トーク:もしあのスーパー戦隊シリーズがパワーレンジャー化されたら

話題追加
提供:chakuwiki
  • シンケンジャーのパワレン化が決定したんですけど・・・--T.K.Y. 2010年12月18日 (土) 17:44 (JST)
    • 参考:Wikipedia:ja:パワーレンジャー
    • 後日本との遅れは拡大しているとはいえゴセイジャーも決定しました。当時はこれ以降の作品の制作が想定されていなかったので、どうしますか?(個人的には内容の予想をおすすめしますが)--T.K.Y. 2012年12月11日 (火) 20:22 (JST)
      • そういえばやるみたいですね、メガフォース。ただ、また非公認みたいにあっちには輸出されないものが出てくるかもしれないので、現状維持でいいのでは?--Kの特急 2012年12月12日 (水) 23:00 (JST)
  • 獣電戦隊キョウリュウジャーもお願いします。
    • 自分で書いてください。--無いです 2013年4月12日 (金) 18:36 (JST)

実現済み[ソースを編集]

  • 実際にパワーレンジャー化されたスーパー戦隊はこちらへ。--Kの特急 2014年9月20日 (土) 23:32 (JST)

侍戦隊シンケンジャー[ソースを編集]

  • 現実では「Power Ranger Samurai」として制作されました。
  1. レッドが日系人なのは確実。
    • 逆にNinja Stormみたいに日系人が登場しなかったりして。
  2. タイトルは「パワーレンジャー・サムライスピリッツ」になる。
  3. 黒子は、クロマキーブルーな全身タイツに差し替えられる。
  4. 薄皮太夫が着ぐるみではなくなる。
  5. 実際にパワーレンジャー化した。

天装戦隊ゴセイジャー[ソースを編集]

  • 現実では「Power Ranger Mega Force」として制作予定です。
  1. タイトルは『Power Ranger Angel』。
  2. ブレドランネタはなくなる。
    • あったどころかワルズ・ギルの弟と言う設定になり2シーズンをまたいで暗躍した。
  3. カードの表記は、流用映像では、ゴセイ、新撮、商品のみ正式表記する。
    • 予想的中。この為メガゾードの名前もほとんど日本版と一致。

海賊戦隊ゴーカイジャー[ソースを編集]

  • 現実ではレジェンド大戦のシーンとレンジャーキーのみ「Mega Force」に登場。
    • 「SuperMegaForce」としてゴセイジャーのパワーアップ形態となる事に。
  1. タイトルは『Power Ranger Space Pirates』。
  2. レンジャーキーなくライダーキーも登場する(後に映画スーパーヒーロー大戦がリメイク)
    • オリジナルよりレンジャーキーの種類が多くなる。
      • ファントムレンジャー(VRVマスター)、タイタニウムレンジャー、Aスクワッド、スピリットレンジャーのレンジャーキーは確実に追加だな。
        • バスコに当たるキャラから強奪するキーは、初登場時にタイタニウムレンジャーを追加、中盤(ジオ回)に出るズバーンをファントムレンジャー(VRVマスター)、Aスクワッド、スピリットレンジャーに変更。
        • タイタニウムレンジャーのキーのみコミコン限定で実際に発売されたらしい。
      • ズバーンはレッドの強化武装扱いになるのでレンジャーキーから除外される。
    • 過去にパワーレンジャーに登場したライダー、レンジャー以外もキー化される。
      • バスコあたるキャラが追加で所持どこかの回でライダーキーともに強奪。
        • 意外にもバスコにあたるキャラは登場しなかった。
    • 最終話レッドだらけオリジナル武装で皇帝に止めを刺す。
      • それだとワイルドフォースのあの回と被るから、全員バトライザー装着に。
      • まさかの「最終話がレジェンド大戦」という日本版とは逆の展開に。
  3. リタ・レパルサが初代回かミスティックフォース回のどちらかに登場する。
    • 残念ながら登場せず。但しグリーンレンジャー/トミーが初代パワーレンジャー代表としてレジェンド大戦にゲスト出演した。

特命戦隊ゴーバスターズ[ソースを編集]

  • 『BeastMorphers』として2019年放送決定。
  1. RPMのように、日本版以上にシリアスな設定になる。
    • 設定の関係上、敵メガゾードの名前が変更される可能性も。
  2. 少なくともニックとJは人間にも変身できるようになる。
  3. エスケイプは白人女性が演じ、第一話から登場するが、エンター役は被り物キャラになる。

獣電戦隊キョウリュウジャー[ソースを編集]

  • 「Dino Charge」として2015年放映予定。
  1. タイトルは『Power Ranger Electric Dinosaur』。
  2. イエローレンジャーがいないためRPMと同様最初から男4人に女1人と言う構成になる。
    • 予想的中。
  3. レンジャーキー同様、獣電池の玩具は日本版とは異なる造形になる。
    • 日本の単3サイズに比べて小さめの単4サイズで展開をしている。

手裏剣戦隊ニンニンジャー[ソースを編集]

  • 「Ninja Steel」として2017年放映予定。
  1. 九衛門が女性キャラになる。
  2. 弓張重三がレギュラーになる。
  3. 牙鬼幻月のポジションはオリジナルの敵キャラになり、原作の牙鬼幻月自体は敵の最終兵器か用心棒的な扱いに。
  4. レッドとホワイト以外は非血縁になる可能性が高い。

宇宙戦隊キュウレンジャー[ソースを編集]

  • 「パワーレンジャー・コズミックフューリー」として2023年放映。
  1. 女性はすでに二人いるが、男女比を考えてカジキイエローは女性になる。
  2. 何気に難しいのがガルの着ぐるみをそのまま流用するかどうか。ジューマンよりもデフォルメされたデザインなのでドギーみたいにもっとリアルな着ぐるみになってもおかしくはない…。
  3. 日本でのコグマスカイブルーの変身者が少年であり、パワーレンジャー・ターボのターボブルーレンジャー(ジャスティン)以来の少年戦士になる。
  4. ヘビツカイシルバーは当初はメタルの姿で敵対し、後に仲間となる。
  5. ピンクレンジャーがスーパーメガフォースのイエローレンジャーが何らかの理由でサイボーグになったという設定になる…訳無いか。