ウルトラ怪獣/マ~ワ行

提供:chakuwiki
  • 新規投稿は五十音順でお願いします。
  • 登場した番組も(複数のシリーズの場合は主要な物だけでも)書いて貰えるとありがたいです。

[編集 | ソースを編集]

マーキンド星人[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラセブンX、ウルトラマンX
  1. 「魔」「商人」。若者を騙して兵器を密造させていた。
  2. 鈍器ラッガーでやられた。
  3. X繋がりでまさかの再登場を果たした。
    • しかしターミネーター式のO☆KA☆I☆MO☆NOをされてあっさり退場。

マーゴドン[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマン80
  1. 星のエネルギーを吸い尽くして死の星に変える迷惑千万なヤツ。デスギドラかよ。
    • しかし冷凍怪獣のくせに自分の冷凍液を浴びせられて凍り付いて身動き取れなくなってそれが原因で負けた。バカだ。
  2. マンモスに似ている。
  3. シリーズ初の「ウルトラマンが戦闘を行わなかった最終回」。
  4. 内山まもるの漫画ではヒッポリト共々壮絶なウルトラリンチを受けた。

マウンテンガリバー5号[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンダイナ
  1. 足やバーニアのデザインがどこかで見たことがあるような気がするが気にしてはいけない。
    • まさか同じ名前の人が主人公で数年後に同じ時間帯で出てくるとは思わなかった。
  2. 設計ミスでちびすけしか乗れない。
    • 山田まりやの貴重なM字開脚シーンが見られる。
  3. かなりのおふざけ回。マウンテンガリバー5号って、実在したんだろうか?

マガオロチ[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンオーブ
  1. コミカルなサブタイトルや前半パートをぶち壊す、圧倒的強さと絶望感を見せつけた大魔王獣。
    • まさか翌週、視聴者が引くレベルでフルボッコにされる側になるとは誰が予想したことか…。
  2. サブタイトルの「ママ」、踏みつけられる御神木、切断される尻尾など、多くの伏線を残していた点にも驚いた。

マグネドン[編集 | ソースを編集]

  • 帰ってきたウルトラマン
  1. 黒と赤のシンプルな彩色がいかにも磁石っぽい。
  2. 出身地は「北極の地底」。そりゃ海底プレートと言うのでは。
  3. 磁力がある限りすぐにくっついて元通りになるため、ジャックはコイツを宇宙空間まで運んでワケの分からん星の上で戦闘した。
    • おい、月があるじゃないか、月が。
  4. ダム「あのヤローワシを見捨てやがったな」

マグマ星人[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンレオ、ウルトラマンメビウス、大怪獣バトル、ウルトラマンギンガ
  1. チンピラの上にキモオタというどうしようもないヤツ。
  2. ストゼロでは「兄より優れた弟なんて存在しねぇんだよ!!」などとかなりイジられていた。
    • このマンガではなぜマグマ星人と言う名前なのかもわかる。
  3. ガイアセイバーではムーの大神官に化けて民衆を扇動していたが、「ババルウ星人にやらせた方がいいだろ」と思ったプレイヤーは数知れず。
  4. 円谷公式のエイプリルフール企画でのウザキャラっぷりがある意味大人気。
  5. めちゃイケでの宣伝企画の際、最前列に出てハイテンションでアピールする等、ノリが大学生っぽいという事で「マグマ大学生」と呼ばれる始末。
  6. 口元が出るマスクなのでMCを兼ねることができるためよくショーで使われる。(衣装が作りやすく運びやすいと言う大人の事情も大きいが…)

マグラー[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマン、大怪獣バトル
  1. 多々良島のいじめられっ子。
  2. 特に何も悪いことはしていないのに、科学特捜隊のナパーム弾で焼き殺された。哀れ。
    • そのため、ウルトラマンと戦ったのはスチール写真を除けば『ウルトラ銀河伝説』まで無かった。
      • 一峰版の漫画ではチャンドラーやレッドキングと共に戦っている。
  3. 着ぐるみはバラゴン→パゴス→ネロンガ→こいつ→ガボラと改造されまくった。
    • 平成版でもゲロンガ→ネロンガ→マグラーと改造された。うーむ、何で一番地味なコイツで止めちゃったのかなあ。
  4. 全身トゲだらけで、どう見ても地面を掘るのに向いていない。

マジャバ[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマングレート
  1. タロウ教官からトータス一家戦の話を聞いていたのか、先に親を倒してから卵を潰したので特に被害は広がらなかった。
  2. 今なら中国辺りから第二、第三どころの数じゃない強化マジャバが大量発生しそうで恐ろしい。
  3. 飛行シーンの合成映像はもうちょっと頑張れなかったんだろうか…。
  4. カマキリの怪獣だと思ってた人も多いと思う。

魔デウス[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンマックス
  1. 「ウルトラQ」並に不条理な怪獣。デウスエクスマキナの体現者。実相寺節全開。

マノン星人[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンティガ
  1. 桜舞う夜の公園で、ウルトラマンティガと歌舞伎風の戦闘を繰り広げた。
    • どこぞの般若ババアのような和風演出は一見の価値あり。
  2. 髪型が蟹っぽい。
  3. ティガ本編では女性だったが、バトルステージではオカマが登場していた。オカマの怪獣はたぶんこいつが初。
    • 多分初出は2001年のうつくしま未来博のステージだと思う。

ミム[編集 | ソースを編集]

ミーモス[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンガイア
  1. とうとう瓜二つに変身することに成功した金属生命体。
    • 変身の音まで瓜二つ。
    • しかし、ガイアにとって肝心の地面がどーんっ!!って砂煙が起こらない。
      • 結局つめが甘く、化けの皮が剥がれてからはXIG、ガイア両方からフルボッコ。
        • 身体が徐々に本来の姿へ変わっていく様は微グロ。
  2. スプリームヴァージョン投げの鬼伝説の始まり。
    • ジャーマンスープレックスなど、あらゆる投げ技を決めていた。
    • アクターさんはリアルに全身打撲だったらしい。

ミエゴン[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンタロウ
  1. こんな名前だが別に三重出身ではない。キツネだけに栃木出身。
  2. ウルトラマンタロウに背後から蹴られて、自分が吐いた火に顔面ダイブし、体内の燃料に燃え移って焼死した。ペスターとキュラソ星人がもうやったって、そのやられ方!!

ミクラス[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラセブン
  1. カプセル怪獣その2
  2. 巨大な角が素敵。
  3. エレキングが嫌い。
    • まさかそのエレキングの細胞を吸収して強化されることになるとは。
  4. SFC「ガイアセイバー」では無敵の攻撃アイテムとしてプレイヤーの99%が後半ずっと使い続けてきた。
  5. ドラえもん映画に出演したわけではない。
  6. AKB48の某メンバーと公式コラボした。

ミズノエノリュウ[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンガイア
  1. 地球怪獣の親玉的存在。
  2. 東京の地下を牛耳っている。
  3. 御茶ノ水駅に尻尾の一部が出現した。その脇を普通に走る丸ノ内線。
  4. この怪獣の名前で十干(木火土金水×兄弟)の存在を知った子供も多いのでは。

ムカデンダー[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンタロウ、ウルトラマンメビウス、大怪獣バトル
  1. これを見た途端に百足と呼んだ江戸時代の人たちは観察眼が鋭すぎる。
  2. 首を切り離して戦うスタイルを持っていたせいで、タロウにラジコンごっこされた。

ムザン星人[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンティガ
  1. 奴隷を標的に、地球を舞台にマンハントをしやがった迷惑な宇宙人。
  2. 巨大化する前と後で姿がだいぶ違う。
    • 巨大化したときの四足形態におったまげた人は多かろう。
    • エクソシスト?

ムルチ[編集 | ソースを編集]

  • 帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンA、ウルトラマンメビウス、大怪獣バトル、ウルトラマンギンガS
  1. 「ウルトラマンメビウス」にも「ゾアムルチ」の名で近縁のヤツが登場。
    • ムルチは地球産怪獣なのに、ゾアムルチは何故かメイツ星人ビオが用意してきたことになっていた。
      • 地球までやってきてムルチの子供(卵など)をメイツ星まで持って帰って育てたんだろう。「親父の復讐はこの怪獣でやらないと意味がない!!」という意味を込めて。
  2. メイツ星人のおっさんの超能力で抑え込まれていたが、メイツ星人が殺されると出現。
  3. 「A」では、ドラゴリーとメトロン星人ジュニアが楽しく取っ組み合ってるところへ、意味もなく乱入して瞬殺される。おまえはなんのために出てきたのかと。
    • 「怪獣対超獣対宇宙人」というタイトルの話だったのだが、なぜこいつが怪獣代表?
    • このシーンを見てバルキー星人がドン引きしたのは有名。
    • ギンガSでもメトロン星人ジェイスが出てくる回でガッツ星人ボルストがライブしていた。
      • しかも遠めのアングルで延々殴り合うという、どこかで見たような演出。
  4. 韓国語で魚の意味。カルムチー(雷魚)とか言うしね。
    • ストゼロでは幼体を魚人族が焼き魚にして食っていた。

ムルロア[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンタロウ
  1. 地球人の爆弾によって故郷の星を破壊され、身体は怪獣に変質。その復讐のため地球を来訪し、自分の住み良い環境を作り上げるも、ウルトラの星の秘密兵器で虐められ、最後は故郷と同じく地球人の爆弾によって殺された。実はギエロン星獣並に悲惨なキャラ。
    • 顔が怖いのと能力が鬼畜すぎるのとであんまり同情してもらえないけどね…。
  2. 名前の由来はフランスが核実験場にした島から。上記のエピソードも核兵器への抗議の意味合いがあったと思われる。

メモ[編集 | ソースを編集]

メイツ星人[編集 | ソースを編集]

  • 帰ってきたウルトラマン、ウルトラマンメビウス
  1. ジャミラと双璧のかわいそうなヤツ。
    • 超能力でムルチを抑え込んでいたのに、人間たちに襲撃されて殺されてしまう。
  2. しかし地球人名が「金山」って……露骨すぎるだろ<丶`∀´>
    • 「メビウス」の時は、遺族が「謝罪しる! 賠償しる!」と言いながら来襲した。
      • かくまっていた少年が北海道出身なのは開拓民&アイヌ人差別を風刺したかららしい。つまりこの回は日本の差別構造の縮図みたいなもんだった。
        • ウルトラマンXのガーゴルゴン編もこのエピソードのオマージュが散見される。

メカギラス[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマン80
  1. メ『ガ』ギラスと表記されやすい。「メカ・ギラス(ブラックギラス・レッドギラス兄弟のアレ)」です。
    • メガギラスと言う名前の怪獣が実在するのが猶更ことをややこしくさせている。
      • ちなみに鳴き声はガイガン、足音はメカゴジラの流用とゴジラシリーズとの関わりが深かったりする。
  2. かなりかっこいいデザインのロボット怪獣だが横から見ると結構デブチン。
  3. 首を回し過ぎてボロッといってしまった。何やってんだよ。
  4. 漫画版では2号機が開発された。

メカゴモラ[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンゼロ、ウルトラマンギンガ、ウルトラマンX
  1. 男のロマンを過剰搭載したロボット。
    • にせウルトラセブンを作ったサロメ星人が手掛けた偽者。
  2. マーキンド星人がなぜか販売していた。メカゴモラ、売るよ!

メカザム[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース
  1. 強さの求道者。ロボットのくせに。
  2. ネタバレになるので詳細は伏せるが、製作者もこんな危なっかしいヤツはどこかに幽閉しておくべきではなかったのか?

メザード[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンガイア
  1. ボロ雑巾みたいなクラゲ。
  2. しつこさはキリエロイド級。しかも周囲を一瞬で砂漠に変える波動とか、電話越しに人間を操るとか、本人の実力もかなりのもの。
    • こいつのせいでお台場や芝浦が砂場になった。

メタリノーム[編集 | ソースを編集]

  • キャプテンウルトラ
  1. 金属人間。だが、造形はむしろ昆虫っぽい。
  2. シリーズ後半におけるラスボス的存在。
  3. いっさい感情を取り去ったシュールさが売り…のはずなのだが、リベンジ戦に登場したときはキャラが全然違ってガックリした。

メドゥーサ星人[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンタロウ
  1. 種族名『醜悪星人』。なんてストレートな。
    • 容姿だけでなく性格も不細工な宇宙人。
  2. こんな名前なら石化能力の一つも見せてほしいものだ。
    • ゴルゴン星人「ギクッ」

メトロン星人[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラセブン、ウルトラマンA、ウルトラマンマックス、大怪獣バトル、ウルトラマンギンガS、ウルトラマンオーブ
  1. 「セブン」ラストのナレーションからすると、本当は実在しなかった宇宙人という気がするのだが、「A」で「ジュニア」を名乗る個体が出てきて頭悪そうに暴れていた。こいつは何者?
    • あれは単に「このお話はフィクションですよ」と皮肉を交えて言っているだけ。あの世界の地球では確かに実在した宇宙人。
    • オヤジは過去にしがみつく陰険かつヤレヤレ系の中年オヤジ、ジュニアはDQN息子って所か。
  2. =ちゃぶ台。
    • アパートが二つに割れてメガネ型円盤が出てきたとき、ちゃぶ台のあった部屋は何所なんだろうと思った。
    • 無人惑星の岩場にまで持ち込むほど気に入ったらしい。
  3. マックスでは、人間体の人がはっちゃけ過ぎ。いいぞ!もっとやれ状態w
    • 真っ二つにされてエメリウム光線撃たれても生きているって何気にすげえ。
    • 結局時代についていけず、何もせずにグチりまくって帰って行った。こいつら万年単位の寿命だから、地球の文化は合わなかったんだろうな。
  4. ニコニコ動画では「北川怪獣アパート」という四コマ漫画の主役を張っている。人間形態は巨乳美女。
  5. 声優の鈴村健一がお気に入りの怪獣…なのだが、「彼は人間を怠け者にする毒を煙草に入れてたんです」と全く逆のことを発言していた。まあ子供の頃見てただけじゃ忘れちゃっても仕方ないか。
    • ちなみに共演していた入野自由から「ぼくもメトロンが好きです」と言われた時には「ああ、あの明太子ね」と返していた。
      • そういや鈴村は電王のイマジンあにめ(ウルトラマンタロが登場する)以外でウルトラマンに出たことなかったな。入野はあるけど。
  6. 仮面ライダーWに登場する「スウィーツ・ドーパント」は明らかにコイツがモデル。
    • ゲーム「ロストヒーローズ」では一緒に登場したこともあった。スタッフ分かってやってるだろ。
  7. オーブでは流星ミサイルマイトを装備した。

メフィラス星人[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマン、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンメビウス、大怪獣バトル、ウルトラマンゼロ
  1. ウルトラマンとは勝負がつかなかったので、ゼットンの次に強かったと見て良いだろう。
    • 「タロウ」ではあんまり強くなかった。ガラも悪かった。ウルトラマンと対戦したのとは別の個体だったと思われる。
      • 「卑怯もラッキョウもあるものか!!」
      • ちなみに、内山まもるの公式コミカライズではちゃんと初代に似た姿の知的な紳士(笑)が登場。
    • ていうかウルトラマンと違って時間制限がないので、あのまま戦闘を続行してたら普通に勝ってた。
  2. 「メビウス」ではエンペラ星人配下の大幹部扱い。ショッカーで言えば死神博士のポジションかな。
    • それから溯ること三十数年前、内山まもる作の読切マンガ「輝けウルトラの星」では、「ウルトラキング」というどこかで聞いたような名前のスーパーヒーローに化けてウルトラ族を油断させ、陰でヤプール等宇宙人軍団を操り日本制服をもくろんでいた…あれ?
  3. 大怪獣バトルでは白いかっこいい鎧を着ていた。
    • それをさかのぼること十数年前、ボンボンの漫画「ウルトラマン超闘士激伝」でも青い鎧を着てメフィラス大魔王を名乗り、ウルトラマンと激戦を繰り広げた。
  4. 子供相手に交渉を迫る…というのは一見アホの所業に思えるが、無知なヤツに対し「領地をやる」と言わせてそれを口実に侵略を行うのは、人類が長年行ってきた戦略(笑)の一つである。名目さえありゃ戦争はいくらでも吹っかけられるからな。そんなわけで政治家諸君は「禁じられた言葉」を毎日3回づつ見てなさい。
  5. ダークネスファイブの一員として、ウルトラゼロファイトに登場。そこでも出ました、「卑怯もらっきょうもありませんよ」

メンシュハイト[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンネオス
  1. 同シリーズのラスボス。
    • ゼットンやガタノゾーアなどの「黒」のイメージが強いウルトラシリーズの巨悪にしては珍しく、ウルトラマンと同じ白と赤のカラーリング。
      • 耳が大きく醜悪な面構え。
  2. 青い翼を広げた姿はちょっとホウボウっぽい。
  3. 自らを絶対善とし、自分の決めた秩序に従わなければ民族ごと滅ぼし去るその姿は、彼の体と同じ赤・白・青の色を旗に持つどこかの国に似ている気がする。

メンジュラ[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンティガ
  1. おーお手々繋いで皆帰ろー♪
    • この逆ペスター、実は一般公募怪獣だったりする。仮面ライダーBLACK RXにもこんな怪人いたような気がするが。
  2. なんか常に楽しそうな怪獣。
    • ライブキング「ナカーマ」
  3. 種別(○○怪獣とか△△宇宙人とか)は「エイリアン」。男らしすぎである。
  4. 京本政樹大ハッスル。

モエタランガ[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンマックス
  1. ヤメタランスの対極に位置する宇宙人。相手のやる気を過剰に引き出し、短時間で消耗させて燃え尽き症候群にするウイルスを放つ。
    • マックスに至っては変身エネルギー切れの最短記録(30秒未満)を樹立した。
    • ヤメタランスと違って反作用はないが、既に燃え尽きていた老兵2人が程良くヒートアップしたため倒された。

モグネズン[編集 | ソースを編集]

  • 帰ってきたウルトラマン
  1. 所詮はこいつも戦争という名の怪獣の被害者にすぎなかったってことさ。
    • 実際中国大陸には遺棄された毒ガス弾が掘り返されてドカン、なんてことがあったらしいしその辺を子供にも分かるように風刺した回なのかもしれない。
      • …と思って調べてみたら最初の被害は「帰マン」放送から2年たった1974年だった。先見の明があったということか。
  2. しかし、好き好んで毒ガスを食っているんだろうか? フツー食ったとたんに窒息死すると思うが。

モチロン[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンタロウ、ウルトラマンギンガ
  1. 良くも悪くも「タロウ」のコメディ路線を象徴する怪獣。
    • モットクレロンなんてのも居ましたな。別に立項するのも面倒くさいくらいのやっつけ仕事。
      • わざわざ月面から新潟までモチを食いに来たという設定。兎の餅つきを信じる人々の思念の決勝がモチーフだから真っ先に日本をめざしたのはわかるが、詳しすぎるだろ。
    • 力モチだけにタロウと相撲で戦った。
  2. ジャイアント夕子登場。
  3. もともと月に住んでいたのではなく、「月の兎の伝説を信じる人間の思いが具現化した」怪獣だそうだ。世界で日本と南北朝鮮と中国とインドとライスピに出てた宇宙飛行士の親子しかいないと思うが。

モットクレロン[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンタロウ
  1. 塩漬けにされて弱体化させられる。まさに「青菜に塩」。
    • 「そうだ、塩漬けだ!!」の流れには爆笑。
  2. 緑のない星出身なのに、何故野菜やビタミンCを欲しがるんだろう?
    • その理屈だとジャミラは水をがぶ飲みしないと生きていけない体に、エンペラ星人は日光浴し続けないと死んでしまう体になるなw

ヤ行[編集 | ソースを編集]

ヤナカーギー[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンティガ
  1. 子供たちとその親の夢を叶えてくれた偉大なる怪獣。
    • 『宇宙恐竜』という種別からして…。
  2. よく見たら胸に「円谷」って書いてある。
    • スタッフの洒落らしい。
  3. 沖縄の方言で「ブサイク」という意味らしい。確かにブタ鼻。

ヤプール[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンA、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンメビウス、ウルトラマンギンガS、ウルトラファイトビクトリー
  1. シリーズの初のボスキャラ。
    • ただし実体化した場合はあんまり強くない。
    • 「ヤプールによって製造されたモンスター」のみが「超獣」なのだが、明らかにヤプールと関係ないヤツでもAと戦ったのはみんな「超獣」と呼ばれている。
    • 原案の市川森一がキリスト教徒だったため、「人々の心を利用し、堕落させて破滅させる」悪魔をイメージして創作された。
  2. 「メビウス」ではエンペラ星人配下の大幹部扱い。ショッカーで言えばゾル大佐のポジションかな。
    • OVA「ゴーストリバース」では怪獣墓場に流れ着いたメビウスキラーに乗り移って、他の四天王と共にエースとタロウを襲った。
  3. ゲームでコイツをラスボスにしたら決まってネタキャラになる。
  4. 「ギンガS」だとスパークドールズから復活しまさかの人間大サイズを披露、そのしつこさは相変わらずで完全復活となった「ウルトラファイトビクトリー」ではギンガとビクトリーを肉弾戦で圧倒している。

ヤマトン[編集 | ソースを編集]

  • 一峰大二版ウルトラマン
  1. 企画のみ登場した没怪獣。『ぼくら』に掲載された漫画で登場。
  2. 戦艦大和に無数の群体生命体が付着して生まれた怪獣。戦艦に顔と手足を付けただけという思い切ったデザイン。
    • もちろん、アイアンロックスはこの案のリメイクである。
  3. 戦艦大和その物が怪獣化したため280m位あるはずだが…どう見てもそんなに大きくない。
    • ウルトラマンを食い殺そうとしたせいで体内からスペシウム光線で吹っ飛ばされた。全身の装甲はウルトラマンの攻撃が一切通じない程頑健なのに、馬鹿な真似を…。
      • 実際の大和も爆薬庫が引火したから…。

ヤメタランス[編集 | ソースを編集]

  • 帰ってきたウルトラマン
  1. ササヒラーに操られて登場。名前も見かけも行動もやる気の無さが十二分。
  2. 相手のやる気をなくす放射能(w)を放つ。これを受けてやる気がなくなった相手は何故かソバカス顔になる。
    • 新マンでさえソバカス顔になってやる気喪失。結構効果がある能力だったが、怠け者だった者は逆にやる気が出てしまうという反作用もあったり。
      • 現在のイタリアやギリシャで国民に吹き付けたらどうなるのか試して欲しい。

Uキラーザウルス[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンメビウス
  1. もちっとマシな名前思いつかなかったのかヤプール。
  2. 板野サーカスの真骨頂。
  3. 強化形態のUキラーザウルス・ネオは多脚+口二つ+触手という凄いデザイン。

ユートム[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラセブン
  1. 実はキングジョーと同じく劇中で名前を呼ばれていないロボットなのだが、知名度の差のせいかほとんど話題にされない。
  2. こんな雑魚相手になんでセブンはワイドショット(最強技)なんか使ったんだろう。余程拘束されたのが嫌だったのか。
  3. ちなみにスーツアクターはゴジラと同じ人。

ラ行[編集 | ソースを編集]

ライブキング[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンタロウ
  1. ヘヘヘ、ヘヘヘ、フヒヒ、ギャハハハハハ、ギャーッハッハッハッハッハ!!
    • 生理的嫌悪感という言葉をそのまま絵にしたようなヤツ。
  2. 液化していくらでも再生するコスモリキッドですら死んだ攻撃でも平然と生き返りやがった。
  3. 何故かライブロボと混同される場合が多い。

ラゴラスエヴォ[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンマックス
  1. 冷凍怪獣ラゴラスが灼熱怪獣グランゴンのマグマエネルギーを食って進化した姿。
    • そのためポップの最強呪文・メドローアを余裕で使いこなせる(いや、マジで)。
  2. 「エヴォリューション」、すなわち「進化」を意味する名前である。グランラゴラスとかハイパーラゴラスとかラゴランゴンとかにしなかった点がいい。
    • 三菱の車みたいだ。

ラゴン[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラQ、ウルトラマン、ウルトラマンギンガ、ウルトラマンオーブ
  1. 恐竜から進化した海底人類。
    • それが核兵器の放射能で汚染されて巨大化し、暴れまわった。ゴジラかよ。
      • だからウルトラマンに登場したデカブツは「巨大ラゴン」と表記するのが正しい。
  2. 歌が好きという設定は、イルカが水中で歌うからだろうか?
    • ギンガでもその設定はいかされていた。
  3. 検索すると地底怪獣バラゴンが引っかかりやすい。
  4. 「ウルトラマン THE FIRST」ではネロンガとガチ喧嘩を繰り広げた。

ラジゴン星人[編集 | ソースを編集]

  • キャプテンウルトラ
  1. 通信衛星を乗っ取り、電波ジャックした。
  2. 自らを電波に乗せ、TV受像器を通じて数多くの分身を視聴者の元に送り込んだ。
    • それぞれが各家庭のテレビ前に実体化して出現。受像器を物質転送装置に転用するとは、斬新なアイディアである。
      • ハイビジョンTVでなければ、粗悪な造りの分身になるのか?あの当時はブラウン管が主流だし。
  3. 結局、キャプテンも同じ装置を使って分身が追撃。発信先でラジゴン星人の分身と戦った。
    • TVの受信世帯の数だけクローンが出現したことになるので、大変な数だと思う。
    • 一組でも、ラジゴン星人側が勝ったら、侵略は成功したことになるのか?
  4. 間違いやすいが、ラジコン星人ではない。
    • もちろん、ラゴンの正式名称でもない。
  5. ラジゴン星人が出現した金星の衛星都市の名は「すずめが丘団地」。未来的な宇宙都市とあまりに庶民的な名前のギャップに戸惑ったものだ。

リガトロン[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンティガ
  1. 未知のエネルギー体が木製探査船と乗組員をそのまま取り込んで怪獣になった。
    • エネルギー体が無機物を取り込むのは次作のスフィア合成獣のよう。
  2. みんな大好き高純度エネルギーを求めて大暴れした最初の怪獣。
  3. 取り込まれてしまった乗組員のおかげでなんとか勝てたがなかなか重たい話だった。

リドリアス[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンコスモス
  1. かぁいい。
    • 「鳥系は凶悪怪獣」のジンクスを打ち破った(まあそれ以前にもフライングライドロンとかバルとかいたけどさ)。
  2. 鳥の割には硬質なヘンな翼。腕も生えているし。

リフレクト星人[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンメビウス、大怪獣バトル
  1. 体質で光線技反射、盾で物理攻撃防御、攻撃用装備も多彩となかなかの強豪。不敵な性格も強い自信の表れからか。
    • でもちょこっと劣勢になっただけで手段を選ばなくなる辺り、本質的には小物。
  2. ウルトラマン超闘士激伝のメビウス編では最初の敵として登場した。

ルガノーガー[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンマックス
  1. 応募者の中で最優秀賞を取った怪獣。子どもが考えただけあって滅茶苦茶怖そうな外見。
    • しかも一撃で惑星を粉砕するビーム砲とか持っててマジでシャレにならん強さ。地球が吹っ飛ばなくて良かった。

ルナチクス[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンA、ウルトラマンメビウス、大怪獣バトル、ウルトラファイトビクトリー
  1. 月のマグマを食い尽くして滅ぼした怪獣だが、エースに地球の火口に投げ込まれ兎鍋にされた。月と地球ってそんなにマグマに温度差あるんか?
  2. 眼球は投げ捨てる物。
  3. ここまで可愛くない兎キャラはコイツとラビットオルフェノクくらいだろう。

レイキュバス[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンダイナ
  1. 移動要塞クラーコフ、動く死亡フラグ説の草分け。
  2. カニとカメムシがドッキングしたような姿。
  3. 氷と炎の能力を併せ持ち、射程もとんでもない正真正銘のバケモノ。

レイロンス[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンティガ
  1. かわいい声とは裏腹にティガをことごとくバカにしてやった上に地味に強いという厄介な怪獣だった。
    • その姿は「まさに外道」。
    • ブチ切れたティガに泡の中に閉じ込められ殴り飛ばされた。気持ちはよくわかります。

レオゴン[編集 | ソースを編集]

  • 帰ってきたウルトラマン
  1. 動物でもなく植物でもない生物として作られた。
    • だが卵から生まれる、鳴き声を出すなどするため実際のところは「植物の要素もある動物」とでも呼んだ方がいい気がする。
  2. 二つ名は「合性怪獣」。
    • 時々「合成怪獣」と表記されることもある。
  3. 世田谷区大蔵出身。
    • 帰マンと戦った芦ノ湖までどのようなルートで移動したかどうか気になる。
      • 途中の川崎、町田、厚木などでも被害が出ていそうだが本編にそのような描写はなかった。
  4. 名称の由来はおそらく誕生のきっかけになったαレオン電磁波。
  5. この回の原案者は後に「ゴジラVSビオランテ」の原案でも同じようなネタを色々と盛り込んだ。
  6. 戦闘シーンで流れる歌が印象的。

レギュラン星人[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ
  1. 打製石器に手足をつけたような宇宙人。
  2. 『宇宙一の嫌われ者』の異名は伊達じゃない。
    • その悪質っぷりは本編見てもらえばわかるんだけど、種族全員こんな奴だったらたちまち疑心暗鬼に陥って「デビルマン」や「マーズ」の後半のようになって星全体が滅亡しそうな気がする。そうならないってことは人類よりこいつらの方がなんぼか先を行っているってことか?
  3. ヅウォーカァ将軍「え、オレ夢オチ要因?」
  4. 武器は風力発電所。

レッドキラー[編集 | ソースを編集]

  • 帰ってきたウルトラマン
  1. ジャック「武器に頼るから技が曇るのだ」
    • なんで腹開きなのに背中からパッカリ割れたのか、なぜあれだけキレイに切断して一滴も血が流れなかったのか、突っ込んではいけない。
  2. 「赤の巨人を殺すための怪獣」だからレッドキラー?
    • レッドマンで初めてコイツを知った自分は、てっきりエースキラー的な存在なのかと思ってしまった。
    • 「血まみれの殺人者」という意味でレッドキラーらしい

レッドキング[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマン、ウルトラマン80他
  1. 「どくろ怪獣」という肩書きは最初からついてたっけ?
    • 暴君怪獣の方が似合うよね。
    • ちなみにマックスに登場した個体だけ「どくろ怪獣」ではない。
  2. 体色はどう見てもレッドではない。「ベージュキング」と呼んだほうが良かったかも。
    • 一説によると、当初は赤く塗るつもりだったが塗料不足で取りやめになったという。
    • 「赤い宇宙人と戦った中で一番強い」からレッドキングなんだってさ。
  3. 毎回、他の怪獣と一戦二戦こなしてからウルトラマンと対戦している。ヒットポイントがフルの状態で戦っていたら、ウルトラマンも危ないかも。
    • 火も吐かず光線も出さず、ひたすら体力だけで勝負してこの状態だから、よく考えれば大したものである。
      • マックス版では岩塊を吐き出していた。地属性だったのか。
      • 楳図かずおの漫画では冷凍ガスを吐き出すギガスに対抗し火を噴いていた。これの影響を受けたのか、『ザ☆ウルトラマン』でバラドン星人が生き返らせた時も火を吹いて怪獣共を蹴散らしていた。
    • パンチはダイナマイト1万t(本ではない!)一斉起爆に匹敵する。広島型原爆の3分の2の威力であり、計算上直径640mの岩を粉砕できる。これで殴られてもピンピンしていたウルトラマンは凄い。
    • ちなみに他のウルトラマンで換算すると、セブンの蹴りがダイナマイト2千発分、タロウのパンチが爆弾10万個分らしいので、マジの兄弟喧嘩よりもひどいダメージを食らったことになる。
  4. アメリカには夫婦で登場した。
    • 体色が赤いレッドキングの初出はここだったりする。
  5. 初代は目が黒めがちで可愛い。
  6. 80では「レッドキングのオモチャが欲しい」と言った子供の発言を勘違いした壺の魔神がモノホンを呼び出すという強引な形で登場した。

レンボラー[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンレオ
  1. ウルトラマンレオの数少ないギャグ回に登場したおバカ怪獣。
    • レオとボクシング対決をしたり、壊した街を修理しようとしたりととにかく可愛い。
    • 街を壊したことを謝罪した怪獣なんてコイツくらいじゃなかろうか。
      • 他にラセスタ星人の悟君がいる。
  2. 虹を食べるとパワーが100倍になる。普段はタイショー並に弱いのか?

ロードラ[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンタロウ
  1. お前のような地球怪獣がいるか。
  2. エッチな本に出てきそうな都合のいい不殺主義溶解液を出せる。
    • しかしなぜかウルトラ族には効いた。

ロベルガー[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンメビウス、大怪獣バトル
  1. ブラックスターの残りカスから作られたブラック司令の最後っ屁。
  2. 顔は「ウルトラマン80」に出てきた戦闘円盤ロボフォーに似ている。

ロン[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンレオ
  1. ウルトラマンレオのペット。可愛くない。
    • そのうちカプセル怪獣みたいになるのかと期待したオレがバカだった。
  2. 最後にカオル君に「ロン」という名前の犬が渡されたが…まさかね。

ワ行[編集 | ソースを編集]

ワイアール星人[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラセブン
  1. へたくそな盆栽みたいな姿の宇宙人。
  2. 名前の由来を知った時は脱力した。
    • ワイアール ← YR ← YouRyokuso ← 葉緑素 だそうな。
  3. 肩書きも「○○怪獣」でも「○○宇宙人」でもなく「生物X」。なんじゃそりゃ。
  4. 体を透明に見せるため着ぐるみの中に鏡を入れていたらしい。

ワロガ[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラマンコスモス
  1. ワロガwwww
  2. シンプルだが夜に映える幻想的なデザインの宇宙人。
  3. 「地球全ての生物は人類の敵である」というシーシェ○ードが聞けば失神しそうな思想を植え付け、地球を滅亡させようとした。
    • そして人類同士も殺し合わせてから支配しようとしたみたいだが、そんなズタボロの星を手に入れて嬉しいのだろうか? 見た感じ口も鼻もないから食事も水分補給もいらないのかもしれない。
ウルトラシリーズ
昭和期の作品 | 平成期の作品 | ニュージェネレーションシリーズ
防衛チーム | 武器 | ファンの噂 | M78星雲
歴史のif昭和マンセブン| 1990年代)| ベタの法則
ウルトラ怪獣:ア~オ キ~コ サ~ソ タ~ノ ヒ~ホ マ~ワ
偽モノ:偽怪獣(あ・か行さ・た行な~わ行)| ウルトラ六兄弟の替え歌
もしも:もしウルトラマン超闘士激伝がアニメ化していたら | ギャグ化
○○にカラータイマー機能 | 仮面ライダーとコラボ | 大ヒットしていたら
勝手 | あの国民がなったら | ばかせつ
ざんねんな作品 | ざんねんなキャラQ~セブン/帰マン~80/平成以降