もし中国国民党が中国共産党に勝っていたら/国際関係

提供:chakuwiki

もし中国国民党が中国共産党に勝っていたら > 国際関係


  1. 中国が韓国側に立って参戦するため、朝鮮戦争は韓国側の一方的勝利に終わる。
    • そもそも朝鮮戦争が起こらない。
      • 中国国内で、朝鮮戦争みたいな分断戦争が起きていた。そして、ソビエト連邦に近い旧満州国が、中華人民共和国になった。
      • ソ連側が面白くないと国境紛争を理由に侵攻するが、ソ連のぼろ負けで終わる。
        • さすがにソ連の直接侵攻はアメリカ参戦(→第3次大戦)を招きかねないので考えにくい。
    • 共産中国も北朝鮮も無いとなれば、東アジアは現実の数十倍は平和だったってことだな。
      • 中国・韓国(統一朝鮮)・日本で「東アジア連合」結成とか。
      • ルーマニアのチャウシェスクは個人崇拝に走ることはなく、穏健な政治体制を布いたままだった(毛沢東や金日成との会談がきっかけなので)。
    • 朝鮮戦争が起こらず、軍事特需もないので日本の戦後復興は遅れていた。
      • そのため日本のGDPが1961年に中国を抜くことはなかった。
        • 中国は1950年代に日本より早く高度経済成長期に入り、GDPはアメリカのそれを1975年頃に抜いていた。
          • このため南京オリンピックが1964年に、上海万博が1970年に実施されていた。
            • この場合東京オリンピックは1980年に、大阪万博は1985年に実施されていた。
            • 北平冬季オリンピックは1972年に、札幌冬季オリンピックは1988年に開催している。
            • もしくは東京オリンピックは1976年、大阪万博は1980年、札幌冬季オリンピックは1984年に開催されている。
          • こうなっていたら、冷戦の構造が1970年頃までに変わり、アメリカvsソ連vs中国の三つ巴になっていた。
            • 恐らく民主主義vs共産主義vs開発独裁の間の冷戦になっていた。
          • 蒋経国の死去と同時に民主化し、アメリカに代わる覇権国家になっていた。
          • 中国は文句なしでアジアの中心になっていた。
          • 中国語の地位も現実より高く2030年頃には英語から取って代わって世界共通語になると予想されている。
            • 中国語は冷戦終結後に国連事務局の作業言語に追加されていた。
          • 冷戦終結後に中国はサミットやOECDに加盟し、前者がG8になっていた。
          • 日本は中国の強い影響下に置かれ、日華安保が結ばれる代わりに、日米安保が史実より弱くアメリカの援助がないので高度経済成長が10年位遅れていた。
            • 代わりに中国がアメリカと密接な関係を築き、中国がアジアの中心国となるも、国力がソ連を抜いた時点でアメリカとの関係が同盟国から対等関係国になっていた。
          • 中国の国連分担金の割合も、1970年代後半以降ずっと1位にいる。
        • 恐らく戦後は日本と中国の立場が逆転していた。
        • 日本は世界第二の経済大国だった事はなく、第三の経済大国止まりだった。
          • もしくは国力がソ連を抜いた時点で中国はアメリカと対等な関係になり、冷戦がアメリカvsソ連からアメリカ・中国vsソ連になり、国力がアメリカを抜いた後の1980年代にアメリカにとって代わって、西側陣営の中心国家になっていた。
          • 日本が妙に自信を持つこともなく、国民性も控え目になっていた。
            • 戦前の「日本良い国清い国、世界に一つの神の国」という意識の残滓もあるのでそれは微妙。
      • つまり中国の高度経済成長は1950~73年であり、オイルショックでつまずくも、以後は安定成長を続ける。
        • 1960年代には世界中で低価格製品の多くが中国製になり、中国が「世界の工場」と呼ばれるようになっていた。
      • 中国は第二次世界大戦終結当初のアメリカの計画のように、戦勝国のよしみでアメリカの支援を受けて経済成長していた。
        • 第二次世界大戦終結当時、アメリカは中国を日本に代わるアジアの大国にしようとしており、その計画が実現していた事になる。
  2. 日本や韓国の米軍基地がない代わりに、中国東北部は米軍基地だらけになる。
    • この世界で史実通りにイラン・イラク戦争、湾岸戦争、9.11テロなどが発生した場合、イスラム勢力の東進を阻むために、後年になってウイグルや東トルキスタンなどに米軍が駐留する。
    • 否、米軍基地は日本国にも存在する。中華民国と同様に、ホワイトハウスの一大拠点として。
    • ただ沖縄に関しては史実より少なかった。
      • 沖縄は奄美と同時に日本に返還されていた。
        • 小笠原諸島も。
      • むしろ沖縄には中国軍基地が多くなっていた。
    • もし冷戦がアメリカvsソ連vs中国になっていた場合は上記の米軍基地は中国軍基地に変更され、中国東北部はベーリング海峡以上に緊張していた地域になっていた。
    • 西側陣営がアメリカと中国の二頭制になっていた場合、冷戦終結・ソ連崩壊と同時に中国に返還されていた。
  3. サンフランシスコ講和条約会議にも参加している。
    • 1950年代の段階で日本と中国の関係が正常化していた。
  4. インドシナ一帯が共産主義国家にはならなかった。
    • 意外と早くに経済成長していたかも。
  5. 中印国境紛争は…ソビエト連邦がインドを支援していたから現実通りか。
    • シッキム王国が現在も続いていたかも。
  6. やはりソ連とは対立していた。
    • アメリカ以上に反共主義が席巻していた。
    • 中ソ国境紛争もおそらく史実通り。
      • 下手すると中国は外満州(沿海州など)の領有権も主張していた。
      • ウスリー川の国境紛争でキューバ危機並みの危ない事態が発生。
    • 蒋介石が民主化運動を弾圧し、経済成長により対米貿易摩擦も起こりナショナリズムも沸騰するのでアメリカとも対立し、冷戦がアメリカvsソ連vs中国(中華民国)の三つ巴になっていた。
      • 学生運動が盛り上がった時代(ただし1968年とは限らない)に民主化を求める学生運動が弾圧される事件も起きていた。
        • 南京で史実の天安門事件相当の出来事が起きていた。
    • 資本主義陣営がアメリカと中国の二頭制になっていた場合、中国とアメリカが反共で協力していた。
  7. ここまでナショナリズムが沸騰してアメリカと対立して冷戦がアメリカvsソ連からアメリカvsソ連vs中国になる前提でいるが、国民党中国がアメリカと協力して国力がソ連を抜いた時点でアメリカと並んで西側陣営の中心となり、冷戦がアメリカvsソ連からアメリカ・中国vsソ連となる方の可能性が高い。
    • また、国力がソ連を抜いた時点で西側陣営中に中国軍を駐留させるような協定をアメリカと結んで、中国にアメリカ軍が駐留する事への見返りとしてアメリカに中国軍を駐留させていた。
    • そして国力がアメリカを抜いた後の1980年代にアメリカにとって代わって西側陣営の完全な中心国家となり、冷戦終結・ソ連崩壊と同時にアメリカにとって代わって世界の覇権国家になっていた。
      • それと同時に中国軍が世界展開する代わりに、アメリカ軍が一部地域を除いて撤退していた。
        • 日本にあるアメリカ軍基地も一部を除いて中国軍基地に転換していた。
          • 上記通り、日華安保が結ばれていたら冷戦時代の日本ではアメリカ軍基地より中国軍基地の数が多くなっていた。
            • 無論、中国に近い九州や沖縄には多数の中国軍基地がある。
      • 西側陣営の中心国が中国となった時点でNATOを発展的解消して、中国を中心国として本部を置き日本や韓国も加盟する、資本主義国家条約機構(仮)が出来ていた。
  8. 世界的に見て社会主義、共産主義は現実よりも早く衰退していた。
    • ペレストロイカやグラスノスチ、ソ連8月クーデター、ソ連崩壊や東ヨーロッパの民主化、東西ドイツの統一は1970年代のうちに起こっていた。
      • 北方領土の返還が実現していた。
      • 外満州は中国へ返還される。
  9. 中国が1970年代の冷戦終結・ソ連崩壊後に世界の覇権国家になる事から、それ以降には中国を中心としたグローバル化が進み、中国語由来のカタカナ語が増えて、コンピューターなどIT業界の企業も中国のものが多くなっていた。
    • 百度がGoogle、優酷がYoutube、微博がTwitterやFacebookの立ち位置になっていた。
    • 中国語はそれより前の1970年代半ばにアラビア語の国連公用語化と同時に国連作業言語になっていた。
    • そして中国語は2050年頃に英語に代わって、世界共通語になる事から、1990年代に世界中の学校で中国語が小学校の内から必修科目となっていた。
      • 一方で英語は2050年頃から凋落し、小学校や中学校における英語教育も2080年頃には廃止され、その分アメリカのスペイン語化が進み、2080年頃には英語とスペイン語の話者数が逆転し、2100年頃にはアメリカが完全にスペイン語の国になっていた。
    • 世界共通通貨も米ドルから中国元に代わり、経済などの指標通貨に中国元が用いられるようになっていた。
    • 国連本部の上海移転が真剣に検討され、早ければ2020年代には上海に移転していた。
      • 少なくとも一部の国連機関は本部を中国に移転していた。
  10. 2021年現在における東アジア3カ国の発展度は中国>日本>韓国になっていた。
  11. 十中八九ベトナム戦争に資本主義側で介入している。
  12. 華僑のつながりで東南アジアへの進出が盛んに行われる。
    • 結果として各国で激しい排華運動が巻き起こっていた。

日本[編集 | ソースを編集]

  1. 2020年の夏季五輪は東京ではなく大阪で開催された。
  2. 日本における1987年から1991年のバブル景気はなかった
  3. パンダは現実より早く日本に来ていた。
    • 飼育する動物園も現実よりも多かった。
    • シフゾウも。
  4. 日本において国鉄の分割民営化は現在に至るまで行われていない
    • 国労の支持母体である共産党が衰退していたので現実ほど荒れることはなかった。
      • 日本共産党は史実でも中国とは絶縁したのでそこは無関係では。
    • ひいては営団地下鉄や大阪市営地下鉄の民営化もなかった。電電公社や専売公社は微妙。
    • 郵便事業や道路公団民営化もなかった。
    • むしろイギリス国鉄の後追いで平成に入って民営化していたのでは。
  5. 日本は敗戦後の経済停滞を1960年代まで引きずるも、そこから高度経済成長期に突入し、1976年に東京オリンピック、1980年に大阪万博、1984年に札幌冬季オリンピックを開催し、1970年代の冷戦終結・ソ連崩壊と同時に世界第3の経済大国になるも、1995年の阪神・淡路大震災事件で高度経済成長は終結し、以後は2011年の東日本大震災事件 (3・11事件)まで安定成長期となり、2011年の東日本大震災事件(3・11事件)で安定成長期が終結した後は、低成長期になっていた。
    • 長野冬季オリンピックは2010年に開催され、2020年のオリンピックは大阪で、2025年の万博は福岡で開催されている。
      • 一方で名古屋のオリンピックへの立候補はなかった。
    • 2005年の万博は現実通り。
      • 大阪の花博は2000年に開催されていた。
    • 現実に1991年から1993年のバブル崩壊後に起こった就職氷河期はなかったことから1990年代以降の出生数は現実よりも多く、うまく行けば第3次ベビーブームが起こっていた。
      • 企業内の年齢構成が歪になることもなく、団塊世代の定年退職後に人手不足が問題になることもなかった。ひいては技術伝承もうまくいっていた。
    • 東海道新幹線は1975年頃に開業していた。
      • 青函トンネルは札幌冬季五輪に合わせて1983~84年に開業していた。五輪期間中には青函トンネルを経由して臨時の寝台列車なども運転されていた。
        • やっぱり現実通りかも。
      • 山陽新幹線は1980年頃に開業し、東北新幹線は青函トンネル開通に合わせて1988年に青森まで開業。
      • 九州新幹線は下記通り九州が大発展している事から1988年に開業し、上越・長野新幹線は長野冬季オリンピックに合わせて2009年に開業していた。北陸新幹線や北海道新幹線の開業時期は現実と変わらない。
        • いや、大阪が史実ほど衰退しなかったことから北陸新幹線は大阪五輪が開催される2020年を目処に新大阪まで延伸されていた。
    • 日本の大学進学率は低いままだったかもしれない。
      • 上がったとしても2000年代中盤くらいからだろう。
    • 日本の高度経済成長は1965年頃に始まっていた。
  6. 2002年のワールドカップは日韓華共催となっていた。
    • 中国単体での開催が妥当かと。
  7. 中国の高度経済成長が早かった事から、九州は大発展。上手くいけば福岡が東京・大阪に次ぐ日本第三の都市になっていた。
    • それどころか西日本も発展し、大阪の人口も現実以上に東京に迫っていた。
    • 特に中国の覇権国家化後は対中国の拠点として、他の地方が衰退していく中で、九州だけが成長していったかも。
      • 特に2011年の東日本大震災事件 (3・11事件)後は東北が衰退していく中で、九州だけが一人勝ち的に成長していったかも。
        • 東日本大震災を契機に大阪遷都が検討されるようになっていたかも。実行されていたかどうかはわからないが。
    • 長崎新幹線や東九州新幹線は2020年頃に全通していた。
      • 四国新幹線の計画も早まっていただろう。明石海峡大橋は新幹線対応で建設され、豊後水道にも橋が架けられていた。
        • 明石海峡大橋が現実通りだった場合、紀淡海峡大橋が実現していてそこに新幹線が通っていた。
    • さらに上手くいけば福岡は大阪を抜いて日本第二の都市になっていたかも。
      • 福岡は他の5大都市と同じ1956年に政令指定都市に昇格していた(現実には1972年)。広島市も1972年に政令指定都市に昇格している。
    • 佐賀空港は九州国際空港として現実よりも大規模に作られていた。関西空港も現実より早く1980年代後半から遅くとも大阪で花博があった1990年までに開港していた。
      • 神戸空港も現実より大規模になり、関空を補完していたか、関空自体が神戸に作られていた。
    • 交通体系(特に鉄道)が東京一極集中になることはなく、大阪から東北以北に直通する寝台特急なんかも現実以上に運行されていた。さすがに広島や福岡からは遠いが。
      • 大阪~新潟・青森を結ぶ「きたぐに」や「日本海」が廃止になることはなく、21世紀に入って新車に置き換えられていた。あと大阪~仙台にも寝台特急が設定されていた。
      • 東海道と東北両新幹線の線路が東京駅で繋がっていたほか、日本海側にも新幹線ができていた。
    • 東京・大阪・福岡の3大都市が均衡して発展している。
      • 東名阪ではなく東阪福という言葉が生まれている。
    • 東京一極集中は昔からの流れなので中国が成長したところで変わらないかと。
      • 上記のようなことが考えられるなら2010年代に西日本が急激な成長を遂げていてもおかしくないはず。
    • 北九州市の衰退スピードは鈍かった。
  8. 中国資本の食い物にされる危険性も考えられる。
    • 国際情勢次第では米中対立の狭間で翻弄され発展を阻害されるというのもありそう。
  9. 中国遠洋海運集団が存在しないため、COSTCOの日本における名称は英語での発音に近い「コスコ」となっていた。