もし仙台鉄道が○○だったら

提供:chakuwiki

ライバル路線が開業していなかったら[編集 | ソースを編集]

東北新幹線[編集 | ソースを編集]

  1. 大衡~中新田間は廃止されていた可能性大。
    • 北仙台~富谷~吉岡~大衡~三本木~古川間が残る(大衡~三本木~古川間は付け替え)。
      • 大衡~中新田間は利用者が少ないからね。
  2. 戦後、仙台電鉄に改称(以下、「仙台電鉄」と称する)。
    • 東北最大規模の私鉄に変貌し、東北本線との対抗策に通勤電車タイプの特急あるいはロマンスカータイプの特急を導入する。
  3. 北仙台~富谷間が複線化され、のちに富谷~吉岡間が複線化される(吉岡以北は単線のまま)。
    • 吉岡で系統分割。
  4. 仙台市営地下鉄南北線開業後は北仙台から仙台・長町・富沢方面へ乗り入れる。
    • 秋保電気鉄道が残っていたら同線にも乗り入れる(かもしれない)。

仙台市営地下鉄[編集 | ソースを編集]

  1. 北仙台~七北田(ななきた)間が地下化され、七北田~吉岡間は立体化される。
    • 仙台市営地下鉄が開業する代わりに、北仙台から南が地下のまま仙台駅前まで乗り入れる。
      • 仙台電鉄「仙台」駅はJR-E仙石線「あおば通駅」と接続。
  2. 仙台駅前までではなく、長町・富沢方面まで乗り入れる。
    • 秋保電気鉄道が残っていれば、同線にも乗り入れ利便性向上を図る。
  3. いずれ、仙台市電は廃止へ。

他会社が支援していたら[編集 | ソースを編集]

阪急電鉄[編集 | ソースを編集]

  1. 北仙台~富谷間と大衡~中新田間を廃止し、泉中央~富谷間地下、富谷~吉岡間高架(ともに複線)に改良していた。
    • 仙台市営地下鉄南北線との相互乗り入れを開始していた。
      • 福岡みたいな不細工な格好になっている。
  2. 吉岡~古川間は単線のまま。
    • 大衡~古川間は仙台鉄道時代に開業していた。
    • 戦後、仙台鉄道から「仙台電鉄」に社名変更。
  3. 「スルッとKANSAI」カードは使えないが、「Suica」・「pitapa」・「Skipカード」・「SkipJOYカード」は使える(地下鉄・阪急ともに)。
  4. JR東日本東北本線対抗策に、特急を終日運転。
    • 停車駅ー地下鉄線内各駅・富谷・吉岡・大衡・三本木。
      • 緩急分離で富谷は通過したかも(富谷町は昔からの中心部の人口はそれほど多くないし富谷駅から離れているかもね)
  5. 新幹線より遅いが、運賃が安いことを謳い文句にしている。
  6. 阪急車両が全列車マルーンカラーであるため、利用者からクレームが仙台支社どころか大阪本社にまで殺到。
    • 小田急が支援しろ!」などと言われる。
      • 小田急だったらラインカラーはブルーになる(はず)。
  7. 仙台市営地下鉄車両は6両3ドア、ラインカラーはマルーン色。車両規格の関係上吉岡までしか乗り入れない。
    • 阪急車両は筑肥線と同様6両or3両編成で、地下鉄乗り入れ対応車と非対応車が混在する。
    • 3両編成車は吉岡~古川間の折返し運転。ただし3+3併結すれば地下鉄乗り入れ可能。
      • 元京都線6300系(2ドア)が転入してくればおそらく3両で上記のような運用になる可能性が高い。
  8. 旧仙台電鉄車両は筑紫鉄道に売却。
    • しかしそれも次期に廃車。。。
  9. 泉中央~吉岡間はTXと同様の規格で建設されるため、高速運転が可能。
    • 吉岡以北は単線ローカル状態のまま。
  10. 車庫(検車区)は仙台鉄道(仙台電鉄)時代、吉岡にあったため車両の点検・改修は吉岡で行われる。
    • 大阪本社管内(京都線・宝塚線・神戸線.etc)で不用になった車両がこちらに回されてくるため、ある意味無駄がなくなる。

いずれにしろ[編集 | ソースを編集]

  1. 富谷町が鉄道計画を立てることはなくなる。
  2. 泉市が仙台市に編入されることはなかった。
    • 仙台市は多分名取市を編入しようとすると思われる。仙台鉄道があるとしたら相対的に鉄道網が不便な市は本数が多くない東北本線の沿線上にある名取市だから。
      • もしくは川崎町・村田町か…
      • 仙台空港鉄道は仙台市交通局の路線として整備され「仙台市編入のバーターだ」とささやかれていた。
  3. セントラル自動車誘致直前まで、仙台市から北進する国道4号の4車線化は泉区止まりだった。