グリーンランド

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ北欧グリーンランド

グリーン
ランド
北   極
S V B
スカンジ
ナビア
ノルウェー ラップランド フィンランド

アイス
ランド
スウェー
デン
Å
北海 Got バルト三国
f    デン
マーク
Sjæ Isö バルト海 エストニア
イギリス ラトビア
オランダ ドイツ ポーランド リトアニア
曖昧さ回避 この項目では、世界一大きい島について記述しています。熊本県荒尾市の遊園地については「遊園地・テーマパーク#グリーンランド」をご覧ください。

グリーンランドの噂[編集 | ソースを編集]

グリーンランド国旗(嘘w)(リビア?)
  1. 国旗が緑一色である。
    • ちなみに、本当のグリーンランド国旗はこちら。
    • 本物の方がうそっぽい。
    • 国章はめちゃくちゃ分かりやすいというかさすが北国という感じ。
    • 本当に国旗が緑一色なのはリビア
      • そのリビアもカダフィ失脚で国旗が緑一色ではなくなってしまった
    • なお没案では緑色を使ったものが複数あった。(英語版Wikipediaに画像あり)
  2. 島の南半分はインド領。
    • インド領‥??あれ、デンマークの領土じゃなかったっけ??バカ地図には(USA)って書いてある。
    • メルカトル図で見ると似てるから…とか?
  3. ウェゲナーが遭難した。
  4. デンマークの議会に2人の議員を送り出している。
    • 法的にはデンマーク本土、フェロー諸島と対等の立場でデンマーク王国を構成している。
  5. 乗ってる氷の重みでへこんでいるらしいが、温暖化が進めば浮上するだろう。
    • 海面が上昇してやっぱり沈む。
      • 海面上昇はグリーンランドにとっては望ましい(上記参照)。
  6. もしかしたら数十年後には独立国になるかも。
    • 2023年には憲法の試案も出された。
  7. 住民はアザラシなどを食べる。
    • クジラも食っている。
    • 世界で4番目に臭い食品であるキビヤックが存在する。
      • アザラシの腹をかっさばいて中に海鳥を放り込み、2年間漬け込んだ後、鳥のケツから中身を吸い出すというものすごい食品。
        • 温暖化の影響で食中毒が増えているとか。
      • 野菜や果物が育たないから重要なビタミン源。確かアラスカでも食べられている。
      • 植村直己の大好物だった。
    • クジラの食文化は現地のイヌイットにとって重要なアイデンティティ。
      • キリスト教のお祝いでもマクタックというクジラの皮から作った食品などクジラ料理が欠かせない。
  8. グリーンランド最北の村には、日本人が住んでいる。
    • シオラパルクですね。
    • 植村直己など複数の極地探検家が滞在した。
  9. ♪グリーンランドにお散歩さ~ そ~れ世界の海出航だ~♪
    • ↑は、テレビアニメ「小さなバイキング・ビッケ」の主題歌の歌詞の一節である。
  10. 漢字表記は緑島。
    • ちなみに中国語表記は音訳で「格陵蘭」。
  11. 空港がなんと3つもある。日本から最北端空港まで凄く遠く時間がかかる
    • 雪と氷に埋もれた地が大半だから陸路は都市内部ぐらいしか使えないらしい。空路が重要。
    • 軽飛行機だけしか来ない空港ならもっとあった気がする。
  12. デンマーク領である。
    • 首都ヌークで政治などもちゃんとある。グリーンランドを含めると世界一人口密度が低い。0.2人/km2
      • ヌークというより旧称の「ゴットホープ」の方がまだ通りがいいとか。
    • だが「ハンス島」はカナダと係争中。
      • 2022年に両国で分割することが決まり無事終結。
  13. 北海道にある。
  14. 長くて変な地名が多い。(Ittoqqortoormiit、Qeqertarsuaqなど)
    • イヌイットの言葉は長い単語が多い。イヌクティトゥット語という言葉もある。
      • イヌイット言語の一種だが、グリーンランド語はラテン文字があてられているため、英語のように書式できる。イヌイット語としては最も話者人口が多い。ちなみにグリーンランドに住むイヌイットは、カラーリットと呼ばれる。
        • カラーリットという呼称はおそらく西部の住民を指す言葉で約400ページの研究書でも全く使われないことがある。
        • 上記の研究書:高橋美野梨編『グリーンランド 人文社会科学から照らす極北の島』(2023年、藤原書店)
  15. かつて中国のチベット代表とサッカーの試合をした事があった。NHKでもドキュメンタリー番組でその事を放送してたし。
  16. 地理的にはヨーロッパではなく北米らしい。
    • 過去にここを購入してアメリカ領にしようとした大統領が2人いる。(トルーマンとトランプ)
    • 第2次大戦の時から米軍基地がある。
      • 大戦中にデンマーク本土がドイツに占領されていた際はアメリカに占領されていた。
  17. 日本に多くの甘エビを輸出している。
  18. 真冬には空路でしか本国と行き来できない。
    • かつて頑丈な船を建造して年中航路を維持しようとしたがタイタニックばりの事故を起こし取りやめになった。
    • 夏であっても空路で直接つながっているのはデンマークとアイスランドくらい。
  19. ここの先住民は「イヌイット」とも「エスキモー」とも呼ばれる。
    • 植村直己が滞在した際に村人から親しみを込めて「日本のエスキモー」と呼ばれたことからするとエスキモーを蔑称とは思っていない。
    • 東部の方が伝統文化が色濃く残っているとされる。
  20. デンマークの支配は現地の習慣を尊重する形で進められそこまで激しい文化弾圧はなかった。
    • 先住民の文化を破壊すると魚や毛皮といった産品の調達に悪影響が出るからだったらしい。
    • デンマーク人の中にも西洋化が進んだ先住民を「堕落している」とみなす人が結構いた。
    • ただしその穏やかな統治により危機感が高まらずかえって伝統文化の衰退を招いたという意見もある。
    • ノルマン人とイヌイットの付き合いが日本の平安時代くらいから続いていたというのも影響しているかもしれない。
  21. 先住民の間ではセドナという海の女神が信仰されてきた。
    • もともと地上住まいだったが何かあって海底に沈むとともに手を失い指は様々な海獣になった。
      • 海底に沈む原因となったのは古くは夫や父親の暴力とされたが近年は事故とされることも増えた。
      • 同時にセドナの位置づけも怨念を持った霊から主体的にふるまう海の女神へと変貌したらしい。
    • タブーを破るなどしてセドナが怒ると海獣を人間界に出さなくなるというアイヌの信仰と似た言い伝えもある。

緑の島?グリーンランド[編集 | ソースを編集]

  1. 島一面緑色に覆われている。
    • ?
    • ごくまれに気温が上昇して植物が茂ることがあり、たまたま発見された時がその年だったとか。
    • グリーンランドって名前でもつけていいイメージつけないと誰も移住しないぐらいのところだから
  2. 緑の多いアイスランドと氷だらけのグリーンランド。
    • 座ると痔になるスワジランド
    • 地図届出時に両者と取り違えたと言う説あり。
    • 昔、発見したヴァイキングが本国から人をたくさん連れてこようとして名前をつけたということだ。どっかの不動産屋みたいだ。
    • 「アイスランド」と名付けた島に入植者が集まらなかったらしく、それを踏まえてこういう名前をつけたとも。
    • 由来は入植希望者が多数現れることを願い「緑の島」と名づける説とGruntland(グラウンドランド)が訛った説と氷河に覆われてない南部海岸地帯がエイリークの頃の中世の温暖期に緑にあふれていたという説の3つの説が存在する。
      • グリーンランドの大部分を覆う氷床が極地の高度が低い太陽に照らされて緑色に輝いていたから「グリーンランド」と名付けられたという説もある。
    • アイスランド人が、グリーンランドを名付けた。ある時、異民族がグリーンランドに攻め入ったが、余りの寒さに自滅。彼ら曰く、「グリーンランドですらこんなに寒いのに、アイスランドとはもっと過酷なんだろう。そんな国いらねえ!」ということでアイスランドは独立を守りましたとさ。
  3. ほとんど住めるところがない。
    • 名前のとおり緑豊かな土地だと思ってやってきた馬鹿移民がいる。
  4. 近年では地球温暖化の『恩恵』を受けて国が活発化してきた。草がよく育って牧畜をしやすくなるわ、漁場に魚が集まってくるわ、一番嬉しいのは大地の氷が溶けて地下資源を採掘しやすくなった事。下記には独立しようものなら破産すると書いてあるが、この調子でいけば独立も夢ではないらしい。
    • 2009年6月に自治権拡大。「独立への前進」という位置付けだそうで、おおむね独立が既定路線化してるっぽい。
    • 中国がそこに付け込んで原油やレアメタルを狙っているとか。

世界最大の島グリーンランド[編集 | ソースを編集]

  1. あれだけ大きいのに大陸にならない事に不満を持っているが、『世界一大きな島』ということに誇りを持っている。
    • 現在の大陸・島の定義は、「グリーンランドより小さい→島」「オーストラリアより大きい→大陸」
      • 上にある現在の定義だとインド亜大陸は大陸ではないと言うことになるのですが・・・
        • つまり、インドは、島でも大陸でもない「何か」だ!たぶん。
          • いや、どう見ても島じゃないし……
        • だから「亜大陸」なのでは?
          • ただの半島だろ?
      • それだとグリーンランドとオーストラリアが定義されないぞ。
        • 定義可能。「グリーンランドが島として常に第一位、オーストラリアが大陸として常に最下位」ってのが暗黙の了解。
          • ただしそれだと『グリーンランドより大きくてオーストラリアより小さい「何か」』は定義できない。
            • 存在しない「何か」を定義しようがないだろ。
  2. 地図をみてオーストラリアより大きいのが誇り。したがって地球儀は嫌い。
    • 図法のせいでオーストラリアよりデカく見える場合がある。
      • 長方形の地図ではほぼデカく見える。メルカトルとか。
    • メルカトル図法だと南米より大きい。しかも北辺は異次元のようになっている。
    • 初めて世界地図を見た時物凄く大きな大陸だと思ったが実際にはオーストラリアよりも小さいと聞いてびっくりした。
    • 逆にモルワイデ図法などの正積図法では、すごくひしゃげて表示されるので、どんな形かよくわからない。
      グリーンランド1969年発行記念切手・フレゼリク9世誕生70年
  3. グリーンランドはデンマーク領なのでロシアを除くとデンマークが欧州最大の国。
    • だが、いつ自治政府が独立してもおかしくはない。
      • ただし、独立したら十年も経たずに破産するかもしれない。
        • 近年、地下資源が採掘しやすくなったので独立も夢ではなくなった。
        • ノルウェーと同じように地下資源があるに違いないとそそのかして独立を促しているのは、アノ中国。大丈夫なのかな~。
  4. 人口密度は0.03。ほとんど無人島。
    • 人口5~7万人
    • 面積は日本の5.7倍だが人口は宮古島(面積:グリーンランドの1万分の1以下)と同じくらい。
  5. 米国などからの海洋汚染が酷く、周辺で取れる魚は殆ど食べられない。
    • グリーンランドの主な産業は漁業なのでそんなことはない。
      • 日本にもロイヤルグリーンランド社(日本法人あり)の手により甘エビ、カレイ、ズワイガニ、サバ、タラなどが輸出されている。