ベタな漫画・アニメ作品の法則/さ行

提供:chakuwiki

ベタな漫画・アニメ作品の法則 >

独立ページ[編集 | ソースを編集]

[編集 | ソースを編集]

斉木楠雄のΨ難[編集 | ソースを編集]

  1. 楠雄がモノローグ形式で喋る。
    • ナレーションも兼ねていたりする。
  2. 燃堂「おう相棒!ラーメン食いにいこうぜ!」
  3. 海藤瞬の中二病が止まらない。
  4. 照橋心美が町を歩くと皆「おっふ」と言う。
    • あの手この手で楠雄にラブアタックを仕掛けるも、空回りに終わる。
  5. 窪谷須の襟足に対する謎のこだわり。
    • 元ヤンを隠そうと奮闘するも、かえって危ない方向に目立つ。
  6. 楠雄のコーヒーゼリーに対する愛は尋常じゃない。
  7. 作品そのものがベタ。
  8. 空助はありとあらゆる方法で楠雄に勝とうとする。
    • しかし毎回失敗。      

サイボーグクロちゃん[編集 | ソースを編集]

  1. 暇にしているクロは突然何者かとであう。
  2. 何者かがクロに話しかける。
  3. クロは何者かからからかわれる。
    • そいつにクロの仲間が襲われる場合も。
  4. それに逆上したクロはガトリング砲を撃つ。
  5. 逃げ回る何者かはクロに追いかけられる。
  6. クロはあらゆる物を壊しまくり。
  7. 何とかクロはようやく何者かを捕まえる。
  8. そしたらクロは被害にあった者たちに睨まれ、何者かも巻き込まれ追いかけられる。

西遊記ヒーローGo空伝!/ゴゴゴ西遊記 -新悟空伝-[編集 | ソースを編集]

  1. 冒頭で悟空がろくでもないことを思いつき、八戒or悟浄とドツキ合いになる。
    • それを見て三蔵法師が呆れるかギュウギュウで制裁を食らわせる。
      • 悟空がやられた場合、八戒が「サルコラブヒコラ!」悟浄が「サルテメーコノヤロー」とか言いつつボコボコに追撃をくらわす。
  2. そんなこんなしているうちに妖怪が出現。
    • \バターン/←[妖怪を見ると気絶するクセあり。]
  3. 何はともあれ八戒や悟浄を盾or人間ミサイルにして様子を見る悟空。
  4. 序盤で悟空が披露していた仙術が嚆矢となり、妖怪撃破。
  5. しかし妖怪との戦闘で発生したとばっちりを三蔵一行が食らう。そして1.に戻る。

サウスパーク[編集 | ソースを編集]

  1. 冒頭でカートマンが「お前ら! お前ら! マジすっげえぞ!」と話の中心になるであろう物事をスタン・カイル・ケニーに触れ回る。
    • カイルが散々バカにする。
    • 時折「サノバビッチ」と口走るカートマン。
      • 「む~しむ~し、お疲れ様でした~」
  2. ランディがすぐ影響される。
  3. やがて町の人にも影響が始まり、子供たちがお偉いさんの所に直訴しに行く。
    • 群衆はすぐに暴徒と化す。
      • ギャリソン先生がどさくさに紛れて差別的な発言をする。
  4. 唐突にケニーが死ぬ。
    • スタン「何てこった!ケニーが殺されちゃった!」→カイル「この人でなし!」
      • 初期はカイルが一人で言っていた。
  5. バターズが外出禁止にされる。
  6. カイル「今日は大切なことを学んだよ」

サザエさん[編集 | ソースを編集]

  1. 視聴者「東芝がバックにいなかったらとっくに終わっているのではと思う」。
    • 降りました…。(2017年)
  2. 波平、珍しいものを入手→ノリスケがそれの悪口を言う→関係悪化→イクラが気に入る→和解
    • ノリスケの悪口の対象が波平そのものだったり、ノリスケが磯野家への出入り禁止を言い渡されることも。
    • 和解のきっかけがタイ子の仲裁や贈り物などだった場合も。
  3. カツオ、宿題のためor熱を出して回復するまで→部屋で監禁→友達と野球をやりに野球帽をかぶって、バットの先にグローブをつけて窓から脱走→サザエが窓の外側で見張っていたため捕獲される。
    • 中島がカツオをサッカーに誘う場合も。
  4. カツオ、テストで35点前後の点数を取る。→あまりにも点数の悪さにより波平に説教される。
    • 説教の理由が波平の盆栽or壺などを悪戯や過失で破壊したことや、何らかの騒動を起こしたなどの場合もあるが、過失が原因のケースでは波平が事前に誤って壊したor身近な人物に自身の失敗をフォローされたなどの理由で許して貰えることも。
  5. 波平、マスオ、ノリスケのうち誰か二人が酒を飲みに行き、帰りが遅くなる。
    • 最悪の場合、罰として家に入れてもらえない。
    • 穴子さんが絡む場合も
      • この場合、穴子さんが妻に飲みに行っていたことを知られて叱られたり、折檻されたりすることも。
    • 「かいしゃ」などと正当化されたデタラメな理由をサザエたちに告げて飲みに行く
    • この中の誰かが単独orモブ同僚数名やゲストキャラ同伴で飲みに行くことも。
  6. 磯野家orフグ田家or波野家が遊園地かデパートに行く。
  7. 前後編がある回では家族旅行に行く。
    • カツオが旅先で可愛い女性にメロメロになる。
  8. 予告のあとはサザエさんとのじゃんけん対決。
    • それ以前はサザエが何らかの食べ物を口に放り込んで喉に詰まらせていた。
  9. 節分はマスオが鬼の役。しかし、途中でマスオ以外の鬼が紛れ込んでることに気づき警察に通報
    • 節分の夜、「ふくはうちです、おにもうちです」と言っている夫が家から閉め出されている。
  10. タケオらがタラオに何らかの難癖を付けて威張ったり、からかったりするも本人は口だけであり、結局指摘された点を克服するなどしたタラオに見返されるような形となる。
  11. (特に雪室俊一脚本回で)カツオがどういう訳か花沢といい感じになったり、カツオをからかう周囲にくっつけられそうになる。
    • 同じく雪室回では磯野家周辺で珍騒動が起き、サザエたちが原因を究明したりする。
  12. サザエが成り行きで様々な商売やアルバイトに挑戦する。
    • 理由は知り合いに頼まれた・欲しいものを手に入れる目的・興味を持ったetc。
  13. カツオにからかわれたサザエが激怒してカツオを追いかけ、一緒に波平に叱られたり舟に呆れられる。
  14. ホリカワが天然ボケで周囲を振り回し、ワカメを怒らせたり呆れさせたりする。
  15. なぜか泥棒に入られる比率が高いものの、結果的に家財道具や金品などは一切盗まれない磯野家。
  16. 原作の場合、たまに磯野家の人間が全く話に絡まない回がある。
    • ワカメがやたら泣く。
  17. 雪室脚本の回でカツオが意味不明な理由で叱られる。
  18. 「子どもが大人の話に入ってこないように」的なたしなめを精神年齢が子どものサザエがする。また、精神年齢が子どものサザエの話が大人の話にカテゴライズされる。
  19. 取っ手が外れたのに気付かずに持って行って「軽いなあ」。

[編集 | ソースを編集]

シスター・プリンセス[編集 | ソースを編集]

  1. 妹の一人が趣味に夢中。
  2. 兄が妹の話を聞く。
  3. 妹は楽しく趣味に没頭する。
  4. ある日、妹は夢中になっていた趣味に寂しく思ってしまう。
  5. 落ち込んでいる妹に兄は優しく諭す。
  6. 結果は妹と夢中になっている趣味を楽しく生活。

しまじろうシリーズ[編集 | ソースを編集]

  1. ちゃれんじ園で出てくる仲間が高確率でぞうたとぶうた。
    • そもそも他のクラスのほっぷ組、じゃんぷ組について取り上げられることがない。
    • ぞうた・ぶうたは大体嫌味をかけてくる。でも後に謝ることもある。
    • ぞうたにぶうたしか出ないことが多い為他のちゃれんじ園のメンツが空気と化していることが多い。
  2. さくらはしまじろうに対しては叱ることがあるがはなに対しては甘やかしてばかり。
  3. はっけんたいけんだいすき!しまじろう以降出て来た子どもキャラクターはしまじろうヘソカ2年目のちゃれんじ園が舞台になった時点で消されている奴がいる。大体が中の人繋がりで別キャラクターに移行する為。(ジャン、ケン兄弟・のの)
  4. しまたろうがしまじろうやはなを怒ることがない。
    • しまじろうに怒るとしても物凄く稀。
  5. はなにたいしては誰もが「はなちゃん」と呼ぶ。兄であるしまじろうや両親ですら。(但しぽん太郎など例外もいる。ぽん太郎は「はなさん」と呼んでいる。)
    • 逆に、はなは兄に対しては「おにいたん」と呼ぶのに兄の友人に対しては呼び捨てで呼んでいる。
  6. にゃっきいはどうしたらあんなにスポーツ万能なんだろうってくらいスポーツが万能すぎる。
    • 恐らくにいすけの影響?
  7. らむりんは怪しいと思うとジト目で「怪しい・・・。」と口にする。(ジト目じゃないこともあるが。)
  8. 昔やっていたことをあたかも「今初めてやりました!」的な状況で進める。(しまじろうの女装回の時まるで女装を初めてやるみたいな感じで進めていた。しましまとらのしまじろうに「スカートはいたしまじろう」って話があるのにも関わらす。)
  9. 本来の耳がどこなのかが謎。(「煩い!」と思い耳を塞ぐシーンでは本来の耳を押さえていることもあるが電話のシーンでは必ずと言って顔の横に当てる。)
  10. EDでは必ず着ぐるみのメインキャラクターが踊る。
    • ED以外でもダンスパターンのある曲では、基本的にメインキャラが登場し、踊っている。
  11. ちゃれんじ園は教材の様にほっぷ組、すてっぷ組、じゃんぷ組とあるはずなのにしまじろう達がすてっぷ組であるという表現が何処にもない。何故すてっぷ組なのかと言う理由はしか子先生が担任だと教材ではすてっぷ組に該当するから。(しか子先生の公式サイトに於いての最初の一文は「しまじろうのクラスのせんせい。」となっている。)
  12. にゃっきいは父親と別居しているがその父親について語られたことが一度もない。
    • 祖母・よりこがどっち方の祖母なのか不明。(桃山だから父方だと思うが・・・。)
      • 少し前の放送で、母親のねねが、よりこに対してタメ口を使っていたため、恐らく婿養子の可能性がある。
  13. とりっぴいの祖母・みちよはエレキを弾くが何故かエレキからシールドが出ておらずアンプに繋がっていない。にも拘らず常に大音響が放たれる。
    • にゃっきいに同じくどっち方の祖母か不明。
  14. とりっぴいは鳥で空を飛べるにも拘らず最近は全く飛ばない。
    • 以前は飛んで移動することもあったが、今は本当に飛ぶシーンを見るのは稀になってきている。
  15. 基本的にキャラクターの年齢は不詳。
    • 因みに、こどもちゃれんじの付録のテレビ絵本の保護者の方への節を見るとどうやらしまじろうは5歳らしい。でも、アニメでは明らかになっていない。
  16. たまさぶろう登場のシーンでは、たまさぶろう「イエ~イ!」→みみりんら女子キャラ「きゃ~!たまさま~!!」
    • 但し、最近は「たまさま」と呼ぶのはあんましなくなってきている。たまさぶろうが「普段はたまさぶろう君でいいよ」と言ったので。
    • この時大体たまさぶろうはウィンクしてピースサインを送る決めポーズを取る。
      • みみりん、まるりん、さくらこ、きっこはたまさぶろうに対して惚れている一面を見せるがにゃっきいが見せる事は無い。
  17. しまじろうはドーナッツによく固執する。
    • とりっぴいもたこ焼きに固執する事がある。
  18. らむりんなんて元から居なかったかのように進められている現行の「しまじろうのわお!」
  19. みみりんがピンチになると「いや~ん!」。(以前は直ぐ泣いていた。)
  20. はなはメインキャラと絡むことはあってもととりりぴぴやにいすけが絡むことは少ない。
  21. しまじろうが「つむりんとのろりん」の世界に入った時・・・アルマジロ大王が悪さをし共闘して欲しいとつむりんのろりんが頼む。→アルマジロ大王の手下のハリネズミ軍団に苦しめられる→つむりんのろりんが友情のステッキを使う→敗北しアルマジロ大王が小さくなる。
    • 最近は、つむりんとのろりんが登場しなくなった。そのため原作者のたま子先生の代表作が謎になった。
  22. 縞野家の家の周りや間取りがやたらと変わる。
    • そのせいかヘソカまで一人で寝ていたしまじろうがさくら(とはな)と寝る様になった。
  23. 現実の幼児より精神年齢が高いので転んだりしても泣く事がない。
    • 転んだりして泣かなくても感情表現がしっかりとしているので偶にホロンと来る話もある。(例:しまじろうと喧嘩して家出したはなを見つけた時のしまじろうなど)
  24. はなの我儘に縞野家が苦しめられる。(例:しまじろうと喧嘩して「おねえたんがほしい!」と言った時等)
    • 特にしまじろうはしつこい我儘をされると「もう!はなちゃんが悪いんだよ!!」などとはなにマジ切れして喧嘩になる。
  25. たまさぶろうはしまじろうに対しては呼び捨てで呼ぶがしまじろうはたまさぶろうに対しては君付けで呼んでいる。
    • 但し、一回だけ呼び捨てで呼んだことがあった。
  26. 昔はそんなに我儘で無かったが今のしまじろう(特に現行のしまじろうのわお!)は偶に我儘な一面を見せる。(例:しまたろうの急な出勤を引きとめたり風邪拗らせてちゃれんじ園休むことになったのに無理して行こうとするなど。)
  27. とりっぴいが擬人化されていない生物と話す相手は大体自分と同じ鳥類。
    • その際「さあ!○○○○!(して欲しいことを指示したり悩みなどを話させたりする。無いこともある。)ピピピピ、ピ~ピ~」などと普通の言葉とその鳥の鳴き声に近い言葉を話し「△△△△だって。」としまじろう達に通訳する。
  28. リチャードが偶にボケる一面を見せる。
    • リチャードは何故か色々な所でバイトをしている。
      • 一回寝坊が多発していることが原因でクビになったって話があった。
        • 履歴書書いたり、ハロワへ行ったりするので大変そう・・・。
  29. ちゃれんじ島で走っている電車は何処かで見たことのある電車だ。(オレンジと緑のツートンの車両やら所謂国鉄色と呼ばれていた電車やら・・・)
  30. メイばあさんが何か困っていることがあると、周囲のキャラに迷惑をかける。
  31. 映画のキャラが普通に本編に登場してくる。(「しまじろうとフフのだいぼうけん」のフフと「しまじろうとくじらのうた」のジジ。)
    • 「しまじろうとおおきなき」のチキ、ロキ、ババ(様)、くもたろう、くもじろうも出演した。
  32. ぽん太郎がラットマンに嵌っている。
    • 以前はしまじろうも嵌っていたが、今は本気でファンなのはぽん太郎くらいである。
  33. ぽん太郎は教材では登場していないため普段、しまじろう達がちゃれんじ園に通っている時、何処で何をしているかと言うことが不明。(にいすけの様に小学生と言う設定もない。)
    • その為、ぽん太郎が登場する話ではちゃれんじ園の仲間キャラどころかちゃれんじ園でのシーンが無いこともある。
  34. はながしまじろうを叱る時→「おにいたん、め!!」
  35. たまさぶろうは自分が人気であることに鼻をかけ毎回「人気でスターで顔が命」等と言い張る。
    • 自分にとって災難が起こると「ファンが悲しむ。」
    • そのせいで、「知らない」と言われると、「君ん家にはTVが無いのか?!」とキレる。
    • 彼は月に1度は必ず登場する。
  36. みみりんの父・草太が娘のみみりんのことが心配になると興奮し、声の感じがドットっぽくなる。
    • 声優が島田敏のため。
  37. とりっぴいの三つ子の弟、妹のとと・りり・ぴぴは必ずと言って良いほど3人(羽?)揃って登場する。
    • 最近は、彼らが主役の話もある。
  38. ガオガオが毎回ガラクタとしか思えないような物を発明する。そして、その発明品を使い、しまじろう達が被害を受けることもある。
  39. ひつじいがぽん太郎のことが本気で心配になると物凄く興奮状態になる。
    • そして、ぽん太郎が焦る。
  40. しまじろう「僕は○○が良いな~!」はな「はなたんも~!!」
  41. しまじろうが、部屋を散らかしたまま遊びに行こうとすると、野原しんのすけのごとくさくらに「片づけしなさい!」と怒られる。
    • 大体、「後で!」と言い、片づけを後回しにする。そして、さくらはキレるか呆れる。
  42. しまたろうが洗濯をすると、必ず洗濯機に洗剤を大量に入れてしまい、洗濯機から泡が溢れる。
    • しまじろうも同様のパターンあり。
  43. ちゃれんじ園の園長が親父ギャグを言うと、登場キャラ全員がしらける。
    • そして、園長が首を傾げる。

侵略!イカ娘[編集 | ソースを編集]

  1. 3バカトリオが変なものを発明する。
    • それに反応するイカ娘とその回りの人々。
  2. イカ娘が早苗orシンディーに振り回される。
  3. 色々困惑する斎藤渚。
  4. イカ娘がなにかやらかす。
    • で、回りに怒られるが懲りない。
      • しかし千鶴には敵わない。超生物であろうイカ娘も彼女の前では蛇に睨まれた蛙となる。
  5. イカ娘のエビ愛は尋常じゃない。

すせそ[編集 | ソースを編集]

涼宮ハルヒシリーズ[編集 | ソースを編集]

  1. キョンが冷めた目線で日常を解説する。
  2. するとハルヒが何か突飛な計画を思い付き、SOS団メンバーに提案する。
    • もちろん自分が仕切る。
  3. いやいやながら従うキョン。
  4. 変なコスプレをさせられることを知り、ためらうみくる。
  5. 古泉は(閉鎖空間を発生させたくないから)乗り気で協力。
    • そしてそのことをキョンに伝える。
  6. 長門は無言のまま淡々とハルヒに付き合う。
    • しかしピンチになると常人離れした能力を発動させて問題を解決。
  7. 何らかのトラブルが発生する。
    • もしくはハルヒのフラストレーションが原因で閉鎖空間の発生が危惧される。
      • みくるや長門がそれを説明するが、「禁則事項」の連発や漠然とした用語が出てくるためいまいち理解できないキョン。
    • みくるや古泉がそれに気づくが、最終的に解決するのは長門orキョン。
  8. こうして普段の日常に戻ったのであった。

SPY×FAMILY[編集 | ソースを編集]

  1. オペレーション《梟》はビックリするくらい進まない。
    • 毎度毎度険しい顔をして『黄昏』の報告に頭を抱えるシルヴィア、居心地が悪い『黄昏』。
    • にも拘わらず、『黄昏』はそれと並行してロクでもない任務ばかりやらされる。
      • そして毎度毎度付き合わされるフランキーを賄賂で黙らせる『黄昏』。
  2. 『黄昏』がどれほどヘンな行動に出ようが「ああ さすが黄昏先輩 すき」とモノローグで大袈裟に肯定する『夜帳』。
  3. アーニャが周囲の人々の異常な考えを読み取って顔芸する。
    • 大抵の場合『いばら姫』は途轍もなくグロい事を考えている。
  4. イーデン校のテストの回数と頻度が常軌を逸している。
    • その都度アーニャの壊滅的な点数を見て落胆するロイド、毒にも薬にもならぬ誉め言葉でアーニャを慰めるヨル。
    • もはや「職場よりもイーデン校に向かった回数が多いのではないか」というほど頻繁にイーデン校までアーニャを尾行する『黄昏』。
    • ロイドのエレガントぶりに仰天するヘンダーソン先生。
      • そして学校で両親についてある事ない事言いふらすアーニャ、周囲がドン引き(ベッキーは「ロイド様素敵!」みたいな反応)。
  5. ダミアンをからかったり友達になろうと奇行に走るアーニャ、それを見て「アーニャちゃんそんなにダミアンの事が!」とキラキラするベッキー。
    • ベッキーの金持ちぶりにビビるアーニャ。
  6. 首都バーリントの治安が悪すぎる。
    • 犯人は大抵ロイドかヨルに成敗される。
      • 何回もアーニャ見失ってるのに毎度毎度迷子になるヨルさん。学習能力ェ…。
  7. シスターコンプレックスが暴走して「おのれロッティ!!」とロイドに対抗心を燃やすユーリ。
    • しかし話の終わりではロッティ(笑)の良い所に気付き、ロイドもユーリを可愛がり、またユーリがムキーッってなって終わる。

絶体絶命でんぢゃらすじーさん[編集 | ソースを編集]

  1. 毎回じーさんが危険から孫を守ろうとするが、別の危険に発展する。
  2. 校長が自分が偉くないと気が済まない。
  3. ゲベor最強さんと校長が戦ったら校長が負ける。
  4. 特徴的なゲストキャラが多い。
  5. ゲベが変顔を見せる。
  6. 一連の出来事に孫がツッコミを入れる。
  7. でも大長編はシリアス。
  8. 忘れちゃいけないうんこネタ。
    • うんこしか言わない話なんてものもある。
  9. ゲーム関係の話になると、校長が主人公のクソゲー(というかバカゲー)「絶体絶命でんぢゃらすじーさん ~泣きの1回 絶対服従ばいおれんす校長 ワガハイが1番えらいんじゃい!!~」が引き合いに出される。
    • 孫「そんなクソゲーあったな...。」
    • じーさんのゲームが引き合いに出されることもある。


関連項目[編集 | ソースを編集]

ベタな漫画・アニメ作品の法則
あ~こ/さ~そ/た~と/な~わ