サンケイスポーツ

提供:chakuwiki

サンスポの噂[編集 | ソースを編集]

  1. フジサンケイグループを表す目玉マークがしばしば本文中にも使われる。絵文字の先駆け?
  2. 競馬は穴党
  3. Webサイトは誤字脱字のオンパレード。
  4. 芸能面はフジテレビ情報ばかりの"日刊フジテレビ"。
  5. 宮城では、楽天イーグルスベガルタ仙台に関する記事が1面になる日がある。
    • ベガルタ仙台に関して言えば、ホーム戦当日と、試合に勝利した次の日は必ず1面で取り上げてくれる。
  6. ラグビーに関してはどこよりも力を入れている。
    • 毎日必ず何かしらラグビー記事が掲載されているため、ラグビーファンにもっとも読まれている。
  7. 産経新聞系列のためか、デイリースポーツについで阪神贔屓。
    • 最近じゃすっかり星野の御用新聞。
    • 関東では東京ヤクルトスワローズに傾斜。
    • その一方でデイリー以上に阪神の記事に対してガセが多い。T-岡田や中島裕之を阪神が調査など載せたために、T-岡田に関してはオリックス側が激怒した。
    • 仙さん以降もデイリーの次に阪神贔屓のスポーツ紙としてのポジションを維持している。
      • スポニチや日刊スポーツも追随しているが、デイリー>>>>>>>サンスポ>>>>スポニチ・日刊>>>>>(関西で読んではいけない壁)>>>報知>>>>(関西で売ってはいけない壁)>>>中日スポーツ みたいな状況。大スポ?あれはプロレスとオカルトネタがメインやからなあ。
    • 第1次岡田政権における要人発言記事の正確性はデイリーと双璧をなしていた。(記者には、どん語の翻訳をできる技能が求められるところ、デイリーとサンスポ以外のどん語に関する技能が足りてなかったため。)
      • ちなみに第二次政権ではどん語の解釈ができる人間がいなくなったため、デイリー含め全紙が岡田監督と冷戦状態になることもしばしば。そしてあれから出世して現場に行けるポジションではなくなった第一次政権時代の記者たちが、その状況を嘆いている。
  8. 関西地区においては、関テレよりもMBSとの方が仲が良さそうだが。
    • 関西テレビとはかなり関係が悪い。
    • TBSとの関係も非常に親しい(少なくともスポニチよりは)。笹川友里アナウンサーがサンスポ紙上でコラムを書いてる。
  9. ハロプロとも仲がいいらしい。
  10. 北海道では「道新スポーツ」。

関連項目[編集 | ソースを編集]