ベタな声優交代の法則

提供:chakuwiki

法則[編集 | ソースを編集]

  1. 元々担当していた声優が事情によって変わること。
  2. 長寿アニメでは必ずと言っていいほど起こっている。
    • サ◯エさんでは磯野家のほとんどが交代し、現在一度も交代していないのははサザエのみになっている。
  3. そのキャラのモノマネをしていた芸人が後を継いだ例がある。
    • ル◯ン三世?
  4. 前任が死んだならまだわかるが、余力のあるうちに行われると結構物議を醸す。
    • ただし引退や体調不良で休業の時は除く。
  5. 前任が死去もしくは引退しても行われずキャラもリストラと言う展開も起こり得る。
  6. 前作の発売や放映から10年以上経って続編が製作される場合は起こりやすい。
    • キャストの引退や高齢による声質の変貌などか。
  7. キャラの声優が本職の声優ではない場合、とくにゲームなどに出す場合はこうなりやすい。
  8. リメイク版が制作されるときは高確率で行われる。
    • 声優の白井悠介は「リメイク作品が制作される場合、時間が経っているほどキャストが変わりやすい」、「声優交代には制作会社側の都合もあるが、会社にも『作品を今まで知らなかったような層に見てほしい』という考えがあるのではないか」と自身のYouTubeチャンネルで語っている。
    • オリジナル版で主要キャラを演じた声優がリメイク版で主要キャラの親を演じることもある。要するにファンサービス。
  9. 交代が行われた直後は該当作品のファンから違和感の問題が出やすい。
    • そうはならない場合もある。
    • 交代を理由にファン引退を考える人もいる。
  10. 前任が不祥事を起こしたことが原因の降板では前任の分も後任によるものに差し替えられることもある。
    • 俗に言う封印作品
      • この場合、「出演者1人の不祥事で封印することの是非」がファンやメディアで議論される事も多い(例:ピ○ール○やい◯むら◯りお、鈴◯達央)。
  11. メディアミックス作品ではアニメのアフレコ以外によるものも多い。
    • 特にライブ活動によるものでライブ活動に支障が出るほどの体調不良で降板、というパターン。
  12. 現役メンバーがいても原作者の意向で行われることもある。
    • 星◯やス◯ダンが最たる例。
  13. 前任の声優が降板後に自身の降板について不満を言うこともある。
    • お◯ゃる丸が最たる例。
    • ガンダムの某キャラもそれにあたる。
  14. 代役を立てる時の声優交代の場合はただの交代とは違うことがある。
    • 代役を立てる理由は元々担当していた演者が病気療養するためが多い。
      • その演者が病気から回復せずに亡くなってしまった場合、その時の代役が後任になるパターンが多い。
        • 復帰する前に展開終了した場合、代役が実質2代目というパターンも。
    • 女性声優の場合は産休で代役を立てる、ということもある。
    • 元々担当していた演者が復帰した後、代役の演者が別のキャラで作品に再び関わる、ということも。
  15. 作品のPR目的で本職の声優から本職の声優ではない芸能人に交代となるパターンもある。
    • これをよく取るのが◯ィズニー。
      • 某作品で山寺宏一が不満を漏らしていたのを聞いたことがある。
  16. 元々演じていた声優が制作サイドと揉めた結果、降板に至った経緯の場合は闇が深い事件であることが多い。
    • ファンが真相を追求しようとするも、「真相は闇の中」で終わってしまうことが多い。
      • これは13の件でも同じことが言える。
  17. 前任の子供や兄弟が後を継ぐこともある。
    • これも前任が死去の場合がほとんど。

関連項目[編集 | ソースを編集]