ベタな無表情キャラの法則

提供:chakuwiki
保護解除
このページは、「荒らし防止」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

法則[編集 | ソースを編集]

  1. 喜怒哀楽が分からない。
    • 表情が無いまま固まっている場合もあれば、笑顔のまま他の表情にならないキャラや、更に別のパターンとして怒っていないのにそう見えてしまう可哀想な強面のキャラなど、ヴァリエーションは様々。
    • 女性だと「アイスドール」と呼ばれる。
    • 話が進むにつれて喜怒哀楽が豊かになっていくこともある。
  2. 感情が出ていない人ならまだ良いが、喜怒哀楽のどれか一つで固まっているとなおさら感情が読めない。
    • 笑顔で折檻とか、怒筋が出たままで良いことをしているとか。
  3. たまに違う表情をすると周りがびっくりする。
  4. 他人から目線が分からないような格好髪型をしている。
  5. モデルが飄々とした性格の場合、こうなることが多い。
  6. 照れ屋なだけなんて場合も。
  7. アンドロイドで、感情の情報が少ないことも。
    • この場合は、話が進むにつれて表情豊かになっていく。
  8. 大ボケをかますこともしばしば。
  9. 何かに憑かれていて、何かのきっかけで「怒」や「哀」など負の感情が爆発する。
    • 過去に悲惨な目にあった時に心を巣食われてしまった。
      • 過去にあった何かがトラウマになって表情が出せないケースも多い。
  10. 誰かに洗脳されている。
    • 命令に忠実で死をも恐れず、まるで機械の様にミッションを遂行する。
  11. 感情を表すのは怒筋や汗、スクリーントーン頬の色とか。
    • もしくは仲間の弔い合戦での攻撃の激しさなど。
  12. あまりしゃべらなかったり沈着冷静であったりもする。
    • そういうキャラの場合、職業上の理由などで意識的に無表情を作っていると思われるキャラの場合も多い。
      • ポーカーフェイスという意味では敵国の作戦参謀キャラ、常に怒っているようないかつい顔という意味では帝王・豪傑キャラが当てはまる。
  13. 身近に表情や感情を読み取れる人間がいる。
    • 他の人間または視聴者には全く変化が分からないものの、その人だけは笑ってる怒ってるなどの変化が分かる。また逆に周囲に対して変化が分からないことを不思議がる。
    • まゆ毛の動きだけで喜怒哀楽を読み取れたりする。
      • 日常系ほがらかアニメだと、犬のしっぽみたいにアホ毛の動きで喜怒哀楽を表したりしている。
  14. 例え話せるとしても口調が棒読み気味になる。
  15. 頭脳明晰

これでも怒っているんですよ[編集 | ソースを編集]

  • アイク(ファイアーエムブレム 蒼焔の軌跡、ファイアーエムブレム 暁の女神)
  • 間抜作(ついでにとんちんかん)
  • アイン(Phantom ~Requiem for the Phantom~)
  • 綾波レイ(新世紀エヴァンゲリオン)
  • 岩崎みなみ(らき☆すた)
  • 石井一久(マツイ日記は知っている)
  • 市丸ギン(BLEACH)
  • イチロー(ササキ様に願いを)
  • 銀(イン)、他ドールのみなさん(DARKER THAN BLACK)
  • HMX-13 セリオ(ToHeart)
  • エリー(LIAR GAME)※テレビドラマ版
  • 秦こころ(東方project)
    • お面の付喪神のため。
    • 頭のお面を感情によっていちいち付け替える。
  • エレナ・ザハロフ(スティールクロニクル)
  • 大道雅(GA 芸術科アートデザインクラス)
  • オカベユキオ(馬なり1ハロン劇場)
  • 岡本和夫/フィリップ(秘密結社鷹の爪)
  • 斧乃木余接(〈物語〉シリーズ)
  • オルソン(ロードス島戦記)
  • 桂小太郎(銀魂)
  • 絡繰茶々丸(魔法先生ネギま!)
  • キュゥべえ(魔法少女まどか☆マギカ)
    • というかこいつは感情という物を持っていない。
  • 桐山和雄(バトル・ロワイアル)
  • キレネンコ(ウサビッチ)
    • ズルゾロフの裏切りに遭って兄のキルネンコ共々爆殺される前は、常に眉間にシワが寄っている表情だった。
    • 兄との手術後は無表情がデフォルトとなっている。
  • カミツレ(ポケットモンスター ブラック・ホワイト)
    • アンドロイド(ガイロイド)がモチーフのため。
    • モチーフがそうであるだけなので、あくまで人間だが。
  • かりあげ正太(かりあげクン)
    • 植田まさし漫画のいたずら屋の主人公(のんき君、中期以降のフリテン君)は基本的にこれ。
  • 極丸(こいつら100%伝説)
  • グゥ(ジャングルはいつもハレのちグゥ)
  • クター他テクノアイランドのみなさん(クター)
  • こげぱん他こげ仲間(こげぱん)
  • 五色田介人(暴太郎戦隊ドンブラザーズ)
    • ゼンカイジャーの主人公とは同姓同名で演者も同じだが、別人。
  • コッペ(ハートキャッチプリキュア!)
  • 三郎太(たびびと)
  • サイ(NARUTO)
  • 斉木楠雄(斉木楠雄のΨ難)
    • 読切版や連載初期の頃はほとんど表情を変えなかったが、1.にあるように話が進むにつれて喜怒哀楽が豊かになっていく。
  • 進清十郎(アイシールド21)
  • 人造人間16号(ドラゴンボール)
  • 瀬田宗次郎(るろうに剣心)
    • 幼少期のトラウマから喜怒哀楽の「楽」以外の感情が欠落。剣心戦の途中からそれを取り戻す。
  • 殺生丸(犬夜叉)
  • タケシ(ポケットモンスター赤・緑) ※アニメ版ではありません
    • 通称「つよくて かたい いしの おとこ」。滅多に笑わないが一度笑い出すと止まらないらしい。
  • データ(スタートレック)
  • デューク東郷(ゴルゴ13)
  • 天王寺璃奈(虹ヶ崎学園スクールアイドル同好会)
    • 無表情をコンプレックスに思い、ボードで顔を隠している。
  • 長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)
  • 長野(うちのトコでは)
  • 二階胴面一(ハイスクール!奇面組)
    • かつて好きだった女子生徒に「笑い顔が変」と言われたため。しかし物語後期では普通に笑ったりしている。
  • 野口さん(ちびまる子ちゃん)
  • パウル・フォン・オーベルシュタイン(銀河英雄伝説)
  • パーシバル(ファイアーエムブレム 封印の剣)
  • バージル(デビルメイクライシリーズ)
  • バーソロミュー・くま(ONE PIECE)
  • 緋花(kunoichi-忍-)
  • ボーちゃん(クレヨンしんちゃん)
  • マサル(おさわり探偵なめこ栽培キット)
  • 三田灯(家政婦のミタ)
  • 日影(閃乱カグラ)
    • 幼いころから感情がないが、葛城との戦いなどを通じて「感情」という概念に興味を持ち始める。
      • 但し、アニメのEDでは明らかに感情があるように見える。
  • 水上麻衣(日常)
  • 宮内れんげ(のんのんびより)
  • ミュー(クイズマジックアカデミー)
    • 感情を露わにすると魔法が発現してしまう体質。
  • ムス子(ドラえもん)
    • ドラえもんの秘密道具である表情コントローラーで無理矢理笑わせたが...
  • 山田太郎(ドカベン)
    • むしろずっとニコニコしている微笑の方がこっち寄りの気がしなくもない。
  • 山田のり子(派遣戦士山田のり子)
  • 吉行尊(炊飯器少女コメコ)
    • バイト先である紅茶専門店の常連のおばさんから「ちょっと愛想なさすぎない?」と言われた事がある(面と向かってではないが)。
      • 2013年3月現在、コミックスは2巻(29話分収録)まで刊行されているが、その中で笑顔を見せたのは3回しかない。
    • 叔父から「あの子(尊の幼馴染の歩香)絶対おまえのこと好きだって」と言われた際には、大して驚きもせず表情一つ変えずに「アユ(歩香)にはもっと相応しい人がいるよ」と返した。大学生なら、そんな事言われたら喜んだり動揺したりしそうだが。