ウエルシアホールディングス

提供:chakuwiki

ウエルシア薬局の噂[編集 | ソースを編集]

ウエルシアの店舗
  1. 2014年秋以降に正式にイオンの連結子会社になることが決定済。
  2. ここもイオングループの企業らしく、TOBや経営統合、会社合併、子会社化を繰り返し拡大してきた。
    • 現時点でいくつブランドがあるのやら…… そして昔はいくつブランドがあったのか。
    • 北陸の店舗はもともとマツキヨ系列だったドラッグフジイが前身。
      • 静岡進出も別のマツキヨ系薬局の買収から。ちなみに北陸進出よりも古い話。
    • CFSコーポレーションのドラッグストア部門(HAC)もここが吸収。
  3. 関西ではまだまだ4番手5番手の立ち位置。
    • 一応、イレブン→ウェルシア関西があるが、ダイコクドラッグやヒグチ薬局、ココカラファイン(旧セガミ)などの自場にスギ薬局などエリア外から来た薬局チェーンに負けている。
    • イオン本体も、ウェルシアHD自体もこの状況を重く受け止め、かねてよりイオン系だった尼崎のタキヤと京都市内の地場薬局のシミズを吸収した。
    • 北海道地場で、比較的大きい規模を持つツルハドラッグとはずいぶん前から業務提携をしていたりもするが、今回の統合には参加しなさそう。
      • 同じ北海道が地場のアインファーマシーズと合併する計画もあったが、イオンの反対で破談になった。それどころかアインファーマシーズはそのせいでライバルと提携するように。
      • 2027年までにツルハ傘下になることが決まった。
    • 全国に店舗があると思いきや、2018年現在の最西端は兵庫県で中四国や九州には未進出。あと北海道にも店舗がない。
      • 福岡は2021年に突如出店。
      • 2022年にコクミンを買収したため、福岡以外の九州や北海道にも進出を果たした。
      • 沖縄にも2022年末にふく薬品を子会社化して進出することに。
      • 九州に関してはイオン九州との合弁会社を作って新業態を展開するらしい。
        • その名も「ウエルシアプラス」。マックスバリュとウエルシアが混ざったような店となった。
    • イオンがないあの福井にも地場ホームセンターと資本提携して進出。ついでにマックスバリュも進出したので、福井にイオンが出来るのも近いかもしれない。
  4. なぜかTENGAが普通に置いてある。TENGAを買ってTポイントが貯まるところなんてここぐらいなものだろう。
  5. Tポイントをポイントカードに採用したため毎週月曜日しかポイント2倍に成ら無くなった。 他の店と違うサービスは65歳以上の客が年齢確認できる免許証か保険証などの公的書類を確認させてTポイントカードを作成すると、シニアパスポートが発行されて毎月15日と16日のシニアデーに3倍に成るコト。 毎月20日は200ポイント以上の利用で1.5倍の買い物が可能なコト。 毎月最終金曜日から3日間Tマネーで¥3,000以上の買い物をすると50ポイントを加算するコト(1回のみ有効)。 スマートフォンのウエルシアグループアプリで毎月最終金曜日から3日間に買い物をすると好きな商品1点がが10%OFF(1回のみ有効)。長い記事
    • 実質、京都や滋賀、岐阜、愛知限定の話にはなるが、ポイント貯めたいのなら、ウェルシアよりもドラッグユタカのほうがよく貯まる。
  6. ここ最近、「WAON対応の店舗もない」「店内にマックスバリュ商品もない」「Tポイントを推奨している」という理由で親会社のイオンを瀕死に追いこんでいるらしい。
    • 2023年に入ってからようやくWAON POINTを導入した。
  7. 労働力を外国人に依存しているセブンイレブンとは大違いで、コンビニ業界をおびやかしている「超コンビニ」状態。
    • 今ではコンビニと提携してる。あそこもあそこで独自色が強いが…。
    • よりにもよってそのセブンを併置した店舗が埼玉県内に出来る模様。「ルーツが埼玉にある」「WAONじゃなくてTカードを採用」という事を考えると、イオングループ内で例えるならばマルエツのごとき独自性の強さである。ミニストップ涙目。
    • 薬局なのに、基本どこの店舗にもATMが置いてあったりするのはコンビニ路線。
    • 商品のラインアップを見ると薬も扱ってる大きなコンビニ。近年、東京エリアの店舗を中心に弁当や惣菜なんかの販売を強化しまくっている。(2015年以降)
    • そして24時間営業店舗も出てきた。まさにコンビニ。
  8. 元々はライバルだった2つのドラッグストアが大手に対抗するために合併してできたものらしい。
  9. 24時間営業店も存在するが、意外と知られていない。
  10. 似たような名前のウェルパークはいなげや系列で別会社。今じゃどっちもイオン系になっちゃったけど。
    • そのウェルパークはいなげやがUSMH入りする関係でこっちに押し付けられた。
  11. イオングループだけにトップバリュ製品も置かれている。
  12. 関東の店舗ではセコマの弁当やおにぎりなんかを、本家よりちょっと高い値段で売っている。
    • 豊富牛乳公社の牛乳とかセコマブランドのアイスクリーム等は関東以外での店舗も販売している。
  13. 最初の最初は春日部にあった薬局から。
    • だからなのか、店内設置のATMは埼玉で絶大な人気を誇るりそな系のバンクタイムかイオン銀行のどちらか。
  14. 幕張西のイオンタウンの核テナントがイオンでもイオンスタイルでもマックスバリュでもなくウェルシアだったりする。
    • 他に入っているテナントが医院とかスポーツジムということからそういう路線に走っているということに加え、そもそも幕張にはイオンがいくつもあるからという事情なんだろうけど。
  15. Tポイント関係のポイ活の一環でウェル活というのがある。
  16. ドラッグストアチェーンでは珍しく、インバウンド需要を積極的に取り込もうとしていない。
    • 外国人受けする化粧品販売よりも日用品や食料品の販売強化を重視する路線らしい。
  17. いなげや系のウェルパークを子会社化した…前日、社長が不倫で辞任した

旧Drugてらしまの噂[編集 | ソースを編集]

  1. なぜリスマークなのかがサッパリわからない
    • 従業員も解からないらしい。
    • それでもチラシにはリスが何箇所か見受けられる。
  2. 店舗の外観にばらつきが…
    • 基本的にライバルが少なかったらほったらかし。
  3. 同一市内に二つの店舗は多いと思う。
    • 「需要と供給」。
  4. カワチに勝てないorz
    • 場所にもよるが、カワチがやってきて、古株店舗が潰された地域がある。
  5. 新潟に進出した記憶を封印したい…
  6. 現金主義
  7. “薬局”が本業なので、医者でもらえる院外処方箋も取り扱っている(賃貸テナントの小規模店を除く)があまり知られていない。
    • カワチやマツモトキヨシにも同じ事が言える。「ドラッグストア」の「ドラッグ」が何か忘れている人が多い。
    • しかもてらしまでは、一部店舗では、隔日でだが21時まで処方してもらえる(大抵の調剤薬局(カワチ、マツキヨの調剤窓口も)は官公庁にあわせて17時~18時には閉めてしまう)。
  8. 残念ながらウェルシア関東(埼玉)の子会社になりました。
  9. なぜかイオンのプライベートブランド「トップバリュ」商品が置いてある。
  10. 2013年3月1日をもってドラッグストアは全てウェルシア関東へ譲渡され、介護事業専業になりました。
    • その後、2014年5月にウエルシア介護サービスに社名変更。

旧金光薬品の噂[編集 | ソースを編集]

  1. 倉敷、岡山など岡山県南を中心に店舗があるドラッグストア。
  2. 読み方は、「かなみつ薬品」が正しく、くれぐれも「こんこう薬品」ではない。
    • しかし金光に金光店がある。
      • 金光店は、こんこうと混同する為、入口には、「かなみつ薬局金光店」と表示されている。
      • 「金光」の読み方だけでなく、↑のように「薬品」を「薬局」と間違えて覚えている県南人も多い。
        • 実はドラッグストアと調剤薬局で名称が違う。前者が「金光薬品」、後者は「金光薬局」。調剤薬局の金光店は「金光薬局」で合ってる。
  3. カメのマーク。
  4. 岡山県社会人一部リーグ所属のサッカーチーム「R.Kクラシック」のスポンサーである。
  5. ウエルシアの軍門に降りました
    • 会社も完全に統合されてしまった。金光薬品の店舗はそのままだけど。

旧コクミンの噂[編集 | ソースを編集]

  1. ♪いつでも どこでも コクミン 薬だけじゃない コクミン みんなよく行く コクミン どこにでもある コクミン どんなときにも すぐコクミン
    • という歌詞のCMソングがある。でもそのコクミンは創業家がウェルシアに売却してなくなった。
  2. コクミンのウェルシア入りで、昔はぎょうさんあった大阪資本で中堅より上の薬局チェーンはあと1つ(ダイコクドラッグ)だけになった。
    • セガミは横浜に本社を移し、マツキヨと統合。京橋発祥のヒグチ薬局もファーマライズに買われ・・・・・・
  3. 何故か北海道にある程度出店していた。
    • ウエルシアに買われたことで北海道にもウエルシアが進出したことになる。
    • 極めて個人的な話であるが、90年代後半、まだまだ店舗網のほとんどが関西やった時代に、札幌の大学に赴任したら、すすきのの地下街にコクミンドラッグがあって、正直助かったと思った記憶がある。(なんとなく薬とかは自分が使い慣れてるチェーンで買うほうが安心できる人間なもんで。)
  4. ウエルシア傘下にはなったが、まだハピコムに加盟していない。
ÆON イオングループ
スーパー:ダイエー | マックスバリュ | U.S.M.H | マルナカ | フジ
(現存しない系列:マイカル | ポスフール
商業施設:イオンモール | OPA
その他:ミニストップ | オリジン東秀 | ウエルシア薬局
銀行・クレジット | イオンファンタジー | WAON 出店事情 偽モノの特徴