オクシタニー

提供:chakuwiki
イギリス 北海 オランダ

フランス HF ベルギー ルクセン
BR NOR GE

西
PL CE ÎF BOFC スイス
NAQ AURA イタリア
  OCC PACA M
バスク   アン   地中海
スペイン CO

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ西欧フランスオクシタニー


オクシタニーの噂[編集 | ソースを編集]

ミディ=ピレネーの噂[編集 | ソースを編集]

  1. ミディはフランス語で「南」って意味。「中央」ではない。
  2. ピレネー山脈スペインアンドラとの国境になっている。
  3. フランスの地域圏で一番広い。
    • このテンプレではそのようには見えないw
  4. 「ロカマドゥール」が名所。
  5. 「ミヨー橋」を見よう。
    • 動画。出光興産のCM「更なる高みへ編」
  6. フォアグラが特産品らしい。
    • ここも当然、動物愛護団体の標的になっている。
  7. マルシアックはごく小さな古い田舎町だが国際的なジャズ・フェスティバル「Jazz In Marciac」で有名。

ガスコーニュの噂[編集 | ソースを編集]

  1. フランスで作られるブランデー「アルマニャック」の醸造地。
  2. ダルタニャンの出身地。
  3. 語源は「バスク」。中世の一時期「バスコニア」とも呼ばれ、バスク系の血を引く住民が多い。
    • 但し、言語的には南仏一般と同じ広義のプロバンス語(オクシタン語)の一種、「ガスコーニュ語」が使用される。

ラングドック=ルシヨンの噂[編集 | ソースを編集]

  1. ワインを作るブドウの生産に向いた気候のはずだが、ワイン自体の質はあまり良くなかったため、日常消費用としての生産を行っている。生産量は国内トップクラス。
    • かつては「お茶代わり」「歯磨き用」などと有難くない呼ばれ方をしていた。
    • AOC(原産地統制呼称)の厳しい規制にとらわれないため、自由なワイン作りを追求する優れた醸造家が近年多数移住してきており、そのレベルは向上してきている。
  2. モンペリエから30kmほど東のヴェルジェーズは、ミネラルウォーター・ペリエの採水地である。
  3. 世界でも珍しく、言語の名前が行政区の名前の中にある。

都市の噂[編集 | ソースを編集]

トゥールーズ[編集 | ソースを編集]

  1. エアバス社の本社と飛行機工場がある。
  2. フランスで最もラグビーが盛んな街。
  3. サッカー日本代表、ワールドカップデビューの地。
  4. スミレの町。おみやげ物屋には「スミレの香水」「スミレ石鹸」「スミレキャンディー」などが売っている。

モンペリエ[編集 | ソースを編集]

  1. モンペリエ大学の医学部は世界最古として有名。
  2. モンペリエの地名は「藍の山」が語源。
  3. 移住者急増中。もともと移住するにはもってこいの南仏だが、コート・ダジュールは観光地化が過ぎてしてしまったために、自然の残されているモンペリエ近郊は今大変人気らしい。
    • とか言ってるうちに、ここもコート・ダジュール化するかもわからんね。
  4. 洋菓子屋さんの名前によく使われる。

ペルピニャン[編集 | ソースを編集]

  1. ラングドック=ルシヨン地域圏のスペイン国境近くにある、人口約11万の都市。
    • スペイン国境から20kmのところにあり、都市としてはフランス最南端。
  2. かつてはアラゴン王国だったことからカタルーニャの影響が強く、現在もカタルーニャ語を話す人が多く存在する。
  3. さながらフランスのサンディエゴってとこかな?
    • 接してるのがスペインかメキシコかでは、切迫感が全然違うと思うよ。

キャプ・ダグドの噂[編集 | ソースを編集]

  1. エロー県にある地中海に面する海水浴場。世界的に有名なヌーディストビーチ
    • 県名からしてアレっぽいのは気のせいですか?
  2. やはりこういうとこには×××な輩がいるようで、年間(てか夏だけど)200人ほど警察のお世話になっているようだ。
  3. たしか裸になれる区域は決められてたはず。