ベタなオカマタレントの法則

提供:chakuwiki
  1. 何か副業を持っている。
    • あるいはそちらが本業だったりすることもある。
  2. 幼少期から性別に関する悩みを持っていた。
    • それが原因でいじめられていたことも。
  3. 何かしら芸を持っているか、あるいはご意見番的ポジションにいる。
  4. イケメンゲスト相手にセクハラまがいの発言をすることも。
  5. だいたい毒舌キャラ。
    • 何を言っても許される立場が確立している。
  6. 最近では何故かオカマではなくオネエと呼ばれることも多い。
  7. 名前は普通に男性の名前を使うか、完全に(人名として実在しない)芸名になるかの両極端。
    • 女性の名前を使うことは少ない。
    • 芸名を使っている場合、その本名は結構男らしい(例・山咲トオル)。
  8. 実際の「LGBT」からは嫌われていることも少なくない。
    • 「かえって偏見を助長する」とかそういった理由で。
  9. 声が明らかに男っぽい。その声であまり高くない中途半端な声で喋っている。
  10. 普通の女性より女性らしいしゃべり方をする。
  11. ホモ。
  12. 本当に性転換をした人は少数。
    • その人は中途半端なオンナ男になっているか美女になっているかのどちらか。
  13. 何故か某国を持ち上げることが多い気がする。
  14. 最近では本当に「二丁目」出身者と思しき人も見かけるようになった。
  15. ほぼ一発屋芸人みたいな扱いである。
  16. 悪く言えば「オカマだというだけで」出てきている。それ以外にこれといった特徴がない。
    • …はずだったが、最近では別の身体的特徴を持つ人もいる。
  17. 普段は女言葉で喋り、キレる時は男言葉。いわゆるカルーセル麻紀メソッド。
  18. たまに性別適合手術を行って身体的にも戸籍上も完全に女性になるケースもある。

関連項目[編集 | ソースを編集]