」が加盟。
      • 資本的にITVがRNB/某新聞の薄い援助のもと開局させるかEBCとFM愛媛の合弁では?
    • 愛媛におけるBRNは基本的に、朝日資本の愛媛朝日テレビにやらせるべきでは?
      • 南海放送がJRN。愛媛放送とFM愛媛の合弁で「ラジオ松山」を開局しNRN・YRNのクロスネット。愛媛朝日テレビ・あいテレビ共同出資の「伊予ラジオ放送」がBRNに加盟。
  7. 香川では、西日本放送が今までどおりNRN・JRNのクロスネット。瀬戸内海放送・エフエム香川共同出資の「ラジオ香川」がBRN・YRNのクロスネット。
    • 岡山と乗り入れて西日本放送がNRN。山陽放送がJRN。OHKラジオがBRN・YRN。
  8. 山口では、山口放送がYRNにネットチェンジ。テレビ山口が「TYSラジオ(ラ・テ兼営)」でJRNに加盟。山口朝日放送とエフエム山口の共同出資で「ラジオ山口」を開局しBRN・NRNのクロスネット。
九州・沖縄
  1. 福岡ではKBCがBRN・NRNのクロスネット。RKBがJRNシングルネット。
    • FBS福岡放送が「FBSラジオ」で開局。YRNに加盟。
    • もしくは、ラジオ局増加を懸念したエフエム福岡・エフエム九州・CROSS-FMが共同出資で「ラジオ博多」を開局。NRNに加盟。
    • さらに、最近フジテレビが大嫌いになったテレビ西日本が何らかの形でJRN・YRN・BRNを支援する。
  2. 宮崎では、宮崎放送がJRN。テレビ宮崎・エフエム宮崎共同出資の「ラジオ宮崎」がNRN・YRN・BRNのクロスネット。
    • もしくは、NRNに「ラジオ宮崎」、読売系ラテ兼営局「テレビサンマリン」を開局。YRNに加盟。朝日系ラテ兼営局「宮崎朝日放送」を開局。BRNに加盟。
  3. 大分では、大分放送がJRN。テレビ大分・エフエム大分共同出資の「ラジオ大分」がNRNに、大分朝日放送がラテ兼営でBRNに、読売系ラテ兼営局「大分読売テレビ」が開局、YRNに加盟。
  4. 沖縄はRBCiRADIOがJRN。ROKラジオ沖縄がBRN・NRNのクロスネット。
    • または、琉球朝日放送が「QABラジオ」を開局させBRNに加盟することも。
      • BRNは琉球朝日放送ではなく、FM沖縄がAMにも参入して「AM沖縄」になるかも。
    • 読売グループは、このチャンスを逃さず沖縄にラテ兼営局「南西放送」を開局。テレビは日テレ系、ラジオはYRNに加盟。
    • NRNには、沖縄テレビがラ・テ兼営で「OTVラジオ」が加盟。その場合、ROKはBRNに加盟。
  5. 長崎では、長崎放送がJRNにネットを一本化。長崎文化放送がラテ兼営になってBRNに、エフエム長崎テレビ長崎が共同出資で「ラジオ長崎」を開局させNRNに、長崎国際テレビがラテ兼営で「NIBラジオ」を開局させYRNに。
  6. 佐賀では、NBCラジオ佐賀がついにNBCから独立。「佐賀放送」となってJRNに加盟。サガテレビが「stsラジオ(ラテ兼営)」を開局させNRN・BRNのクロスネットに。エフエム佐賀が「AM佐賀」を開局させYRNに加盟。
  7. 鹿児島では、MBCラジオが今までどおりNRN・JRNのクロスネット。鹿児島読売テレビがラテ兼営になってYRNに。エフエム鹿児島がAMにも参入して「ラジオさつま」を開局、BRNにそれぞれ加盟。
    • または、鹿児島テレビがラテ兼営の「KTSラジオ」を作ってNRNに、「ラジオさつま」には朝日とそこそこ仲のいい鹿児島放送が出資し、エフエム鹿児島をバックアップ。
  8. 熊本では、RKKラジオ がJRNに一本化。テレビくまもとはラテ兼営の「TKUラジオ」を作ってNRNに、熊本県民テレビ出資の「熊本読売放送」がYRNに、熊本朝日放送とエフエム熊本が共同出資で「ラジオ中九州」を作ってBRNにそれぞれ加盟。

分裂後の各系列加盟メンバー[編集 | ソースを編集]

JRN
  • キー局:TBSラジオ
  • 準キー局:毎日放送
  • 北海道:北海道放送
  • 東北:秋田放送・TUYラジオ・東北放送・ラジオ津軽
  • 甲信越静・北陸:信越放送・静岡放送・福井放送・北日本放送・北陸放送・新潟放送・山梨放送
  • 中部:CBCラジオ
  • 関西:和歌山放送
  • 中四国:四国放送・TYSラジオ・山陽放送・山陰放送・南海放送・中国放送
  • 九州・沖縄:長崎放送・大分放送・RKB・宮崎放送・琉球放送・南日本放送
NRN
  • キー局:ニッポン放送
  • 準キー局:朝日放送京都放送・和歌山放送
  • 北海道:STVラジオ
  • 東北:ラジオこまち・東日本放送・青森あっぷるテレビジョン・RADIO CHERRY
  • 甲信越静・北陸:信越放送・ラジオ静岡・ラジオ福井・北日本放送・ラジオ石川・ラジオ北越・山梨放送
  • 中部:ラジオ名古屋
  • 関西:京都放送・和歌山放送
  • 中四国:ラジオ徳島・ラジオ山口・西日本放送・ラジオ島根・ラジオ松山・広島放送
  • 九州・沖縄:ラジオ長崎・ラジオ大分・九州朝日放送・ラジオ宮崎・ラジオ沖縄・KTSラジオ
BRN
  • キー局:文化放送
  • 準キー局:ラジオ大阪
  • 北海道:北海道放送
  • 東北:秋田文化放送・ラジオ山形・BSCラジオ・青森文化放送
  • 甲信越静・北陸:TSBラジオ・静岡県民放送・福井文化放送・北陸朝日放送・AM21・山梨文化放送
  • 中部:東海ラジオ
  • 中四国:四国放送・ラジオ山口OHKラジオ・山陰放送・伊予ラジオ放送・TSSラジオ
  • 九州・沖縄:長崎文化放送・大分朝日放送・九州朝日放送・宮崎朝日放送・QABラジオ・ラジオさつま
YRN
  • キー局:ラジオ日本
  • 準キー局:ラジオ関西
  • 北海道:北海道放送
  • 東北:秋田県民テレビ・山形放送・ラジオ宮城・青森放送
  • 関東:茨城放送・栃木放送
  • 甲信越静・北陸:TSBラジオ・静岡読売放送・福井放送・北日本放送・ラジオ金沢・ラジオ新潟・山梨放送
  • 中部:中京読売放送
  • 中四国:四国放送・山口放送・OHKラジオ・NKTラジオ鳥取・ラジオ松山・ラジオ広島
  • 九州・沖縄:NIBラジオ・大分読売放送・FBSラジオ・テレビサンマリン・ラジオ沖縄・鹿児島讀賣テレビ

MBSラジオが独自のネットを同時に新設したら[編集 | ソースを編集]

  1. MBSラジオをキーとする「MRN」(Mainichi Radio Network)を新設。
    • MBSの旧社名・新日本放送からSRN(Shin-nippon Radio Network)というのもアリ。
  2. TBSが嫌いなJRN系放送局の受け皿に。
    • JRNは、いよいよ存続の危機に。
      • そしてNRNと統合される。
  3. TBSとMBSはついに絶縁!
    • そしてTBS-HDとフジメディアHDは合併へ。
  4. 念願の在阪キー局が誕生。
  5. MBSと仲のいいテレビ東京が在京ラジオ局を作る。
    • 東京MXテレビ・東京FM・ラジオNIKKEIなどが協力。

各局の動向[編集 | ソースを編集]

キー局・関西
  1. ABCラジオはBRN、ラジオ大阪はNRN、ラジオ関西はYRNに加盟。KBSラジオは関西広域圏となりJRNに加盟。
    • KBSは、ネット拡大に伴いサンテレビやテレビ大阪などと合併し「KBS近畿放送(ラテ兼営)」に。テレビはTXN、ラジオはJRNに加盟。
      • 和歌山放送もKBSに合併か、FM局に転向。
    • この場合、ラジオ関西は読売テレビと合併し「読売放送」または「YTVラジオ」と改名。
    • この場合、ラジオ大阪がフジサンケイグループと仲直り、関西テレビと合併し「サンケイ放送(ラ・テ兼営)」に改名。
北海道
  1. HBCはJRNとMRNのクロスネット。 STVはNRN。HTB出資の「HTBラジオ」がYRN。UHB・TVh・ノースウエーブ・AIR-Gの道新系放送局連合が開局させた「ラジオ北海道」はBRNに加盟。
    • あるいはHBCがMRN。北海道文化放送が出資した「UHBラジオ」がBRN。テレビ北海道・ノースウエーブ・AIR-Gが出資した「ラジオ北海道」JRNに加盟。
東北
  1. 青森県は、青森放送がYRN。青森テレビが出資した「ラジオ津軽」がJRN・MRN。青森朝日放送が出資した「青森文化放送」が開局しBRN。エフエム青森が出資した「RADIO APPLE(ラジオアップル)」でAMに参入。NRNに加盟。
  2. 秋田県では、TBS大好きなABS秋田放送がJRNにネットチェンジ。秋田朝日放送が出資した「秋田文化放送」が開局しBRNに。秋田テレビは「Co-much FM」ことエフエム秋田の助けを借りて「ラジオこまち」を開局させNRN・MRNクロスネットに。 また、日テレと不仲だったABSに代わり読売グループは、読売系ラ・テ兼営新局「秋田県民テレビ」を開局。テレビは日テレ系、ラジオはYRNに加盟。
  3. 岩手では、IBC岩手放送がMRNに、テレビ岩手出資の「ラジオ岩手」がYRNに、岩手朝日テレビ出資の「岩手文化放送」がBRN。めんこいテレビがラテ兼営の「mitラジオ」がNRNに、FM岩手出資の「AM岩手」がJRNにそれぞれ加盟。
  4. 山形では、YBC山形放送がYRNにネットチェンジ。山形テレビ出資の「ラジオ山形」はBRNに、テレビユー山形出資の「TUYラジオ」はJRNに、さくらんぼテレビが出資の「RADIO CHERRY(ラジオチェリー)」がNRNに、FM山形出資の「AM山形」がMRNにそれぞれ加盟。
  5. 宮城県では、まず東北放送がMRNにネットを一本化し、仙台放送がラ・テ兼営局で「BSCラジオ」を開局しBRNに、ミヤギテレビが「ラジオ宮城」を開局させYRNに加盟、東日本放送がNRNに加盟。DATEFMがAMに参入した「RADIO DATE」がJRNに加盟。
    • あるいは「BSCラジオ」がNRNに、東日本放送がBRNに加盟。
  6. 福島県は、ラジオ福島はMRN・BRNのクロスネット。テレビユー福島が出資した「TUFラジオ」が開局、JRNに加盟。福島中央テレビ・福島放送・ふくしまFM共同出資の「ラジオ郡山」はYRNに加盟。福島テレビがラテ兼営の「FTVラジオ」が開局しNRNに加盟。
    • または、ふくしまFMが「AMふくしま」を開局させMRNに、ラジオ福島がBRNに加盟。
関東
  1. テレビ東京、東京MXテレビ、東京FMの共同出資で「AM東京」を開局しMRNに加盟。
    • もしくは、ラジオNIKKEIがAMに参入してMRNに加盟。
  2. CRTとIBSは読売グループの手によってラジオ日本のモノとなる。そして、ラジオ日本のモノとなった2局はそのままRFに吸収され、栃木放送は消滅。茨城放送はテレビ単営局として再出発。
  3. またラジオ日本は、手狭になった東京支社(麻布)から 麹町の旧日本テレビ社屋をラジオ仕様に改装して新社屋にするか、TBSラジオみたいに汐留の日テレタワーの中に本社機能を移転する。
  4. 文化放送は、これを機に朝日新聞・テレビ朝日などの朝日グループに加盟。
  5. ニッポン放送はフジテレビはもちろん、STVやHTVなどフジサンケイ派の各局との連携を強化。
  6. これを機に、いよいよTBSとMBSは絶縁へ!
甲信越静・北陸
  1. 静岡では、SBSはMRNにネットを一本化し、テレビ静岡が出資の「ラジオ静岡」が開局しNRNに。静岡第一テレビが出資した「静岡読売放送」を開局しYRNに。そして静岡朝日テレビがラテ兼営局の「静岡県民放送」になってBRNに。または、静岡エフエム放送が「ラジオ浜松」でAMに参入してJRNに。
  2. 山梨では、山梨放送がYRN・JRNクロスネット。テレビ山梨が出資の「ラジオ山梨」が開局しNRN。FM富士がAMにも参入して「ラジオ富士」になってMRN・BRNのクロスネットに。
  3. 長野では信越放送がNRN。テレビ信州が「TSBラジオ」を開局してJRN。長野放送出資の「NBSラジオ」を開局しYRN。長野朝日放送出資の「長野文化放送」がBRN。FM長野出資の「ラジオ長野」を開局しMRNに加盟。
  4. 新潟では新潟放送がJRN。新潟総合テレビとエフエム新潟共同出資で「ラジオ北越」が開局しNRNに加盟。テレビ新潟がラテ兼営局で「ラジオ新潟」を開局しYRN。そして新潟テレビ21が「新潟文化放送」を開局しBRN。FM PORTがAMにも参入して「RADIO PORT」MRNに加盟。
  5. 富山では、北日本放送がYRNに一本化。チューリップテレビ出資の「RADIO TULIP」がJRNに、富山テレビ放送・FMとやま共同出資の「ラジオ富山」がNRN・MRNのクロスネット。朝日系ラテ兼営局の「富山文化放送」が開局しANN・BRNに加盟。
  6. 石川では、北陸放送がMRNに、テレビ金沢出資の「ラジオ金沢」がYRNに、北陸朝日放送がラテ兼営局になってBRNに。石川テレビ出資の「ラジオ石川」がNRNに、FM石川出資の「ラジオ加賀」がJRNに加盟。
  7. 福井では、FBCラジオはYRN・JRNのクロスネット。福井テレビ出資の「ラジオ福井」がNRNに、ラテ兼営局福井文化放送が開局しBRNに、FM福井出資の「AM福井」がMRNに加盟。
中京圏
  1. CBCはMRNに加盟。東海ラジオはBRNとNRNのクロスネットになる。YRNは中京テレビとメーテレが共同出資の「中京読売放送」が加盟。GBS岐阜放送が中京広域圏となりJRNに加盟。FM AICHI・ZIP-FM・RADIO-i・FM岐阜・FM三重・テレビ愛知・三重テレビ放送が共同出資で「ラジオ名古屋」を開局。NRNに加盟。
中四国
  1. 広島では、まずRCCがMRNに一本化。広島テレビが「広島放送」という名前でラ・テ兼営局として開局、NRNに加盟。さらにテレビ新広島が「TSSラジオ」を開局しBRNに加盟。そして、ホームテレビは「radio home」を開局させYRNに加盟。HFM(広島FM)が「ラジオ広島」を開局させJRNに加盟。
    • あるいは「広島放送」がBRNに、「TSSラジオ」がNRNにそれぞれ加盟。
  2. 岡山では、RSKラジオがJRNに、岡山放送がラテ兼営局で「OHKラジオ」を開局しNRN・MRNのクロスネット。岡山エフエムが「AM岡山」を開局させYRNに、テレビせとうち出資の「ラジオ瀬戸内」がBRNにそれぞれ加盟。
  3. 鳥取・島根では、BSSラジオがJRNに、日本海テレビがラテ兼営局で「NKTラジオ鳥取」を開局しYRNにに、山陰中央テレビが出資した「ラジオ島根」が開局、NRNに加盟。エフエム山陰が「AM山陰」でAMに参入、MRNに加盟。朝日系新局「山陰朝日放送」が開局。テレビはANN、ラジオはBRNに加盟。
  4. 香川では、西日本放送がYRN・JRNのクロスネット。瀬戸内海放送がラテ兼営となりBRNに、FM香川出資の「ラジオ香川」がNRN・MRNのクロスネットで加盟。
  5. 徳島では、四国放送がJRN・YRNクロスネットに、MRNには毎日放送が出資の「徳島毎日放送」が、BRNには朝日放送出資の「徳島朝日放送」が、NRNにはエフエム徳島出資の「ラジオ徳島」がそれぞれ加盟。
  6. 高知では、高知放送がJRN・YRNのクロスネット。高知さんさんテレビ出資の「ラジオ土佐」を開局しNRNに、「高知文化放送」を開局しBRNに、エフエム高知出資の「ラジオ高知」がMRNにがそれぞれ加盟。
  7. 愛媛では南海放送がJRNに、あいテレビがラテ兼営となりMRNに、愛媛放送出資の「ラジオ松山」を開局しNRNに、愛媛朝日テレビ出資の「愛媛文化放送」がBRNに、FM愛媛出資の「AM愛媛」を開局しYRNにそれぞれ加盟。
  8. 山口では、山口放送がYRNに、テレビ山口がラテ兼営となりJRN・NRNクロスネット。山口朝日放送の出資で「山口文化放送」開局しBRNに、エフエム山口の出資で「ラジオ山口」を開局しMRNにそれぞれ加盟。
九州・沖縄
  1. 福岡ではKBCがBRN。RKBはJRNのまま。FBS福岡放送が「FBSラジオ」でYRNに加盟。エフエム福岡・エフエム九州・CROSS-FMが共同出資で「ラジオ博多」を開局しNRNに加盟。TNCが西日本新聞社とともに「radioWEST(正式社名:ラジオ西日本)」を開局させMRNに加盟。
    • あるいはRKBがMRN。radioWESTがJRNに加盟。
  2. 大分では、大分放送がMRN。テレビ大分出資の「ラジオ大分」がJRNに、大分朝日放送がラテ兼営でBRNに、読売系ラテ兼営局「大分読売テレビ」が開局、YRNに、FM大分出資の「AM大分」がNRNにそれぞれ加盟。
  3. 長崎では、長崎放送がMRNに、長崎文化放送がラテ兼営になってBRNに、テレビ長崎が出資の「ラジオ長崎」を開局させNRNに、長崎国際テレビがラテ兼営で「NIBラジオ」を開局させYRNに、エフエム長崎が「AM長崎」を開局してJRNにそれぞれ加盟。
  4. 佐賀では、NBCラジオ佐賀がついにNBCから独立。「佐賀放送」となってJRN・MRNクロスネットに、サガテレビがラテ兼営の「stsラジオ」を開局させNRN・BRNのクロスネットに。エフエム佐賀が「AM佐賀」を開局してYRNに加盟。
  5. 熊本ではRKKラジオがJRN。テレビくまもとはラテ兼営の「TKUラジオ」を作ってNRNに、熊本県民テレビ出資の「熊本読売放送」がYRNに、熊本朝日放送はラテ兼営となりBRNに、エフエム熊本出資の「ラジオ熊本」がMRNにそれぞれ加盟。
  6. 宮崎では、宮崎放送がMRNに、テレビ宮崎出資の「ラジオ宮崎」がNRN・YRNのクロスネット。朝日系ラテ兼営局「宮崎文化放送」を開局しBRNに、FM宮崎出資の「AM宮崎」がJRNにそれぞれ加盟。
    • 読売グループが、読売系ラテ兼営局「テレビサンマリン」を開局。テレビは日テレ系、ラジオはYRNに加盟。「ラジオ宮崎」がNRNに一本化。
  7. 鹿児島では、南日本放送がMRNに、鹿児島読売テレビ、鹿児島テレビ、鹿児島放送がラテ兼営となりYRN、NRN、BRNに、エフエム鹿児島出資の「ラジオさつま」がJRNに加盟。
  8. 沖縄はRBCiRADIOがMRN。ROKラジオ沖縄がNRN。琉球朝日放送が「QABラジオ」を開局させBRNに加盟することも。FM沖縄がAMにも参入して「AM沖縄」になってJRN。そして読売グループは、このチャンスを逃さず沖縄にラテ兼営局「南西放送」を開局。テレビは日テレ系、ラジオはYRNに加盟。

分裂後の各系列加盟メンバー[編集 | ソースを編集]

JRN
  • キー局:TBSラジオ
  • 準キー局:KBSラジオ
  • 北海道:ラジオ北海道
  • 東北:ラジオ津軽・秋田放送・TUYラジオ・AM岩手・RADIO DATE・TUFラジオ
  • 甲信越静・北陸:ラジオ浜松・山梨放送・TSBラジオ・新潟放送・RADIO TULIP・ラジオ加賀・FBCラジオ
  • 中京:GBSラジオ
  • 中四国:ラジオ広島・山陽放送・山陰放送・西日本放送・四国放送・高知放送・南海放送・TYSラジオ
  • 九州・沖縄:radioWEST・ラジオ大分・AM長崎・佐賀放送・熊本放送・AM宮崎・ラジオさつま・AM沖縄
NRN
  • キー局:ニッポン放送
  • 準キー局:OBCラジオ
  • 北海道:STVラジオ
  • 東北:RADIO APPLE・ラジオこまち・mitラジオ・RADIO CHERRY・BSCラジオ・FTVラジオ
  • 甲信越静・北陸:ラジオ静岡・ラジオ山梨・信越放送・ラジオ北越・ラジオ富山・ラジオ石川・ラジオ福井
  • 中京:東海ラジオ・ラジオ名古屋
  • 中四国:TSSラジオ・岡山放送・ラジオ島根・ラジオ香川・ラジオ徳島・ラジオ土佐・ラジオ松山
  • 九州・沖縄:ラジオ博多・AM大分・ラジオ長崎・stsラジオ・TKUラジオ・ラジオ宮崎・KTSラジオ・ラジオ沖縄
BRN
  • キー局:文化放送
  • 準キー局:朝日放送
  • 北海道:UHBラジオ
  • 東北:青森文化放送・秋田文化放送・岩手文化放送・ラジオ山形・東日本放送・ラジオ福島
  • 甲信越静・北陸:静岡県民放送・ラジオ富士・長野文化放送・新潟文化放送・富山文化放送・北陸朝日放送・福井文化放送
  • 中京:東海ラジオ
  • 中四国:広島放送・ラジオ瀬戸内・山陰朝日放送・瀬戸内海放送・徳島朝日放送・高知文化放送・愛媛文化放送・山口文化放送
  • 九州・沖縄:九州朝日放送・長崎文化放送・stsラジオ・大分朝日放送・熊本朝日放送・宮崎文化放送・鹿児島放送・QABラジオ
YRN
  • キー局:ラジオ日本
  • 準キー局:ラジオ関西
  • 北海道:HTBラジオ
  • 東北:青森放送・秋田県民テレビ・ラジオ岩手・山形放送・ラジオ宮城・ラジオ郡山
  • 甲信越静・北陸:静岡読売放送・山梨放送・長野放送・ラジオ新潟・北日本放送・ラジオ金沢・福井放送
  • 中京:中京読売放送
  • 中四国:radio home・AM岡山・NKTラジオ鳥取・西日本放送・四国放送・高知放送・AM愛媛・山口放送
  • 九州・沖縄:FBSラジオ・NIBラジオ・AM佐賀・大分読売放送・熊本読売放送・テレビサンマリン・鹿児島讀賣テレビ・南西放送
MRN
  • キー局:毎日放送
  • 準キー局:AM東京
  • 北海道:北海道放送
  • 東北:ラジオ津軽・ラジオこまち・IBC岩手放送・AM山形・東北放送・ラジオ福島
  • 甲信越静・北陸:静岡放送・ラジオ富士・ラジオ長野・RADIO PORT・ラジオ富山・北陸放送・AM福井
  • 中京:中部日本放送
  • 中四国:中国放送・岡山放送・AM山陰・ラジオ香川・徳島毎日放送・ラジオ高知・ITVラジオ・ラジオ山口
  • 九州・沖縄:RKBラジオ・大分放送・長崎放送・佐賀放送・ラジオ熊本・宮崎放送・南日本放送・琉球放送