ベタな学校の法則/フィクション

提供:chakuwiki

全般[編集 | ソースを編集]

  1. 修学旅行の行き先は必ず京都奈良
    • 沖縄のこともある。
    • しかし間違っても海外には行かない。
    • 班決めを当日ギリギリになってから決める。
    • 寝る前の枕投げは日常茶飯事。
  2. 学年の一クラスが落ちこぼればかり集めた酷いクラス。
    • そして主人公が教師だとそこの担任に任命される。
    • 成績は落ちこぼれだが一芸に秀ですぎた人間ばかりが集まったクラスというのもある。
      • 優等生キャラは必ず1人はいて一目置かれた存在になっている。
    • 全員の成績を平均すると学年最下位だが、学年で一番成績のいい生徒が在籍している。
      • どこのバ○テスだ。
      • 自分のクラスは学年160人中10位いないが6人もいるのに、平均は最下位です。(自分はそのとき15位だった)
    • そしてこのクラスの連中を露骨に見下す、やたらとエリート気取りな面々ばかりが集まったクラスが存在する。
    • その落ちこぼれのクラスの中に学年一位の秀才がいる。
    • 全寮制の学校だと寮の設備でも格差があり、落ちこぼれクラスの寮は廃墟同然のオンボロ。
  3. 一度は学級閉鎖になる。
  4. 昔の漫画では教室へ入ろうとドアを開けたとき黒板消しが落ちてくるというイタズラをする奴がいる。
  5. 校則は守らない。たとえ大人しそうな生徒でも。
    • 実質的に校則が無いんじゃないかと思うが、体育教師と教頭のみ問題にする。
    • あって無い様なもので校長先生ですら黙殺。
  6. どの学年でもやけに美化されて描かれている。
  7. 男子が女子を下の名前で呼ぶ。
    • のは、幼なじみか、異郷の人々(外国人・宇宙人・異世界人etc.)か、女子のほうから「そう呼べ」といわれているケースが多い。
    • 作品によっては主人公含む全員、クラスメイトを下の名前で呼んでいることもある。
  8. 校内でも名札はしていない。
  9. 学校側が公認しているとはとても思えないような同好会・クラブが堂々と活動している。
    • 当然顧問もいなかったりする。それとも名前だけを貸して一応公認扱いとなっているのだろうか。
    • 現実には大学以外でそうそうない「オカルト研究会」がやけにメジャーである。
    • 部活掛け持ちは当たり前。
    • 帰宅部も当たり前
  10. なぜか専門学校だけは登場しない。
  11. 生徒数が馬鹿みたいに多い
  12. たまにやたら行事が盛り沢山な学校がある。
  13. 主要な登場人物である生徒の中に、学校の経営者(理事長など)の子供か孫がいる。
  14. 義務教育でも留年がたまにある。
  15. 飛び級制度で年下の同級生や先輩がいる。
    • 飛び級で既に学生生活を終えているため通常なら無理な歳で教師や理事を務めている者がいる。
  16. 卒業式なのに桜の花が何故か満開。
    • 東京でも小学校だったらさほど珍しくない(満開の平年値が3月31日、卒業式がだいたい24か25あたり)。
  17. メガネっ娘の生徒は眼鏡を外すとなぜか美少女。
  18. パンを咥えながら登校する生徒がたまにいる。
    • 高確率で他の人と正面衝突する。
      • 正面衝突したはずなのに、なぜか次のシーンで同じ学校に通っていることが判明する。
  19. 理事長が正体を隠して購買部でパンを売っている。
  20. 明らかに見た目と実年齢が一致していないことがある。特にエロゲー。規制回避とユーザーの需要を汲んだ結果と思われる。
    • あるゲームでは、「『もてはらしょー』は『模手原商科大学』(小学校でない)の略、『はらみちゅー』は『原巳忠商事』(中学校ではない)の略、さらに「5,6年」は大学を留年することを意味し、各形容詞は身体的特徴であり年齢のことではない」などとかなり無理のある設定を前置きしていた。
      • せめて「模手原昌医科(薬科・歯科)大学」「原巳中央病院」としていたら違和感が少なくなった気がする。
  21. 常に敬語で話す生徒がクラスに一人はいる。
  22. 中学校以上の場合、公立校よりも私立校の方がよく出てくるような気がする。
    • 小学校は公立校が多そう。
    • 私立中学校に通っている割には、かなり遊んでいる。
    • 学校の設備を豪華にするためにそう設定さしている模様。
  23. 学期始まりでもない謎のタイミングで生徒が転入。

校舎[編集 | ソースを編集]

  1. 校門をくぐって運動場のど真ん中を横切って校舎に入る配置になっている。
    • 校舎は左右対称の凸型で中央上に時計がある。
    • 運動部(主に野球部・サッカー部)は朝練しないのだろうか。
    • 現実に小学校・中学校と凸型で校舎がL字の形の校舎の学校に通った自分がいるのであながちフィクションだけの設定とは言い難い。
  2. 屋上が出入り自由。
  3. 女子更衣室を覗くためのスポット(壁の穴など)がある。
  4. 伝統校の校舎はキリスト教系ではなくてもレトロな外見の洋館。
    • そうじゃないところ(とりわけヤンキー漫画の学校)は普通の校舎。
    • 東大安田講堂や東工大本館・早大大隈講堂をイメージすると分かりやすい。
  5. 広い桜(イチョウ)並木の道が続き、上記の校舎につながっている。
    • で、校舎(本館)の前もヨーロッパをイメージした広場のようになっている。
  6. イメージとしては大学のような感じ。
  7. 上記、外見はヨーロッパの洋館のようだが、中は普通の小中高校のような感じ。特に豪華な感じはない。
  8. エスカレーターやエレベーターがある学校が目立つ。
    • 現実ではない場合が多く、あっても小中高校では生徒は原則利用禁止の場合が多い。
    • しかし転倒シーン、校内追いかけっこシーン、女子生徒のローアングル描写などなんだかんだで階段も必要。
    • エレベーターはともかくエスカレーターのある学校はフィクションでもほとんどない気がする。
  9. ファンタジー物だと大抵崩壊する。そしてすぐ元通りになる。

服装・履物・カバン[編集 | ソースを編集]

  1. 体操着がいまだにブルマ(まるで東京オリンピック時代)
    • 例え女子バレーボール部のユニフォームがショートパンツだったとしても。
      • この世界でも最近はショートパンツが主流に。
        • わかるわかる。これではそれを頑として認めないスケベ男子が出てたっけ。
      • 時代が下がるにつれて長くなっていく丈。
    • スクール水着も基本。
      • 未だにワンピース(最近では3分丈のセパレートが多い)。
      • 女子は胸に名札つきだが、男子の水着には見当たらない。
    • あのブカブカしたちょうちんブルマはこの世界でも以前からなかったことにされている。
  2. 男子は普通の黒い詰襟、女子の制服はものすごい色使い(ピンクとか水色とか)。
    • ブレザーだと男女ともものすごい色づかいになる。
    • 男女共学化したところではこの傾向にある。
    • エロゲなんかだと制服が派手すぎてどうみても不自然。
      • リボンがたくさんついていてアイドルの衣装かといえるものや、肩がラグビー選手のごとく盛り上がっているものもある。
    • 最近ではCMの世界でもこの傾向がみられる。
    • 制服が男女で極端な組み合わせはフィクションではむしろ稀。現実の方が未だに男女で極端な組み合わせがある。
      • フィクションでは男女ともブレザーの確率が高いが現実では女子がブレザー、男子が未だに詰襟のところだってある。
      • フィクションで制服が男女で組み合わせが極端なのは元別学の共学校くらい。
        • 共学化に際して刷新されることはなく、男子校/女子校時代の制服が引き継がれる。
    • 冬服なのにセーラー服が白い。
  3. そして何故か指定の長さがミニ。おとなしい子もミニ。
    • お嬢様学校であってもミニだったりする。
      • スカートがフリルのところも。
      • それでも長くしているのはスケバンキャラか、委員長キャラのどちらか。
    • スカートの下にブルマなどをはいてガードすることは少ない。
      • 有名どころでは御坂美琴ぐらい。
        • あとは体育系キャラのスパッツも定番。
      • ついでに上もキャミソールとか着ていない。ブラウスを脱がすといきなりブラジャーが出てくる。
    • 小学校の制服のスカートですらとても短い。現実だったら服装指導の対象になっていても、教職員は自然に受け入れている。
      • 背が高くなったのに、ケチって低い身長用のスカートをはき続けたために相対的に短くなったケースは現実に存在する。
    • 現実の世界ではスラックスの導入も進んでいるが、フィクションでそういう人がいたら100%「訳あり女子」扱いされる。
  4. セーラー服をワンピース化した制服なんてのも。
    • しかもどこにもファスナーが見当たらない。
    • 乃○坂46かよ!
  5. 制服があるのになぜか登場人物の服装がバラバラ。
    • 着崩す着崩さない、ベストやセーターでキャラの性格を区別する。
      • あと靴下・タイツなんかでも(女子)。
        • 靴までバラバラの作品もあったな。
    • どう見ても私服にしか見えないが「改造制服」と言い張る。
  6. 女子の制服は肩パットがアメフト並だったりする。
    • 夏服のブラウスはまだしも、冬服のジャケットまでパフスリーブ化している。
  7. 今でもスカートをめくられることがある。
  8. たまに実在する学校の制服に似た制服が出てくるとその実在校が話題になる。
  9. 男子校は基本的に詰襟。
    • 底辺校はボタン式の黒の詰襟。
      • しかも着崩していることが多い。
    • 進学校はチャック式でしかもカラフルなもの。
  10. 学年ごとにある部分(ネクタイ、リボン、下手するとスカートなど)が違う色をしている。
    • 進級すると色が変わる。学年で分けるなら3年間同じのを使わせた方が経済的なのに。
      • また、再利用するにしても自身の卒業から3n+1年度後に入学する生徒及び転校生しか使えない(卒業後すぐに入学する生徒は、すでに自分のものを購入している可能性が高いので、必要ないと思われる)。
      • ちなみに、なんちゃって制服で同じものをそろえた場合、最低合計約\75,000となる(リボン3個:\6,000、スカート3着:\30,000、トップス\25,000、シャツ複数枚\6,000、靴下複数枚\3,000、靴\5,000として計算。現実では、大体冬用・夏用セットで\50,000程度)。夏用もそろえると10万円を、小物を加えたりトップスも色分けすると(量産品でも)15万円を超えるだろう。それが学校ごとの特注品になると30万円を超えることが予想される。
    • 現実では、色分けしているのは比較的安価&再利用しない場合が多い体育着・上履き・小道具類しかない。
      • 色分けしているところは大体は学年別のところ。
  11. 真冬なのに女子はコートを着ない。
    • 夏場のネクタイ着用も然り(最近では夏場のノーネクタイを認めている学校もある)。
  12. カバンはボストンバッグ型の学生カバンしか登場しない。
    • 昭和期は革製のカバンだった。
      • 男子はショルダーバッグであることが多い。
  13. 履物はローファーがデフォ。
    • 校内でもシューズに履き替えることはない。
      • 「下駄箱に手紙」「上履きを隠すイジメ」などのシーンで思い出したように靴の履き替えの概念が出てくる。
  14. 履物・カバンは未だに校則で規定されており、自由化されていないのではないかと思われる。
  15. 公立の小学校は私服。
    • 高校は公立だろうと私立だろうと制服。
      • あたしンち』はそれに真っ向から立ち向かったな。
      • 学校指定の制服はあるが私服通学もOKというケースも。
      • 前の学校の制服をそのまま着続ける転校生。
      • 関西人は違和感を覚える(あっちは公立でも制服が主流)
    • 男子の私服は今時半ズボン。
    • ランドセルが未だに男子黒と女子赤だけ。
  16. 同じ学校法人なのに、高等部が男女ともブレザーで中等部が学ラン・セーラー服なんて学校もある。

学校別[編集 | ソースを編集]

小学校[編集 | ソースを編集]

  1. 公立の小学校は自由登校。
    • 公立で集団登校の小学校に通っている(いた)人の事も考えてほしいよね。
      • 考えてほしいとまでは言わないが、自由登校しているのび太カツオ達が素直に羨ましかった。もっと早く登校したかった小学校時代。
    • 最近だと防犯の観点から集団登校を行うアニメも出てきた。これの外伝とか。
    • 今時小学校で自由登校って設定が古すぎる。私の小学校時代(25〜30年前)ですら集団登校だったんだぞ。
      • え、むしろ集団登校の方が古くて最近は自由登校なんだと思っていた。ちなみに俺も公立で集団登校だった。
        • 前半のコメントに同感ですが、ウチの小学校時代(約20年前)は学期始めしか集団登校がなかった。ここここの人に「集団登校が当たり前だった」と言われ少数派だったことが判明する…
        • 学校とか校長の方針によって変わるんですな。今住んでる学区は、みな自由登校だが、周りの学区は集団登校が多い。
    • 「緑のおばさん」が登場しない。
    • バスや電車で登校している児童がいない。
    • 児童の遅刻も日常茶飯事。
    • 車で送迎してもらう児童はお金持ちだけ。
      • しかも送迎するのは親ではなく執事。
  2. 主人公のクラスが小学校で3組とか4組…現実に考えて過大規模…
    • そして校舎の美術設定がいい加減。どこにそんだけの教室があるんだか…
    • むしろ普通じゃない?
    • 私が小学生だった時(20年前あたり)は3クラスあったが、下級生は学年によって2クラスだった。
  3. なぜか中等教育並みに厳しく、未だに管理教育を行っている。
    • 先生が時折、無理難題を突きつけてくる。
    • テストも無理難題なものが出てくる。
    • 授業態度が悪かったり、遅刻した児童にも容赦なく廊下に立たせ、授業すら受けさせない。
      • 水の入ったバケツを両手に持たせて廊下に立たせることも日常茶飯事。
        • 本来ならこれは「体罰」なのだが、親がそれに怒って乗り込んでくるケースや裁判に持ち込むケースは見られない。
          • 教師と保護者の立場も未だに昭和期のままであり、保護者は教師に逆らえない。
            • その保護者も児童にとっても頭が上がらない。
    • 拷問教育上等。
    • 特に高学年では顕著。逆に低学年では優しそうなイメージ。
  4. 中学・高校とは違い、先生の権力が強大。

中学校・高校[編集 | ソースを編集]

  1. 高校なのに、秀才と不良が同じクラスにいる。
    • 学ランにリーゼントの不良とビン底メガネのガリ勉がいる。
    • 学年1位の秀才はお金持ちのお坊ちゃま(美形)学年2位はビン底メガネ(おタクっぽい)で1位の美形を敵視する。
      • 学年どころか日本有数の秀才とヤンキーが同じクラスにいる。
  2. 公立中学校の文化祭は高校みたいに派手。
  3. 高校は普通科全日制しか存在しない。
    • 定時制が題材の作品の場合、生徒の半分ぐらいが中高年。
      • もしくは定職についているか、妊娠して中退せざるを得なかった子持ちの10代。
    • 特に商業高校は農業高校・工業高校と違い授業内容をネタにしにくいせいか皆無。
      • 2013年現在も商業高校を舞台にした漫画は極僅かにしか存在していない。設定にこっそり紛れ込んでいたり一部の漫画(ただし登場人物はほぼ全て女性で百合要素を含むことが多い)のみである。因みに日常などの校舎が舞台になったことはある。
        • 今のところスポーツ系のロウきゅーぶ!やライトウィングなどにライバル校として登場している模様。ネタにしにくいというか授業にあまり特徴がなくて劣化普通(ryだから仕方ないね。
          • 高専もないぞ。あれも(お察し下さい)
            • 同様に、男子が多い理数科及び理系クラスもない。
          • あるにはある。専門学科が作品のテーマに直結するため、大体SF、特にロボット系が多い。
    • 逆に、現実には存在しない特殊な科目を教える高校はときどき登場する。ex)東京武偵高校、白麗陵学院従育科
    • ミッション系はあっても神仏系はない。在外学校ネタは聞いた事がない。
      • 新興宗教系はないし、作れないか。どうしてもそのものの名前を出す必要があり、多方面から「宗教の宣伝だ」と叩かれる可能性が大きい。
      • しばしばシスターが担任より目立つ。
  4. 高校の男子校はヤンキーが多い(ていうか、ヤンキーしかいない)底辺校。
    • 女子校はお嬢様学校が多いが、ギャル系が多い学校もたまにある。
      • 女子校でもここだけは別。
      • 男子校でもここだけは別だったりする。
      • 両方登場する作品の場合、対比として描かれることもある。
        • まれにヤンキー男子校とお嬢様学校が男女共学化するところもある。
    • 地味に進学校も混じっていることが多い。
      • イケメンばかりのセレブ校や全寮制学校だってある。
        • 女子が男装してそこの生徒になることもある。
        • 女性向け作品にその傾向がある。
    • 男女別学の学校は現実とギャップが大きい。特に男子校。
  5. クラスはアルファベットがデフォ。特にベタなのはB組。
    • 某中学教師ドラマの影響からか?
    • 現実では数字も少なくはないとか。
      • 学生時代はどの学校のクラスも数字でした。
    • 「A組が一番優秀でB、C、Dと格が下がる」というように、アルファベットが意味を持っている場合もある。
      • 主人公がいるのは一番下の落ちこぼれクラス。
        • 先述の通り、そこに主人公の教師が赴任することも。
    • X組まで存在することも。因みにX組はクラスの中で最も底辺。
    • 次いでA組、C組。D組以降は論外。
    • 小学校でも極稀にクラスがアルファベットのところがある。
  6. 現実ではありえない独特の部活が存在する。
    • 部活への参加はしかも任意。
      • 帰宅部だってなんのその。
      • 現実では部活への加入が強制されることが多い。
    • 下記の強権的な生徒会によって一度は廃部の危機を迎える。
  7. 転校生が何故か美少女。
    • 美男子も。
  8. 生徒会、風紀委員は、やたらと校内での権力が強い。
    • 生徒会室はやけにゴージャス。
    • 学級委員と風紀委員以外は影が薄い。
      • 図書委員は読書好きの女子。
      • 運動会や体育祭の時には体育委員が大活躍。
      • 文化祭の時には文化祭実行委員が……と言いたいところだが、生徒会が兼ねてしまっている作品が多い。
    • 現実は生徒会や風紀委員ですら堕落している学校もある(byそこの卒業生)。
      • しかも雑用しかさせて貰えない・・・。
    • 特高警察並の権力を掌握している。
    • 部活の廃部、新設もなんのその。
  9. 下駄箱にはラブレターが入れられることが多い。
    • 時には山のように入れられることも。
    • 中には嫌がらせ目的のものも。
    • バレンタインにはもちろんチョコが入っている。
  10. お嬢様学校での挨拶は「ごきげんよう」がデフォ。
  11. おそらく、このパターンが一番多い。深夜アニメやソーシャルゲームの多くがこの設定だと思う。
    • 制作陣の願望を作品に投影させているのだろうか?
  12. 恋愛系だと主人公は2年生の場合が多い。先輩・後輩・同学年と、相手を自由に設定できるため。なお、先生と付き合える場合も。
    • 年月が経っても年を取らない作品(いわゆるサザエさん時空な作品)でもある場合、2年生だと入学・卒業を考えなくてもよいという理由がある。
  13. 部活のマネージャーは何故か美少女。
  14. 自転車通学者の下校は男子生徒と女子生徒が2人乗りをする。
  15. 髪型や髪の色は自由。現実ではあり得ない色に染めている生徒もいる。
    • 現実では黒が原則。髪型にも制約がある。
    • 実写作品だとさすがにそこまでカラフルにできないので、逆に地毛の茶髪にすら激怒するような教師がベタとなる。
  16. 生徒のアルバイトは自由か、禁止なのにバイトしている生徒がいるかのどちらかである。
  17. 生徒会が権力暴走してる。

ヤンキー高校[編集 | ソースを編集]

  1. 校舎の壁に余すところなく落書きされている。
    • ガラス窓も叩き割られている。
      • 壁紙はなく、コンクリートの内装も破壊されている。
  2. しかもネーミングはDQNなもの。
  3. 教師は威厳がない。
    • ヤンクミだけは別。
      • というか、主人公級なら別格じゃない?
    • 生徒は授業そっちのけで乱闘なのでさすがに教師も生徒には手をつけられない。
      • そもそも教師が学校に来ているのかどうかも疑わしいほど喧嘩が多発している。
      • 放課後も宿題そっちのけで乱闘。
      • 教師は生徒の乱闘に手を焼いている。
    • 授業中に遊んでも注意すらしようとしない。
    • 部活に熱心かやる気がないかで真っ二つ。
      • 後者の場合だとその学校には部活という概念がない。
      • 生徒は部活そっちのけで(ry
    • というか、生徒になめられている。
  4. 生徒はどんなに悪いことをしても決して退学にならない。
    • 停学はある。
    • 「自主退学」もたまにいる。
  5. 便所どころか教室内でも喫煙者続出。
    • 但し最近のドラマでは喫煙者0がデフォ(テレビでの喫煙シーン自体がNGになっているので)。
  6. 舞台は殆どの場合ヤンキーのいる普通科がモデルだが、稀に工業高校や進学校が舞台になることもある(ただし殆どの場合男子校)。
    • 主人公が在学しているのは普通高校で、敵対する学校が工業高校というケースが多い。
      • 逆もある。
  7. 毎日が文化祭状態。
  8. どんなに勉強しなくても簡単に卒業できる事が多いが、留年生が何故かいる。
    • 留年生の先輩は後輩から「さん」付けで呼ばれ、慕われている。
    • 校内における地位は留年生の先輩>>>>教師である。
  9. 共学校ではクラスのマドンナと言える存在が最低でも1人はいる。
    • しかも何故か平和主義者。
    • クラスの中でも一目置かれた存在である。
  10. ヤの付く三文字の職業への就職率は100%
  11. 生徒の大半は偏差値測定不能だが、そんな中でも何故かとびぬけて頭が良い生徒が一人だけいる。
    • 頭が良くて運動神経バツグン。もちろんケンカの腕っぷしも上等で学校の顔役の一人だが、性格が最悪。
  12. 他校の不良情報にやたらと詳しい三下がいる。
    • 何故か都合よく、敵対する学校に通う従兄弟から情報を仕入れている。

18禁作品の学校[編集 | ソースを編集]

  1. 学校名は必ず「学園」か「学院」で終わる。
    • 「高校」だと18歳未満の生徒も含まれるため、使用することができない。
    • (飛び級を認めない限り)18歳以上なのが明らかな「大学」もあるにはある。
  2. 6・3・3・4制ではなく、6・3・3・3・4制である。
  3. 共学が圧倒的多数だが、女子校もそれなりにある。
    • 主人公が教師、女装して入学、百合ものといった需要。
    • かなりニッチではあるが、「その方面」の作品なら男子校もないわけではない。
  4. 所在地は自然がよく残っているのどかな地方都市である。
  5. 女子の制服はフリルやらコルセットやらケープやらの装飾過多なものからシンプルイズベストのセーラー服、はたまたジャンパースカートからノースリーブ、どう着るのかよくわからんものまで多種多様。
    • 男子は大抵当たり障りのないデザインで、主人公の顔が出ないタイプのゲームだとそもそもほとんど描写されなかったりする。
    • 夏服・冬服の概念は基本うやむや。
  6. 上記の高校の恋愛ものの場合と同じく多くの主人公は2年生だが、魔法学校など特殊な舞台では1年生にして入学の経緯から描写する場合もある。
  7. 「女子だけ下半身裸で過ごさなければならない」などの理不尽な校則があったりする。
    • 月に一度「全裸登校日」が設定されていることも。

その他の学校[編集 | ソースを編集]

  1. ここまで書いたがほとんどない気がする。
  2. おそらくあったとしてもほとんどが大学(学部)と幼稚園だと思われる。
  3. 大学院は、あるとしたら現実から大幅に離れた内容(こんなに華やかじゃないと叩かれる可能性大)か、実際にあることを含めたブラックコメディ調になるか。
    • 「理系が恋に落ちたので証明してみた」は主役カップルが両方院生だが、読者からのツッコミで一番多いのは「こんなに女子が多い工学系の研究室があるか」だそうだ(作者は「一応学年別では1人ずつ」と反論している)。
  4. これ以外にも専修学校・特別支援学校や無認可学校(フリースクール、予備校、インターナショナルスクールなど)があるが、事例が非常に少なく、学校側も取材を受け入れてくれるかどうか不透明なためストーリーにしにくいかと思う。
    • あるとしたら、そこの出身者が自身の経験をもとに書いていく形か、何らかのキャンペーンでその学校を啓発・宣伝する感じになるかと思われる。
    • 競馬学校・競輪学校ならたまに舞台になる。

関連項目[編集 | ソースを編集]

トークに、ベタな学校の法則/フィクションに関連する動画があります。