もし55年体制が○○だったら

提供:chakuwiki

なかったら[編集 | ソースを編集]

  1. それでも二大政党制になったかどうかは怪しい。
  2. 日本の政策が経済成長一等辺にならず、社会福祉ももっとマシになっていたかも。
    • 政治が安定しないので逆に不況が早まったかも。
    • 日本の政治は様々な思想を取り入れるような政策になっていたかもしれない..混乱しそうだけど。
  3. 「15代で政権を明け渡した」という意味で宮澤喜一が徳川慶喜になぞらえられることはなかった。
  4. 自民党の結成社会党再統一もない。
  5. 自民党だから安心という概念はなく長期政権は日本では幻想とされていた。
  6. 場合によっては「実質一強状態は戦前政権の回帰になってしまうから反対」というような意見が出てきていたかもしれない。

あの時代に崩壊していたら[編集 | ソースを編集]

  1. 時代によっては、そもそも「55年体制」という単語が出て来なかったかもしれない。
  2. 場合によっては日本も二大政党制になっていた。

年代別[編集 | ソースを編集]

1960年
  1. 恐らく安保法案反対運動が過熱し、倒閣運動になり、崩壊というシナリオかな。
  2. 高度経済成長の伸びがもうちょい緩やかになっていたかもしれない。
  3. 佐藤栄作か岸信介は首相になっても1年未満で終わっていた。
1976年
  1. もちろん原因はロッキード事件。
  2. 「総選挙で自民党が大敗したことで55年体制が崩壊した」と言われる。
  3. 三木下ろしがそのまま与党下ろしに激化した。という感じか。
1980年
  1. 大平正芳が生きていたら...、と嘆く声が増えていた。
    • chakuwikiのもしあの人が健在だったらでは、大平正芳の項目が単独記事化していた。
    • 日本では同情票という概念がないと言われるようになった。
  2. 55年体制は昭和55年に崩壊したので、こう呼ばれていると勘違いする人たちが出ていた。
  3. 社会主義体制の化けの皮がはがれてきた時期なので社会党がすんなり政権を握れたかどうかは疑問。
    • ここでかなりの政界再編が発生していてもおかしくない。
  4. 四十日抗争の結果自民党が分裂していたらだろう。
  5. 新自由クラブ結成が崩壊のきっかけとされていた。
1988年
  1. リクルート事件で政権不信が起こっていた時なので、史実意外だと割とあり得たのがこの年。
  2. ただその後の歴史の流れが史実通りなら、情勢によるいざこざによって結局90年代初頭辺りには自民党政権が復活していそうな気がする。
1995年
  1. 自民党不振と弱体化がダラダラ進行して、それが阪神淡路大震災の対応で拍車が掛かった結果か。
  2. 震災対応を誤らずなおかつ内輪モメがなければ、その時政権を取った政党が比較的長続きしそうな気がする。
2010年
  1. 恐らくリーマンショックの対応が崩壊原因の1つとして言われている。
  2. どのみち東日本大震災関係のいざこざで支持率が低下し、史実通り自民党政権が復活する。
  3. 55年体制は成立後55年で崩壊したので、こう呼ばれていると勘違いする人たちが出ていた
2015年
  1. 安保法案デモが過熱してそのまま政権崩壊という感じか。
    • ただずっと同じ政党政権のままなので、史実通りに安保法案が入ったかどうかが怪しい。
      • そもそもずっと同じ体制だったらこの年よりも早く安保法案を成立させていたかも。
  2. その後の政権は大分リベラル色が強くなっていた。
    • トランプ辺りとギスギスしてそう。

崩壊後自由民主党が二度と政権を取らなかったら[編集 | ソースを編集]

  1. 正直言って自民党が社民党並みに弱体化しないと難しいような...。
  2. 考えられるとしたら、自民社会共に分裂し小党乱立状態になるくらいしかないか。
    • どさくさに紛れて小沢一郎が総理大臣になっていたかも。
  3. どのみち日本の産業衰退は起きていた。
  4. 消費税は3%のまま...だったかどうかは怪しいような。
  5. 渡辺美智雄首班工作で自民党議員大量離党があったらこうなっていた。
  6. 民主党はリベラル政党として新進党と二大政党制に移行するか。

日本社会党が本気で政権を取りにいったら[編集 | ソースを編集]

  • 選挙のたびに、自民党に配慮して候補者を調整するなどしていた社会党が、本気で政権を取りにいったらどうなるでしょう?
  1. 日本で、政権交代が乱発していたかも知れない。
  2. マドンナ旋風のときには、土井たか子首相が誕生したかも。
  3. 社会主義政策からの転換及び分裂が史実よりも早く起きていた。
  4. 恐らく今頃は欧米の左派政党と似たような考えになっていたと思われる。

今でも続いていたら[編集 | ソースを編集]

  1. 要は冷戦が続いていたらか?
  2. 冷戦が崩壊した前提で考えると。
    • 日本社会党がそのままの体制で居続けても、史実通り分裂して弱体化しそう。
    • 逆に体制転換をしても、その革新性から国民に期待を持たされ、政権を取ってしまう可能性が高い。
      • むしろ転換時の社会党のマニフェストを自民が参考にして、政策に取り入れていた。
  3. どちらにせよ長く続きすぎなので、今頃ネット上では政権交代の声が強くなっている。