エスコンフィールド北海道

提供:chakuwiki

北海道日本ハムファイターズ > エスコンフィールド北海道

ES CON FIELD HOKKAIDOの噂[編集 | ソースを編集]

  1. 札幌ドームの使用料の高さが経営を圧迫しているとかで、日本ハムは札幌近郊に新たな開閉式ドーム天然芝球場を建設する計画を発表。
    • 完成したら日ハムの試合はオープン戦~春先ぐらいしか行われなくなるかもしれない。
      • 寧ろ雪解けまでは全試合ビジター、或いは東京ドームでのホームになるのでは?
        • はたまた沖縄を準本拠地にして雪解けまでそこでホーム開催も良し。
      • そんな円満じゃない移転の仕方なら日ハムサイドが札幌を使わない方針になりそう。
  2. ハマスタの契約問題が解決した現在、札幌ドームの奴隷契約も実はかなりのものだったことが白日の下に曝されつつある。下手したらハマスタより大変なのかもしれない。
    • それにしても、食品会社の球団の本拠地なのに飲食収入が全く球団に入らないというのはどうなのよ……
    • 使用料以外にも、サッカーやコンサート等野球以外のイベント開催時のフィールドシート撤去費用は日本ハム球団が全額負担、また膝に負担がかかる人工芝(薄いカーペット芝をコンクリートの床に敷いている)など設備面でも不満を訴えていた模様。
  3. コンサは札幌ドームのまま?
    • コンサは現状J1規格を満たすスタジアムが札幌ドームしかないため継続利用を名言してはいるものの、こちらも専スタは作りたい旨の発言を社長がしているらしい。
      • となると厚別か宮の沢をJ1仕様に改修、若しくは日ハム新球場候補から外れた地域に建設というパターンも。
        • 北広島にも石屋製菓の工場があることから新球場近辺に建設するという話さえあるらしい。日ハムの東京ドームのように厚別での開催も年間数試合程度併用しながら。
        • また、都心から近いスタジアムを求めるコンサドーレと札幌競馬開催継続のために現行より広い土地を求めるJRAの思惑が一致し、札幌ドームと札幌競馬場の位置を交換する形で建設、の話も。
    • レバンガはきたえーるから北広島に移転する計画を打ち出したようで、新球場予定地のすぐ隣にある体育館の改修を要望中。
      • ボールパークに室内アリーナ併設も検討しているそうなので、そこをホームにする可能性もある。
    • サッカー、野球、バスケに逃げられる札幌市って…。
  4. 北広島市で進めることになった。
    • 2016年5月に移転計画が明るみに出た際に真っ先に手を挙げたのが北広島市だったわけだけど、2018年2月の市の広報によると2015年から計画が動いていたとのこと。
    • カープと試合する時には色々といじられそう。
      • ちなみに広島焼きの店がスタジアム内に出店している。どうも日ハム側がアプローチしたらしい。
        • 案の定、その年の交流戦でカープと当たった際は、3連戦全て広島の放送局にもネットされた。
  5. 後楽園球場、東京ドーム時代は巨人優先で、特に都市対抗野球もある夏休み期間中の本拠地開催がたった6試合なんて年もあった。阪神の死のロードなんかよりずっと過酷だった。札幌ドームからも酷い扱いを受けてきた。これが実現されると、ようやく安住の地となりそうだ。
  6. 結局こうなった原因って皮肉にも日ハムが北海道で大成功&強い球団というのが…。
    • 経営的に成功はしたがチームは弱体化していると思うぞ。
  7. 開閉式の三角屋根が特徴。
    • 日本初の開閉式天然芝球場である。アメリカには沢山あるが、日本それも北海道の環境で大丈夫なんだろうか。
  8. 野球を見ながらサウナに入れる施設が併設されるらしい。
    • 球場の中に温泉やホテルもある。
  9. 球場の目と鼻の先に、マンションも建設された。
  10. 稲葉篤紀GM曰く、新庄BIGBOSSの意見も多々取り入れられているそうな。
  11. JRの新駅やマンションなど、球場を中心に一つのマチを作っているようなもの。まさに北海道らしいっちゃらしい。
    • アメリカの、いわゆる「ボールパーク」をお手本としているのだとか。
    • ただでさえ過密ダイヤの千歳線にこれ以上人を集めてもJRは有難迷惑というか。
    • そのマンションを分譲するのは命名権を取得した日本エスコンが行い、住民は10年球場フリーパスになるらしい。
  12. エスコンというのは命名権を取得した企業名のことだというのは気づかれていない?
  13. ファールゾーンの長さ(ホームベース~フェンスの距離)がプロ野球規則で必要とされている長さと比べ、短かったことが完成後に判明。
    • メジャーリーグでの標準形をもとに設計したものであり、日本プロ野球規則に比して10フィートほど足りない。
    • 発覚時点で、供用開始まで残り5カ月という段階であり、はてさてどうする?
    • 事前に何も説明しなかった球団が悪い。「バレたら世論を味方につけて押し切ろう」と思っていたのなら見通しが甘すぎる。
      • 原文では「recommended」(推奨)としていたものを「必要」と訳した公認野球規則にも欠陥がないとは言い切れない。
    • ひとまず23年シーズンは特例として現状のまま使用、オフから拡張工事を行うことに。一方で野球規則を改定しようとする動きもあるので、どちらが先になるのか。
      • 結局金を支払うことで改修しなくてもよくなった。
      • 誤訳問題に関しても全文の見直しが行われるとのこと。
    • 札幌時代は12球団で一番ファールゾーンが広かった。
  14. レフト側が狭い。
    • 応援団が陣取るエリアが外野にない。
      • 内野ベンチ上の3階席。
    • 札幌ドームと異なり日本ハムは一塁側ベンチを使用する。
  15. メジャーのごとくブルペンが外野に見える形で設置。
    • ここから走って登板…ではなくクボタの農機具がやってくる。
  16. 2023年3月14日、ファイターズ対西武ライオンズのオープン戦で、ついにこけら落しとなったが、この試合の模様はテレビ4局(NHK北海道・HBC・STV・HTB)とラジオ2局(STVラジオ・HBCラジオ)が生中継する異例の態勢に。
    • 開幕戦はテレ東系列で全国放送する入れ様。なお対戦相手はテレ東がない楽天…。
      • 楽天の地元・宮城ではミヤギテレビが独自で中継した。
        • 更に、NHKBS1でも放送され、テレ東系列のない地方や宮城県以外の人も見る事ができた。
    • なお勝利投手は北海道駒大苫小牧高校出身の田中将大。
  17. キャッシュレス謳いながらコインロッカーは現金専用という罠。
    • WAONにチャージできる端末は設置してある。その他のICカード・アプリ決済は事前にチャージが必要となる。
  18. シャトルバスは大混雑で苦情殺到。
    • シャトルバスを運行しているのが北海道バス・エルム観光バス・千歳相互観光バスといった交通系ICカードを導入していない事業者のため、Kitacaなどは使用不可。
      • バス乗車券の購入でも使用不可。
      • 7月21日に3社で簡易端末(ちなみにJR西日本の子会社製)を導入し交通系ICカードが使用可能となった。ただしSAPICAは全国相互利用の枠組みに入っていない独自規格の関係上引き続き使用不可。
  19. ダルビッシュ有と大谷翔平の巨大壁面は、フォトスポットにもってこいの場所。
  20. 飲食物は持ち込み不可…だが敷地内(場外)にあるアインズ&トルペで飲み物やおつまみを買って持ち込むことは可能。
    • 裏技でもなんでも無く、球場側も公認している。
  21. 「聞いてよFビレッジおじさん」と称して、球場のサービス責任者?が公式ツイッターで意見・要望を募っている。
    • 実現可能なサービスだと早くて2・3日で反映・利用可能になっていることも。
  22. ホークスタウンの二の舞になるのは勘弁願いたい。
野球場
セ・リーグ本拠地球場 パ・リーグ本拠地球場
旧本拠地球場:札幌ドーム/ほっともっとフィールド神戸
旧広島市民球場/ナゴヤ球場/川崎球場
地方別:北海道/東北/関東/近畿/四国/‎九州 | 日本国外
偽野球場/偽甲子園/偽ナゴヤドーム
嫌だ | ざんねんなモノ