もし石原慎太郎が東京都知事にならなかったら

提供:chakuwiki
石原都政、とりわけ青少年健全育成条例に対する批判は禁止です。
  1. 東京が更に目立つことは無かっただろう・・・
    • 逆に関西の地盤沈下が抑えられていたかもしれない。
  2. 今頃誰が知事になっているのやら
    • 青島幸男が死ぬまで知事として働く事は確実。その後は・・・だれだろう?
      • 順当に考えれば鳩山邦夫(1999年知事選で後継として指名され、次点だった)
    • もしかすると、ドクター中松大先生が一回ぐらい当選できたかも。
    • 東国原英夫ということも考えられる。(現実には2011年3月の都知事選で落選)
    • 舛添要一だったかも。(1999年知事選で出馬していた。)
    • 多分舛添か明石康・元国連事務次長あたりだと思う。
  3. 東京が2016年のオリンピックに立候補する事も無いので福岡が日本選考で選ばれる。
    • 他の有力な都市は横浜・京都・大阪・名古屋・札幌かな?左4つは計画段階の時点で断念した見たいだけど仮に選考に出ていたら横浜か京都が選ばれていたのかな。
      • 仮に横浜だったら東京と共催のような形にして会場を分散させた可能性もあったか!?
      • 仮に京都だったら一部競技が大阪や神戸で開催される可能性もある。
    • 2020年夏季五輪開催都市も東京にはならなかった。
      • 仮に日本で開催されるとしても名古屋か福岡になっていた。
        • 実際に立候補しようとしていた広島かもしれない。その場合は長崎も協力するだろう。
  4. カラス問題も表に出る事はなかった。
  5. 2005年ごろから首都機能の移転が始まっていた。
    • 現状の都市を使いまわすなら東京に近い大都市と言う事を考えて「大阪+神戸エリア」「名古屋市周辺」「仙台市周辺」が有力かな
      • 最有力とされていた「愛知・岐阜県境付近」じゃないの?
    • アジアの玄関口という意味では「福岡市周辺」も考えられる。
    • 2010年代中盤に入ったら「東京・名古屋・大阪・福岡」の4大都市に中心的機能が分散していた。
  6. 国政に残っていたら、今頃自民党の幹部クラスになり、参議院で多数を占める野党(特に民主党)を強くかつ痛烈に批判を続けていた。
  7. 大江戸線の名前が変わっていた。
    • 当初の予定通り「ゆめもぐら」と言う愛称も使われていたであろう。
  8. 2008年9月に行われる自民党総裁選に石原伸晃に代わり出馬していたりして…。
    • 2000年の小渕後継をめぐって密室での森擁立に反発し、石原慎太郎が総裁選に出馬、選出され、2006年まで首相の座に。2006年からは小泉が首相になる。森は首相にはなれなかった。
      • 郵政造反組は離党せず、除名される事も無かった。
        • 寧ろ小泉純一郎組(渡辺喜美等)が離党し、新党を結成していた。
          • 小泉新党のスローガンはやはり、「自民党をぶっ壊す!」か?
      • ていうか、聖域なき構造改革とかイラク戦争支持といった隷米路線は少なくとも行ってはいない。
      • 場合によっては米国との断交も有り得た。
        • 在日米軍基地や横田空域は全面返還された。
      • 石原路線を継承する形で平沼赳夫か亀井靜香が首相に就任していた。
  9. 三国人という言葉は完全に死語になっていた。
    • が使っていたのでは?
      • 彼らも使わないだろう。
  10. 「東京マラソン」も開催されなかった。
    • それどころか「大阪マラソン」など他地域の市民マラソンも大半が存在しなかった。
      • 「北海道マラソン」も1万人規模にはならなかった。
  11. 自民党は公明党と連立できなかった。
    • 公明党は民主党と合流していた。
  12. 橋下徹は大阪府知事や大阪市長にならなかった。
  13. 尖閣諸島はやすやすと中国に引き渡したかもしれない。
    • 竹島も韓国に引き渡していたか?
  14. 日本維新の会がここまで大きくなる事は無かった。
    • 日本未来の党に合流していたかもしれない。
      • その後分裂した生活の党に合流…は無いか(石原氏と小沢氏は犬猿の仲)。
    • 前述の通り橋下徹が知事になっていなかったので、大阪維新の会の時点で存在しなかった。
  15. 東京都立大学が「首都大学東京」に改称されることは一度もなかった。
    • 都立大学以外の「○○東京」というネーミングも同様に存在せず。
  16. 史実通り都知事選挙に出ていた場合、石原氏はどこかしらのタイミングで国政復帰している。(多分自民党には戻らない)