チャタム諸島

提供:chakuwiki

ご当地の噂 - 世界オセアニアポリネシアチャタム諸島

MW
J ハワイ
ミクロ
ネシア
キリバス c 太平洋
T
TU w サモア
メラネシア
フィジー トンガ N クック タヒチ P E
R
N
Z
Ch
チャタム諸島2000年発行記念切手・新千世紀
  1. ポリネシアの島々(無人島を除く)の中では、最も南にある。
  2. ニュージーランド領。
    • 同じNZ領のトケラウなどが自治領なのに対して、ここは「特別領」という扱い。
  3. 面積は約1000k㎡と、そこそこあるが、人口は600人程度と極端に密度は低い。
    • それでも、ピトケアンなどに比べるとずっとましな方。
  4. 独自のチャタム諸島議会があり、小さいながら自治制度は整っている。
  5. 先住民は、モリオリ族。だが、19世紀半ばにニュージーランドからやってきたマオリ族に征服され、絶滅寸前まで減少している。
    • まったく無抵抗で話し合いによる解決を提案したモリオリ族を、問答無用で虐殺。人類が犯した歴史的な大量殺戮の1つとして、10本の指に入る。
    • モリオリの伝統文化は一時全く途絶えたが、最近その子孫によって復興を遂げつつある。
    • 白人によるものでないためか、あまり注目されない。
  6. 首都はチャタム島のワイタンギ。全人口の半数がここに住んでいる。
  7. ここ固有の生物種が多いが、ご多分に漏れずその多くが絶滅危惧種となっている。チャタムクイナなど、既に絶滅したものも多い。
  8. オークランドなどから定期便が出ていて、比較的訪れるのは容易である。
    • 島に本格的なホテルやリゾートはない。ホスト制度(いわゆる民泊)を利用することになる。
    • ホストはツアーガイドの資格を持っているので、見所を案内してもらえる。
  9. とりあえず、ちゃたんとの関係はないようだ。