もし日本もユダヤ人を虐殺していたら

提供:chakuwiki
  1. 戦後、モサドが日本でも暗躍することに……
    • 暗殺が日本の日常になる
  2. 皇室が廃止され日本共和国に。
    • 当時のアメリカ国務省などの考えを見るに、日本でのユダヤ人虐殺に皇室が関与していたという直接的な証拠でもない限りそれはない。
    • 昭和天皇の性格を踏まえるとむしろドイツでの「国防軍神話」ばりの「皇室無罪神話」ができていても不思議ではない。
  3. しかし過去清算がうまいこといって、今の特亜との関係が良くなる。
    • 中国戦線や南方などでの残虐行為とは全く別問題のはずなのでそうはならないのでは。
      • それどころか中国人や韓国人が日本政府の解決しきれない問題を見つけ出し世界に広めさらなる日本叩きを行っていた。
    • そもそもドイツの戦後処理もまだまだ多くの問題を抱えている。
  4. アラブ諸国などは親日国になる。理由はユダヤ(=イスラエル)の敵だから。
    • 史実でも割と親日だと思う。
    • 日本はパレスチナと国交を結ぶ一方、イスラエルは国家承認すらしていない。
  5. そもそもあの時代に在日(・在・在)ユダヤ人なんてそんなにいたのか?
    • 元からいた人がどれだけいたかはともかく、そういう人のほかにもシベリアから満州に来たユダヤ人がいて、彼らを入国させるよう取り計らったのは関東軍の樋口季一郎や安江仙弘。さらには当時満鉄総裁だった松岡洋右も保護に協力している。だからかは知らんが、ユダヤ人は「ナチスと日本の相対化なんか絶対に許さない」と言ったりもする。
  6. 表彰式の定番曲が変わっていた。
    • もともとその曲はユダヤの騎士をたたえる曲だった。実際センバツはオイルショック時に「この曲を使うとアラブが反日になり石油売買を拒否するかもしれない」として、現在まで続くオリジナル曲が作られた。
  7. 大日本帝国はナチスドイツと同等に悪者に扱われる。
    • 迂闊に外国人を糾弾できなくなる社会になっていただろうから、在特会などは「日本のネオナチ」呼ばわりされていた。
    • 言論の自由が失われる
  8. 日の丸・旭日旗は日本の国旗として使えなくなる。
    • 公の場で使用するだけで処罰される。
    • 日の丸は前近代から使われてきたものなのでナチス時代になって誕生したハーケンクロイツの旗のように単純な禁止は難しいと思われる。
      • 現在ナチス関連のシンボルをはっきり禁止できているのは「ドイツを暴走させたナチ党という異物の象徴」だからという気がしてならない。
    • 日の丸(日章旗)は流石に大丈夫だと思われるが、旭日旗は因縁を付けられて禁止されていたかもしれない。
  9. ユダヤ人虐殺を指示した日本の政治家はドイツのように処罰せざるを得なくなる。
    • 政治家より軍人の方が熱心だった気がする。
    • 東京裁判でも「人道に対する罪」の審理が行われていた。
  10. 現実のドイツのように外国人差別が違法になる。
    • ヘイトスピーチ規制法のようなものが史実より早く成立し、罰則規定もあった。
    • ただし対象はユダヤ人だけという状態が長く続き他の差別は一切解消に向かわなかった。
  11. 大日本帝国は反ユダヤ教育が徹底していた。
    • 『シオン賢者の議定書』などを証拠として「ユダヤ人は世界の赤化を目論んでいる」などとするプロパガンダが行われていた。
  12. 日本のネトウヨは都合が悪くなるとすぐ朝鮮人・中国人に加えユダヤ人叩きもする。
  13. ナチスドイツから逃れ日本に来たユダヤ人は問答無用で強制送還。
    • あるいは日本の収容所に閉じ込められて消される。
    • 日独同盟の強固さを世界に知らしめていた
  14. 上海ゲットーは終戦までに潰されている。
  15. 杉原千畝は没する前に名誉回復されていた。
    • 教科書でも「当時の日本政府に抵抗した英雄的日本人」として掲載されていて知名度も高かったかもしれない。
    • 樋口季一郎はユダヤ人を助けたという理由で処分されたが、戦後名誉回復していただろう。そかわり東条英機は人道に対する罪で訴追。
  16. 他の民族に対しても同様の計画的な絶滅政策が行われていても不思議ではない。
    • この点のせいで日本は現実以上にアジア各国から叩かれている。
    • 対象となるのは朝鮮人、漢民族あたりだろうか。
    • 少なくとも昭南島(シンガポール)では華僑が強制収容所に入れられていた。
    • インドネシア人の過酷な労働も絶滅政策の一環だと認識されていた。
  17. 日ユ同祖論なんてなかった。
    • もしくは「ヒトラーユダヤ人論」のように史実よりもっと有名になったのか?
  18. ユダヤ人は殆どアメリカに逃亡した。
  19. イスラエルは存在しなかった可能性もある。
    • パレスチナへのユダヤ人の移民は戦前から行われていたのでそれはなさそう。
  20. 大日本帝国はナチスドイツに超ベッタリとなっていた。
    • もちろんユダヤ人絶滅政策も支持。
    • 「大日本帝国」とかまた妙な表現を使ってるのがいるな。普通に日本と書けばいいのに。日本の歴史分断工作か
      • 当時の正式国名を使っただけで「工作」と断定するなど無茶苦茶すぎる。
    • HoI4でも普通にプレイすると日本は枢軸国の一員だった。
  21. 創業者がウクライナ系ユダヤ人であるタイトーは存在しなかった。
    • そのため、日本のゲーム史が大幅に変わっている。
  22. SS将校ヨーゼフ・マイジンガーが提案した「廃船にユダヤ人を乗せ、東シナ海で日本海軍に撃沈させる」「岩塩鉱で酷使し、過労死させる」「揚子江河口に強制収容所を作り、種々の人体実験に使用する」などといった案が実際に行われていたかもしれない。
    • 人体実験なら731部隊もユダヤ人を使っていたと思われる。
  23. 寺院の地図記号が卍から変更されていたかもしれない。
  24. 山奥の集落で「前の戦争のときユダヤ人を助けた」という家がちらほらある。
  25. 日本の新左翼がパレスチナを支援することはなかったと思われる。
    • PLOへの支援は「日本帝国主義」の犠牲者であるユダヤ人の敵を助けることになってしまうため。
    • 重信メイのテレビ出演に抗議したのは駐日イスラエル大使ではなく駐日パレスチナ常駐総代表部総代表。
  26. 『アドルフに告ぐ』の内容が途中から大幅に変わっている。
  27. イザヤ・ベンダサンこと山本七平の「日本人とユダヤ人」はその内容を巡って賛否両論になっていた。