バスターミナル

提供:chakuwiki

バス > バスターミナル


バスターミナル 目次
北海道 青森
秋田 岩手
山形 宮城

島根 鳥取

福井

新潟 福島
佐賀 福岡 広島 岡山
長野 群馬 栃木
長崎
大分


埼玉
宮崎 愛媛 香川
山梨 東京 千葉
鹿児島 高知 徳島 和歌山 愛知 静岡 神奈川
沖縄

分割済み[編集 | ソースを編集]

青森[編集 | ソースを編集]

五所川原駅前案内所[編集 | ソースを編集]

  1. 「ノクターン」号の終点。
  2. JR及び津軽鉄道の五所川原駅の真向かいにある。
  3. 待合室の広さは向かいのJR駅に余裕で勝ってる。
  4. 時刻掲示はあの懐かしのアクリル板に毛筆で書かれたもの。
  5. 中には売店だけでなく何と立ち食い風のそば屋まである。
    • 何故か「おやき」を売っている店まであるが、長野のおやきとは違うような…
  6. 立派なターミナルなのに、上りの便の中にはここに戻らずに中心部から営業所に行ってしまうものも。

秋田[編集 | ソースを編集]

長崎屋バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. とっくの昔にここの長崎屋はドン・キホーテになっているが、いまだにこの名前のまま。

福島[編集 | ソースを編集]

南相馬バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 南相馬インターの直ぐそばにある。
  2. 東北アクセスの本社営業所と併設している。
  3. 東北アクセス専門のバスターミナルなので福島交通の便は停車しない。
  4. 東北アクセスが運行している一般路線は発着しない。
    • 高速バス専門。
  5. セブンイレブンも併設されていたが、撤退した。
  6. 開設後も発着は旧本社があった牛来車庫から発着している。
    • 牛来車庫は最近廃止された。

群馬[編集 | ソースを編集]

草津温泉駅[編集 | ソースを編集]

  1. 昔から草津温泉の最寄駅として扱われているが、その実態はバスターミナルである。
    • 元々国鉄がバス路線を鉄道路線の代替として扱っていた名残でもある。
      • この為かみどりの窓口や駅レンタカーもあるなど、実質的にJRの鉄道駅と同じような設備が整っている。
    • 長野原草津口駅が現在の駅名になる前から草津温泉駅を名乗っていた。
  2. 草軽電鉄の草津温泉駅とは位置が違うので、ここに列車が来たことは一度もない。

埼玉[編集 | ソースを編集]

大宮駅西口[編集 | ソースを編集]

  1. ロータリー内だけに収まらず、分散しているので少々不便。
    • 特に高速バスはソニックシティの方まで歩かなくてはならない。
      • 西武や東武が絡んでる場合はそごうの前から乗れるが、ツアー上がりはソニックシティまで歩く。
    • 丸建バスに至っては、アルシェとDOMに挟まれた狭い道にある。完全に初見殺し。
  2. 今度さいたま新都心にバスターミナルが出来るらしい。そうしたらここはどうなる?

さいたま新都心バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 名前だけ聞くとでかそうだが実態はというと…。
  2. ターミナルは公衆トイレをでかくしたような木造で一応コンセント付きのカウンターがあるものの乗車券の販売は行っていない。
  3. バスタ大宮構想とは無関係。
    • オリンピックの輸送拠点を見越して突貫工事で作られたため。
  4. バスタ構想のほかさいたま市役所がここに移転してくるので将来的になくなることが決まっている。

千葉[編集 | ソースを編集]

市原鶴舞バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. いい加減マルチポストと怒られかねないくらい書きまくった気がする、新道路網における房総観光の拠点。あるのは山村の中なので、いわゆる市原の工業地帯を思い浮かべてはいけない。
  2. 待合室・コンビニ完備。おまけに周辺観光施設からの送迎までやってくる便利な場所。だが、さすがに道の駅を併設するまでの土地の余裕は無かったか。駐車場もギチギチである。

東京[編集 | ソースを編集]

鍛冶橋駐車場[編集 | ソースを編集]

  1. こちらもツアーバスの路線化時に急造で用意されたバスターミナル。
  2. 駐車場を名乗っているが、元ツアーバスに追い出されるかたちで既に駐車場としての機能は失われている。
  3. バスタに集約された新宿と違って、こちらは総合BT建設の予定があるもまだまだ先なので、ここを仮普請で使い続ける罠。
    • できた当初は待合室すらなく、トイレは建築現場等で見かけるレンタルの奴だった。
    • 今はプレハブの待合室があるもピーク時間帯は速攻でオーバーフロー、大半の客は露天で立ち詰めで入線待ち、雨が降ると悲惨。
  4. 「東京駅鍛冶橋駐車場」と東京駅に近いような案内がされているが、その実態は京葉線を除くと有楽町や銀座一丁目の方が近いほど。

浜松町バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. かつては休日があった(今もあるのかな?)
    • その日は車両も中に入れないため、例えば京急の高速バスは品川BTから目的地に直行したりしていた。
    • 流石に今は無い。毎日多くの高速バスが乗り入れるため。
  2. あまり改装されていないためか、どことなく昭和臭が感じられる。
  3. 天井が低いため、ダブルデッカー車は入線できない。
    • SHD車だと車上のアンテナが天井に当たって、ピョンピョンと音が聞こえることがある。
  4. ここを出発した高速バスが東名方面に行く場合、大門の辺りでとんでもない細い道を使う。
    • かつては萩行き「萩エクスプレス」も使用していたため、行先が萩表示かつ車体のイラストが山口県色満載の防長交通車が19時頃に大門の裏道のような所に入ってきて、近くを歩くサラリーマン達をびっくりさせていた。
  5. 京成バスとその関連会社が多く乗り入れる。

新宿南(廃止)[編集 | ソースを編集]

  1. ツアーバスの路線化時に急造で用意されたバスターミナル。
  2. 当時各社のBTが散在していた新宿でも、他のBTとはあらぬ方向にあったので、ここを探して右往左往する利用客が多かった。
  3. 停車スペースがとにかく狭かった。
    • 3台並ぶとほぼ一杯になる横幅もさることながら、縦の長さがバスの車長+バス出発用の通路分くらいしかなかった。
      • そのため、奥の乗り場から1台バスが出発すると、横に停まっていた2台目が通路を使って切り返して乗り場に入り、次に横の3台目が切り返して2台目のスペースに停め次のバス用のスペースを空けるという、アクロバティックな運用を行っていた。
  4. バスタ新宿の開業により、そちらに統合されるかたちで廃止。
    • 実はバスタ開業後も乗り入れできなかった会社の受け皿としてしばらくは使われていた。廃止後は鍛冶橋が受け皿に。

新宿高速バスターミナル(廃止)[編集 | ソースを編集]

  1. ヨドバシカメラの近くにあった。
    • それどころかモバイル館と同じ建物に入っていた。
  2. 山梨・長野の飛び地。
  3. 臨時とは名ばかりの常設乗り場が新宿駅西口バスターミナルと一体になって存在したりしていた。今はどうなっているのだろう?
    • 実はそこはまだ現役だったりする。というのもバスタは続行便が入れないため、続行便が出た場合は続行便のみここから発着する。
  4. 水曜どうでしょうファンにとっては、キングオブ深夜バスはかた号の発着地として有名。バスタ新宿に発着地が移動された今でも「はかた号」と言えばここのイメージが強い。

バスタ新宿[編集 | ソースを編集]

渋谷マークシティ[編集 | ソースを編集]

  1. 渋谷マークシティの5Fに設けられたバスターミナル。
  2. 発着スペースも待合室も狭い、狭すぎる。
    • 乗り場が2か所しかない。なのに空港バスや木更津線等の昼行バスが頻繁に出入りし、夜行バスの路線も。
      • よって遅延したり続行便が出た場合は速攻オーバーフロー。その場合結構長い間手前で待機させられる。
  3. ビルの谷間にあるのに乗り場に屋根がない。雨の日に待合室が一杯になっていると悲惨である。
  4. バスの出入口が何と道玄坂に半ば強引な感じで付けられている。歩行者で賑わう狭い道に大型バスが突っ込んでくるので、見ていてヒヤヒヤすることも。
    • 通路自体も2車線ギリギリの幅かつ少しカーブしていて、頼りない造りである。

神奈川[編集 | ソースを編集]

横浜駅東口[編集 | ソースを編集]

  1. Y-CAT、と言えば通じやすくなるだろうか。横浜駅発の高速バスが入るのは基本こっち。
    • 昼間は相鉄系のバスのみ西口から少し離れたバス停より出発する。ビルの裏でわかりづらい。
    • レーンが近接して同じ方向に並ぶので誤解されやすいが、実は「YCAT」と「横浜駅東口バスターミナル」とは別物。YCATの待合室に面したレーンがYCATのレーンで、その向こうにあるA~Cレーンは東口BT。
  2. バス会社としては西口より断然重要なのだと思うが、なにより駅から遠い。たぶん初見では迷う。
  3. 高速バスの乗り場が統一されていないので、利用する際は要注意!
    • 「Y-CAT」として案内される待合室のある方の乗り場は主に元ツアーバス。本来主役である筈の京急バスの乗り場はその真逆にある(バスの向きまで逆)。
    • 元ツアー系の中でも、YCATのレーン発着の会社と、東口BTのBレーン発着の会社がある。そしてYCATではBレーンから出る高速バスは一切案内されないので注意。
      • しばしばこのトラップにはまってYCATでパニクってる客を見かける。
  4. 路線バスのターミナルはそごうの1階にあり、一部の乗り場と入口がつながっている。
  5. 実は、元ツアー系には「YCAT」でも「横浜駅東口バスターミナル」でもなく少し離れた外の「スカイビル前」から発着するものもある。
    • その場合、集合場所は何とYCATの真上(2F)のペデストリアンデッキ。間違って1FのYCATの方に行ってしまう人が後を絶たない。
      • その後乗車案内の際、一旦わざわざYCAT待合室横の通路まで連れていかれ、バス到着まで行列、待機させられる。何かの恥辱プレイですかw

Bustle海老名[編集 | ソースを編集]

  1. 海老名駅から南へ徒歩10分程の所にある。
    • 遠くはないが、海老名駅が東西南北に対し斜めになっているため方向感覚が狂いやすい。初めての人は地図アプリ片手に行った方が無難。
  2. Bustleは「バァスル」と読む。
    • 一応その読みで「せかせか動く、雑踏になる」といった意味の動詞である。
  3. 凝った名前からどんな立派なバスターミナルかと思って行くと、愕然とさせられる。
    • 建物はおろか何とベンチすらない。ただのだだっ広い駐車場にバス停を示すポールがぽつんと立っているだけ。
    • 自販機すら少し離れた所にある始末なので、時間に余裕がない場合は駅で飲み物など買っておいた方がよい。

箱根桃源台[編集 | ソースを編集]

  1. 新宿から続く小田急の最後の乗り換え地点かつ高速バスの発着点。日中の便では大半が系列のホテルまで行く。
  2. ただし箱根八里を経由する高速バスは一本も無い。全便が御殿場へ向かう。こんな風に系列内で微妙に棲み分けが成されている。
  3. 海賊船の最終便が出航し、ロープウェイも運行を終了したターミナルにはバスだけが30分-1時間程度ごとにやってくる。その時間帯は、ここを発車する時点ではガラガラだが・・・

山梨[編集 | ソースを編集]

甲府駅バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 最近リニューアルされて綺麗になった甲府駅の南口バスターミナル。高速バスと各観光地ゆきのバスが接続する。
    • どちらかというと中央本線特急の方が接続がいい気はするけど。
  2. 東京都市部の駅前と何ら変わりない風景の中に、都心から追放された旧型バスがひっきりなしに入ってくる。

山中湖旭日丘[編集 | ソースを編集]

  1. 富士五湖方面高速バスの終点かつ、KABAの出発点。休日は人でごった返す。
  2. もっとも、ここまで来てしまうともう寮とロッジしかないのだが・・・
  3. 発券窓口などもある結構立派なBTなのに、御殿場行に乗るには道路向かいのバス停で待たないといけないという…
  4. 実は今の場所は移転後のもの。
    • 湖岸を少し奥に行くと移転前の旧BTの建物が残る。廃墟化してその手のマニアが好みそうな状況だが、高速バスの駐車場としてはまだ使われている。

新潟[編集 | ソースを編集]

万代シテイバスセンター[編集 | ソースを編集]

  1. 新潟交通の本社も入っている
    • 2階へのエスカレーターを上ると真正面に本社の入り口が見える。
  2. 主に東方面(南東方面を含む)の近郊・郊外線と県外高速バスの始発・経由地。
    • 昔は12番線までフルで使っていた気がするが、BRT導入等でだいぶ整理されて今は臨時以外は8番線までと使用番線が減った。
    • 県内の高速バスは東港線十字路と萬代橋の間の乗り場から発着するので注意。
  3. 実質的に二代目であることはあまり知られていない。
    • 新潟交通バスステーションビルという名前で1973年に現バスセンターに移転する。
  4. エレベーターが端にしかない。
    • ここの2階に行く(2階を通り抜ける)なら、素直にエスカレーターや階段を使うか他のビルで上がってからペデストリアンデッキを使う方が動線からしても良い。
  5. バスセンター以外にも「万代シテイ」を名乗るバス停が周辺に多数。
    • 東港線十字路と萬代橋の間、ラブラ万代の北側、テレコムビルの前、メディアシップの前、伊勢丹の正面玄関前…
    • 秋銀前はもはや万代シテイではない。
  6. イメージキャラクターは「ばんにゃい」。レインボータワーをイメージしたらしいが、解体後はどうするつもりなんだろうか…。
  7. 万代そばのカレーライスが有名。あのケンミンショーにまで取り上げられるほど。
  8. 2021年現在改装工事中である。

石川[編集 | ソースを編集]

金沢駅バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 東口ターミナルと西口ターミナルに別れている。
    • 主なバス発着は東口。西口は一部の路線しか出ていない。
      • 兼六園や茶屋街など、観光客向け路線もほとんどが東口ターミナル。
      • 能登方面の特急バスなど西口から出たほうが便利な路線も東口から。
        • 逆に、どう見ても東口からの方が便利な加越能バス・南砺~金沢線は西口から発着している。北鉄にハバにされているようで可哀想。
    • 新幹線開業後、東口を兼六園口、西口を金沢港口ターミナルと改称したはずだが、北鉄バスの案内では今でも旧称のままになっている。
  2. 高速バスと観光バスを除けば、ほとんど北陸鉄道バスグループ専用ターミナル。
    • 後はJRバスと加越能バスが、ごく一部に細々と間借りしている。
  3. 交通系カードは、長らくICaしか使えなかったが、JRバスでPiTaPaを使えるようになった。
    • そのためか、東口ターミナルにPiTaPaを始めとする全国相互ICカードのチャージ機が設置された。
      • 大きく「Icaは使用できません」と書かれていて、Icaの特殊性が強調される結果となっている。

金石バスターミナル[編集 | ソースを編集]

金石バスターミナル・旧ビルに入っていた串軒
  1. 金沢市沿岸部にある主要ターミナル。
  2. 金石駅の跡地を利用。
    • ただしターミナルビルは旧駅舎の位置ではなく、貨物ヤードのあった場所に立っている。
  3. 路線バスは北陸鉄道のみ。
  4. 以前は金沢港方面や安原方面といった海沿いのルートも発着していたが、今はない。
    • 金沢市中心部に向かうルートが中心。しかも金沢駅ターミナルはスルーする路線が多い。
    • 県庁方面の本数も少ない。
  5. 老朽化のため近年立て替えられたが、以前に比べて随分小規模な施設になった。
    • ガラス張りで以前より明るい雰囲気になったが、屋内の待合室がなくなりベンチが吹きっさらしなので、評判は今一。
    • 以前は職員が常駐して売店なども営業していたが、今は無人。それどころかIcaのチャージ機も撤去された。
    • 旧ビルは、ほかにカラオケスナックや焼鳥屋が入っていて、ターミナルというより雑居ビルの雰囲気だった。
      • 焼鳥屋「串軒」は地元では評判の名店だった。閉店したのが惜しまれる。

和倉温泉バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 和倉温泉駅前ではなく、温泉街の入り口にある。
  2. 三角屋根のレトロな建物。
  3. 小さい割に、定期観光バス、ツアーバスなど大型バスの発着が多い。
  4. ここも北陸鉄道バスの天下。
  5. すぐ横に交流センター総湯館があり、銭湯の値段で温泉を楽しめる。


能登里山空港バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 航空便連絡よりも金沢方面と奥能登方面の乗継のための中継基地の機能が大きい。
  2. ターミナルとはいうものの、路線バスの停留所は1ヶ所のみ。ちょっとさみしい。
  3. 以前は同ターミナル発着の定期観光バスがあったが、今はない。コースの途中に寄るものが若干あるだけ。

岐阜[編集 | ソースを編集]

岐阜駅前[編集 | ソースを編集]

  1. これだけ広いのに、走っているのは岐阜バスだけ。
    • でもラッピングの種類の多さで気づきにくい。
    • そもそも岐阜市内の路線バスが岐阜バスしか無いんだから当たり前といえば当たり前。高速バス走らせようにも初めから名古屋方面行った方がマシ。
  2. 元々かつての岐阜市営バスのターミナルだった。岐阜バスは名鉄岐阜駅下にあるBTが本来の拠点。
    • なので一部の岐阜バスの高速バスはこちらに来ないので注意。
  3. 鉄道ファンには紛らわしい乗り場がある。
    • 乗り間違えても恐らく途中で気づくと思う。
    • 城跡巡りやバスファンの方は紛らわしい方に乗るのが正解か。
    • 例えるなら岡山駅から乗り換えなしで行ける高松が二つあるのと同じ。

名鉄岐阜バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 新岐阜百貨店在りし頃はデパートと一体となって存在していた。
    • だが閉店後は追い出されて大部分の系統がJR岐阜側の発着になり、乗り場も屋外になった。

静岡[編集 | ソースを編集]

浜松駅バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 駅北、駅南、鍛冶町と散らばっていたターミナルを完全統合。
  2. 隣の遠鉄百貨店から見下ろすと見事な正十六角形。真ん中に「伸びゆく浜松」のモニュメントが立っていて独楽のよう。
  3. 緑と銀色の遠鉄バスがひっきりなしに発着する中、たまに現れる青と白のJRバス、赤と白の京王バスが異彩を放つ。
  4. ここを起点に浜松市内はどこにでも行けるといっても過言ではない(天竜区内の山奥を除く)。

吉原中央駅[編集 | ソースを編集]

  1. 開設以来、列車が来たことは一度もない。
  2. もともと、馬車鉄道の「駅」だった。今はただのバスターミナルだが、それでも「中央駅」を名乗り続けている。
  3. 最寄り(鉄道)駅は岳南電車の吉原本町。商店街をはさんで反対側にある。

愛知[編集 | ソースを編集]

名鉄バスセンター[編集 | ソースを編集]

  1. 基本的に中長距離専門のバスターミナル。
    • 数少ない短距離便も郊外路線が中心なので、名古屋市民だと逆に使わない気がする。
    • 高速バス待ちで賑わう待合室やとファミリーマートの活気が旅情を掻き立てる。

名古屋駅[編集 | ソースを編集]

  1. 国鉄→JR系施設の中にある、JRと名古屋市交通局のターミナル。
    • …だったのだが、建て替え時にJRは新幹線側に仮設ターミナルを作りそのまま戻って来ず。リニアに合わせた専用ターミナルを作る気かしら。
    • 名古屋市営バスだけのターミナルなのに、自販機やコインロッカーがTOICA対応になってる事くらいしかJR東海要素が無い。
  2. 先に出来た栄バスターミナルと雰囲気は似ているが、肝心の冷暖房が無くベンチも少なく(地元民特化とはいえ)居心地が悪い…。
    • そりゃ昔の地下街潜る前提の路駐なんかよりは遥かにマシだけど。
    • 旧ターミナルの頃はやたらアップダウンが激しかったけど、今度は横の面積が広い。
      • 使いたいバス停と施設と階段の位置関係を一度把握しておくべし。

オアシス21[編集 | ソースを編集]

  1. 栄に2つある、新しくて大きい方のターミナル。
  2. ちょっとしたカフェや売店があったりとそれなりに快適。
  3. このターミナルが出来た後も、路駐のバス停が残っておりややこしい。
    • ターミナル出発後に路上を経由したり、そもそもターミナルを経由せず路上で用を済ませる例も。

栄噴水南[編集 | ソースを編集]

  1. かつての名古屋市営バスのメインターミナル。使用停止されたホームも残る。
    • 今でも市の南部へ行く路線はこっち発着。そりゃオアシス行くよりは効率良いし。
  2. そのうちオアシス側に統合されるとのこと。夏場の炎天下はオアシスの方が快適だから悪くは無いけど。
    • ただヨドバシ行った後に始発停から乗るのが面倒になる…。素直に矢場町を使えということか。

金山[編集 | ソースを編集]

  1. 栄や名駅と違って中途半端な広さなので陰が薄い。
    • 市東部(瑞穂運動場東とか)方面のバスは概ねマシだが、西部方面(中川車庫)は雨の時大変!
      • 方面的に真逆な金山25が明らかに浮いている。本数は正義。
    • 電光案内板もあったが撤去されてしまった。

岡山[編集 | ソースを編集]

天満屋バスステーション[編集 | ソースを編集]

  1. 百貨店の名前がついているからといって広島みたいなのを期待すると肩すかしを食らう。
  2. 近年になってここに来なくなった高速バスが増えた。
  3. 宇野自動車は乗り入れない。表町にターミナルが別にある。
  4. 路面電車2路線からは微妙に距離がある。

広島[編集 | ソースを編集]

広島バスセンター[編集 | ソースを編集]

  1. 広島そごう3階に入居。
    • エレベーターに乗っていても3階だけどこか空気が違うため他県の人はたいてい驚く。
    • そごう完成前は地上にある普通のバスターミナルだった。
  2. ここから出る高速バス路線の東限は東京、南限は鹿児島まで。
  3. かつてはバスが建物を出るスロープから広島市民球場のグラウンドが見えた。
  4. まさに広島市の中心にあるバスターミナル。
    • 街外れの広島駅からはものすごく離れているので、新幹線への乗り継ぎは不便。
  5. バス帝国広島ということもあり、広島バスセンターだけでは広島市から各地へのバスをさばききれず、地上の紙屋町や八丁堀にもかなり頼っている。
    • その紙屋町や八丁堀バス停も数が多すぎて、正面に立っている建物を目印に○○前と付けている始末。

大朝駅[編集 | ソースを編集]

  1. 発祥は青い暴走族の中継地。
    • ただ、浜田自動車道開通によりローカル専用バスターミナルに格下げ。

島根[編集 | ソースを編集]

赤名駅[編集 | ソースを編集]

  1. 一応島根県ではあるが、広島県の影響下と言っても過言ではないほど三次方面へのバスが充実している。
    • むしろ島根方面のバスは一部廃止した。
    • もっとも、雲芸線全盛期には栄えていたが、松江自動車道開通で高速経由になったのが衰退の原因。もはや備北交通とコミュニティバスしか来ない。
    • 高速バスがR54経由だった当時も、ここに寄るのはJR系路線の「みこと」(広島~出雲市)だけで、「グランドアロー」(広島~松江)は少し離れたところに停留所を設けていた。

徳島[編集 | ソースを編集]

海部観光BUS OASIS(徳島駅前)[編集 | ソースを編集]

まさかの新設ターンテーブル
  1. 広い徳島駅のバスターミナルから少し脇に入った所にある、海部観光が自前で造った専用ターミナル。
  2. 何とこの時代にまさかのターンテーブル新設。
  3. 建物は木材を多用していて、元ツアー系なのに金かけた感がある。
    • シャワールームやマッサージチェアまであるらしい。

愛媛[編集 | ソースを編集]

松山市駅[編集 | ソースを編集]

  1. バスターミナルといよてつそごうを知っている人はもう若くない
    • 昔はバスターミナルがあったけど、そごうから高島屋に変わる辺りに路上に引きずり出された。跡地は高島屋の増床フロアになった。
  2. 市内各地へ行くバスに加えて高速バスもここから出ている。
  3. 無理やり路上につくったからか、駅から見て横断歩道を渡らないといけない乗り場もある。
  4. 伊予鉄道のお膝元ながら、瀬戸内宇和島も乗り付ける。
  5. 広島・九州へ行く人にとってはブービートラップが仕込まれている。
    • 船が出る松山観光港とを結ぶリムジンバスは、到着こそしても出発はしない。大人しく電車を使えということか。

松山駅[編集 | ソースを編集]

  1. 高速バスと路線バスの乗り場が離れている。
    • 高速バスと久万に行くJRバスは駅近くからでるけど、路線バスの乗り場には若干歩かないといけない。
  2. やっぱりと言うか、市駅と比べて停まるバスは少ない。
    • 強いて松山観光港へ行くバスが停まるくらいか?

福岡[編集 | ソースを編集]

西鉄天神高速バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 最近まで「西鉄天神バスセンター」という名前だった。
  2. ここを発着する高速バスで渡辺通りが埋まる。
  3. その名の通り、西鉄が絡んだり、絡んだことのある高速バスしか来ない。
    • 他のバスは路上のバス停に着く。天神の街自体をバスターミナル呼ばわりする人もいるとかいないとか。
    • AIRPORT BUSはターミナル発着ですが、それ以外は路上に。
  4. 最近工事してきれいになった。
  5. 福岡らしいのか、夜に1Fまで降りたらだいたい屋台が建っている。
  6. 路線バスは道路上なので、バス停が多すぎ。同じ方向でも別々に停まるので混乱状態。したがって「バスに並ぶ」はありえない。

博多バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 福岡市のもうひとつのバスターミナル。
  2. かつては「福岡交通センター」。国鉄も出資していた。
  3. 天神と違い、JR九州バス・昭和バスも発着。
    • JR九州バスは天神にも乗り入れている。高速バス(フェニックス号)だが。
  4. しかし路線バスの多くは駅前のばらばらなバス停に停車。中央埠頭行きの連接バスやキャナルシティ方面は普通のバス停なので、案内所の説明係が大変。特に外国人が来ると混乱。博多駅改築のときに増築しておけばよかったのに。
  5. ドームの野球開催日は1階の行列がフロアで収まらないこともある。西鉄の地下鉄つぶしのツケ。
  6. バスターミナル以外にショッピングモールとしても機能している。
    • ゲーマーズとナムコは天神ではなくここの中にある。
      • そこのナムコは今や全国でも数少ないアケマス設置店舗の一つであるため九州Pの聖地になっている。
      • アニONもある。
    • しまむらもダイソーもある。ダイソーは広いので大人買いの人が多い。
    • 金沢のゴーゴーカレーもあった。
      • 8階に行ったら1000円くらい出せばお腹いっぱい食べられるお店が並んでる。
    • 強引な形状でマクドナルドがある。
    • 紀伊国屋書店もある。
    • 牧のうどんもある。なお、とある声優さんに関連するライブやイベントの開催日になると、トッピングのしめじと昆布とごぼ天が早いうちに売り切れてしまうらしい。
  7. 昔はあちこちにゴミ箱があったが今はない。
  8. 2階にはローソンとトイレがあるが、乗り場とは壁で仕切られている。一旦1階に行かねばならない。
  9. JR側に別に店があるが、道路の関係で一旦上か下に行かねばならない。
  10. エレベーターやエスカレーターが複雑で、上の階まで行かないものがある。
    • 色分けをしているものの、同じ色でもエレベータとエスカレータで行けるフロアが違うのもじれったい。
  11. こっちもこっちで最近バスのりばがきれいになった。
  12. 昔はバスのりばしかなかったらしい。商業施設ができたのはここ最近らしい。
  13. 最近蛭子能収とタイアップしている。
  14. 西鉄のバス時刻表では「博多バスター」と書かれる。

小倉駅バスセンター[編集 | ソースを編集]

  1. 駅前のロータリーに案内所があるのみ。
    • 駅前では高速バスの回数券を売ってくれない。大人しくコレットまで動きましょう。
  2. 高速バスは別。デパート「コレット」前。
  3. ご多分にもれず、バスターミナルの要望を西鉄と国鉄の対立でつぶした。
  4. 本来ならコレットは広島バスセンターのようになっていたようだ。
  5. 魚町や平和通など駅前と無関係なバス停中心の路線も多い。

黒崎バスセンター[編集 | ソースを編集]

  1. 北九州市西部のバスターミナル。
  2. ホームは小倉方面と折尾方面で平行にある。小倉方面ホームは筑鉄と同面。
  3. 上層部は八幡西区役所・ハローワーク・ホテル西鉄イン。
  4. セブンイレブンがある。障害者雇用のハンバーガーやもある。
  5. 折尾方面トイレはまあまあだが、小倉方面行きホームのトイレが汚い。便器も少ない。
  6. 産業医大方面のみ北九州市営バスも停車する。

佐賀[編集 | ソースを編集]

佐賀駅バスセンター[編集 | ソースを編集]

  1. 佐賀市営バス・祐徳バス・昭和バス・西鉄バスのターミナル。
  2. 佐賀駅から高架下商店街「えきマチ1丁目」を抜け、横断歩道を渡る。
  3. ファミリーマートがある。佐賀駅構内にもある。
  4. 佐賀空港ゆきバス、西鉄高速バス天神行きも発車。

嬉野温泉バスセンター[編集 | ソースを編集]

  1. 佐賀の美肌の湯・嬉野温泉のターミナル。
  2. 新幹線開業まではここを常に利用しないと嬉野温泉にいけない。
  3. 九州急行バス(1日4本)、JR九州バス(武雄温泉駅・彼杵駅より)、西肥自動車(佐世保より)、祐徳バス(鹿島市より)が発着。
    • バスセンター乗り入れ以外の嬉野経由は嬉野ICから温泉街まで数十分歩かねばならない。
  4. 観光案内所も兼ねている。
    • 西肥の職員がセンターの業務をしているようだが、観光客に無愛想。

長崎[編集 | ソースを編集]

県営バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 長崎駅の路面電車の電停の向かいにある。
  2. 高速バス・空港バスはここ発着。
  3. 長崎県営バスでも路線バスは別の場所発着。
  4. 建物は老朽化しているが、ちょっとリニューアルした。
  5. 売店とうどん屋はあいているかどうかわからないくらい寂れている。
  6. 九州号の利用客は地下通路を通る。

熊本[編集 | ソースを編集]

熊本交通センター[編集 | ソースを編集]

  1. 2018年現在は更地に待合室と案内所、取り囲むようにバス専用道と電車通のバス停。
  2. 市電との乗り継ぎは便利。「辛島町」下車。
  3. 電停を越えると商店街。入口に7-11がある。
  4. 夏暑く冬寒い。
  5. かつてはホテル、デパート、地下街のある大掛かりな建物。
  6. 産交バス、熊電バス、熊本バス、熊本都市バスおよび高速バス・空港バスのターミナル。

宮崎[編集 | ソースを編集]

沖縄[編集 | ソースを編集]

那覇バスターミナル[編集 | ソースを編集]

  1. 那覇駅の跡地。
    • 各種時刻表では沖縄県の「代表駅」として扱われている。
  2. 再開発によって「カフーナ旭橋」というデカいビルの下に潜った。

海外[編集 | ソースを編集]

ヴィクトリア・コーチ・ステーション[編集 | ソースを編集]

  1. 近距離路線バスの他、国外へのバス路線もある大ターミナル。
  2. Googleマップのレビューに「トイレが臭い」と身も蓋もないことが書かれていた。