ファッションモデル

提供:chakuwiki
2020年10月13日 (火) 22:48時点における>Tc79929による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
  1. 「(雑誌名)専属モデル」が一種の肩書き。
  2. 基本的にスレンダー体型。
    • 要は生きているハンガー。
  3. 映画やドラマにほとんど客寄せパンダとして出演。
    • 稀に伊●美咲の様に転身してしまうのもいる。
      • 稀ではなく結構いる(とくに男性)。
  4. パリコレが最高峰。
  5. 容姿だけが求められる職業。ルックスは多少落ちてもかまわない。
  6. 同性からは支持されるが、異性からは嫌われやすい。
    • そうかなあ。
    • 嫌われ「やすい」となっているのはそういうケースも稀にあるので。異性の関心は本人の性的魅力とファッション系以外のメディア露出が鍵を握る。
  7. 職業柄、華やかな世界と思われているがモデルと言ってもピンからキリまであり、所謂スーパーモデルクラス(世界的なモデル)は報酬もよく名声もあるが差も激しい。ある意味伊●美咲は転身して成功だったかも。
    • スーパーとかユ○クロのチラシのモデルもいる。
  8. 高身長。男性は180cm、女性は170cmないと大体務まらない。
    • ただし、ちゃんとしたプロダクションに入っていても、雑誌モデルならそこまで身長は重要視されていない。
      • 事実最近の女性ファッション誌のモデルを見ていると168~169cmが多いように思う。
    • 最近ヨーロッパではやせすぎの女性モデルを規制する動きが出ている。いいことだと思います。
    • 女性の場合最近では150~160cm台前半の「Sサイズモデル」も登場してきている。
    • 体重も重視されるため、食生活も厳しい。
  9. 「髪専門」「手専門」なんてのもいる。
  10. 最近はプロのモデルよりも読モ(読者モデル)が進出。読モは普段は普通のアルバイトと掛け持ちが多い。
    • 読者モデルはテレビ等に出演してても、あくまで一般人。
  11. おっぱいぽろりんしても堂々としてないと務まらない。
    • ステージ上で滑ったり服がはだけたりなどのハプニングとは背中合わせ。
    • スピーディーな衣装替えが求められるので、上も下も隠してる余裕なんぞない。
    • シースルーを着ると、乳首が透けて見えることもある。
  12. 最近では乃木坂46がこの分野に進出している。
  13. AKB48も数は少ないが、何名かはモデルになっているメンバーがいる。中には下着メーカーのモデルを兼ねるメンバーもいる。
    • メンバーが専属モデルになるとその雑誌が休刊に追い込まれるジンクスがあるらしく、最近では躊躇している。
    • いないことはないが、ハードルが高いだけ。ファッションモデルになるにはビジュアルやスタイルが追求されるため、AKB48のようなビジュアルを追求しないグループにとってはハードルが高い。
  14. テレビだと痛いキャラになりがち。
  15. 最近では男性誌のグラビアにも進出するいわゆる「モグラ女子」が現れた。
    • ファッション雑誌やショーで水着姿を披露することもあるので、その延長線上と思われる。