ベタなホームセンターの法則

提供:chakuwiki
  1. 基本的にロードサイド。
  2. 屋外に園芸用品などを展示。
    • 土日には店舗近隣に住むガーデニング好きなおばちゃん達が集結する。
  3. 日用品は基本的にスーパーより安い。
  4. 電化製品も扱っているが、中古か性能の悪そうな海外メーカーばかり。
    • 国内メーカーでも、無名のよく分からないブランド。
  5. 材木やら家具やらで、やたら木の香りがする。
    • コーナーによっては、やたら新品の電化製品・家具臭かったりする。
  6. 極稀に生鮮食品を販売する店もある。
    • ペットの販売を行っている店もある。
    • 地元の農産物を売っていることがある。生産者の名前と顔写真つきで。
  7. 何でも揃うので、欲しい物が見つからない時は「○○(ホームセンター名)に行ったらあるんじゃない?」とよく言われる。
  8. 店員の制服が作業着みたいなデザイン。
    • 服の色は、派手(はで)。
  9. 誰が買うのかと思う様な商品も結構置いている。
    • 工場用の大型扇風機とか、工事用の三角コーンとか。
  10. 好きな人は毎日の様に足を運ぶが、行かない人はとことん行かない。
    • 「ホームセンターなんて一度も行った事がない」という人もたまにいる。
      • 人によって利用するかしないかの差がこれだけ激しい店も珍しい。
  11. 商品運搬用に、軽トラを無料で貸してくれる。
    • 軽トラは当然AT車(ATでないと限定免許持ちが運転できないため)。
    • 但し貸し出しは60分以内。
  12. 家族連れだったり、農家が軽トラで来たりと客層が広い。
  13. 屋外に灯油の販売所がある店もある。
    • 自社ブランドのガソリンスタンドがある店も。
  14. 天井がやたら高い。
  15. BGMは何故かフュージョン系。
  16. 自社ブランドの格安商品が増えている
  17. 郊外や地方の店舗だと農業用品を取り扱っている。休日も営業しているし、「収穫後の支払いOK」等、本家の農協より便利かもしれない。
  18. 駐車場の隅にコイン精米機
  19. レジの近くに時計修理・電池交換コーナー
  20. 歌謡曲・懐メロ・カラオケのCDも置いている。
    • カラオケのCDはCD-G。
    • 一昔前のアニメのDVDも。
  21. 「資材館」と称する別館があったりする。

関連項目[編集 | ソースを編集]