トーク:もし石原裕次郎が健在だったら

話題追加
提供:chakuwiki

趣旨逸脱内容[ソースを編集]

以後の追記は禁止します。--御蒲田弓之助 2012年11月25日 (日) 08:15 (JST)


これはアーカイブです
追記・切り取りなど、編集は一切しないで下さい
  1. 映画『わが青春のアルカディア』以来十数年ぶりにアニメ声優にも進出し、宮崎駿や押井守のアニメ作品を中心に常連的に参加し、当然それをきっかけにアニメソングも多数出す事となり、彼のおかげでアニメの社会的地位も更に向上する。
    • アニラジにもゲストとしてよく招かれ、特に林原めぐみとは「閣下(林原)」と「団長(石原)」の仲で、水樹奈々に対しても「ボス」と「奈々ちゃん」の仲。若手女性声優だけでなく、若手男性声優からも兄貴的かつ父親的存在となっている。
      • このファンはどうなるかな?
        • アニメ声優にとって「裕次郎さんに認められて、初めてプロなんだ!」となり、その為にレベルの高い声優が育つかも。
      • 水樹奈々のコンサートにサプライズゲストとして登場する。
        • 裕次郎と水樹のデュエットもあり。
    • あの「ヤシガニ事件」にも美空ひばりと同様に徹底追求する。
    • 「月刊ニュータイプ」を始め各アニメ雑誌に連載を持っている。
    • 勿論石原プロに声優&アニメ部門を立ち上げる。
      • 男らしさと萌えを巧く組み合わせた作品を作る。
      • 西部警察がアニメ化される。
      • 作品のヒットによっては「萌え」の京都アニメーションと双璧をなす。
      • 北条司のアニメ化作品は石原プロによって製作されていたかもしれない。
        • 『シティーハンター』辺りはアニメではなく実写ドラマ化されていたのでは。
          • 結果、ジャッキーの黒歴史は存在しないことに。
    • 映画『紅の豚』のポルコ・ロッソは彼が声を当てていたかもしれない。
    • 舘ひろし主演のTVアニメ版「ゴルゴ13」(テレ東)と、渡哲也が声の出演をしていたアニメ「三国志」は石原プロが製作していた。
    • 劇場用アニメでの本業声優をないがしろにしての一般タレントの声優起用に対してはかなり苦言を呈していたかもしれない。
    • 『名探偵コナン』の劇場版にもちゃんと出演していた。
    • 同じ兵庫県神戸市出身である寿美菜子との共演や対談が実現していたかも(特にアニラジ)。
    • そこまでアニメ界にかかわるというのは考えにくい。「声優関連における過度な投稿」では?
      • もし本当に裕ちゃんが健在でそこまでアニメ界に関わったら同じ要領でフュージョン界イージーリスニング界天文界にも深く関わるような気がする。最も具体的な例を挙げれば「フュージョン関連における過度な投稿」「イージーリスニング関連における過度な投稿」「天文関連における過度な投稿」になってしまうが。

投稿規制の扱いについて[ソースを編集]

昨年兄の方が亡くなったのですが、引き続き投稿規制をするということでよろしいのでしょうか?--かちゅう (トーク) 2023年5月10日 (水) 20:05 (JST)